記事一覧

727件中 1-727 を表示    

[2017-10-14 (土)]

保育園の運動会と子ども会球技大会

 夕べから雨が降り続け、朝になって小康状態。この合間をぬって里保育園の運動会が開催され、出席させていただきました。
町内で一番園児の少ない保育園ですが、その分アットホームな雰囲気を感じることができます。地元密着の園のためこの運動会も園児の一生懸命の競技に、保育士さん、保護者も見学の方もあたたかい笑顔と歓声につつまれていました。雨が心配されるため、園児の出るプログラムを先に変更し進められました。昼まで雨も降らず、用意されたすべての種目ができました。

 
 その後、学区の秋の球技大会(ソフトボール・ドッジボール)が開催され、深溝小学校に会場を移動し参加しました。ここでは、雨が降り出しましたが、グラウンドでは、新チームとなったソフトボールチームと体育館ではドッジボールの熱戦が繰り広げられました。

[2017-10-11 (水)]

島原市との姉妹都市提携調印式

 10月11日、幸田町は初めてとなる姉妹都市提携を長崎県島原市と締結しました。調印式とアトラクションのもようは、幸田町民会館と島原市の両会場で同日同時刻に開催され、2つの会場をライブ中継によりお互いの会場を生中継で映し出されました。
 島原市と愛知県幸田町の歴史的なつながりは、380年前までさかのぼります。深溝松平家六代当主松平忠房(ただふさ)公が、混乱した藩政を復興するために、島原藩主として赴任し、その後、忠和公まで13人の深溝松平家当主が島原藩主として島原を治めています。そして深溝本光寺には、初代忠定(たださだ)公以降、歴代深溝松平家当主の墓所が築かれています。赴任先で藩主が亡くなると、墳墓の地である深溝に御遺骸が運ばれ、埋葬されてきました。
 式典後、訪問団の皆さんと本光寺の忠房公の墓前で姉妹都市提携を報告と献花。会場を移動し交流会を行い、ともに親睦を深めました。

[2017-10-10 (火)]

幸老連 スポーツ大会で あいさつ

 今日は朝から、1か月前の気候にもどり、真夏日のような天候となりました。
日差しが強く屋外では、汗ばむような太陽の下、10:00より、幸田町中央公園グラウンドにおいて「幸田町老人クラブ連合会 スポーツ大会」が開催されました。
 開会式には、440人の老人クラブの方達が整列され、元気な笑顔と競技に会場は盛り上がりました。
この大会は、会員の皆さんの健康の増進と親睦を図るため毎年、開催されているものです。


「・・・これからの人生を楽しく、過ごしていただくためには、何よりも”健康が 第一”です。本日は、元気ハツラツと、大いに競技と多くの人との会話を楽しんで下さい・・・」と挨拶をさせていただきました。

[2017-09-28 (木)]

幸田町長に「要望書」を提出

 連合愛知三河中地域協議会(新田代表をはじめ幹事と役員計9人)は、大須賀 幸田町長に対し、平成30年度の行政予算へ反映を要望する「要望書」を提出しました。政策推進議員として、私も同席をさせていただきました。内容は、組合員はもとより広く勤労者、町民全体の生活向上と地域の発展に向け、「働くことを軸とする安心社会」の実現を目指して重点要望を6項目にまとめ提出しました

[2017-09-16 (土)]

多世代交流施設建設安全祈願祭

 大型の台風18号が列島に接近しつつあり、被害が心配されます。
9月16日、幸田町六栗西山地内の建設予定地で施設建設安全祈願祭が行われ、関係者とともに、式典に出席いたしました。
 現在町内には、児童館は3館あり、今年度豊坂小学校区に建設する4つ目の施設の位置づけです。国庫補助を受けるため「第3子を育み 女性も活躍できるハッピーチャイルドステーション」として、地方創生拠点整備交付金5000万円を申請し採択され、本日の安全祈願祭に至りました。

 多世代交流施設は、木造2階建で、工期は平成30年3月20日と、工期はタイトな計画となっており、工事の安全と期間内の完成を祈願しました。
 地域に密着した施設として、赤ちゃんや子供さん、高齢者の方、女性がいきいきと暮らしていくための拠点となることが期待されます。

[2017-09-10 (日)]

クリーン運動2つと防犯パトロール参加

 本日は、幸田町内全域で一斉に「町民総参加クリーン運動」が行われ、地元の区の運動に参加しました。
活動の途中から、岡崎市内で連合愛知三河中地域協議会主催の「列島クリーンキャンペン」にも参加しました。じりじりとした日差しの天候の中、2つのコースに分かれゴミ拾い運動を実施。この活動も途中で失礼しました。
 その後、デンソー西尾で開催の運動会や各イベントで盛り上がる「ワクワクホリディー」に参加しました。すっかり日焼けをした1日となりました。

 夕方からは、地域の「防犯パトロール隊活動」の月1回の当番の日で、地域のパトロールに参加、チームを組んで、約1時間の地域をほぼ一周しました。この活動は毎週日曜日の約1時間、地元地域を巡回し「見せる防犯」活動として発足し6年目をむかえています。

[2017-09-02 (土)]

幸田町総合防災訓練

 9月に入り、少しだけ秋を感じる朝晩ですが、日中はまだまだ暑い日が続いています。
昨日は、9月議会が開会しました。また「防災の日」でもありました。
本日は「幸田町総合防災訓練」が、町防災広場で開催されました。
南海トラフ巨大地震を想定し、総合的、実践的な訓練を実施し、地震災害時における早期対応、相互協力体制の確立と住民の防災意識を高める目的です。

日差しの強い残暑の中でしたが、まず会場の全員による「シェイクアウト訓練」に始まり、
時系列で訓練がすすみました。
訓練参加機関は52機関、約500人の方の訓練に多くの見学者の皆さんが、キビキビとした訓練をたのもしく感じたことと思います。

[2017-08-23 (水)]

まだまだ暑い!今年の「処暑」

 本日は二十四節気の「処暑」・・・暑さが次第におさまる頃とされていますが、暦とは裏腹に、猛烈な暑さになっています。

9月議会の私の「一般質問」の登壇は、9月5日(火)午前9時~1番目です。
今回の質問内容です。
1.住民の声の吸い上げと対応について
○住民意識調査、メール、声のポストなどの「町民の声」の吸い上げの現状と対応について。
 ・「声」の吸い上げの現状について。
 ・「声」に対する、対応の現状と今後のあり方。
 ・「声」に対する、回答を広報などに掲載する考えについて。
2.幸田町のイメージアップ戦略について
○「幸田町」をPRすることは、地域の産業振興や企業立地にも効果が期待できる、本町のイメージアップ戦略を問う。
 ・本町をPRする発信、ブランド化などの現状について。
 ・町の産物、文化、施策などブランディングについて。
 ・幸田町」のさらなるイメージアップについて。
時間のご都合がつきましたら傍聴をよろしくお願いします。

[2017-08-05 (土)]

第62回愛知県消防操法大会

 8月5日 碧南市の2号地多目的グラウンドにおいて、第62回愛知県消防操法大会が開催され、幸田町消防団の応援に行ってきました。
愛知県消防操法大会は、消防団員の消防技術の向上と士気高揚を図り、消防活動の進歩充実に寄与することを目的とし、消防団員の日頃の訓練の成果として、消防操法技術を、迅速、確実かつ安全に行動するために定められた消防用機械器具の取扱い及び操作の基本を競い合います。
 競技会場では熱気あふれる大会競技をはじめ、「おもてなし」エリアも設置され、消防関係者はもちろん、広く参加される皆さんに楽しんでいただける会場となっていました。
 幸田町消防団は、ポンプ車操法で23団中、7位と入賞を果たしました。
19:00からの報告会にも出席し、長く、厳しい練習の労を参加者全員でねぎらいました。

[2017-07-29 (土)]

「みのわ祭り」にお呼びいただきました

 7月29日 幸田町は「彦左まつり」が開催されました、同日 本町と災害時相互応援協定を結ぶ長野県箕輪町も「第29回みのわ祭り」が開催され、議長の代理で出席しました。
 今年で29回という歴史があり、大盛り上がりの「祭り」が繰り広げられていました。「祭り」は、官民協働による実行委員会により、町民総参加で大いに楽しむイベントという印象でした。
40を超す出店と中心街の歩行者天国で、まさに夏祭りを満喫しました。


「さこう弘康 町政レポート No.41」を発行し、配布をしています。
http://ichi-kichi.heteml.jp/sakou/pdf/photo/41.pdf
暑い中ですが、手配りも頑張って、お届けします。

[2017-07-20 (木)]

「梅雨明け」夏本番へ

 この地方も「梅雨明け」となり、いよいよ夏本番を迎えます。
7月11日(火)~20日(木)の今日まで夏の交通安全運動が展開されました。
期間中の活動として、地元の交差点や会社の立哨活動に参加し、交通安全を訴えました。

 小学校は明日から夏休みはいります。
幸田町内では現在、重・軽傷ともに人身事故が増加しています。

 今回の期間中は、議会の行政視察や研修会などで3日ほどの参加でした。
今後も地域をあげた交通安全施策や活動のさらなる推進強化が重要となっています。

 夏のイベントや行楽などで飲酒の機会も増えます。飲酒運転を撲滅し、安全運転に努め、楽しい夏となるように過ごしましょう。

[2017-07-12 (水)]

行政視察で勉強

 6月議会が閉会し、7月になって行政視察が続きました。
6月30日~7月1日、新潟県聖籠町へ。
7月4日~7月6日に、福祉産業建設常任委員会で青森県八戸市、三沢市、岩手県盛岡市へ。
7月11日~7月12日は、特別委員会で北海道富良野市、帯広市をおとずれ行政視察をしてまいりました。
 全国の市町村で先進する施策をすすめている現地・現場に行き、その実際のようすを聞き、目で確かめることを目的として、事前に調査と研究を重ねて、見聞きしたものを実際に、今後の議会活動にいかし、自分の町や政策に反映させていくことが大事なことだと思っています。
 9月議会の一般質問では、新潟県聖籠町の「さわやかクリーンサポート事業」についてと.「町政ポストQ&A」を幸田町にも反映が出来ないか、提言をしていきたいと考えています。

[2017-07-03 (月)]

7月に入り「猛暑」が続きます

 早いもので、今年も半分が終わり、年の後半になりました。
最近の天候は、梅雨の中で雨が降ると「豪雨」、晴れれば「猛暑」と天候の不順を感じます。

昨日は、炎天下のなか、豊田市の「スカイホール豊田」にて、全トヨタ労働組合連合会主催の「楽しい社会科まつり」と題して~みんなで一緒に社会とつながろう!~が多くの来場者、参加者で開催されました。
 私は、幸田町の町のPRとして、すっかり定着し、人気のある「ゆるキャラのえこたん」と「筆柿」「ものづくりの町 幸田」のPRなどを行いました。
また、併設の防災体験プログラムのサバイバル・紙食器づくりを担当し、紙で食器やコップを作るコーナーで家族や子ども達に教えながら一緒に作り、貴重な体験しながら楽しい1日を過ごしました。みなさんお疲れ様でした。私は、帰宅し「パタン キュー」状態でした。

[2017-06-17 (土)]

子ども会春の球技大会とNHK公開録画

 深溝小学校の校庭と体育館で、学区子ども会主催の「春の球技大会(ソフトボール・ドッジボール)」が開催され出席させていただきました。
 大会の名前は、春の大会ですが朝から夏の炎天下、開会式につづいて選手宣誓のあと、グラウンドと体育館で、日ごろの練習の成果を発揮する全力プレーが展開されました。
 
 昼からは、町民会館 つばきホールにおいて、NKKの放送番組「俳句王国がゆく」の公開録画が行われ観覧をしました。会場は、座席いっぱいの入場者でした。
 番組の司会は、漫才コンビのU字工事さんで、ものまねタレントの福田彩乃さんなどが出演し会場はとても盛り上がりました。
 放送は、NHK-Eテレで8月27日(日曜日)の14:30~15:30の予定です。

[2017-06-06 (火)]

ホタルを観る会で歓声

 深溝小学区コミュニティと深溝小学校主催の「ホタルを観る会」が19:40分から体育館で開会され、小学生と保護者や地域の方が参加し、先生の注意事項を聞いた後、400人を超える参加者は、拾石川へ出発。
草むらには多くの光を放つホタルがいっぱい確認でき歓声があがりました。川沿いを川上に進むとところどころに密集したホタルの光で幻想的でした。
(携帯電話のカメラでは、乱舞をうまく撮れませんでした。) 
 今夜は風もなく、絶好のホタルの鑑賞日和となりました。九州では、梅雨入りとなり、この地方も明日、明後日と雨の予報です。今週の土曜日、日曜日と晴れ間はまだまだ見ごろということです。
明日は、議会本会議が再開され「一般質問」です。

[2017-06-01 (木)]

6月議会が5日から開会します

 6月に入りました。5月は猛暑日が記録されるなど、真夏並みの天気が続きました。健康管理に気を配り「梅雨~夏の季節」を健康な体で迎えたいものです。
 6月議会は、6月5日から23日までの会期で開催されます。

 最近、橙黄色の鮮やかな花を咲かせるオオキンケイギク(大金鶏菊)を道端や河川敷きなどで多く見かけるようになりました。
 黄色の花がとても鮮やかで、まさか外来種とは思いませんでした。実は北アメリカ原産であり,繁殖力が強いため,わが国本来の植生に重大な悪影響を与える恐れがあるということで、平成18年に「特定外来生物」に指定され、人為的に拡散させる原因になるような行為が規制されています。オオキンケイギクは多年草であり、前の年に咲いた場所には、翌年も発生する可能性が高く、全国の自治体では「駆除」が呼びかけられています。

[2017-05-21 (日)]

「猛暑」の中の5月の行事

 5月としては、強い日差しの土曜日、日曜日となりました。時折吹く風がとてもさわやかな涼しさも感じられる、夏の季節となりました。

 
 昨日は、地元の学区コミニュティが主催する「運動会」が小学校で開催され、炎天下の「猛暑」に負けず、保護者や地域の方の声援に、児童は元気いっぱいに競技と演技に全力でこたえてくれした。
 
 本日は、引き続き30℃を超える「猛暑」の中で、デンソー労働組合のユニオンカーニバルが蒲郡市のラグーナテンボスで開催され、「遊び、ふれあい、食」の催しに、組合員の友人や家族などで大勢の方たちが集まり、大変な賑わいの休日となりました。

[2017-05-09 (火)]

中地協「議会・議員活動報告会」

 岡崎市勤労文化会館で18:30より連合愛知中三河地域協議会で地協役員に対し、議員活動報告会が開催されました。各級議員による議会報告と活動報告は、国政、県議会(西久保県議)、岡崎市議会(柴田市議)、幸田町議会(酒向)の順に行なわれました。それぞれ直面する防犯・防災対策の課題や考え方などの報告を真剣に聴いていただきました。
 私は「町政レポート」に沿って、幸田の3月議会報告、当初予算内容と皆さんの「声」の実現事例などについて報告をさせていただきました。

[2017-05-03 (水)]

第1回幸田町議会臨時会開かれる

5月2日、第1回幸田町議会臨時会が開かれ「幸田町監査委員の選任について」など単行議案4件と議員提出議案「衆議院小選挙区区割りの改正に反対する意見書の提出について」の1件、計5件の議案が同意・可決されました。
 その後、議会の構成替えがあり、議長・副議長・監査委員・常任委員会、議会運営委員会、各特別委員会の委員長・副委員長など全て決まりました。
 私は、副議長の要職に就くことになりました。微力ではありますが、今後とも幸田町発展のために、より一層の努力をしていく覚悟です。どうぞよろしくお願いします。

意見書.pdf

[2017-04-23 (日)]

連合愛知三河中地協メーデー開催

 連合愛知三河中地協2017地協メーデーが、岡崎市乙川緑地公園で盛大に開催されました。雲ひとつない、快晴で初夏を感じる日差しの日曜日となり、多くの家族連れなどでにぎわいました。
今年のスローガンは、【長時間の労働の撲滅 ディーセント・ワークの実現】です。
 式典では、新田代表から『だれもが安心して働き続けられる社会をめざし、くらしの底上げ、底支え、格差是正を実現していこう』と呼び掛けがありました。続いて、岡崎市長や愛知県西三河県民事務所長鈴木康史さんの挨拶と続き、式典の最後に、連合愛知三河中地協「2017地協メーデー宣言」を採択しました。
 式典の終了後、各単組、団体の手作り模擬店で焼きそば、だんご、たこやき、水風船など、22の出店があり、どこもお店の前も長い列ができ、日陰で家族や友達同士で舌鼓、たのしい休日のひと時となりました。

[2017-04-07 (金)]

春の交通安全運動を実施中

 春の交通安全運動が始まりました。4月6日(木)~15日(土)までの期間で実施されます。
私も地元の交差点や通学路、通勤路で立ち、交通安全活動に参加しています。

 特に、新年度が始まるこの時期は、新入学児童や同時に交通環境が変わり交通事故が多発する時期でもあります。
県内の事故の特徴として、道路横断中の事故の多発が挙げられます。
・歩行者のみなさんは、
「道路を横断するときは必ず横断歩道を渡りましょう!」
・ドライバーのみなさんは、
「横断歩道付近に歩行者を見かけたら必ず止まりましょう!」

また、家庭や地域では、交通安全について話し合い、悲惨な交通事故をなくしましょう。

[2017-04-02 (日)]

新しいスタートの春を迎えました

4月に入りました。早いもので2017年の1/4を過ごしたことになります。
今年は、まだ朝晩は冷え込みますが、4月の声を聞き、昼間は暖かさが増し、春を感じるようになりました。
 3月議会の新年度当初予算も決まり、平成29年度がスタートしました。
新生活をスタートさせた方や新入学、新学期を迎えられ、心も新たにいよいよ「春」がはじまりました。がんばっていきましょう。

[2017-03-24 (金)]

卒園おめでとう!

 3月24日は、町内の全保育園で「卒園式」が開催されました。 私は地元の里保育園からご案内をいただき出席させていただきました。今月に入り中学校、小学校の卒業式に出席、締めくくりが保育園で、とてもアットホームな卒園式でした。
 
 町内で一番小さい、この里保育園の今年の卒園児は16人です。子どもの成長を保護者や地域の人たちに見てもらい、のびのびと育ったことを発表することを中心に終始にこやかに進められ「ホット」な時間を過ごすことが出来ました。
 4月から新1年生となる卒園児は、しっかりと挨拶も返事もハッキリと出来て、立派に成長し巣立っていく姿が、とてもよくわかりました。
「ご卒園おめでとうございます!みんながんばれー」

[2017-03-21 (火)]

祝 三ヶ根駅50周年記念イベント大盛況

 JR三ヶ根駅の開業50周年記念行事が開催され、多くの参加者とともにお祝いをしました。
東海道本線「JR三ヶ根駅」は1967、(昭和42)年の開業から満50年を迎えました。
 50周年記念イベントととして、駅の東口、西口では、50年を振り返る記念写真展・児童が描いた「将来の三ヶ根駅の絵」展示と屋外ステージイベントとして和太鼓(深溝小学校和太鼓クラブ)・ミニコンサート(CRAFTY)・ちゃらぼこ太鼓(里区ちゃらぼこ保存会)ミニトレイン、みたらし団子の無料配布などのサービスがあり、そのほか来場者には先着500人に缶バッジなどの記念品が配られました。同時に「JRさわやかウォーキング」も開催され、大変なにぎわいとなりました。この日の企画のため、地元の「深溝学区まちづくり研究会」のメンバー、役員さんは、打ち合わせを20回をこえる会議を重ね、計画と準備をすすめ、今回の成功となりました。皆さんお疲れ様でした。
 JR三ヶ根駅は、これからも幸田町南部の玄関口として、欠かせない駅であり、この駅とともに、周辺地域も発展を願いたいと思います。

[2017-03-16 (木)]

ご卒業おめでとうございます!

 すっかり春の陽気となり、卒業式、卒園式の季節となりました。
本日は、町内の6つの小学校で卒業証書授与式がおこなわれました。
 私は地元の深溝小学校に出席し、旅立つ48人の卒業生を在校生、先生、保護者、地元の役員のみんなさんでお祝いしました。

 
 先日の中学校も小学校の卒業生の名簿を見ますと女子生徒に「○○子さん」という名前が一人も見当たりません。男子生徒も「○○男くん」も見当たりません。
卒業式にお決まりだった「蛍の光」「仰げばとおとし」も耳にしなくなりました。
こんなところにも時代の流れをひしひしと感じた一日でした。
 保護者の皆さん、卒業する皆さん『ご卒業 おめでとうございます!』

[2017-03-05 (日)]

「葵ざくらをめでる会」で住民交流会

里区恒例の「さくらを愛でる会」が、深溝グランドで開催されました。
毎年この時期に、ほぼ満開に咲き出した、葵さくらを前に、どこよりも早い「お花見」がおこなわれました。
 朝からポカポカの春の陽気の中、桜オーナーによる桜並木の手入れと周辺の草刈り作業をした後「バーベキュー・焼きそば・おでん・おしるこ」を作業のごほうびの意味と、一般住民のみなさんと楽しむことが目的で行われています。
 この催しは、私も実行委員として活動する「多面的機能支払交付金事業」の活動の一環で、区のイベントとしても10年目を迎え、すっかり地元に定着し恒例イベントとなりました。
 春の陽気に、子どもづれの若い人たちや元気な高齢者の方たちの多くの参加で大変盛り上がりました。

[2017-03-03 (金)]

中学校卒業式に出席

3月3日は「桃の節句」。
 日差しのうららかさに春の到来の喜びを感じることが出来る季節となりました。
本日、地元の幸田南部中学の卒業証書授与式に出席させていただきました。
恩師や保護者、地域の方に見守られ72人の生徒が学び舎を巣立っていきました。
在校生や保護者らの拍手に迎えられて、卒業生が緊張した面持ちで体育館に入場し、校長先生から一人一人に卒業証書が手渡されました。受け取る卒業生の顔も3年間の学校生活でたくましく成長してきたという表情が印象的でした。
 その後、在校生代表が送辞と歌、卒業生の答辞と合唱、最後に全員で校歌を大合唱し、思い出がいっぱい詰まった校舎に別れを告げました。
想いがこもった演出に、涙する生徒の姿を見て、つい涙腺がゆるんでしまいました。

卒業生の皆さん、保護者のみなさん、指導された先生、おめでとうございます。

[2017-02-25 (土)]

春の気配を感じます

深溝運動公園に至る道路の葵桜には、すでにピンクの花びらが咲き出しました。「春の陽気」が漂って、すぐそこまで春が近づいてきている気配を感じます。

3月議会の日程をお知らせします。
3月2日(木)・・・開会
3月6日(月)・・・一般質問
3月9日(木)・10日(金)・・・議案質疑
3月13日(月)・14日(火)・・・予算特別委員会
3月17日(金)・・・福祉産業建設委員会
3月21日(火)・・・総務教育委員会
3月23日(木)・・・議会運営委員会
3月27日(月)・・・閉会
今議会は、新年度の当初予算案を審議をする重要な議会です。住民目線で、納税者の皆さんからの「声」を届け、税金の使われ方や事業のあり方を質し、発言、提案をしてまいります。

DSC_1053.JPG

[2017-02-09 (木)]

厳しい寒さの中「駅頭活動」と「中学校防犯パトロール」

 先週に引き続き、連合愛知三河中地域協議会の活動の1つとして「春の全国一斉労働活動相談ダイヤル」をPRするため、街頭宣伝行動を実施しました。
 JR岡崎駅前にて『2月9日~11日まで・・・0120-152-052』のビラ入りのテッシュを配りました。とても冷え込みの厳しい朝でしたが、多くの通勤、通学の方に「おはようございます」のあいさつとともに配布をしました。
 
 冷たい雨が降り出した16:00から、地元の「南部中学校区防犯ボランティアパトロール活動」に参加しました。一日を終えて帰宅する中学生たちの安全を守るため、学校と保護者、地域が一体となって防犯意識の高揚を図る目的の活動で、それぞれ通学路の5か所の交差点などに立ち、年に6回実施をしています。

[2017-02-05 (日)]

雨の中「しだれ桜育成ボランティア活動」

 雨が降りそうな、冷え込む朝、ハートフルクラブ幸田自主企画活動「しだれ桜育成ボランティア活動」で、デンソー幸田製作所周辺と町道付近一帯及び調整池周辺しだれ桜 約100本の桜の木々への施肥をました。
2種類の肥料を桜の木の根元に近いところに8か所程度の穴を掘り埋めていく作業です。
活動を始めると同時に雨が降り出し、雨と汗で服がじっとり濡れてしまいましたが、効率よく計画通り実施することが出来ました。
 特にこの新幹線沿いは、写真マニアにとっては「絶好の撮影ポイント」となっています。

しだれ桜(枝垂桜)は、枝がやわらかく枝垂れる桜で、枝が長くその名の通りに、毎春の4月初め頃から見事にしなやかに「しだれた桜の花」を見ることが出来ます。
 参加者のみなさん、雨が降る中、大変お疲れ様でした。

[2017-02-04 (土)]

安全・安心なまちづくり推進大会

 暦の上では「立春」をむかえ、まだまだ寒さは残りますが、昨日、今日と少し春の陽気を感じています。「立春」は冬至と春分の中間で、昼がかなり長くなってきて「気温が上がり始める」ころということです。
 本日14:00から町民会館で「平成28年度 幸田町 安全・安心なまちづくり推進大会」が開催され参加しました。大会では、交通安全や防犯・防災面で活躍された個人・団体の表彰が行われました。
 岡崎警察署長のあいさつがあり、今年の交通安全の取り締まりとして、「防げる事故として、交差点内での事故防止」を徹底的に強化するということです。歩行者に対して、一時停止や徐行を確実に実行してください。
 続いて「安全・安心なまちづくり推進ステージ」で、「スカルサクラ」による打楽器コンサートが行われ、インドネシアバリ島の音楽の演奏に、体と耳で南国気分をあじわいました。

[2017-01-31 (火)]

早朝活動 「連合愛知キャンペーン」

 本日朝7:30から、連合愛知三河中地域協議会の活動の1つとして「クラシノソコアゲ応援団! RENGOキャンペーン」・第2弾「連合が求める働き方改革」を広く県民にPRするため、街頭宣伝行動を実施しました。
 東岡崎駅前にて『私たち、子どもたちの未来のために、いっしょに声をあげましょう!』のビラ入りのテッシュを配りました。とても冷え込みの厳しい朝でしたが、多くの通勤、通学の方に、手を出してとっていただきました。

 「連合愛知」は、愛知県下54万人の労働者で組織する労働組合です。勤労者・県民の生活向上や地域・社会の活性化をめざした取組みを行っています。
来週は、JR岡崎駅前にて実施予定です。

[2017-01-24 (火)]

「さこう弘康 町政レポート」を発行します

「さこう弘康 町政レポート Vol.39. 2017年1月号」を発行します。
12月議会「放課後児童クラブ料金の見直し」の中で、以前より皆さんからの要望の声が多かった「利用時間の延長(18:00→18:30)」が実現する」議案や一般質問に登壇し、住民目線で皆さんからの「声」を届け、その実現に向け提案、発言をた内容を掲載しました。 
→ http://ichi-kichi.heteml.jp/sakou/pdf/photo/39.pdf

[2017-01-17 (火)]

インフルエンザによる学級閉鎖!

愛知県は、1月11日(水曜日)“インフルエンザ警報”を発令を発令しました。
 幸田町内でも、学級閉鎖をする学校が出てきました。
・深溝小学校2年東組・・・1月17日~19日
・荻谷小学校5年東組・6年東組・・・1月17日
・幸田小学校1年1組・・・1月18日~19日
今後の感染の拡大が危惧されます。うがいや手洗いの励行やマスクの着用、外出を控えるなど、感染防止を図ってください。

[2017-01-09 (月)]

新春の町のイベントが続きます

幸田町の新春のイベントが続いています。毎年恒例の3つの大きなイベントが行われ、1月7日の「消防出初め式」、8日の「凧揚げまつり」、本日9日の「成人式」に出席させていただきました。
 凧揚げまつりは今年で20回目、惜しくも天候がすぐれず無風状態の中、午後からは雨天となってしまいましたが、参加人数 1万6000人(主催者発表)、参加凧総数165基がエントリーし会場を盛り上げました。

 また、成人式は69回をかぞえ、二十歳という区切りを成人自ら企画したセレモニーで新しいスタートを切られました。
これからの未来を担っていく若い力を存分に発揮され、幸多き人生の門出に「おめでとうございます」とお祝いの言葉を送りたいと思います。

[2017-01-07 (土)]

新年「消防出初式」がおこなわれました

平成29年 幸田町消防出初め式が、防災広場で行なわれました。
冷たい風が吹く中で防火訓練、一斉放水、消防団分列行進などが行われ、キビキビした訓練は大変頼もしいものでした。日ごろの皆さんの努力が、幸田町の安全、安心の支えになっています。 昨年の火災は、前年比1件減の12件、救急は同93件増の1476件、救助は同9件増の18件となっています。
また、昨年暮れには、糸魚川の大規模火災が発生したり、南海トラフによる巨大地震の発生も危惧されるところです。今年も住民の「安全で安心できる生活」と「生命と財産を守る」ため、ご尽力をお願いしたいと思います。
 本年の合言葉は【消しましょう その火その時 その場所で】です。
最後に、参加者全員で今年の町の安全を誓って「火の用心」の三唱を行いました。

[2016-12-24 (土)]

特養 メリーホーム幸田へ「メリークリスマス!」

 クリスマスイブの本日、午後から特別養護老人ホーム「メリーホーム幸田」さんを訪問しました。訪問したメンバーは、連合愛知三河中地域協議会の近藤副代表と杉浦事務局長、稲田書記と私です。
 過日、同協議会でイベントを開催した際集まった、チャリティーの寄贈式とクリスマスプレゼントも用意し、入所者約100人、ディサービスの20人、ショートの10人の方にそれぞれ「サンタクロース」が手渡しでプレゼントしました。

 入所されている方たちから大歓迎を受け、涙を流して喜んでいただいた方も・・・こちらも大変感激しました。

 連合愛知三河中地域協議会は、福祉活動の一環として、一昨年に岡崎市、昨年は西尾市で行い、今年は幸田町の施設の「メリーホーム幸田」さんに3回目の実施となりました。

[2016-12-16 (金)]

今年もあと2週間

 12月も半ばをむかえ、あと2週間となりました。寒さも本格化し、今朝は名古屋で初雪が観測されました。
 幸田町議会は、先週一般質問、今週議案質疑と常任委員会が終わり、いよいよ今年も大詰めを迎えてきました。この時期になると、一年の締めくくりに「今年の重大ニュース」とともに、2016年の世相を表す漢字1文字「金」の発表がありました。リオオリンピックでの金メダルラッシュ、マイナス金利などが理由に挙げられているということです。
 町内では、年末の交通事故や盗難被害、またインフルエンザやノロウイルスの感染も心配されています。健康管理に注意しながら、この年末を元気に過ごしていきましょう。

[2016-12-07 (水)]

年末の交通安全運動中

 12月に入りめっきり冷え込む朝夕となり本格的な冬到来を感じます。
12月1日~10日まで、年末の交通安全運動が実施されています。この期間、私も地元の交差点や通学路などで朝の交通安全立哨を実施しています。

 年末は、忘年会などで飲酒の機会が増え、飲酒運転による事故が心配されます。また、この時期は日没時刻が早く、夕暮れ時から夜間にかけて、高齢者が犠牲となる事故が多発する傾向にあります。車を運転するときは、運転に集中し、子どもや高齢者を見かけたら、速度を落とすなどの思いやり運転に心がけましょう。

 幸田町は交通死亡事故0日が平成25年9月から連続1125日を記録していましたが、10月12日に死亡事故が発生し、その後もさらに1件が発生しています。交通事故は決して他人事ではありません「事故を起こさない!、巻き込まれない!」よう交通安全の輪を広げましょう。

[2016-12-01 (木)]

12月議会開会

本日より、12月議会(第4回定例会)が開会しました。
  12月1日・・・開会
  5日.6日・・・一般質問
  12日.13日・・・議案質疑
  15日・・・福祉産業建設委員会
  16日・・・総務教育委員会
  20日・・・議会運営委員会
  22日・・・閉会 です。
私は、一般質問で5日の2番手(10:00くらい)で登壇します。
http://www.town.kota.lg.jp/index.cfm/15,5510,c,html/5510/20161124-144147.pdf
皆さんの声を代弁します。ぜひ傍聴をお願いします。

[2016-11-28 (月)]

今年も三ヶ根駅前にイルミネーション点灯

 一昨年、昨年に引き続き、地元の「ちゃらぼこ太鼓保存会の有志メンバー」により、JR三ヶ根駅の東口と西口に、地元を元気づける「電飾」が設営されました。冬の寒い夜もホットな気分になります。
 
  今年で3年目を迎え、今年は、住民の方から以前使われていた機材を提供していただき、設置についても、地元の電気屋さんや有志、夏祭り委員会の方々も参加いただきました。また設営協賛金も、多くの皆さんのご協力をいただき、実現することができました。


 先週末に点灯式を行いました。準備と点灯式の模様は、ケーブルテレビで12月3日から放送されます。来年1月末まで、駅前に彩りと元気を届けます。ぜひ、見に来てください。

[2016-11-19 (土)]

学区 避難 防災訓練

昨夜からの雨と冷え込む中、深溝学区防災訓練が行われました。
 まず、8:00に訓練地震の放送が流れ、各家庭でシェイクアウトを行い「身を守る」訓練を実施。次に各世帯で玄関に「私たち家族は無事です」という安否を表示し、すぐに自宅周りの「5軒組」で声を掛け合い、避難場所に集合、組長に状況報告する。ここまでが安否確認と避難訓練です。それぞれコミニティーに多くの方が集まりました。

 その後、小学校の体育館で「防災研修会」が開かれ、県庁から防災局危機管理課の時岡浩平主任の講演、地元の方の体験談など、貴重なお話を聞きました。

 地元議員を代表し、挨拶をさせいてただきました「今日の参加状況は、何らかの形でこの訓練にかかわった学区民は、全体の約88%を超えたという数字ですが、100%を目指し、安全な学区をみんなで築いていきましょう!」と結ばさせていただきました。皆さんお疲れ様でした。

[2016-11-12 (土)]

熱演!小学校の学芸会

晴天の土曜日、寒さを感じないさわやかな朝となりました。
地元の深溝小学校の学芸会と深溝学区コミュニティ文化祭に出席させていただきました。
 学芸会会場の体育館では、出演する学年の家族が随時入れ替われ、家族総出で熱演に拍手を送っていました。
 小学生でも、大人顔負けの多忙な学校生活を送る中で、日ごろの練習の成果を十分に発揮して、しっかりとした演技をする子どもたちから伝わってくる「熱いやる気」を感じました。
特に、衣装や効果音、舞台装置の工夫や、演技、声の張りなど、とても感動しました。
先生の指導とそれにこたえる児童、見守る地域の協力が一体となっている表れだと感じました。
  深溝小学校区では、地域のコミニュティーの文化祭もあわせて行われており、地域の方の多くの作品が出展されていました。

[2016-11-01 (火)]

町内の施設を 「視察」

 秋も深まり、もう11月になり、今年もあと2ヶ月を残すのみとなりました。
総務教育委員会の所管に属する、町内の施策状況調査や施設現場を視察しました。役場庁舎内の情報セキュリティーの現状、町民図書館やプールの改修計画、幸田小学校の増築現場、小学校の給食の現状や国史指定遺産の本光寺深溝松平家墓所など9か所を「管内視察」しました。

 先月は、県外の先進する自治体の行政視察として、10月19、20、21日と群馬県太田市の1%事業・明和町の空き施設の協働事業施設化、茨城県坂東市の結婚相談事業・龍ヶ崎市のシティセールスの取り組みを勉強しました。
 10月25、26日は、広報特別委員会で全国広報研修会と埼玉県宮代町議会の広報編集のすすめ方を学んできました。
 県外の自治体の先進する施策を、現地・現物・現場を目で見て、耳で聞き、それらを持ち帰り活動に反映していくことが議員としての役目であると思っています。

[2016-10-23 (日)]

第61回 町民大運動会が開催されました

秋空のもと、熱くも、寒くもない絶好の運動会日和。
8:30から「幸田町 町民大運動会」が中央公園で開催されました。
各区ごとにわかれ、町民が参加する大運動会は、今年で61回をむかえました。
各区の区旗の中で、代表選手の選手宣誓で運動会がスタート、いろいろな種目で、各区がそれぞれの団結の力を競い合って優勝を目指します。
 特に、リレー種目は運動会の「花形」であり、小学校別、中学校別、区別のレースは地元の選手たちを応援する大きな熱い声援と拍手がピークとなります。

 私たち議員も「「地元の皆さんこんにちは」というレースが組まれていて、封筒の中に書かれてある条件の地元の方と、一緒に協力し走り、ゴールをする種目に出場し、日ごろの運動不足を露呈した次第です。参加者された、すべてのみなさん全力で競技し、さわやかな一日でした。お疲れ様でした。

[2016-10-15 (土)]

秋本番! 行事満載!

 先週雨天のため延期となっていた地元の「里保育園運動会」に出席させていただきました。
天気は、最近なかったすがすがしい秋晴れの、まさに「運動会日和」です。
 町内で園児が一番少ない保育園ですが、その分、園児も大らかに仲良く、地元の人達も一緒になって参加したり、大きな声援と、笑い声が聞こえる、そんな手作りのアットホームな運動会に、ほっと癒された半日となりました。

 
 午後からは、南部中学校の「南中祭」のオープニングに顔を出させていただきました。
中学生は、勉強、部活で目の回るような、大人顔負けの忙しさの中で、模擬店や舞台発表など地域の人や来場者に楽しんでもらえる企画をし、おもてなしをしていただきました。
今年のスローガン ~笑顔が広がるこの瞬間~ そのものでした。

[2016-10-08 (土)]

つかの間の晴れ間 球技大会

朝から雨が降っていて、保育園の運動会、ペタンク大会、資源回収など多くの行事が中止や延期になる中、昼から「学区子ども会のソフトボール・ドッチボール大会」が開催されました。
 開会式、選手宣誓で幕を開け、6年生が抜けた新チームでの初の試合ということで、選手、指導者も熱のこもった戦いと声援が、晴れ間となったグラウンドに繰り広げられました。

 本日、延期された行事も多く、来週の土、日曜日はスケジュール満載となりそうです。

[2016-10-02 (日)]

もう10月に入りました

9月議会は、9月28日に終了しました。議会の内容や私の発言は、後日「さこう弘康 町政レポート」で報告させていただきます。

  10月に突入し、今年もあと100日もしないうちに終わろうという時期になりました。
まだ、カラッとした晴れ間の天気がなかなか無く、蒸し暑さが続いています。
雨の天気が続く合間をぬって、地元では秋の例大祭が行われ、式典と祭り行事に参加させていただきました。
 午前中は、2つの神社の式典に。午後からは「ちゃらぼこ太鼓の奉納」を保存会メーバーとして「もち投げ」、「手筒花火の奉納」の点火者として、さらに「祭り反省会」と夜遅くまで「秋祭り」楽しみました。

 今週は、台風18号がこの地方にもやってきます。夏の疲れも出るころです。安全・健康に気を付け「すがすがしい秋」を過ごしたいものです。

[2016-09-26 (月)]

「地域のヒーロー 消防団」

 昨日9:30から防災広場にて「幸田町消防団観閲式」に出席をしました。
消防団員が日々訓練した成果を堂々と披露しました。
まさに、幸田町内の安全・安心の実現を日々の訓練と実践のなかで行動されている姿に感銘を受け、住民あげての防災への決意を新たにしました。
  今年は伊勢湾台風の被害から57年を迎えました。1959年9月26日の夕、紀伊半島に上陸し、愛知、三重両県を中心に5918人の死者・行方不明者など甚大な被害をもたらしました。幸田町でも3人の犠牲者が出ました。

 今後も住民の防火、防災活動の最前線で、ご活躍をよろしくお願いします。
地域をあげて「地域のヒーロー 消防団」を応援しましょう!

「消しましょう その火その時 その場所で」平成28年度の全国統一防火標語です。

[2016-09-23 (金)]

秋の交通安全運動展開中

 9月21日(水)から30日(金)まで秋の交通安全運動が展開されており、私も地域の交差点や通学、通勤路で立ち、交通安全活動に参加しています。
 
  愛知県内では依然として飲酒がからむ死亡事故が発生しています。
飲酒運転4(し)ない運動は、
①運転手は酒を飲まない
②飲んだら運転しない
③運転手には酒をすすめない
④酒を飲んだ人には運転させない この4つを徹底しましょう。
 特に、秋は日没時刻が早くなること、雨も多い時期などと重なり、交通弱者が交通事故にあう危険性が高まります。「思いやり運転」に心がけましょう。

[2016-09-18 (日)]

学区敬老会で長寿を祝いました

9月18日、深溝学区の敬老会が小学校体育館で開催され出席させていただきました。
学区単位で開催されるのは、この地区だけで、対象は75歳以の340人、幸田町内では、100歳以上は10人おられ、最高齢の方は103歳の女性ということです。
開会でコミュニティー会長が挨拶され、長寿の方の表彰、来賓の挨拶、そして余興と楽しいひと時を過ごしていただいたようです。
  労働省の発表では、全国では、100歳以上の高齢者が昨年より4423人増え、過去最多の5万8820人で、女性が5万1234人(前年比3628人増)、男性は7586人(同795人増)。また、2014年度に100歳になった人と、なる予定の人は計2万9357人(前年度比1188人増)で、ご長寿の方が増えており、大変喜ばしいことと思います。
2015年における日本の平均寿命は、男性が80.79歳、女性が87.05歳となっています。
今後は「健康寿命」向上の施策をさらに推し進めていくことが望まれます。

[2016-09-02 (金)]

街頭活動「最低賃金時間額が845円に」

 本日早朝より、10月1日より愛知県最低賃金時間額が、820円から845円に改定されることを受け、JR岡崎駅にて、連合愛知西三河中地協の役員さんと街頭宣伝行動を実施しました。
 
 最低賃金は、すべての労働者の最低額を保障するセーフティネットであり、常用・臨時・パート・アルバイト・嘱託など、雇用形態や呼称にかかわらず、原則すべての労働者とその使用者に適用されています。
(「なんでも労働相談ダイヤル」も設置されています。0120-154-052)
 
 連合愛知は、未組織労働者や非正規労働者の労働条件向上のため、賃金のセーフティネットを強化し「すべての労働者の労働条件の改善」に取り組んでいます。

[2016-09-01 (木)]

9月議会開会

平成28年9月定例会は、本日9月1日に開会し、28日までの会期で開催されます。財政健全化判断比率の報告案件1件、人事案件2件、単行議案3件、3億2157万円の一般会計補正予算関係、平成27年度の決算認定関係の議案が上程されました。また陳情4件を審議します。
 9月議会は、前年度の決算を質す重要な議会です。住民目線で、納税者の立場に立って、税金の使われ方、財政の健全化をしっかりとチェックしてまいります。

[2016-08-28 (日)]

国立長寿医療研究センターを視察しました

 愛知県大府市の国立長寿医療研究センターで先進する介護やリハビリ支援ロボットの現状を視察させていただきました。国立長寿医療研究センターは、2015年4月より国立研究開発法人として新たにスタートし、高度先駆的医療、新しい機能回復医療、包括的・全人的医療を行います。老人保健や福祉とも連携し、高齢者の生活機能の向上をめざした施設です。
 日本の高齢化率はすでに25%を越え、人類は誰も経験したことがない超高齢社会となり、認知症の激増生活、機能障害と病気をあわせもつ高齢者の増加や多死の時代に代表される現象が同時に進行しています。私は、3月議会で「本町は、この2月に 人口4万人を達成したが、人口増と 同時進行する「高齢化」「介護・福祉問題」は、避けて通れない」と施策展開の加速を提言しました。
 介護および生活支援へのロボットの導入の必要性がますます高まっており、「ものづくり愛知」として健康長寿支援の医療や介護とのマッチングを進め、ロボットの実用化や普及が大いに期待されています。

[2016-08-13 (土)]

恒例の「学区夏まつり」大盛会

 「深溝夏まつり・盆おどり大会」が深溝小学校のグラウンドで17:30分から、多くの参加者が参加する中で開催されました。過去は、幸田町内でも各地域で開催されていましたが、時代の流れとともに、開催されるところが少なくなりました。
しかし、深溝地区では、若者の有志で、一度中止となった「深溝夏まつり」が再開されるようになり、今年で17回目となりました。地元を想う若者の情熱に心から敬意を表したいと思います。
  各区、各団体による模擬店が出され「カキ氷」「やきとり」「みたらし団子」・・・なども大行列となり、会場を大いに盛り上げました。
 私も、チャラボコ太鼓保存会として出店した「もつ煮・焼きとうもろこし」の販売のお手伝いで、夏の夜を楽しみました。汗だくで運営された実行委員、役員の皆さん、参加者のみなさん「お疲れ様でした」

[2016-08-08 (月)]

炎天下 「里区住民交流会」 開催

 今日の日本列島は、東海地方を中心に各地で気温が上昇し、多治見市では、今年全国最高となる39.7℃を観測したほか、全国各地で35℃以上の猛暑日を観測、高温注意情報が発表され、熱中症に対して十分な対策をとるよう心がけてください。

 昨日は、8:30から「つばきの小径」の美化活動が、住民の多くの方の参加により、全長約1000mの散策道の草取りが行われました。
老人クラブ、子ども会、有志の方々が、草刈り機やカマ、ほうきで、約1時間の作業を汗まみれでやった結果、みるみるきれいになり、改めて住民パワーの結集の大きさを感じました。
 美化活動終了後は、恒例の「住民交流会」が開かれ、活動の「ごほうび」として、そうめん・みたらし団子・かき氷、が振る舞われ、こちらも暑さを忘れて、舌鼓。猛暑の中、ケガも事故もなく、楽しい夏のひと時を過ごすことが出来ました。

[2016-08-01 (月)]

「幸田 彦左まつり」 盛り上がる

 幸田町にゆかりがあり、庶民のヒーローとされる大久保彦左衛門を慕うまつりとして今年28回目となる「幸田彦左まつり」が7/30夕、開催されました。町民の楽しみとして、すっかり定着したまつりが、夏の夜を盛り上げました。

 小学生のマーチング隊や町の各団体などを先頭に、企業、団体、学区コミュニティーの仮装した「大久保彦左衛門」や、時代劇で知られる義理人情に厚い江戸っ子の魚屋さん「一心太助」に扮した皆さんが、歩行者天国になった幸田駅前通りを練り歩きました。夜店や各種アトラクションで幸田の夏を盛り上げ、毎年3万人の人出で、今年も大いににぎわいました。

  
 私も地元の「深溝学区 彦左」のあとの「チャラボコ太鼓保存会の山車」に加わり、汗だくになって夏の夜を楽しみました。

[2016-07-26 (火)]

連合愛知三河中地域協議会「活動報告会」

 7月26日(火)18:00~岡崎市勤労文化センターにおいて、連合愛知中三河地域協議会の地協役員の皆さんに対し、議会、議員活動報告会が開催されました。
組織内議員である、各級の政策推進議員による報告は、幸田町議会(酒向)、岡崎市議会(井町市議)、県議会(西久保県議)、国会(中根衆議院議員)の順に行なわれました。
 
 私は、「さこう弘康 町政レポート7月号」に沿って、幸田町6月議会の報告、当初予算内容、防災対策、ものづくりのまち、産業振興について、特に私の提言が実現した「ふるさと納税の返礼品」の予想を上回る寄付額に対する補正予算」と町内の河川堤防と3つのJRのアンダーパスの水位を「webカメラの映像をHPでの住民へ公開」について報告をさせていただきました。
報告のあと、直面する現状の保育の課題や考え方などの質疑応答や今後の活動要請などの意見交換がされました。

[2016-07-18 (月)]

夏の交通安全県民運動展開中

7月11日(月)~20日(水)まで、愛知県の夏の交通安全運動が実施中されています。
夏本番を迎え、海や山では本格的なレジャーシーズンが到来します。この時期は、暑さやレジャーの疲れからドライバーの注意力が散漫となり、屋外で遊ぶ子どもや、日中の暑さを避けて朝夕に外出する高齢者との交通事故の増加が心配されます。
また、夏特有の開放感からスピードの出し過ぎや飲酒運転による重大事故の増加も心配されます。
 車を運転するときは、通行する子どもや高齢者の動きに十分注意し、速度を落とし、思いやりをもった運転に心がけましょう。

愛知県は、今年も交通死亡事故巣発生数が「全国ワースト1」です。
期間中、私も交差点や通学、通勤路で交通安全を呼びかけています。

[2016-07-11 (月)]

「町政レポート 37号」を配布します

今年の梅雨は、平年より雨量が多く、各地で大雨による被害が心配されます。

  昨年の9月議会の一般質問で「私の提言が実現」した事業を紹介します。
過去の一般質問で「 Webカメラの映像を 住民にも見えるように ! 」と早期導入を訴えてきました。
  幸田町内には、JRの路線の下をくぐる、3つのアンダーパスがあります。ここは、過去に大雨が降ると水没し、車が浸水する被害が多発していました。鷲田(わしだ)ガード・錦田 (にしきだ)ガード・仲田 (なかた)ガードがあり、幸田町のホームページ(1分間隔の映像)とケーブルテレビ11ch(動画)で、見ることが出来るようになりました。災害時の増水状況や規制状況が確認でき、平常時にも、通行状況や混雑状況が、1分間隔の映像を、誰でも見れる、有効な情報提供です。ぜひ、ご覧ください。
http://www.town.kota.lg.jp/index.cfm/40,36558,94,html

  「さこう弘康の町政レポートvol.37」が出来上がりました。発行は7月半ばです。
http://ichi-kichi.heteml.jp/sakou/pdf/photo/37.pdf

[2016-07-04 (月)]

「熱中症 危険日」が続きます

  昨日、デンソー幸田製作所体育館で幸田町バレーボール連盟主催の「第20回 デンソー杯バレーボール大会」が開催され、幸田町内のバレーボールチームが、各頂点をめざし熱戦が繰り広げられました。

 20年目を迎えたこの大会ですが、町内の中学校男女の部活チーム、一般男子、女子A・Bのそれぞれのクラスに分かれてのトーナメント戦。1つの競技大会に総参加選手約500人が一堂に会しての大会は、他にはなかなかないと思います。会場は開会式前の練習から熱気がムンムンする雰囲気でした。特に中学生のチームの練習の声、応援の手拍子など、圧倒されるほどの盛り上がりが感じられる夏の一大スポーツ大会となっています。


 午後4時ころには、熱中症注意報が出されるほどの天候になりました。ここ数日は、熱中症予防の健康管理にも十分気を付けて過ごしましょう。

[2016-06-30 (木)]

幸老連「グラウンドゴルフ大会」撮影

梅雨が長引き、なかなか晴れ間の少ないこの時期ですが、雨天のため一週間延期になっていた「幸老連(幸田町老人クラブ連合会) グラウンドゴルフ大会」が、大日陰グランドで開催され、幸田町議会広報委員会委員も「議会だよりの表紙写真撮影」のため、おじゃましました。


 太陽も顔を出しムシムシとする中で、320人を超えるゴルファーが、区対抗のチームに分かれ、元気いっぱいのプレーを楽しまれていました。

 
 議会広報委員会は、6月議会を終え、今月末のNO.161号の発行をするため毎週、編集委員会を開催しています。表紙の写真や記事の写真もすべて、広報委員会の議員が現地に出向いて「写真撮影」をしています。素人の腕前ですが、それなりに努力をして記事や内容にあった、すばらしい写真をお届けしたいと思っています。

[2016-06-19 (日)]

「1万本のアジサイ」が 見頃です

私の地元の深溝 本光寺は「三河のアジサイ寺」として広く知られ、参道から境内まで、1万本のアジサイの青や紫、白の花と葉っぱの緑のコントラストが心を和ませてくれます。6/25日(土)には、JRさわやかウォーキングが予定されており、JR三ヶ根駅を出発点として、この本光寺を通り、形原のアジサイの里を観て、JR塩津駅までのコースで開催されます。

 
  幸田町議会は、6月20日に最終日を迎え閉会となります。最終日には、補正予算の追加議案が提出される予定です。5月2日からスタートした、ふるさと寄付返礼品事業で、当初予算2000万円を計上していましたが、スタート直後から予想をはるかに上回る寄付金受付となり、あらたに8000万円を追加し、1億円の事業とするものです。
  私の提案した「幸田町のモノづくりの町のPRと産業振興ために、ふるさと寄付金の最大限の活用を!」が実現し、身を結びつつあると思っています。
http://search.rakuten.co.jp/search/inshop-mall/-/-/f.1-p.1-s.2-sf.0-sid.320480-st.A-v.3

[2016-06-10 (金)]

交通死亡事故ゼロ連続1000日達成!

 本町では、平成25年9月以降、町内での交通事故による死亡事故ゼロが続いており、昨日『交通死亡事故ゼロ連続1000日』を達成しました。
今朝は、町役場の職員の皆さんが、幸田駅前にて「交通安全キャンペーン」を行いました。

 この記録は、交通安全関係団体、地域のコミニティー、企業の方々、ボランティア団体など、交通安全に携わるすべての方々のご協力、そして町民一人ひとりの交通安全意識の高さによるものであり、常日頃から、地道に交通安全啓発活動に取り組んでいただいたことが、今回の1000日の達成につながり、その活動の成果が表れたものと思います。

 
 今後さらに、2000日、3000日目指した「交通安全推進の施策拡大」を提言していきたいと思います。

[2016-06-08 (水)]

雨の中の「ホタルを観る会」

 6月4日に梅雨入りとなり、昨夜は19:40から毎年恒例の「深溝学区のホタルを観る会」が開催されました。あいにくの雨の中、多くの親子連れが体育館に集まり「観賞」まえに、教頭先生から「ホタルを観賞するときのマナー」の確認があり、傘をさして川沿いの鑑賞では、草の中で光る無数のホタルを見ることが出来ました。深溝小学校南の拾石川沿いは、絶好の観賞スポットです。天気の良い夜には「ホタルの乱舞」が観られ、ここ一週間は、夏の風情を満喫することができるということです。

 議会は今週、議案質疑。来週、各常任委員会となります。住民目線で行政の取り組みのチェックに努めてまいります。

[2016-06-01 (水)]

6月議会 開会

本日より、6月議会が開会しました。6月議会の日程です。
6月1日   ・・・ 定例会開会
6月3日   ・・・ 一般質問(7人が登壇)
6月8.9日 ・・・ 議案質疑
6月13日  ・・・ 福祉産業建設委員会
6月14日  ・・・ 総務教育委員会
6月16日  ・・・ 議会運営委員会
6月20日  ・・・ 閉会
私の一般質問の登壇は1番目で、午前9時からの予定です。通告内容は。
①防災、減災対策の強化について「熊本地震の教訓を生かす施策を問う」
②高齢化、介護問題について「高齢化社会をむかえ、福祉、介護事業の現状と今後を問う」
ご聴講のほど、よろしくお願いします。

[2016-05-27 (金)]

災害対策で広島市を行政視察研修

25、26日と防災・減災対策特別委員会で、まだ記憶に新しい平成26年8月の土砂災害のあった広島市の復興状況、今後の防災対策と土砂災害現場を視察してまいりました。


  人的被害 死者74人という大災害から、1年9ヶ月が経った現在の広島において、改めて災害を振り返り、災害時の対応から見えてきた課題や、災害前後で変わった防災対策、被害の総括、現時点の復旧状況と今後の対応などについて、本町に反映すべき点などを研修しました。
 

  自主防災組織の充実、要援護者登録率の向上、地域防災リーダーの養成など、行政とともに地域が中心となった防災力を向上を図って行く必要があると改めて感じました。

[2016-05-21 (土)]

小学校区「運動会」開催されました

 最高気温が30℃にせまると予想された、初夏を思わせる、雲一つない土曜日。
今日は、深溝小学校区コミニティー大運動会が開催されました。
太陽の光がまぶしい天候でしたが、時よりさわやかな風が吹く、絶好の運動会日和となりました。

 小学校の運動会は地域といったとなった運営がされるようになって久しいですが、地域区民が一体となった運営は、どこか「懐かしい運動会」を感じることができました。


 特に、つい先月初めに入学したばかりの一年生が、一生懸命に「走り、演じる」姿を見て、成長の速さと頼もしさ、先生たちの指導の成果を実感することができました。
運動会の終了は、3時過ぎになりましたが、気持ちの良い1日を過ごすことができました。
参加された皆さん「お疲れさまでした」

[2016-05-16 (月)]

すがすがしい「休日行事」が続きました

5月も半ばとなり、街には半袖姿も見られるようになってまいりました。
この休日、行事の数々が催され出席させていただきました。
15日の日曜日は、連合愛知三河中地域協議会主催の「2018メーデー」が岡崎市の公園で開催されました。行政や各労働団体の方のあいさつと組織内議員の紹介のあと、メーデー宣言が採択されました。その後、参加された方のまちかねた「交流会」がスタートし多くの模擬店が大賑わいでした。


 午後からは、デンソー労働組合の創立70周年記念のフェスティバルが「ながしまスパランド」で開催され、初夏の強い日差しの中、楽しい休日を過ごそうと多くの家族連れでなどで大盛況の「あつい一日」となりました。みなさんお疲れ様でした。

[2016-05-10 (火)]

「こうたふるさと寄付」受付開始

大型連休となった2016年のゴールデンウィーク、リフレッシュできましたか。行楽地に出かけたり、家でのんびりと過ごした方もみえるかと思います。

 連休中の新聞報道で「幸田町ふるさと寄付」受付開始が発表されました。
一般質問で過去2度にわたり「町の産業振興(地場産業の販売促進、企業の活性化)とものづくり幸田をPR」のために早期導入を提起し、この5月2日から実現しました。
インターネット「楽天ふるさと納税」で受け付けが始まりました。ただし町民は返礼品の対象外となります。
http://search.rakuten.co.jp/search/inshop-mall/-/-/sid.320480-st.A

[2016-04-28 (木)]

被災地支援募金活動 パート2

 本日も「熊本地震にともなう支援募金のお願い」で、昼休みの会社食堂の出口で活動を行いました。すでに前日より募金の案内が周知されていたためか、袋や箱で持ってこられる方もおられ、多くの善意が集まりました。


「さこう弘康の町政レポート」を配布しています。
http://www.hiro-sakou.com/pdf/photo/36.pdf
今後とも、ご意見などよろしくお願いします。

[2016-04-25 (月)]

第2回 幸田町議会報告会を開催

 昨日、午後2時から、幸田町中央公民館ホールにて幸田町議会報告会を開催しました。
 内容は・3月定例会の報告・各委員会の報告・政務活動費について約1時間の議会報告の後、報告会に来ていただいた出席者の方々と約30分の意見交換を行いました。5人の方から意見や質問が出されました。地方法人課税の一部見直しの話、ふるさと納税、幸田駅・三ヶ根駅整備の問題など町の課題について質問がありました。


 この報告会を開催するにあたり、4度ほどの準備委員会を開き、議員を中心にほぼすべての運営をしました。
参加者は、昨年より20人ほど多い65人の方に来ていただきました。
 今後も、毎年ほぼ1回の開催を予定し「開かれた幸田町議会」を目指しています。

[2016-04-22 (金)]

被災地支援の「募金活動」に参加

大きな被害となった熊本地震から1週間が経過しました。今も熊本県、大分県を中心に相次ぐ地震で、避難が長期化し、避難されている方々の疲れがピークに達している表情をTVや新聞で見て心が締めつけられる思いです。
犠牲になった方々の冥福をお祈り申し上げると共に、被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。


熊本、大分震災を支援するため、各地で「やれること」の支援活動の輪がひろがっています。
私も、会社内の食堂の出口で「募金活動」に参加しました。食事を終えた多くの方にご協力をいただきました。
こういった支援の輪が広がり、1日も早く被災地が復興でき、元気が戻ることを心から願っています。

[2016-04-17 (日)]

新一年生を迎える会

地元里区の子ども会の「新一年生を迎える会」に参加しました。
ピカピカの新一年生は19人で、区内では少しづつ増加していることが明るい話題となっています。

あいさつの順番でしたので、一言祝辞をのべさせていただきました。
「おめでとうございます。
・・・いままでと変わったことは、自分の足で学校に登校することですね。
・・・絶対に交通事故には、あわないように。
・・・それと勉強をしなければならないことです。
・・・先生のいうこと、家の人のいうことを聞いて、頑張ってください。」
そんな話を、よく聞いてくれていました。素直に、健康で、健やかな成長を願っています。

[2016-04-08 (金)]

春の交通安全運動を実施中

春の交通安全運動は、4月6日(水)~15日(金)の期間で実施されています。
私も地元の交差点や通勤通学路で立ち、交通安全活動に参加しています。
新年度を迎え「春」を身体で感じられるこの時期は、同時に不慣れな交通環境で通学・通勤が始まり、交通事故の発生が心配される時期でもあります。
車を運転するときは、子どもや高齢者の動きに十分注意し、速度を落とし、思いやり運転に心がけるとともに、家庭では、交通安全について話し合い悲惨な交通事故をなくしましょう。

[2016-04-01 (金)]

本日、新年度入りしました

「さくら満開」のたよりが、この地方でも聞こえるようになりました。
すっかり春めいて、なにか心が躍るような空気を感じます。


幸田町議会は3月28日に閉会いたしました。議会の内容は後日報告させていただきます。
29日には、連合愛知中地協の役員と私で、昨年の9月、働くものの代表として幸田町大須賀町長に提出した「要望書」に対し、町長室にて新年度予算への反映報告を受けました。その後、連合愛知中地協役員と人口増加に対する施策や、産業振興、今後の町政運営など有意義な意見交換をしました。


花冷えの頃は体調を崩しやすいものです、どうぞ健康管理をされ、新しい年度を力いっぱい踏み出されますように。

[2016-03-18 (金)]

町内小学校の「卒業証書授与式」

朝の冷え込みも和らぎ、春の到来を感じることができるようになりました。今日は、町内6つの小学校の小学校卒業証書授与式が行われ、私は地元の深溝小学校の式典に出席させていただきました。

58人の卒業生は、それぞれ校長先生からいただいた証書を保護者に感謝をこめて渡しながら、きっと「ありがとう」という言葉を言っているのだなと、ほほえましい光景を見ることができました。卒業生のみなさん、保護者のみなさん「おめでとうございます」

[2016-03-13 (日)]

新年度に向け、地域も多くの会合開催

幸田町議会は3月2日に開会し、28日までの日程で、現在議会の真っ最中です。
先週議案質疑が終わり、今週から新年度予算案を審議する予算特別委員会がはじまります。
住民目線で、納税者の立場で税金の使われ方や事業のあり方を質してまいります。


地域も新年度に向けた、初集会や各地区の会合が開かれ、出席し、あいさつや町政報告をさせていただいています。


週末は、地元の葵さくらも満開の時期となりました。私がオーナー(地元の桜オーナー制度に登録しています)になっている桜の木々の手入れや、来週「JRさわやかウォーキング」が行われる、つばきの小径の草刈りなどの手入れもおこないました。

[2016-03-04 (金)]

中学校の卒業証書授与式

やっと春めいた陽気となった本日、町内の3つの中学校で卒業式が行われ、私は、南部中学校に出席させていただきました。今年は、74人の卒業生でしたが、多くの在校生が例年以上に涙する場面が多く、とてもよい3年生だったことがうかがい知れました。

校長先生から、相田 みつを さんの「道」を紹介され、巣立ちのメッセージを送られました。


長い人生にはなあ  どんなに避けようとしても
どうしても通らなければ ならぬ道-  てものがあるんだな
  そんなときは  その道を 黙って歩くことだな
愚痴や弱音を吐かないでな 黙って歩くんだよ ただ黙って-
涙なんか見せちゃダメだぜ!!  そしてなあ その時なんだよ
人間としての いのちの根が ふかくなるのは・・・


巣立っていく皆さん、保護者のみなさん「おめでとうございました」

[2016-03-01 (火)]

3月(弥生・やよい)に入りました

暖かかったり、真冬に戻ったり、寒暖の差が激しい今年の冬です。体調管理に十分気を付けて、過ごしていきたいと思います。


  昨日午後、今年7月に予定されている第24回参議院議員選挙比例区候補予定者で自動車総連出身の「はまぐち誠」さんが、デンソー労組幸田製作所を訪問されました。
  はまぐち誠さんのあいさつを聞き、懇談をさせていただきましたが、とても気さくで「まじめ、やさしい、それでもって力強い!」そんな、とても気持ちの良い印象をうけました。
  はまぐち誠さんの目指す日本の姿は「日本に生まれて良かったと思える社会・国の実現」そして、目指す産業の姿は「強みを将来にわたって維持・強化し、自動車産業を今後も魅力ある産業にしていくこと。それが、日本全体にとっても重要である」と言われています。

[2016-02-27 (土)]

しだれ桜育成ボランティア活動

冷たい風もない比較的暖かな朝、ハートフルクラブ幸田自主企画活動「しだれ桜育成ボランティア」活動で、25人のメンバーとともに、追肥と手入れに参加しました。
枝の蕾はまだまだ硬い状態でしたが、屋外で久しぶりに気持ちのいい汗をかきました。


  作業場所は、デンソー幸田製作所周辺と町道付近一帯で、この付近の新幹線沿いは、毎年4月の初旬には、見事な桜が咲き乱れ、写真マニア仲間には有名な「枝垂桜と新幹線」を撮影する、絶好の撮影ポイントとなっています。

りっぱに成長したしだれ桜の木々の根元への施肥と、ゴミ拾いも行い周辺もきれいになりました。
参加者のみなさんお疲れ様でした。

[2016-02-19 (金)]

「3月議会」日程決定 3月2日に開会

幸田町議会 平成28年第1回定例会の日程が決まりました。
開催予定は3月2日から3月28日までの会期(27日間) てす。
3月2日(水)  開会
3月7日(月)  一般質問
3月10日(木) ・11日(金) 議案質疑
3月15日(火) ・16日(水) 予算特別委員会
3月17日(木)  福祉産業建設委員会
3月22日(火)  総務教育委員会
3月24日(木)  議会運営委員会
3月28日(月)  閉会
3月定例会は、新年度の当初予算案を審議をする 重要な議会です。住民目線、納税者の立場で 税金の使われ方や事業のあり方を質してまいります。


 現在 幸田町郷土資料館(幸田町大字深溝字清水36‐1)では、3月3日の桃の節句にあわせて、ひな人形を展示しています。きらびやかな衣装を身にまとったおひなさま達が出迎えてくれます。期間は、3月19日(日)まで。入館料は無料です。
開館時間:午前10時~午後5時(正午~午後1時は閉館  休館日:毎週月曜日)

[2016-02-13 (土)]

安全・安心なまちづくり推進大会開催

 平成27年度 幸田町「安全・安心なまちづくり推進大会」が14:00から町民会館つばきホールにて開催されました。
大会では、安全・安心なまちづくり推進に尽力のあった人、団体に対し「交通安全・防犯・防災功労者感謝状」の贈呈がありりました。その後、愛知県警察本部 防犯活動専門チーム「のぞみ」によるわかりやすい「振り込め詐欺被害防止」の寸劇がありました。


  昨年の幸田町の交通事故の総数は174件(前年比-39件)で死亡事故0(2年5ヶ月連続ゼロ)。犯罪発生状況は刑法犯合計で207件(-前年比3件)となっています。

  大会を通じ、行政、地域、各団体、事業所が一体となって、安全・安心なまちづくりの推進し、大きなパワーを結集して展開していく必要を感じました。

[2016-02-05 (金)]

本日 人口4万人達成!

 本日の特別委員会開会冒頭の町長あいさつで、本日2月5日中に幸田町の人口がついに4万人を達成すると報告がありました。昨年12月1日で39,784人、今年1月1日に39,852人、2月1日に39,971人と推移し達成しました。
一年前の2月1日は39,396人でしたので、一年間で約400人増加したことになります。
 本町は、2025年まで人口増加が続く町とされています。
人口増加とともに、子育て、教育施設である、保育園・学校の整備から福祉、安全など社会基盤もしっかり先を見据えた施策の取り組みを進めていく必要性を感じています。

[2016-02-03 (水)]

研修と視察で「地震防災意識」新たに

ついこの前新年を迎えたばかりと思っていましたが、もう2月になりました。

1日、幸田町議会が開催した議員研修会の講師に 鍵屋 一 氏(跡見学園女子大学 教授)をお招きし「自治体の地域防災と災害時の議会・議員の役目」を受講しました。

2、3日は、防災・減災対策特別委員会の行政視察で兵庫県芦屋市の住宅耐震改修促進の取り組みについて、また北淡記念公園と野島断層、阪神・淡路大震災記念「人と防災未来センター」を見学しました。


この3日間で、地震防災意識を新たにするとともに「震災は忘れないころにやってくる・・・ここ30年以内に大震災の発生の可能性」、教訓として「まずは議員が率先して、身の回りの防災対策を進めること」など多くのことを学び、今後の議員活動に生かして行きたいと考えています。

[2016-01-29 (金)]

「深溝学区まちづくり研究会」視察研修

地元のメンバーで地域の活性化を目的に結成され活動をし結成3年になる「深溝学区まちづくり研究会」は、活動の先進地の視察研修を実施しています。
3回目となる視察先として、この深溝地域の先祖が移り住んだとされる「桑名市の赤須賀地区」をメンバー25人で訪れました。


先方の郷土史研究をされている方や市博物館の学芸員の方から歴史上の関係の説明をうけました。市や神社の資料には、ハッキリと「三河国額田郡市場村から移り住んだ」と明記されており、桑名のハマグリ養殖の基礎を築き上げたとされています。
両所にとって、今後更なる研究と交流をしていく大きなキッカケとなりました。

[2016-01-21 (木)]

「さこう弘康 町政レポート」を発行します

さこう弘康の「町政レポート」NO.35-1月号を発行します。
12月議会の概要、私が登壇発言した一般質問の内容、活動報告などを載せました。
http://www.hiro-sakou.com/pdf/photo/35.pdf
今回の手配りする地区は、鷲田区の一部です。よろしくお願いします。


19日.20日.21日と2泊3日で行政視察に行ってきました。
幸田・三ヶ根駅整備特別委員会の研修で5か所を視察し、主に駅前の再開発、再活性事業など駅前に賑わいをはかる取組みをみてきました。
いずれも、強い組織とリーダーシップ、行政の情熱の必要性を感じました。詳しくは、後日まとめて報告させていただきます。
今後の活動、委員会で成果を出していくことが役目と思っています。

[2016-01-13 (水)]

議員活動が、はじまりました

 温かかった年末年始でしたが、ここ数日は、冷え込む日が続いています。
1月6.7.8日の年始のあいさつ回りに始まり、年始恒例の町の行事に、それぞれ出席、参加をさせていただきました。
9日  出ぞめ式
10日 凧揚げ大会
11日 成人式

町の安全・安心を守る消防関係者の雄姿、地域コミニティーの結束力、新たに成人になった責任感を感じる若者の姿の頼もしさ、などを強く感じました。

町のイベントが一段落し、通常の議員活動がはじまりました。
この一年間も、変わらず「皆さんの届け、実現に努力!」をしてまいります。
どうぞよろしくお願いします。

[2016-01-03 (日)]

新年あけましておめでとうございます

 ポカポカの陽気が続いた、正月三が日となりました。
春のような、記録的な暖かさになり、桜が満開になるころの陽気のところもあったようです。こころも新たに、それぞれ有意義な三が日を過ごされたことと思います。
すがすがしい新年を迎え、明るい一年となりますようにスタートして行きましょう。本年もどうぞよろしくお願いします。

[2015-12-27 (日)]

あたたかい 年末です

年の瀬も押し迫り、今年もいよいよ残りわずかとなってきました。新年を迎える準備に追われているころではないでしょうか。
「本年もよろしくお願いします」と書いた日が、ついこの前のことのようです。 一年がたつのは、ほんとうにあっという間です。

忙しかった、この一年でしたが、12月議会も21日に閉会し、年末の会合やあいさつ回りなどで動き回りやっと、昨日と今日で「さこう弘康の町政レポート」や「議会報告書」など作成を進めています。

皆さんは、レジャー先や帰省、またゆっくりと自宅で新年を迎えられるのでしょうか。


一年間、大変お世話になり、ありがとうございました。
どうか皆さん、良い年をお迎えください。

[2015-12-19 (土)]

「カーブミラー清掃」ボランティア活動

9:00より 町内の「カーブミラー清掃」のボランティア活動に参加しました。

 毎年恒例となったこの活動の主体は、デンソー幸田製作所の従業員のボランティア組織「デンソーハートフルクラブ幸田」で、地域社会貢献活動の一環です。6グループに別れ、それぞれ町内の地域をブロック毎に分けてスタートしました。大小のカーブミラーの汚れを拭き、街中のゴミも拾いながら行いました。
最初はとても寒いと感じましたが、すぐに身体の芯が暖まり、通行される方たちから「ご苦労様」と声をかけていただき、磨く腕にも力が入り額に汗が出ました。


 参加をしていただいた皆さん、大変お疲れ様でした。
約1時間30分で計378枚のカーブミラーの一年間のホコリをきれいに洗い流しました。

[2015-12-12 (土)]

「イノシシ防護柵」の設置で「いい汗!」

幸田町内で、イノシシによる農作物の被害が多発していることから、各区ごとに鳥獣被害対策組織を立ち上げて「イノシシ防護柵」の設置が、3年計画で行われています。

  今朝は、里区の今年度初の設置計画日のため、区民、関係者で設置を進めました。

  里区内にデンソー幸田製作所もあるため、ボランティアグループ8名も参加して、区民のみなさんと共に汗を流しました。ボランティアの皆さんの参加目的は「人と動物の共生と地域貢献」ということと、今年に入って2度の「イノシシとの交通事故」が発生していることから「交通安全・動物愛護」という側面もあるということです。

  4班に分かれての作業、かなりの重労働でしたが、着々と伸びていく柵に「達成感」のようなものも感じることができました。次回は年明けに計画されています。

[2015-12-05 (土)]

保育園の生活発表会がありました

今日は、町内8園で一斉に生活発表会がありました。冷え込む朝でしたが、元気いっぱいの園児の熱演を見せていただき、とてもあったかい気分にさせてもらいました。

  出席案内をいただいた里保育園は、町内で一番園児数の少ない園ですが「アットホーム」な雰囲気です。自然の中でのびのびと育った園児たちは、縦割りのクラス「ぞうぐみさんと、くまぐみさん」と別れ、それぞれの演技を繰り広げ、見ていてつい笑顔になってしまいました。
  
  12月議会は一般質問が終り、9日からは議案質疑~各委員会へ移っていきます。住民目線で、しっかり提案、提言をしていきたいと思います。
私は、一般質問を12月3日にいたしました。くわしい質問内容と答弁は後日報告させていただきます。

[2015-12-01 (火)]

今年も、あと1か月となりました

12月になりました。ここ2.3日は冷え込む日が続いていますが、この冬は「暖冬」となる予報が出されています。原因は「ゴジラ エルニーニョ」だとか。


  本日から、冬の交通安全運動が12月10日まで展開されます。
愛知県は、交通事故死亡者数、全国ワースト1となっています。
私も期間中、各所の交差点や横断歩道で交通安全を呼びかけます。

  同時に「年末の安全なまちづくり運動」が始まりました。
期間は、12月1日(火)~12月20日(日)です。
 年の瀬を控え、あわただしさを感じる時期となりました。
子どもの見守り活動、あいさつ・声かけの励行、防犯パトロールなど、犯罪者を寄せ付けない地域の目をつくることが最も重要です。一人ひとりが防犯意識を高め、犯罪・事故のない安全なまちづくりの取組みをしていきましょう。

  幸田町議会も、本日から12月21日までの会期で開会しました。
私の「一般質問」の登壇は、12月3日の9:00からです。

[2015-11-25 (水)]

労福協より要請書の提出

13:30から、愛知県労働者福祉協議会(略称:愛知労福協)岡崎額田支部の支部長をはじめ役員さんと私の10名で町長室を訪問し、勤労者福祉の増進に向け事業推進のための「要請書」の提出を実施しました。
労福協は、労働運動の一環として行われる「労働者自主福祉運動」を通じて、労働者とその家族の生活向上と安定をはかり、真に平和で豊かな暮らしを保障する社会を創ることを基本理念としています。

町長へ要請書を提出後、懇談会を開催、意見交換を行いました。

[2015-11-21 (土)]

学区防災訓練が実施されました

8:00から全学区民を対象に学区コミニュティ主催の「防災訓練」が行われました。
サイレンと同時に「訓練地震、訓練地震」の防災無線が流れ、れぞれの家庭で避難訓練の実施と安否確認のカードを各玄関に表示。


その後、訓練の会場の小学校に集まり、体育館で避難者受付を体験。
私は、議員代表で「今日の訓練が、家族で防災について話し合うよい機会になるように」と挨拶をさせていただきました。


その後、小学校の体育館で防災講話、AEDの救護訓練、校庭では、初期消火訓練・災害時炊飯などを体験しました。参加者は真剣な表情で取り組まれていました。

[2015-11-17 (火)]

今年も三ヶ根駅前にイルミネーション点灯

昨年に引き続き、地元の「ちゃらぼこ太鼓保存会の有志メンバー」により、JR三ヶ根駅前を元気づける「電飾」が設営されました。冬の寒い夜もホットな気分になります。


市場区の鶴田さんと里区の栗巣野さんから以前使われていた機材を提供していただくなど、多くの皆さんのご協力で実現することができました。


今週から点灯し、さらにバジョンアップを試み、新年の松の内まで、駅前に彩りと元気を届けます。
ぜひ、見に来てください。

[2015-11-14 (土)]

学芸会の「熱演」に大きな拍手

午前9時から、深溝小学校の学芸会が開催されました。
音楽劇を中心に日ごろの練習の成果を家族や地域の皆さんに力いっぱい披露してくれました。
その「熱演」に歓声と大きな拍手がおくられました。


体育館内の会場は混乱を避けるため、出演する生徒の家族用にプログラムごとに入れ替え制となっており、ホームビデオ撮影用のゾーンも設けてあり、整然とした運営がされていました。


校舎側では、学区の文化祭も同時に開催され、絵画や写真展、陶芸や手芸の技を作品にした「力作」の展示も賑わっていました。

[2015-11-09 (月)]

ふれあいトークを開催

今月は、幸田町在住の方との「ふれあいトーク」を3回開催します。
すでに、11月4日(11人)と5日(12人)、仕事が終ってから約70分で「議会・活動報告」と意見交換をおこない、さまざまな「声」を聞かせていただきました。
特に「子育て」「防災」「まちづくり」に関することが多く、なかなか気づかない点も、生活している中での「声」は町政に反映が必要であると再確認することができました。


今月は、11月16日にも計画しています。
よろしくお願いします。

[2015-11-02 (月)]

「議会報告」をアップしました。

ホームページのトピックス欄の9月議会の内容を載せた「さこう弘康の町政レポート」と「議会報告」を各々更新しました。
次の各アイコンで見られます。
・「さこう弘康の町政レポートは、こちらから。
  http://ichi-kichi.heteml.jp/sakou/pdf/photo/34.pdf
・H27年9月「議会報告」は、こちらから。
  http://ichi-kichi.heteml.jp/sakou/pdf/houkoku/27.9.pdf

[2015-10-25 (日)]

町民大運動会が開催されました

第60回町民大運動会が中央公園グラウンドで開催されました。
空は秋晴れでしたが、時おり強風が吹き付けるコンディションの中、各区の代表選手の皆さんが地区の成績アップのため全力で競技をする姿に感動しました。


運動会の花形は、やっぱり「リレー」です。中学校別、小学生別、そして区対抗リレーは、特別な盛り上がりになり、熱い大声援につつまれました。

「健康の町 こうた」の、秋の快い一日を過ごしました。


先週、今週と先進自治体に出向き研修する「視察研修」のため、なかなか事務所の席に座れませんが、しっかりと研修し、今後の活動に生かしてまいります。

[2015-10-17 (土)]

「南中祭」 開催

-ECHO-届け!集いし僕らの「声(こころ)」をスローガンに、今日から明日にかけて日ごろの生徒の活動の一端を地域にも発表する文化祭が開催されました。


12:30からのオープニングでは、和太鼓披露と英語スピーチ、海外派遣報告が行われました。


先週は、保育園の運動会と子供会のスポーツ大会をみて、年々の子供の成長に驚きましたが、今日の中学生を見て、さらなる成長の速さと大きさにビックリしました。


明日は、町民会館で2日目の南中ソーラン、合唱コンクール、全校合唱などステージ発表会が計画されています。

[2015-10-10 (土)]

里保育園運動会でほっこり気分

今朝は、里保育園の運動会に出席しました。
町内では一番園児の少ない園ですが、園児、先生、父母、地域が一体となったとてもゆったりとしたアットホームな運動会で、ほっこり気分を満喫しました。
徒競走や演技を見ていると、年少、年中、年長児と体も動きも、一年で大きく成長していることを改めて感じることができました。
日ごろの先生たちの指導のおかげと思っています。

昼からは、深溝学区の秋の球技大会に出席しました。
ソフトボールは4.5年の新チームでの試合とドッジボールは6年生を中心したチームの大会です。力強い選手宣誓のあと熱戦が繰り広げられました。

かわいい園児のあとに、小学校の高学年の凛々しい姿を一日を通して見ることができました。

[2015-10-05 (月)]

10月5日から「119番メール」運用開始

幸田町在住、通勤されている耳や言葉の不自由な方たちが製作所に相談がありました。「幸田町は、緊急時の119番はFAXで、受け付けてくれるが、メールができない。ぜひ、通勤途中や外出中の緊急通報で「119番メール」の実現をしてほしい」という「声」に対し、6月議会の一般質問で取り上げ、「今年度中に使えるように進める」という答弁をひきだしました。

そして、本日10月5日から運用が開始されると発表があり、それに合わせ、消防署から関係のところに運用説明がありました。
中日新聞の朝刊にも運用開始の記事がのっていました。

◆参考:幸田町『メール119番通報』の概要
・変更点 :現在、幸田町では聴覚・言語に障がいのある方はファックスによる通報のみですが、携帯電話やパソコンから119番通報ができるようになります。
・対象者 :幸田町在住の方、または幸田町に通勤・通学している耳や言葉の不自由な方
(誰でも利用できる訳はでありません。登録制です。)
※登録を希望される方は、ご自身で登録の手続きを行ってください。
・対象区域:幸田町地内に発生した災害に限りご利用できます。
・運用開始:10月5日(月) 午前9時より

[2015-10-01 (木)]

10月に突入しました

今日から10月に入りました。とても月日の流れは速く、つい「突入」としてしまいました。10月・・・「秋」は、犀の香りがほのかに漂う中、運動会の思い出がよみがえる季節です。
春に種まきした「コスモス畑」も、秋風に花がユラユラしています。
ここ数日、さわやかな秋晴れの天気が続いていましたが、今日は雨天となりました。
 
昨日で9月4日に開会した9月定例会は、単行議案件、補正予算関係件、決算認定関係件、議員提出議案の計33件を原案通り可決。また陳情7件のうち2件を採択し閉会しました。(詳しくは、後日「議会報告」と「さこう弘康の町政レポート」でお知らせします。)

秋の全国交通安全運動が9月21日(月)から9月30日(水)までの10日間で展開され、私も交差点や通学路の横断歩道で立ちました。秋は日没時刻が日増しに早くなることから、歩行者や自転車の動きが見えにくくなります。子どもや高齢者が交通事故にあう危険性が高まることから細心の注意をして、無事故運転に努めましょう。

[2015-09-27 (日)]

「秋本番」・各行事に参加しました

昨夜からの雨もあがり、朝から「秋本番」の天気となりました。
各地域で秋祭りも始まりました。私の地元でも来週の秋の大祭に向け「幟たて」が行われました。
9:00から幸田町「消防団観閲式」が行われ、各分団で日ごろから地域の防災のため朝夕の厳しい訓練の成果がキビキビとした行動に表れていました。地域のヒーローとしての敬意と感謝の気持ちを強く感じるとともに、今後の益々の活躍をお願いしたいと思います。

昼からは家族連れで賑わう毎年秋恒例の「デンソー幸田 さわやかホリデー」に顔を出させていただきました。このころには汗ばむほどの天気になりました。

17:00からは、防犯パトロール「南歩会」の総会に参加をさせていただきました。
この南歩会は、町内でも珍しい中学校区の父親を中心に地域の防犯活動をされている団体です。挨拶で、会員の皆さんの益々コミニュケーションの向上されることと、さらにこの輪の広がることを祈念する祝辞を述べさせていただきました。

[2015-09-20 (日)]

「列島クリーンキャンペーン」に参加

本日9:00から、連合愛知中三河地域協議会の岡崎地区「列島クリーンキャンペーン」が岡崎市東公園周辺の道路で開催され、連合愛知の組織内議員として活動に参加しました。
各産別、単組の組合員のみなさんと家族のみなさんや役員さんなど多くの参加者が2組に分かれそれぞれ歩道のごみや空き缶を1時間少々歩いて拾い集めました。
比較的ごみも空き缶のポイ捨ても少なく感じましたが、大勢で行うと終わってみるとごみが入った袋が多く集まりました。
晴天の中、すがすがしい空気を吸いながら、うっすらと気持ちの良い汗をかきました。
参加された皆さん、お疲れさまでした。

[2015-09-16 (水)]

幸田町長に「要望書」を提出

連合愛知三河中地域協議会(矢田勝弘代表をはじめ8人の幹事と役員)は、大須賀 幸田町長に対し、平成28年度の行政予算へ反映を要望する「要望書」を提出しました。
政策推進議員として、西久保県議と私も同席をさせていただきました。
内容は、組合員はもとより広く勤労者、町民全体の生活向上と地域の発展に向け、「働くことを軸とした安心社会」の実現を目指して下記の重点要望を7項目にまとめました。
1.産業・雇用・労働政策 
2.男女平等政策 
3.福祉・社会保障政策 
4.教育政策 
5.まちづくり政策 
6.行財政改革 
7.各種選挙における投票率の向上 
提出後、明るい雰囲気の中で予定時間をオーバーし、有意義な懇談会を終えました。

[2015-09-11 (金)]

全国で豪雨被害の拡大懸念

日本列島は、台風17号・18号による記録的な大雨をもたらしています。茨城県常総市の鬼怒川や宮城県大崎市の渋井川の堤防が決壊し大きな被害が拡大しています。
最大級の警戒を呼びかけ「大雨特別警報」が出されました。これまで経験したことない記録的な大雨となりました。

幸田町議会は開催中の本会議を「大雨暴風雨警報」の影響から9日の9:00からを13:00に変更し開催しました。

台風18号通過による町内の被害は、一部地域で停電が発生し床下浸水の被害が4棟と発表されました。

パソコンやスマホでリアルタイムの雨雲レーダーの様子がわかります。
こちらから、ご覧いただけます。(写真は本日10:20現在の雨雲です)
http://weather.yahoo.co.jp/weather/zoomradar/

[2015-09-05 (土)]

町総合防災訓練が開催されました

本日9:00より、防災広場にて「平成27年度 幸田町総合防災訓練」が行われました。
南海トラフ巨大地震を想定し、防災関係団体や町民参加の元、さまざまな訓練をキビキビと実施されました。

まず”地震発生”とともに参加者全員でシェイクアウト訓練にはじまり、ガレキ除去訓練、救助・救出訓練、炊き出し訓練など、日ごろの訓練の大切さをあらためて再確認することができました。

9月議会は、4日から開会されました。
議会日程はこちらから
:http://www.town.kota.lg.jp/index.cfm/15,0,19,76,html

[2015-09-02 (水)]

ホームページをリニューアルしました

9月になりました。猛暑の8月が終わり少し涼しくなり、秋が確実に近づいている気配を感じます。(写真はデンソー幸田の正門のかわいい植樹をパチリ!)

今月から「さこう弘康 ホームページ」をリニューアルしました。
引き続き、ご訪問をよろしくお願いします。

9月議会は9月4日に開会し、30日までの26日間の会期で開催されます。
決算議会ともいわれる大事な議会です。しっかり「役目」を果たしてまいります。

[2015-08-30 (日)]

「深溝まちづくり研究会」総会が開催されました

本日18:00より 「深溝まちづくり研究会」の総会が役員70人の参加で開かれました。 発足後、3年目を迎え、役員体制や役員人事を刷新する議案などが上程され、全議案とも可決されました。

来賓として出席された町長の挨拶のなかで、国からの補助金が厳しい財政状況の中で地域活性化に悩む自治体が多くなっている状況の中、従来型の公共事業のように、補助金に頼らない公民連携で地域活性化を進め、全国から注目を集める町の話がありました。

『人口3万3800人の岩手県紫波町の「オガールプロジェクト」と呼ばれる計画で、駅前の町有地10.7ヘクタールを中心に、ホテルやバレーボール専用体育館、図書館、カフェ、産直マルシェなどが入居する施設を相次いでオープンし、年間80万人が訪れるようになっている、そんなまちづくりをこの地域にも参考としていきたい』

大いに希望の持てる話に参加者も耳を傾け、参考になった様子でした。

[2015-08-21 (金)]

議会広報研修会に参加

愛知県町村議会広報研修会が、名古屋市中区丸の内の「アイリス愛知」で開催されました。
幸田町議会の広報特別委員会委員長として、また委員さんも参加をしました。
この研修会は「住民の議会に対する関心が高まりつつある今日、住民と議会を結ぶ広報活動の役割が重要視されており、議会広報実務担当者を対象に今後の広報のあり方を研究し、議会広報の向上発展を進める」ものです。

私達、議員も住民の方々と議会を結ぶ広報活動の役割の重要性を再認識し、さらに研鑽を重ねていきたいと思います。 「議会だより」へのご意見もお寄せください。

[2015-08-16 (日)]

「お盆休み」が終わりました

猛暑の中でお盆休みが始まりましたが、ほとんどの職場が明日から休み明けとなります。
私は11日まで委員会などの公務があり、12日から15日まで妻の実家の新潟県でお盆を過ごしました。
ちょうど新潟も涼しくなり「いなかの夏」を満喫し、リフレッシュすることができました。
昨夜は「こうた夏祭り」の花火を観ました。

二つの台風15号・16号が、2007年以来8年ぶりに同時に発生しました。
この双子の台風が今後日本に影響を及ぼすかもしれません・・・要注意です。
今後、気候が変わりやすく、暑かった夏の疲れも出やすくなります。
健康管理、交通事故にも十分注意し「残暑」を乗り切りましょう。

[2015-08-01 (土)]

今日から「猛暑の8月」

今日から8月に入り真夏の日差しがぎらぎらと照りつける日が続き、暑さますます厳しく、しのぎが たいような日々が続いています。
議会は、8月に入って「常任委員会」「特別委員会」の協議会などや「議会運営委員会」が、8月11日まで続きます。
暑さに負けないでがんばっていきたいと思います。

「さこう 弘康 町政レポート vol.33」を配布しています。

議会発行の「議会だより 157号」もみなさんの各家庭に届きます。

お読みいただいて「ご意見や声」をいただければと思います。
暑さで体調を崩しやすくなります。睡眠と食事をしっかりととって乗り切っていきましょう。

[2015-07-26 (日)]

猛暑の中「彦左まつり」参加

猛暑日地点数が、今シーズン最多となった週末、幸田町にゆかりのある庶民のヒーロー「大久保彦左 衛門」を慕うまつりとして「幸田彦左まつり」が開催されました。
「彦左衛門」や、時代劇で知られる義理人情に厚い江戸っ子の魚屋さん「一心太助」に扮した皆さ んが仮装行列をし、 歩行者天国になった幸田駅前通りを練り歩き、夜店や各種アトラクションで幸 田の夏の夜を盛り上げました。
私も、地元のチャラボコ太鼓保存会の一員として、約3時間練り歩きに参加し、汗びっしょりの夜 を過ごしました。
  
週明けも東北南部や関東、東海地方を中心に猛烈な暑さの気温は30度を超える見込みで、かなり蒸し 暑くなるようです。
水分と休憩はこまめに取るなど、熱中症対策を万全にし、乗り切っていきましょう。

[2015-07-21 (火)]

特別委員会現地調査会

6月議会で議員提出議案で設置された、「幸田・三ヶ根駅前整備特別委員会」で、幸田駅と三ヶ根駅の現地調査会を行いました。
この特別委員会は、【幸田駅と三ヶ根駅周辺の有効利用を図るため、総合的整備計画に係る調査研究をする】ものです。
幸田駅前区画整理事業区域を視察、その後三ヶ根駅の東口を中心に現地確認をしました。
  
現地で担当から説明を受け、大変暑い中ではありましたが、現地現物で調査をしました。
8月6日には、この特別委員会の協議会が開かれます。

[2015-07-16 (木)]

「夏の交通安全県民運動」実施中

平成27年7月11日(土曜日)から7月20日(月曜日)は夏の交通安全県民運動実施期間です。
地域の役員さんや、皆さんも「交通安全」を願って、交叉点に立たれています。
私も期間中は「無事故」を願い、いろいろなところに立っています。
  
夏本番を迎え、海や山では本格的なレジャーシーズンの到来となります。
暑さやレジャーの疲れから運転者の注意力が散漫になりがちです。
また、夏休みを控えて屋外で遊ぶ子どもたちや、夕涼みなどで外出する高齢者も増えるため、交通事故に巻き込まれる危険が高まります。

運動重点
○子どもと高齢者を交通事故から守ろう
○すべての座席でシートベルトとチャイルドシートを正しく着用しよう
○飲酒運転を根絶しよう
大人が見本を示し、交通事故撲滅を目指しましょう!

[2015-07-12 (日)]

豊田スタジアムで「社会科まつり」

全国的に「猛暑」が話題になる中、「全トヨタ労連社会科まつり」が豊田スタジアムで開催されました。

組織内議員もイベントの各ブースでお手伝いをさせていただきました。
私は西尾市議の工藤さんと、エアー遊具の「ふわふわ」コーナーの運営を担当しました。
  
炎天下の「灼熱」のもと、こどもたちは、暑さなんてなんのその・・・元気に転げまわって遊んでくれました。
昼過ぎには、顔は真っ赤に日焼けしました。
約7000人の家族連れで、大変な賑わいの「あつい」有意義な一日となりました。
参加された皆さん、運営のみなさん、お疲れ様でした。

祭りの賑わいはこちら

[2015-07-01 (水)]

いつもより1秒長い日

7月1日、今年も後半に突入しました。
今日は、標準時刻と地球の自転速度のずれを調整する「うるう秒」が、日本時間午前9時に午前8時59分59秒と午前9時00分00秒の間に「8時59分60秒」が同時に世界中で挿入され、3年ぶりのいつもより一日が1秒長い日ということです。

6月議会は6月8日から26日までの19日間の会期を終えました。


昨日から幸田町議会広報委員会で議会だよりの編集が始まりました。
また自分の議会レポート作成や議会報告会開催なども予定されています。

少し前から、朝のウォーキングを心がけています。
車で見る風景と、歩く目線で見える風景の違いに新鮮さを感じています。
  
これからも、できるだけ朝の時間、夕食後などの時間をウォーキングに当てたいと思っています。

[2015-06-25 (木)]

働く仲間のボーリング大会

昨日、今年も恒例の「連合三河中地協岡崎地区親睦ボーリング大会」が、岡崎グランドボールで盛大に開催されました。
働く仲間の年に一度の腕前披露の日、150人の参加者でした。
それぞれのレーンからプレーのたびに「大歓声」が聞こえてきました。
  
私は左腕を負傷してから2か月がたちましたが、完治しておらず、はじめてプレーを棄権し腕前?を
披露できませんでした。

[2015-06-20 (土)]

子ども会ソフトボール、ドッジボール大会

朝から曇り空、外の球技大会には最適な天候となりました。
深溝学区の子ども会ソフトボール、ドッジボール大会が開催されました。
元気な4人の各キャプテンの「選手宣誓」でスタートしました。

最近では、少年少女のスポーツにも多様化の波が・・・。
ソフトボールをやる小学生が減少し、チームを合併しながら大会が行われているようです。
ドッジボールは、私も小学校で熱中した思い出があります。

開会式後、他の行事のため失礼し、次の会場へ移動しました。

[2015-06-11 (木)]

一般質問に登壇しました。

昨日の一般質問のトップバッターとして登壇いたしました。
多くの方に傍聴をいただきました。

①防災、減災対策の強化について
発生が予想される巨大地震や大災害に対し、住民の生命や安全・安心な生活を守るための施策等につ いて問う。

②ふるさと納税制度について
「産業振興」の面から、ふるさと納税制度活用についての状況と今後の取り組みの考え方などを問 う。

2点とも、一定の回答を引き出すことができたと思っています。

詳しくは、後日このページで報告いたします

本日、沖縄気象台は「沖縄地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。
この地方は、梅雨入りしたばかりです。
少し雨が降りますが、健康に気を付けて梅雨を乗り切りましょう。

[2015-06-01 (月)]

真夏のような「6月」です。

30℃をこえる真夏のような気候が続いた5月の天候をそのままに、6月に突入しました。

6月1日から自転車の道路交通法での扱いが変わります。
これまでは 「歩行者の延長上」でしたが、 「車両」という位置づけをはっきりさせて、違反が重な ると「 講習」を受けさせられ、「罰金」もできました。スマホ片手に画面を見ながら、イヤホンで 音楽、おしゃべりしながらの並走、手放し、信号・一時停止無視、傘差し・・・すべて違反が重なる と「 講習」を受けなければならなくなるなどとなります。

6月議会は8日に開会し26日まで開かれます。
私は、10日の一般質問の一番手に登壇いたします。

=通告内容=
①防災、減災対策の強化について
発生が予想される巨大地震や大災害に対し、住民の生命や安全・安心な生活を守るための施策等につ いて問う。
②ふるさと納税制度について
「産業振興」の面から、ふるさと納税制度活用についての状況と今後の取り組みの考え方などを問 う。

傍聴いただければ幸いです。 よろしくお願いします。

[2015-05-24 (日)]

初夏の日差しの中で運動会とイベント

昨日は、町内の全小学校で運動会が行われました。
初夏の日差しの中でさわやかな汗を流し、笑顔がはじけました。
  
徒競走も団体演技もリレーも学年があがるごとに、成長が目で見て感じることができました。
特に5.6年生の組み立て体操「KIZUNA」では、「かたち」が完成するたびに「感動」をさせていただきました。

本日は、デンソー労組「ユニオンカーニバル」が蒲郡市のラグーナで開催されました。
雨天の予想を覆し、朝から暑いほどの日差しの中、さまざまな催しに、多くの組合員や家族連れで楽しい休日を過ごしま した。

[2015-05-18 (月)]

春の「交通安全・安全なまちづくり運動」が実施されています。

5月11日(月)~5月20日(水)の期間で「春の交通安全運動」と「春の安全なまちづくり運動」が実 施されています。
新入学、新入園した子どもたち、新たに就職した人も、新しい環境に慣れ、一息つく季節となりました。
交通事故や空き巣などの住宅侵入盗や振り込め詐欺などには、特に注意してください。
  
事故や犯罪にあわないためには、町民の皆様一人ひとりが、高い安全、防犯意識を持つことが大切で す。

5月12日に臨時議会が開催され、新たな「議会構成」が決まりました。

私は、「議会広報特別委員会 委員長」と「総務教育常任委員会 副委員長」の任に着きました。
責任の重さを実感し、責務を全うしてまいります。
よろしくお願いします。

交通安全運動の様子はこちら

[2015-05-11 (月)]

連合三河中地協「2015地協メーデー」に参加

昨日、連合三河中地協「2015地協メーデー」が「岡崎市乙川河川緑地公園」で盛大に開催されま した。
多くの来賓を迎え式典が実施され「2015地協メーデー宣言」 「労働者保護ルールの改悪に断固 反対する特別決議」を採択しました。
メインスローガンは、
《平和を守り、雇用を立て直す みんなの安心のため、さらなる一歩を踏み出そう!》

絶好の五月晴れのなか、さわやかな半日を過ごすことが出来ました。
参加された皆さん、運営されたスタッフの皆さんお疲れ様でした。

資料はこちら

[2015-05-06 (水)]

GW最終日・・・「立夏」

ゴールデンウィークは、今日が最終日となる人が多いと思います。
皆さん、いかがお過ごしでしたか。
私も、3日ほどゆっくりした時間を過ごす事ができました。
庭のプランターの夏野菜を植えたり、借りている畑のたまねぎの収穫や草取りなどリフレッシュしました。

今日は「立夏」でもあります。夏が本格的に始まる少し前「もうすぐ夏がやってくる」という気配を感じられる頃をいうようです。
「立夏」はゴールデンウィークの陰に隠れてしまいがちですが、旧暦の季節の区切りであり、若葉が芽吹き、いろいろな動物も活動してくる時です。

議会は5月12日に臨時議会を開催し、議会人事からスタートとなります。 そして6月議会での一般質問の準備も進めていきたいと思います。

[2015-04-28 (火)]

当選証書附与式

昨日、幸田町役場にて、4月26日執行の幸田町議会議員一般選挙における当選証書付与式がありました。
選挙管理委員長から、一人ひとり当選証書を受け取りました(新人4人、現職12人)。
今回の幸田町議会議員選挙」は、16人定員に対し16人の立候補届出のため「無投票当選」となりました。
ご支援をいただいた結果を「票数」で表したかったため、複雑な気持ちで終えた3期目の挑戦でした。
しかし4年間の議席をいただいたことは事実であり、重く受け止め「初心を忘れることなく」、しっかりと住民のみなさんの負託にこたえるべく活動を続けていきたいと心に誓いました。

[2015-04-14 (火)]

地域の新年度の各総会が開かれています。

さくら満開も過ぎ、今年は雨の多い「4月半ば」をむかえました。
地域では、各団体の新年度総会が開かれています。
「PTA総会」「小学校同窓会総会」「防犯パトロール総会」「ボーイスカウト総会」「子ども会新1年生をむかえる会」・・・などに出席させていただいています。
  
本日は「里区老人会 追弔会」にご案内をいただきました。
私は「まだまだお元気で豊富な経験を持っておられる皆さんに、地域の発展のために知恵とお力をお借りしたい」と挨拶をさせていただきました。

また、法話の中で「食」に関しての長生きの秘訣として「まごはやさしいよ」を食する実践のお話がありました。

「ま」・・・豆類
「ご」・・・ごま類
「は」・・・わかめ(海草類)
「や」・・・野菜
「さ」・・・魚
「し」・・・シイタケ(きのこ類)
「い」・・・いも類
「よ」・・・ヨーグルト(発酵食品)

なかなか、興味深いお話でした。
皆さんも、ぜひこの食べ方を意識してみていただければと思います。

[2015-04-08 (水)]

花冷えの日が続いています。

桜が、まちをピンク色に染めていましたが、雨の日が続き、あっという間に桃色の絨毯となり、これ もまたキレイな風景となっています。
「三日見ぬ間に葉桜」といいますが、すぐに新緑かおる季節へと移り変わっていきます。
気温の変化の大きい季節です。健康には注意して過ごしたいものです。


愛知県議会議員選挙の期日前投票をしてきました。

[2015-04-01 (水)]

平成27年・・・新年度になりました。

春らんまん、一年中でいちばん美しく心躍る季節がやってきました。
希望にあふれる輝かしい春をお迎えのことと思います。
新らしい環境での出発、新しい出会いのある季節でもあります。

学校、役所の組織もきょうから新体制でスタートしました。
新たな目標を立てて、いろいろなことにチャレンジを始める機会でもあると思います。
「花冷え」による風邪にも注意して、この春を過ごしたいものです。

[2015-03-29 (日)]

3月議会閉会

やっと暖かさが戻り、桜前線も北上中です。皆様のご近所の桜の開花状況は、いかがでしょうか?
幸田町議会は3月26日に3月定例会を閉会しました。単行議案19件、補正予算関係8件、当初予算関係9 件、追加上程1件、議員提出議案3件、計40件が上程され、いずれも原案通り可決しました。
3定例会は、新年度の当初予算案を審議をする 重要な議会であり、住民目線で納税者の立場で 税金 の使われ方や事業のあり方を質しました。
また陳情1件「年金積立金の安全かつ確実な運用の確保を求める陳情書:提出者:連合愛知三河中地域 協議会:代 表 矢田 勝弘」を審議し、全員賛成で採択しました。

そして翌、27日は、中地協(連合愛知中三河地域協議会)の幸田町長への政策要望書(H26.9月提出)に 対する回答書を三役と同席し受理しました。
その後、回答に対する意見交換や町の課題や今後の展望など有意義な懇談をすることができました。

[2015-03-25 (水)]

保育園の卒園式に出席しました。

今週になって、寒さが戻り少し冷える朝となりました。
今日は町内の全保育園で「卒園式」開催されました。 里保育園の卒園児は16人です。
  
今月に入り、中学校、小学校の卒業式に出席しましたが、保育園の卒園式はとてもアットホームで、終始にこやかに進められ「ほっと」する時間を過ごすことが出来ました。
4月から新1年生となる卒園児は、しっかりと挨拶も返事もハッキリと出来て、立派に成長し巣立っていく様子がよくわかりました。

[2015-03-20 (金)]

町内6小学校でいっせいに卒業式

本日は、町内の小学校でいっせいに卒業証書授与式がおこなわれ、私は地元の深溝小学校に出席しました。
すっかり春めいた学校から旅立つ54人の卒業生を在校生、先生、保護者、地元の役員のみんなさんでお祝いしました。
  
何年も小中学校の卒業式に出てきましたが、定番の「蛍の光」「仰げば尊し」を耳にすることがなくなり、ちょっとさびしい気もします。

今年の3月に卒業を迎える、年長児童、小学6年生、中学3年生に対してのアンケート結果が、インターネットに載っていました。
それによると、卒業に際して「ありがとう」の感謝の気持ちを伝えたい人を聞いたところ、「父親・母親」という回答が7割以上(73.9%)を占め、断トツのトップとなった。という記事がありました。
なにかホットした気持ちになりました。 そして一番卒業をうれしく思っているは・・・「父親・母親」だと思います。 『ご卒業 おめでとうございます!』

卒業式の様子はこちら

[2015-03-11 (水)]

「3.11から4年目」議場から黙とう

今朝は、冷え込みが厳しく、うっすらと雪化粧でした。

3月議会の真っ最中であり、本日は予算特別委員会の1日目でした。
3.11大震災から4年目をむかえ、議員と理事者全員で地震発生時刻の午後2時46分から1分間、議場から黙とうし犠牲者の鎮魂と東北の再生を祈りました。

新年度の当初予算案を審議をする重要な議会です。
特に、災害に強いまちづくりを進め住民の「生命と財産」をまもる施策や、安心して暮らし続けられる取り組みが確実にすすめられているかなど、住民目線で納税者の立場で 税金の使われ方や、事業のあり方を質してまいります。

[2015-03-05 (木)]

中学校の卒業式に出席

本日は、町内3中学校でいっせいに卒業式がおこなわれました。
私は南部中学校に出席しましたが、心に残る素晴らしい卒業式が挙行されました。
卒業生答辞は感動的で、まっすぐでひたむきな気持ちが会場全体に伝わりました。

校長先生の祝辞では、クラーク博士の「少年よ大志をいだけ」Boys be ambitiousの後に続く言葉を 紹介さました。
「少年よ大志を抱け。ただし、金を求める大志であってはならない。利己的なものを望む大志であっ てはならない。名声という浮わついたものを求める大志であってはならない。人が人として備えなけ ればならぬ、あゆることを成し遂げるために・・・・」と。
つまり、お金とか名誉とかの為に生きるのではなく、様々なものを学び、人の為に役立つ大志を抱く こと。 メッセージには、このような思いが込められていることを巣立っていく、教え子に訴えられていまし た。

[2015-03-01 (日)]

「さくらを愛でる会」開催されました

3月1日をむかえ、地域ごとに新年度の初集会が始まり、地区での「議会報告」をさせていただきました。

その後、地元地域の行事に参加しました。
さくらの花は、まだ蕾もかたい時期ですが 里区恒例の「さくらを愛でる会」が開催されました。
毎年この時期に、どこよりも早く、さくらのつぼみを前に「お花見」がおこなわれます。
今日は朝からあいにくの雨、桜オーナーによる桜並木の手入れと周辺の草刈りを予定していましたが作業は中止。
「バーベキュー・おでん・おしるこを食する」催しのみ行われ、多くの地域の方の参加で盛り上がりました。
  
この催しは、私も実行委員として活動する「多面的機能支払交付金事業」で、各地域毎に展開される活動です。
農地を中心とした、過疎化・高齢化等の進行を踏まえ、地域資源の適切な管理体制の強化をし、景観保全や水路等の長寿命化の取組に対し、支援をうけ活動をするものです。

[2015-02-22 (日)]

特養「メリーホーム幸田」の竣工式に出席

2月21日特別養護老人ホーム「メリーホーム幸田」(社会福祉法人:あいち)の竣工式があり出席しました。
幸田町内で3つ目の施設で町南部初の施設となりました。
  
施設は、老人福祉施設<定員:100名>・短期入所生活介護<定員:20名>・通所介護<定員:30名>。
建物は、3階建てで木目調の内装とゆったりとしたつくり、介護の状況で対応できるよう浴槽も5種類あるなどきめ細かいサービスが受けられるようで、この地域の福祉サービスの拠点として期待されます。

メリーホーム幸田の様子はこちら

[2015-02-20 (金)]

そろそろ春の気配?

ここ2、3日暖かい日が続いています。そろそろ春の気配?
暖かくなれば、また悩ましい季節にもなってきます。
今春のスギ花粉の飛散開始は、この地方では2月中旬の見込みということです。

3月2日から3月議会が始まります。
この議会は「予算議会」とも言われ皆さんの収めていただいた税金が「どのように使われ、公平 に、ムダはないか」を住民目線でチェックしていきたいと思います。

=当初予算案の概要=

○一般会計、特別会計、水道事業会計合わせた総額
5.7%増の225億1433万5000円。

○一般会計
137億9000万円で、相見駅建設された、平成23年度につぐ過去2番目の大型予算となった。

・歳入
町税は法人町民税では自動車関連産業の業績好調、個人町民税は人口の伸びと給与所得の伸びを見込 んで、総額84億7866万円で歳入の61・5%を占め、引き続き不交付団体を見込んでいま す。31年連続で、国からの仕送りがなくても自前でやっていけるというもの。ただし法人町民税 は、一部が国税化された影響(1.5億円の目減り)で12億9000万円にとどまり、歳出の伸び に追いつかない不足分のねん出は、財政調整基金(貯金)から11億2000万円を取り崩し、町債 (借金)は1億7000万円に抑えた内容。

・歳出
防災関連の機能強化として、消防救急無線のデジタル化に1億8000万円、南部中学校の防災倉庫 設置を計上するなど消防費は35.6%増の7億6000万円。教育費は、21.4%増の19億 1000万円となっており、ハッピネスヒル幸田の町民会館、図書館、プールの修繕に1億1000 万円、幸田中、南中に太陽光発電設備装置に5800万円、荻谷小の体育館のつり天井耐震化2500万 円などを計上している。

[2015-02-13 (金)]

南部中学校「安全・防犯パト」に参加

南部中学校の生徒の安全確保を目的として、年3回実施される防犯パトロールが実施され参加しました。
期末テスト期間に入り下校時間は16時のため、その時間帯に交通安全の立哨もかねて「見せる防犯」として行うものです。
校区の主要交差点で区の役員さんやボランティアの方たちで、のぼりを立て下校中の生徒に声かけを します。

「お帰りなさい!気をつけて」・・・「ありがとうございます」と、とても気持ちのよい返事が帰っ てきました。

[2015-02-07 (土)]

「安全安心まちづくり大会」が開催されました。

暦の上では立春をむかえ、まだ寒さは残りますが、春の気立ち始める季節ということです。
「立春」は冬至と春分の中間で、昼がかなり長くなってきて「気温が上がり始める」ころです。
「気温が上がり始める」ということは、「これ以上下がらない」言い換えると「一番寒い」と言うことです。

14:00から町民会館で「平成26年度 幸田町 安全・安心なまちづくり推進大会」が開催され参加しました。
大会では、交通安全や防犯・防災面で活躍された個人・団体の表彰が行われました。
活動事例発表会では、現在この地域の防犯・防災の状況と課題などの報告があり、そして命を守る防災面では、3.11から4年をむかえ「減災」の話など、大変貴重な話を聞くことができました。

[2015-02-01 (日)]

恒例のカーブミラー清掃に参加

昨日は、とても冷え込みの厳しい朝でしたが、9:00に幸田中央公園に集合し、ボランティア団体 「デンソーハートフルクラブ幸田」主催の「カーブミラー清掃」活動に参加しました。
毎年恒例の地域社会貢献活動の一環です。
3駅を中心に5グループに分かれ、それぞれのエリアに向けスタートしました。
ごみも拾いながらの作業は、だんだん身体の芯が暖まり、うっすら汗もにじんできました。
  
活動中に「万歩計数当てクイズ」と題し、何歩歩けるか、チーム単位で予想する、ちょっとしたお楽しみもありました。
この活動は、地域の方にも、定着・認知されてきたこともあり、途中で多くの住民の方々に「ご苦労様」と声をかけていただきました。
ピカピカになったカーブミラーの総数は344枚でした。
参加された皆さん「お疲れ様でした!」

[2015-01-21 (水)]

「三河中地協新春交礼会」が開催されました。

昨日18:30より、岡崎市内で連合愛知三河中地域協議会新春交礼会が開催され出席させていただきま した。
近隣の首長、関係団体の役員さんなど多くの出席者とご挨拶、歓談をさせていただきの一層の発展を 出席者一同確認をしました。
今朝の新年初日の出 今朝の新年初日の出 今朝の新年初日の出
「連合愛知」は、県下52万人の労働者で組織されており、地域に根ざした活動を推進するため、愛知県下11か所に「地域協議会」を設置し、仕事やくらしの相談を受け付けたり、地域での各級議員 と連携した活動を実施したりしています。
今後、さらなる飛躍を遂げるべく、すべての働く人々と連帯し、「働くことを軸とする安心社会」の 実現をめざしています。

「さこう弘康 町政レポート№32」を発行します。
今回の手配り地区は、深溝東地区です。

会の様子はこちら

[2015-01-19 (月)]

一週間を振り返る

あっというまに新年の1月も半ばを過ぎました。
先週は町内行事があいつぎ出席しました。

・1/10:出初式

・1/11:凧揚げまつり
今朝の新年初日の出菱池地内にて開催された第18回こうた凧揚げまつりが開催されました。
各区、事業所や個人の凧が冬の大空を勇壮に華麗に舞いました。
当日は、JRさわやかウォーキングともかさなり大変な人出でした。
町の発表では来場者数約2万人、参加凧数計175基でした。
・1/12:第67回幸田町成人式
この行事を終えた後、微熱のため病院を受診したところ「インフルエンザA」と診断がありました。
予防接種を受けていましたが「不覚」にも・・・。

本日より「元気に復帰!」しっかり議員活動を進めてまいります。

[2015-01-10 (土)]

寒風の中「消防出初式」

寒風の吹きつける中、新年恒例の消防出初式(幸田町町村合併60周年記念)が行なわれました。
消防訓練、一斉放水、分列行進などが行われ、その雄姿は力強く、頼もしいものでした。
昨年は不審火もない年となり、皆さんの日ごろの努力が、幸田町の安全、安心の支えになっていま す。

4年目となる3.11大震災、20年目の阪神大震災、10年目を経過した中越地震などの教訓を活かし「有事即応」の体制作りが大切です。
最後に、参加者全員で今年の町の安全を誓って「火の用心」の三唱を行いました。

[2015-01-03 (土)]

2015年「よい年でありますように!」

皆様には、お健やかに新春をお迎えのことと、心からお慶び申しあげます。

旧年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

新しい年が明け、この地域でも雪がふり、とても冷え込んだ三が日となりました。

さて、昨年を振り返りますと、喜ばしいことや誇らしいことが多々ありました。
スポーツでは「レジェンド」と呼ばれるベテランの選手や羽生選手、錦織選手など若い選手の頑張る姿が印象に残りました。
また、富岡製糸場が世界文化遺産に登録されたこと、青色発光ダイオード(LED)の開発で、日本人科学者たちがノーベル物理学賞を受賞したことなども記憶に新しいものです。

反面、自然の猛威の前に立ちすくんだ一年でもありました。
今朝の新年初日の出ゲリラ豪雨による大規模な土砂災害や長野県の御嶽山が7年ぶりに噴火するなど、自然災害の恐ろしさに身を震わせた年でもありました。
自然災害にしっかりと対応できる減災のまちづくりをすすめ、今後も「安全で安心して暮らし続けられる住みよいまちづくり」を目指し、行政や町民の皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

[2014-12-26 (金)]

今年もあとわずか「仕事納め」

今年もあとわずかとなり、役所などは「仕事納め」の週末となりました。
今年は、ゲリラ豪雨により西日本などで土砂崩れや御嶽山の噴火など予測できないような災害の多い年でした。
私たちの願いは、毎日の暮らしを安全で安心して過ごせ、豊かにしたいというものです。
良い年がくることを願いたいと思います。

議会は22日に閉会しました。
議会報告は こちらから ご覧ください。

年末に有志で、三ヶ根駅前の広場に電飾を飾りつけました。
寒さがキビしい中、ちょっとだけ「ほっこりと華やか」になったように感じます。
1月半ばまで点灯します。近くをお通りの際は、観に来てください

[2014-12-18 (木)]

研修会で活動報告会

朝から吹雪のような天気で、うっすらと積もった道路では渋滞する交差点もありました。
いよいよ今年も、残すところ2週間となりました。

12月11日.16日.本日18日と労働組合の「 春の取り組み 研修会」が各地で行われ、組織内議員として「活動報告」をさせていただきました。
持ち時間は15分間、職場役員さんに活動を理解してもらえるように、自作資料を中心に話をさせていただきました。
昼一番の時間にもかかわらず、熱心に聞いていただきました。
  
本日は、出席者103人で「雪による欠席者はなし」ということでした。
皆さんお疲れ様でした。

[2014-12-08 (月)]

つばきの小径で”デコウォーク”

とても冷え込む朝となった昨日”デンソーグループハートフルデーin幸田”イベントとして、㈱デンソーと幸田町と里区町内会と美しいさとの四季を創生する会がコラボして開催されました。
今年も、幸田町内をゴミを拾いながら歩く「すこやかウォーク」と、地元の深溝運動公園の「つばきの小径」とJR三ヶ根駅広場で植樹を行い、デンソーグループ社員と その家族、地元の方、小学生など約350名が参加しました。
  
寒つばきやドウダンツツジなどの植樹を全員で行ったあと、おまちかねの「芋煮、みたらしだんご、おにぎり」のふるまいがあり、労働の後のご褒美のあたたかい芋煮に寒さも吹き飛んだようでした。
  
デンソーグループでは、国際社会・地域社会への責任として、「Turn compassion into action(思いやりを行動に)」をスローガンに、社会との共生をめざして、事業活動を行うあらゆる地域で、社会貢献活動に努められています。

楽しそうな様子はこちら

[2014-12-05 (金)]

年末の交通安全運動中 「猪の交通事故!」

12月1日~10日まで、年末の交通安全運動が実施されています。
この期間、私も地元の交差点や通学路などで朝の立哨を実施しています。

年末は、忘年会などで飲酒の機会が増え、飲酒運転による事故が心配されます。
また、この時期は日没時刻が早く、夕暮れ時から夜間にかけて、高齢者が犠牲となる事故が多発する傾向にあります。
車を運転するときは、運転に集中し、子どもや高齢者を見かけたら、速度を落とすなどの思いやり運転に心がけましょう。

この交通安全運動に突入した2日に、深溝地内の道路で、大物のイノシシが、車と衝突し「命」を落とす事故がありました。
朝発見、写真をとり、役場に連絡したところ、すぐに軽トラで出動したが、袋が小さく、大きい袋を取りに帰っているうちに何者かに持ち去られたということです。
こんなことも起こっています。車の運転には、最新の注意をはらいましょう。

[2014-12-03 (水)]

一般質問にたちました。

本日、9時から12月議会の一般質問の一番バッターとして登壇しました。
傍聴席に、年末の多忙中にもかかわらず、多くの傍聴をいただきました。
早朝から仲間の「応援」と受け止め、しっかりと発言し、質すことができたと思います。
心から感謝をします。

質問の発言と答弁の内容は、後日報告をさせていただきます。
今後も、皆さんの「声」を全力で届け、実現に向け頑張ります

[2014-11-29 (土)]

雨の中の草刈り作業

来週(12/7)地元恒例行事「イモ煮会」の開催をまえに、草刈り作業を実施しました。
今回は、町と㈱デンソーさん合同の「デコウォーク」とコラボ行事となります。
つばきの小径に植樹を行うため、その下草刈りを行いました。
あいにくの雨でしたが、参加の実行委員さんと雨具を身にまとって予定通り作業を進め、きれいな散策小径となりました。

2時間の作業を終え、そのまま借りている畑に直行し、たまねぎの苗を約400本を植えました。

いよいよ12月1日は議会が開会します。

[2014-11-22 (土)]

「学区防災訓練」で防災意識・知識の向上

発生が予想される「東南海地震発生」を想定した防災訓練がおこなわれました。
朝8:00に深溝学区全域に訓練地震の放送が入りました。
各家庭でまずは、「自らの身・いのち」を守ることを実践し、その後家族の安否を確認、「安否確認板」を家の玄関に掲示。
その後、避難訓練として小学校へ向かい、持参した避難者カードを提出受付。
大地震に対する防災について学習した後、各区に別れ、救護・消火・地震体験訓練をののち「炊き出し訓練」で災害時のアルミ缶でのご飯の炊き方聞き、温かい豚汁をいただきました。
参加者は150人と例年より多く、防災意識がますます高まっていると感じました。

[2014-11-15 (土)]

小学校学芸会と学区文化祭

本格的に冬の寒さを感じる土曜日、晴天の朝となりました。
地元小学校の学芸会と深溝学区コミュニティ文化祭に出席させていただきました。

学芸会会場の体育館では、出演する学年の家族が随時入れ替われ、家族総出で熱演に拍手を送っていました。
日ごろの成果を十分に発揮して、子どもたちから伝わってくる熱気を感じました。
特に、衣装や効果音、舞台装置の工夫や声の張りなど、とても感動しました。
  
深溝小学校区では、地域のコミニュティーの文化祭もあわせて行われており、地域の方の多くの作品が出展されていました。
どの作品も日ごろ鍛錬された腕と技を発揮された「力作」ばかりでした。

[2014-11-06 (木)]

今年のカレンダーの残りがあと2枚

11月に入り、朝夕めっきりと冷えてきました。
月めくりカレンダーは、あと残り2枚だけとなりました。
夕方5時には、とっぷりと暮れて秋色いよいよ深まり、夜長の頃となりました。

議会と議会の間にあり、各委員会、特別委員会の行政視察や協議会が多く開催されています。
そして、月初より12月議会への準備に入ります。
一般質問の通告の受付がはじまり、1番目に受付を済ませました。

主な質問内容
<1項目>
①「防犯・防災、減災対策の強化施策の現状と今後の在り方について」
 ・交番、駐在所の再編強化について
 ・こども110番など地域の安全について
 ・防災・減災対策に、XバンドMPの活用など
<2項目>
②「広報の役割が大きく変化している中、広報媒体の現状と今後について」
 ・広報の現状や課題
 ・HPやケーブルテレビなどでの広報について
 ・今後の広報のあり方、戦略についてなど

以上の2項目について、質していきたいと思います。

私の登壇時間は、12月3日(水)の午前9時からの一番の予定となります。
しっかりと準備し、皆さんの声を届けたいと思います。
傍聴もよろしくお願いします。

[2014-10-30 (木)]

「ふれあいトーク」で活動報告と懇談会

「ふれあいトーク」活動をこの月末3回を行いました。
10/23:西尾、10/27:幸田、10/29:高棚で仕事の後、集まっていただきました。
事前に質問もいただき、その話題と日ごろの活動報告をさせていただきました。

10人~12人の少人数のため多くの参加者から意見もいただきました。
話題の中心は、やはり「防災・防犯」の取り組み状況に集中し、皆さんが安心して住める災害に強い まちづくりを望んでおられることがわかります。
11月も初旬に2回の開催を計画しています。
よろしくお願いします。

会の様子はこちら

[2014-10-26 (日)]

「労働講座」で議員活動報告

一斉放水訓練先日の17日・本日と「労働講座」で労組の職場役員さんに議員活動報告をさせていただきました。
冒頭には、職場役員さんと議員も「職場と地域」の違いはあっても「声を聞き、その実現に汗を流す」同じような役目だといった話をさせていただきました。
そのあと「さこう弘康町政レポート」を資料として、持ち時間の20分間を自治体が共通する現状と課題について報告をさせていただきました。
真剣に耳を傾けていただきありがとうございました。

本日『さこう弘康 町政レポート』の配布を開始しました。
今回の手配り地区は「芦谷地区」です。
姿を見かけたら、お声掛けをお願いします。

[2014-10-19 (日)]

秋真っ只中 南中祭

10月18日、19日と幸田町立南部中学校の南中祭がありました。
今日は「町民会館さくらホール」で、伝統の南中ソーランのステージ発表、合唱コンクールが行われました。

日ごろは大人顔負けの忙しい中学生、短時間の集中した練習で見事な発表をしてくれました。
これが終わると3年生は本格的な受験準備となります。
『ガンバレー! 南中生!!」

[2014-10-14 (火)]

2週連続で台風が列島縦断

大型の台風19号は13日、九州に上陸した後、四国を通過、大阪府に再上陸し、東海、関東など列島を縦断ししていきました。
14日午前に三陸沖で温帯低気圧に変わりましたが、台風が離れていっても昼を過ぎてもゴーゴーと強風が吹いていました。
幸い、この地域での大きな被害報告はなく、ほっとしています。
この週末、台風の合間をぬって運動会や子ども会のスポーツ大会が開催されました。
11日は地元の「里保育園運動会」の案内をいただき出席させていただきました。

天気も良く、アットホームな運動会に「癒された」ホットな半日となりました。

[2014-10-09 (木)]

「9月議会報告」をのせました。

またしても週末にかけ大きな台風がくる予報が出ています。
強い勢力を維持している台風19号、今日現在の中心の気圧は900hPa、中心付近の最大風速60m/s、最大瞬間風速85m/sと「猛烈」と表現されています。
1959年(昭和34年)に上陸した「伊勢湾台風」の最低気圧は895hPaだったことから「最大級の台風の襲来」と言えます。

台風の接近や上陸によって暴風雨になったら、建物内で通り過ぎるのを待つのが基本です。
家の周りの備えや、懐中電灯、ラジオ、ヘルメットなどの準備は、台風が近づく前に済ませておきたいものです。

[2014-10-06 (月)]

9月議会閉会・・・台風で午後から再開

本日、幸田町議会がこの地域で一番最後に閉会しました。
一斉放水訓練午前8時過ぎ、静岡県浜松市付近に上陸した「台風18号」の影響で幸田町に暴風雨警報が発令され、朝からの予定を13時に繰り下げての再開となりました。
幸田町特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定める条例の制定についてなど単行議案6件、補正予算関係8件、平成25年度の決算認定議案9件の計27件と、議員提出議案2件を上程し、いずれも原案通り可決しました。
また陳情10件を審議し、2件を採択、8件を不採択としました。
詳しい内容は、後日「議会報告」と「さこう弘康 町政レポート」にて掲載いたします。

これから秋本番となります。交通安全・健康管理に注意し「秋」を楽しみたいものです。

[2014-09-28 (日)]

晴天の中、消防団観閲式がおこなわれました。

9:30から防災広場にて、町村合併60周年記念「幸田町消防団観閲式」に出席をしました。
消防団員が日々訓練した成果を堂々と披露しました。
まさに、幸田町内の安全・安心の実現を身をもって実践している姿に感銘を受け、防災への決意を新たにしました。
  
今年は伊勢湾台風の被害から55年を迎えました。
1959年9月26日の夕、紀伊半島に上陸し、愛知、三重両県を中心に5918人の死者・行方不明者など甚大な被害をもたらしました。
幸田町でも3人の犠 牲者が出ました。
今後も住民の防火、防災活動の最前線で、ご活躍をよろしくお願いします。

平成26年度の全国統一防火標語は、
「もういいかい 火を消すまでは まあだだよ」 です。

式の様子はこちら

[2014-09-21 (日)]

地域防犯パトロール活動

現在、町内のボランティアによる、防犯のため各地区で地域巡回をする「地域防犯パトロール隊」は、13団体の約600人の方が活動されています。
私も地元の地区で日曜日の夕方参加しています。
  
今日も、約一時間の地区の巡回でしたが、うっすらと汗をかきました。
「見せる防犯活動」で犯罪の防止に役立てればと、がんばっています。

議会は明日より、「議案質疑」「予算特別委員会」「各常任委員会」・・・。
と続き、10月6日が閉会となります。
皆さんの声をしっかりと届けてまいります。

[2014-09-14 (日)]

学区敬老会が開かれました。

深溝学区の敬老会が小学校体育館で開催され出席させていただきました。
学区単位で開催されるのは、この地区だけで、対象は75歳以の538人、会場には170人の元気な方が出席されました。
幸田町内の100歳以上は20人おられ、最高齢の方は105歳の女性ということです。
開会でコミュニティー会長が挨拶され、長寿の方の表彰、来賓の挨拶、そして余興と楽しいひと時を過ごしていただいたようです。

全国では、労働省の発表では、100歳以上の高齢者が昨年より4423人増え、過去最多の5万8820人で、女性が5万1234人(前年比3628人増)、男性は7586人(同795人増)。また、2014年度に100歳になった人と、なる予定の人は計2万9357人(前年度比1188人増)とのことで、ご長寿の方が増えており、大変喜ばしいことと思います。
今後は「健康寿命」向上の施策をさらに推し進めていくことが望まれます。

会の様子はこちら

[2014-09-06 (土)]

残暑厳しい中での「総合防災訓練」

平成26度 幸田町総合防災訓練が、8:30から防災広場で実施されました。
残暑きびしい中、参加者は真剣に訓練に取り組みました。
南海トラフ巨大地震を想定し、早期対応、相互協力体制の確立と住民の防災意識の高揚を図ることを目的としています。
「災害対策本部設置」~「避難訓練」~「消火・救助・救出・復旧訓練」~「一斉放水訓練」~「災害対策本部解散」までの訓練が整然と行われました。
シェイクアウト訓練 救助・救出出動 一斉放水訓練
今回から「地震発生」と同時に、1分間の「シェイクアウト訓練」が取り入りられました。
これは、私が議会でも「シェイクアウト訓練の導入を」と訴えたことが実現しました。
まずは参加者全員で身を守る為の 安全行動: 1.「しせいをひくく」- 2.「あたまをまもり」- 3.「じっとする」というものです。
いつでも、どこでも、だれでも、行動できる訓練です、家庭でもこの訓練を広げたいと思います。

また、ボランティア支援本部設置訓練が同時に行われ、「受付から、作業の割り振り、活動移動、報告」までの仮想訓練も体験しました。
ボランティア支援本部 ボランティア受付訓練 炊き出し本部
今後、地震や豪雨災害に対して、行政と住民総ぐるみでの相互協力体制の確立の更なる強化が求められます。

訓練の様子はこちら

[2014-09-01 (月)]

今日から9月 「秋の気配」

早いもので、きょうから9月 暑かった夏も終わりを告げるような気候になってきました。
今年も残すところあと4カ月となりました。
今年の夏は、大きな台風がきたり、西日本で豪雨により大きな災害も発生し、記録にも記憶にも残る 夏だったと思います。
「防災の9月」は各所でいろいろな「命を守る」訓練や行事が予定されています。
私たち議会も、9日から始まる9月議会の中で「防災の充実・災害に強いまちづくり」に向けて議論 を重ねてきたいと思います。

議会開催予定(会期28日間)です。
・9月9日(火)  開会
・9月11日(木)・12日(金) 一般質問
・9月18日(木)・19日(金) 議案質疑
・9月22日(月)・24日(水) 決算特別委員会
・9月26日(金)~30日(火) 常任委員会
・10月2日(木) 議会運営委員会
・10月6日(月) 最終日、閉会

すごしやすくなってくる反面、気温の変化が大きい季節ともなります。
健康管理には十分注意をしていきましょう。

[2014-08-21 (木)]

幸田町議会議員の「政務活動費」

最近話題になった、他県の県議会議員が、日帰り出張を1年間に195回実施したとして、政務活動費 から約300万円を支出していたことが問題になっています。
幸田町議会議員の「政務活動費」は?というお話を耳にしますので、報告をします。

まず「政務活動費」とは、地方議員が政策などについて調査研究することを目的に、議員報酬とは 別に公費から支払われるもので、2012年の地方自治法改正で政務調査費から名称が変わり、「議員の 調査研究」としていた使い道に「その他の活動」が加わり、要請陳情活動費なども認められていま す。

幸田町議会議員の「政務活動費」の交付額は、1人年額6万円となっており、研究研修費、調査旅 費、資料費、広報費、公聴費などに限定され、収支報告書にはすべての証拠書類などの写しを添えて 報告することとなっています。
議会だより7月発行(153号)にも「政務活動費のゆくえ」として掲載されています。


この「政務活動費」の使われ方をめぐり、あり方検討会や先払いの仕組みについて検討をされてい ますが、私たち地方議員は目的である「住民のために政策などについて調査研究すること」このこと を忘れてはならないと思います。

資料はこちら

[2014-08-08 (金)]

「ふれあいトーク」を実施しました。

明日から夏の連休になる方も多いと思いますが、台風11号の接近で、東海地方も大雨が予想されおり、警戒が必要となります。
土肥会長も参加お出かけや車の運転には十分注意をして、楽しい夏休み、お盆になるといいですね。

昨日の「ふれあいトーク 刈谷」で幸田町在住者とのトーク活動を行いました。
7月、今月と3回開催しました。昨日は11名の方に、お仕事のあとお集まりいただき「町政・議会・議員活動」の報告をし、皆さんからの意見も聞かせていただきました。
終始和気藹々の雰囲気の中で進めることができました。
皆さんからの声の多くは、「防犯・防災・交通安全対策」、また「子育て、教育問題」、「道路、住宅のまちづくり」でした。
お疲れのところ、参加していただきました皆さん 「ありがとうございました」

[2014-08-05 (火)]

JR岡崎駅で連合愛知の早朝活動

本日、JR岡崎駅広場で連合愛知の早朝活動で最低賃金改定に向けた街宣行動を実施しました。
現在、愛知県の地域別最低賃金額は780円となっています。
愛知県内で働くすべての労働者の賃金の最低額を保証するセーフティーネットとして、常用・臨時・パート・アルバイト・嘱託などの雇用形態や呼称にかかわらず、原則としてすべての労働者とその使用者に適応されます。
現在、この地域別最低賃金は愛知労働局において公益・使用者・労働者の代表者が集まり、次期改正する金額交渉を行っております。
連合愛知は、この最低賃金の改定に取り組んでおり、非正規・未組織労働者、経営者のみなさんに知っていただくために、街宣行動を展開しています。
土肥会長も参加 街宣車から 私も訴える
朝から日差しも強く、汗をかきながらの活動で、街宣車からも訴えさせていただきました。

[2014-08-01 (金)]

日差しもひときわ強い8月に入りました。

熱中症が心配されるような、真夏の日差しがぎらぎらと照りつける日が続いています。
すべて「無農薬野菜」 貸していただいている畑で、日差しに負けず「夏野菜」が実っています。
”農業”6年生で草と戦いながらの収穫で、形や見てくれはいまいちですが「無農薬野菜」が食卓に並 びます。

盆前にも委員会や特別委員会の協議会が開催されます。
暑さに負けず、しっかりと議員の役目を果たしていきたいと思います。

[2014-07-27 (日)]

猛暑の中「彦左まつり」開催

各地で真夏日が記録される猛暑が続く中、昨日「第26回 彦左まつり」が開催されました。
開会アトラクション(中央公園)と開会式のあと、各コミュニティや町内企業の皆さんが、天下の御意見番として知られている郷土の英雄「大久保彦左衛門」や「一心太助」らにふんして、約2時間にわたり幸田駅前通りを練り歩きました。

このおまつりが平成元年にスタートして26年目となりました。
彦左衛門のキャラクターとともに幸田彦左まつりは町内外に知られるようになり、すっかり夏の風物詩となりました。

[2014-07-21 (月)]

「さこう弘康 町政レポート7月号 VOL.30」を発行します。

この地方では、22日頃からは太平洋高気圧の勢力が強まり、東海地方も太平洋高気圧に覆われる見込みのため、このタイミングで梅雨明けとなる見込みということです。
先週末から 「さこう弘康 町政レポート7月号 VOL.30」 を発行しました。
「さこう弘康 町政レポート7月号 VOL.30」
今回の手配り地区は「菱池の中央の地域」を回っています。
汗が滴り落ちるほどの昼間の気温ですが、暑さに負けないで、地域を目で見ながら歩きたいと思っています。
健康管理に気をつけて、この夏を乗り越えたいですね。

[2014-07-16 (水)]

「愛知太陽の家」を訪問しました。

昨日は、KIA(幸田町国際交流会)の活動「カンボジアの就学前の保育・知育を支援する活動 CPC」で 招いたカンボジア女性2人と関係者で蒲郡市の「愛知太陽の家」を訪れました。
「愛知太陽の家」とは「福祉と企業から生まれた場所」で社会福祉法人 太陽の家 愛知事業本部とデ ンソー太陽の家株式会社の2組織をあわせた総称です。
そして2つの組織がそれぞれの得意分野を受け持ち、一体となった組織運営で身体障がい者の自立を 支援しています。 基本理念は「保護より機会を!」「世に身体障害はあっても仕事に支障はありえない」をモットーに 1984年に設立されました。
「デンソー太陽の家株式会社」の工場を案内され見学しました。
"生産"を通して障がい者の自立を支援する目的で設立された株式会社デンソーの特例子会社です。
愛知太陽の家 デンソー太陽の家説明 岩崎社長さんと
モットーは、「良い品質が我らの仕事を確保する!」「障がい者だから」と言う甘えはありません。
「キチンと決め」「キチンと守る」ことを徹底して実践する事で障害があっても、やれば出来るんだ と言う事を証明出来るように。
自動車用部品のすべての生産から品質管理・生産管理までを受け持ち、まったく妥協の無い生産活動 に感動しました。

[2014-07-11 (金)]

依然として「交通事故死 ワースト1」

台風8号は、和歌山県に再上陸し県内でもさまざまな影響が心配され、不安な夜となりました。
一夜明け、この地域では大きな被害の報告もなく、朝から台風一過の晴れた日となりました。

本日、平成26年7月11日(金)から7月20日(日)までの期間で、県民総ぐるみの「夏の交通 安全県民運動」が始まりました。
私も、今朝から期間中は地元の交差点や通学路の横断歩道などに立ちたいと思います。
愛知県は、事故が減ってきてはいますが、今年も「交通事故死 ワースト1」となっています。

愛知県ワースト1  いってらっしゃい 地域で見守り
これから夏本番を迎え本格的なレジャーシーズン到来の時期となり、行楽などで車を運転する機会が 増えてきます。
そして、夏特有の解放感や各種の祭礼などで飲酒の機会も増え、飲酒運転による交通事故も心配さ れ、また暑さやレジャーの疲れから運転者の注意力が散漫になりがちです。
 ○子どもと高齢者を事故から守ろう。
 ○全ての座席でシートベルトとチャイルドシートを正しく着用しよう。
 ○飲酒運転を根絶しよう。
を重点に、交通事故「0」を目指しましょう。

[2014-07-05 (土)]

町内の企業内保育園など視察

昨日、KIA(幸田町国際交流会)の活動「カンボジアの就学前の保育・知育を支援する活動 CPC」で招いた女性2人と関係者で企業内保育の「たっちっちハウス」と「リトルラビット保育園」の視察に同行しました。
カンボジアでは、就学前の保育の普及は、まだ途上であり日本の保育の状況を理解し導入の参考にするための研修です。

いずれの保育園も、家庭的なくつろいだ雰囲気の中で、こども達をのびのびと保育していました。
その雰囲気作りなど、感心しきりで、多くの質問も出ました。
私も、保育の現場を直接見る機会を得て、保育士さんの仕事の大変さや、保育にかける情熱を肌で感じとることが出来ました。

視察の様子はこちら

[2014-07-02 (水)]

今月から2014年の後半に突入

早くも一年の半分が過ぎました。
そして、日中の日盛りに木陰の恋しい季節となりました。

所属する文教福祉常任委員会の行政視察が6/30-7/1の2日間でおこなわれました。
視察地と研修項目は、
・「静岡県 伊東市」  ・・・新保健福祉施設整備基本構想。
・「神奈川県 座間市」 ・・・総合福祉センター サニーフレイス座間。
・「静岡県 牧之原市」 ・・・牧之原市資料館 です。
施設見学中 サニープレイス座間 牧之原資料館
いずれも自治体にとって整備の必要な施設であり、サービスです。
計画や建設、運営の現状や考え方について現地を目で見て、職員さんの話を聞いて研修をしました。
今後、幸田町の施設のあり方について、おおいに参考にしたいと思っています。
詳しい「視察レポート」は、報告させていただきます。

暑い夏が結やってきます、健康管理に交通安全に心がけましょう。

[2014-06-29 (日)]

幸田町町村合併60周年行事が行われました。

昭和29年に額田郡幸田町と幡豆郡豊坂村が合併してから、平成26年8月1日でちょうど60周年を迎えます。
私の生まれた年と同じで、人間で言うと60才。ちょうど『還暦』の節目にあたります。
キャッチフレーズは、「豊かな幸せ これからもずぅ~っと♪」です。
昨日は「町村合併60周年記念 加藤登紀子コンサート」が満員のさくらホールで行われました。
本日は「町村合併60周年記念式典・記念音楽祭」が行われました。
この記念事業では、60周年記念ソング「ぱっぴーらんど」が発表されました。

今後、各種イベント 町のHP : http://www.town.kota.lg.jp/index.cfm/15,0,306,html そして、11 月2 日(日)には、幸田町初の「NHKのど自慢」など、60周年を盛り上げるため、多くの記念事業が計画されています。
みなさんも多数ご参加いただきたいと思います。

[2014-06-23 (月)]

6月議会 ”閉会”

平成26年6月定例会は、6月2日に招集され、本日6月23日までの22日間の会期で開催され、閉会しました。
一般会計繰越明許費繰越計算書をはじめ報告案件3件、幸田町税条例の一部改正など単行議案5件と、追加議案1件と補正予算関係1件が上程され、いずれも原案通り可決しました。
役場のグリーンカーテンまた、陳情1件を審議し不採択としました。
一般質問には7人の議員が登壇。私は6月4日の1番目に質問に立ち、皆さんの「声」を届け、実現をするため町政を質しました。
質問と答弁の詳しい内容は「さこう弘康町政レポートvol.30」(7月中旬発行予定)に掲載します。

6月とはいえ、例年にない厳しい暑さの日があったり、また梅雨の折天候も変わりやすい季節でもあります。
健康管理には十分注意されお過ごしください。

[2014-06-14 (土)]

1日早く地元を「さわやかウォーク」

明日は、三ヶ根駅からの「JRさわやかウォーク」が開催されますが、1日早く梅雨最中の晴天の中、ゆっくり「地元歩き」をしました。
いつも、せわしく車で移動する地元を、歩るく目線で見る景色も新鮮でした。
「三河のあじさい寺」で有名になった「本光寺のあじさい」は見ごろをむかえ、参道にせり出て迎えてくれているようです。
参道口 1万本のあじさいがお出迎え 趣のある山門
今朝の新聞にも見ごろの記事が載ったためか、朝から多くの見物客やカメラマンでいっぱいでした。
あじさいの見ごろは今月いっぱいで、来週あたりがあじさいの花の真っ盛りとのことです。
お寺では、"273年の眠りから醒めたお宝"「ベネチアングラス」のレプリカも提示されています。

6月議会は、昨日の文教福祉委員会をはじめとして、来週は常任委員会が開かれます。

[2014-06-07 (土)]

「ホタルを観る会」で初夏の風情満喫

東海地方は6月4日に梅雨入り、平年より4日早く、昨年より7日遅い梅雨入りです。
気象庁発表の長期予報によると、これから7月上旬にかけては、降水量はほぼ平年並みの予想です。 気温もほぼ平年並みとなるとのことです。

昨日は、梅雨の合間の好天の夜となり、19:40から毎年恒例の「深溝学区のホタルを観る会」が開催 されました。
体育館に集まり、「観賞」まえに、小学生による「ホタルを観賞するときのマナー」の寸劇の発表が ありました。

深溝小学校の南にあたる拾石川沿いは、今絶好の観賞スポットです。
特に、今年は町内でも多くのホタルの舞う姿が観られ、多くの参加者と一緒に夏の風情を満喫するこ とが出来ました。

[2014-06-02 (月)]

臨時会開催 新「議会人事」スタート

ここ数日「猛暑」がつづき、真夏並みの日差しです。
週末から屋外の行事が続き、顔が「日焼け」で黒くなってきました。
本日午後、鹿児島地方気象台は、「九州南部が梅雨入りしたとみられる」と発表しました。
これからは、本格的な「梅雨のシーズン」ともなってきます。

本日より、幸田町議会も「6月議会」が開会しました。
会期は、23日までの22日間で、一般会計繰越明許費繰越計算書をはじめ報告案件3件、幸田町税条例の一部改正など単行議案5件が上程されました。
一般質問には、7人の議員が登壇、私は6月4日(水)の1番目 (9:00~) に質問に立ちます。

質問内容は・・・
1.ふるさと納税について
 ・ふるさと納税の制度開始から現在までの状況など
 ・近隣、他の自治体の状況など
 ・本町のふるさと納税に対する基本姿勢と対応
 ・今後の取り組みのあり方と考え方など

2.住民の感じる「幸福度」について
 ・住民意識調査のアンケート結果と本町の評価など
 ・「住み良さ」「幸福度」をはかる指標などの考え
 ・「幸せリーグ」に参画する考え
 ・町民の「幸せ感」を満たすための課題など

皆さんの「声」を届け実現をするため、以上2項目を質問します。
傍聴もよろしくお願いします。

[2014-05-26 (月)]

「第38回ユニオンカーニバル」がラグーナ蒲郡で開催

5月25日は、朝から初夏を思わせる「快晴」のなか、デンソー労働組合が主催する「第38回ユニオンカーニバル」がラグーナ蒲郡で開催されました。
「みんなの笑顔が元気にツナガル」をテーマに、様々なコーナーを企画されていました。
外気温もグングンと上がる中、会場全体が熱気に包まれ、参加者・家族の皆さん一人ひとりの元気な笑顔と歓声が広がり、各ブースも大変な盛り上がりでした。
幸田町からも「特産物即売コーナー」・町のゆるキャラ「えこたん」も登場し、会場の盛り上げにひと役かっていました。
夜は、打ち上げ花火や手筒花火の披露もあり、初夏の楽しい一日となったことと思います。
参加された皆さん、運営されたみなさん「お疲れ様」で

[2014-05-22 (木)]

組織内議員による「議会報告会」で活動報告

開会岡崎市勤労文化会館で18:00より連合愛知中三河地域協議会で地協役員に対し、議員活動報告会が開 催されました。
各級議員による議会報告と活動報告は、幸田町議会(酒向)、岡崎市議会(鈴木市議)、県議会(西久保県議)、国会(中根衆議院議員)の順に行なわれました。
私は、「町政レポート」に沿って、幸田の3月議会報告、当初予算内容、防災対策、まちづくりの考 え方などについて報告をさせていただきました。

報告のあとの一括質問では、直面する現状の近々の防災対策の課題や、考え方などの質疑応答がされ ました。

[2014-05-18 (日)]

少林寺拳法西三河大会 開催

第18回 少林寺拳法西三河大会」が西尾市総合体育館で開催され、ご案内をいただき出席をさせていただきました。
大会には、各道場に通う子ども・学生・大人を含めおよそ600人の選手が出場しました。

少林寺拳法は、開祖である宗道臣先生が日本で創始した武道で、武術の体系であると同時に「人づくりの行」であり、「護身錬鍛」「精神修養」「健康増進」の三徳を兼ね備える「身心一如」の修行法をとり、「技」と「教え」と「教育システム」を3本の柱としています。
技の特徴は、護身を旨とする拳法と、教えの中心思想は「自己確立」と「自他共楽」です。
私も若いとき、10年間ほど少林寺拳法の修行をしたこともあり、会場内の拳士の凛とした表情と行動で「ピーン」とした空気がとても清々しく感じられました。

[2014-05-08 (木)]

6月議会「一般質問」通告しました

GWが終わり、新たな気持ちで5月がスタートしました。
みなさんリフレッシュや思い出づくりが出来たでしょうか。

枝豆の芽私は、5/2まで公務が続き、やっと連休・・・と思きや「風邪」でダウン。
未だに完治せず、苦しい連休となってしまいました。
それでも少しずつ「庭のプランター菜園」で苗を植えたり、種まきなどをやりました。

6月の議会の一般質問を通告しました。
通告が1番のため、トップバッターと成ります。
予定では、6月4日(水)の9:00からです。

1.ふるさと納税について
2.住民の感じる「幸福度」について の2項目を質します。

しっかり準備をしたいと思います。傍聴をよろしくお願いします。

[2014-05-01 (木)]

臨時会開催 新「議会人事」スタート

昨日、第1回臨時会が開催され、3常任委員会、議会運営委員会、4つの特別委員会の委員と正副委員 長を選出し、新議会構成を決定しました。
あたらしい議会構成表(※敬称は省きます。)
私は、文教福祉委員会、議会運営委員会、第6次総合計画策定特別委員会(副委員長)に所属します。
引き続き、住民の「声」が反映される「まちづくり」が実現できるよう、汗をかき、努力をしますの で、よろしくお願いします。

詳細はこちら

[2014-04-21 (月)]

「連合中地協メーデー」に参加・午後は「議会報告会」開催

昨日、2014地協メーデーが「岡崎市乙川河川緑地公園」で、労働者の祭典「2014地協メーデー」が盛大に開催されました。
集合した各単組の旗 3年ぶりの雨天回避 家族連れなどで大賑わい
10:00より式典が実施され、2014地協メーデー宣言、労働者保護ルールの改悪に断固反対する特別決議を採択しました。
スロ―ガンは「すべての働く者の力を合わせ 心をつなぎ 安全社会を切り拓こう!」
2年連続の雨天中止でしたが、3年ぶりのこの会場での開催で、多くの家族連れや職場の方たち参加で、模擬店や催し物で、会場は大盛況でした。

午後からは幸田町議会 議員全員による「第1回 議会報告会」を中央公民会で開催しました。
会場には、47名の一般参加者が来場いただき、他の市町と比較し、参加者多い「議会報告会」となりました。
議員の事前準備の会議は、5、6回開き、資料も議員の作成です。
私は、産業建設委員長として5分の報告をしました。
初めての報告会でしたが、参加者の質問も前向きな発言が多く、一定の成果があったと思っています。
みなさんからのご意見もお聞きしたいと思っています。

[2014-04-17 (木)]

フェース‐ツー‐フェースの議会報告会

昨日、幸田町在住者のみなさんとの懇談会をかねた「議会報告会」をおこないました。
仕事の後のお疲れのところ、ご出席をいただきありがとうございました。
いろいろな報告や意見交換が出来、大変有意義な時間だったと思っています。
みなさんの関心ごとは、防災・防犯や道路の安全対策、新しいまちづくりの話などでした。
みなさんとフェース‐ツー‐フェースでの話は、お互いがより身近に感じられ、直接聞くこと(傾聴)が基本的なことだと再確認しました。
来週の4月23日も計画しています。よろしくお願いします。

会の様子はこちら

[2014-04-12 (土)]

「春の全国交通安全運動」展開中

平成26年4月6日(日曜日)から4月15日(火曜日)までの10日間、清々しい季節を無事故で過ごすことができるよう「春の全国交通安全運動」を県民総ぐるみで展開されています。
私も期間中、地域の人たちや事業所の方たちと横断歩道や交差点などで「交通安全」を訴えています。
地域で見守る がんばれ!新一年生 事業所の方たちと
春の期間中の運動重点は、
・子どもと高齢者を交通事故から守ろう
・自転車の安全利用を進めよう
・全ての座席でシートベルトとチャイルドシートを正しく着用しよう
・飲酒運転を根絶しよう
です。

新年度を迎え、新入学児童や新社会人のフレッシュな姿を多く見かけるようになりました。
地域で見守り、悲惨な交通事故を防ぎましょう!

[2014-04-07 (月)]

「さこう弘康 町政レポート VOL.29」を発行します

荒れた天候で、満開の桜の花も「散るのを必死で耐えている」ように感じる週末でした。
花冷えの影響か、私も家族も風邪気味です。皆さんも健康管理に気をつけてください。
「さこう弘康 町政レポート 4月号 VOL.29」を発行します。

今回の手配り地区は「六栗・上六栗地区」です。
4月半ば過ぎになります。気候もよくなりますので、なるべく歩いて配りたいと思います。
見かけたら、声をかけてください。

[2014-04-01 (火)]

4月! 一気に「春本番」

先週末からの春の嵐で大雨、強風、消費税増税も重なり、嵐の週末でした。
4月に入り、桜の花も強風に耐えて、ついに「満開近し」。
町内の桜の名所も、春本番のよそおいになってきました。

年度末、新年度の地域の「反省会、初集会、総会」が目白押し。
ゆっくりと「お花見」とは、いきませんが・・・。
なんとか「春」を感じる時間をとりたいと思っています。

新年度の当初予算を審議した「3月議会」も26日に閉会しました。

[2014-03-26 (水)]

献血しました

昨日、役場に献血車がとまっていたので、用事を済ませ「献血400ml」をしました(2年ぶり10回 目?)。
献血カードを提示すると手続きは簡単でした。
献血した血液は、血液センターへ運ばれ、精密な検査、血液成分ごとに分離が行われて血液製剤とな り、保管されます。
医療機関からの要請で、患者さんが必要とする時に血液が届けられる仕組みになっているということ です。

血液は、栄養や酸素の運搬、免疫など人間の生命を維持するために不可欠です。
現在、血液の機能を完全に代替できる手段はないため、医療において輸血は欠かすことができない治 療法となっています。
「ちょこっとボランティア」として、続けていきたいと思います。

献血の様子はこちら

[2014-03-23 (日)]

待望の23号バイパスが蒲郡ICまで開通!

本日、待望の国道23号蒲郡バイパスの蒲郡-幸田芦谷両インターチェンジ間、5.9Kmが開通しました。
蒲郡北部小学校で関係者ら約400人が出席し、式典があり、全議員も出席しました。
完成した道路で、はなやかにセレモニーがあり、テープカットや関係車両のパレードが催されました。

蒲郡バイパス(豊川市為当町-幸田町芦谷間、総延長15km)は、名古屋、豊橋両市を結ぶ名豊道路 の一部。
今回は蒲郡市のオレンジパーク近くまでの5.9kmの区間が暫定2車線で開通しました。
幸田町から東名高速へのアクセスが向上するほか、交通安全、渋滞緩和、災害対策、産業振興に大きな効果が期待されています。

[2014-03-19 (水)]

桜全線 北上開始!

全国で最も早く、高知でソメイヨシノが開花しました。
高知地方気象台は18日、例年より4日早く、昨年より3日遅い開花宣言をしました。

この地方の開花予想は、3月26日ごろだということです。
いま、地元の深溝運動公園付近の葵桜が満開です。
私がオーナーの桜の木もやさしいピンクの花びらで満開です。
3月議会は、本日で常任委員会が終了し、このあと24日議会運営委員会、26日閉会となります。
今議会での議案質疑、予算特別委員会での発言や審議内容などの議会報告は、後日このHPでも掲載させていただきます。

[2014-03-11 (火)]

議場で黙とう

3年前の3月11日、東北大震災の日、同じように3月議会審議中に大きな揺れを感じました。
そして3年たった本日、幸田町議会も議場から、犠牲になられた方に対し黙とうをしました。
同時に被災地の復興を願うともに、この大震災の記憶を決して忘れることなく、防災への備えの大切さと、安全で安心して生活できるまちを築くことを目指して行かなければならないとあらためて感じています。

[2014-03-06 (木)]

町内中学校の卒業式

町内3つの中学校で卒業式がありました。私は地元の幸田南部中学の卒業証書授与式に出席させていただきました。
恩師や保護者に見守られ98人の生徒が学びやを巣立っていきました。
在校生や保護者らの拍手に迎えられて、卒業生が緊張した面持ちで体育館に入場し、校長先生から一人一人に卒業証書が手渡されました。
今年、3年生を中心に「一流の南中生を目指す」というスローガンをかかげ「一流の朝のあいさつ・一流の掃除」など大きな目標を目指し続けてきたという活動の紹介がありました。
そして、どの卒業生の顔も3年間の学校生活でたくましく成長してきたという表情が印象的でした。

その後、在校生代表が送辞、卒業生答辞と合唱し、最後に全員で校歌を歌い、思い出がいっぱい詰まった校舎に別れを告げました。
卒業生の皆さん、保護者のみなさんおめでとうございます。

[2014-03-02 (日)]

「花見」・・・春を感じるホットな日曜日

前夜からの雨模様の中、気温も緩んできた日曜日、恒例の「里区・さくらを愛でる会」が開催されました。
毎年この時期にどこよりも早く、さくらのつぼみを前に「お花見」がおこなわれます。
この催しは、私も実行委員として、また桜オーナーとして、桜並木の手入れと周辺の草刈りで汗を流しました。
その後、お汁粉やおでん、やきそばなど鍋や鉄板を囲んで、「ホットな春を食す」・・・で舌鼓をうちました。

活動母体は、里区と「里 農地・水保全管理支払交付金事業」の中で展開される活動です。
地域の過疎化・高齢化等の進行を踏まえ、集落を支える体制の強化や仕組みの簡素化を図り、平成24年度~平成28年度までの対策として継続された事業で、水路等の長寿命化の取組や高度な農地・水の保全活動に対し、追加的に支援をうけ活動をするものです。

[2014-02-22 (土)]

しだれ桜育成ボランティア活動

本日、午後からハートフルクラブ幸田自主企画の「しだれ桜施肥ボランティア活動」に参加しました。
まだ厳しい寒さが続いていますが、今日は少し寒さも和らぎ、春の桜満開に思いをはせ、気持ちのいい汗をかきました。
活動場所は、デンソー幸田製作所周辺と町道付近一帯と調整池周辺の「しだれ桜」約100本の追肥と手入れです。
同時に、周辺のゴミ拾いも行いました。

しだれ桜(枝垂桜)は、枝がやわらかく枝垂れる桜で、枝が長くその名の通りにしだれています。
毎春の4月には、見事な桜の花が楽しめ、この付近の新幹線沿いは、写真マニアにとっては「絶好の撮影ポイント」となっています。

[2014-02-15 (土)]

2週連続の雪の週末となりました。

昨日未明からの今季一番の積雪は、交通の混乱など生活に大きな影響がありました。
今期2度目の着雪 「雪の中を走る新幹線」庁舎から
今日は朝からは強風の吹き荒れる、冷え込みの厳しい週末となりました。
そんななか、冬季オリンピックでは、フィギュアスケート男子フリーで羽生結弦選手が、金メダルを獲得するホットなニュースもありました。
日本の若い選手の活躍が目立つ、ソチオリンピックです。
3月3日から始まる、3月議会(平成26年第1回幸田町議会定例会)は、下の日程で開催されます。
議会開催予定(会期24日間)
・3月3日(月)  開会
・3月5(月)、7日(水)  ・・・ 一般質問
・3月10(月)、11日(火) ・・・ 議案質疑
・3月12(水)、13日(木) ・・・ 予算特別委員会
・3月17日(月)   ・・・ 文教福祉委員会
・3月18日(火)   ・・・ 産業建設委員会
・3月19日(水)   ・・・ 総務委員会
・3月24日(月)   ・・・ 議会運営委員会
・3月26日(水)   ・・・ 最終日、閉会
特にこの議会は、新年度の当初予算を審議する重要な議会です。
生活のなかで、直結する「財布の出口」・・・みなさんが収めた「血税」の使われ方が、住民の為になっているか?
ムダ使いはないか?
など、住民側の目線でチェックすることが、私の「役目」だと思っています。
しっかりと発言、提案をしていきたいと思っています。

[2014-02-09 (日)]

「安全・安心なまちづくり推進大会」に出席

本日午後から、町民会館で「平成25年度 幸田町 安全・安心なまちづくり推進大会」が開催され多くの参加者とともに参加をしました。
大会では、交通安全や防犯・防災面で活躍された個人・団体の表彰が行われ、その後幸田高校の生徒さんから活動事例発表がありました。
岡崎警察署長からは、現在この地域の交通事故や防犯・防災の状況と課題など貴重な話を聞くことができました。

また、交通安全推進寸劇も披露され、「幸田町を住みよいまちへ」の想いをあらたにした午後のひとときでした。

[2014-02-01 (土)]

はじめての「茶道」をたしなみました。

厳しい寒さが少し和らいだ2月1日に、西尾市の工藤市議のはからいで、はじめての「お茶」の作法 を学びました。
仲間の議員と緊張しながら先生のお宅のお茶室にお邪魔しまして、初歩の初歩から教えていただきま した。

今朝の新年初日の出・座り方・立ち方
・お辞儀の仕方
・襖の開け方・閉め方
・歩き方
・席入りの仕方
・床・釜の拝見の仕方
・扇子の置き方
・お菓子のいただき方
・茶のいただき方
・茶器・茶杓の拝見の仕方

茶道は、一定の作法にのっとってお茶を点てそれを一定の作法でいただくものと思っていました
が、お茶を飲むだけでなく、季節や趣向、客に応じて道具や料理・菓子を選び、床にかける掛軸、茶室に飾る茶花、道具の取り合わせや調和を考え、茶席や庭の掃除は勿論、塵一つにも気を配ります。
そして、その思い入れや趣向を感じ、ともに楽しむという、主客の対話立ち居振る舞いまでのすべてが茶道だということです。

お菓子をいただく頃には、すでに足が痺れ「修行・修行」と念じながら冷や汗の初体験となりました。

[2014-01-27 (月)]

23号BPなど管内視察をしました。

管内視察・・・幸田町議会産業建設委員会で管内の所管である環境経済部、建設部、農業委員会の所管に属する事項を視察するものです。
蒲郡市と幸田町で建設が進められている新斎場建設工事や道の駅に設置された電気自動車用普通充電設備、永野ポンプ場、菱池遊水地などを視察しました。

特に皆さんの関心の高い、国道23号BP工事(芦谷IC~蒲郡IC間の5.9Km)の進捗
状況は「今年春に開通」という発表はそのままですが、「年度内開通を目指している」ということで急ピッチで進められている印象を受けました。

視察の様子はこちら

[2014-01-18 (土)]

冷え込みのきびしい週末です。

今週この地方は、強い冬型の気圧配置となりとても厳しい寒さとなっています。
インフルエンザも猛威をふるいいつあり、注意が必要です。
「さこう弘康 町政レポート No.28」を配布します・・・ こちらから ご覧ください。
手配り地区は「深溝」です。見かけたら声をかけてください。
今日は、幸田の正楽寺で「大草尋常笑楽校」の三学期があり、授業に参加しました。
地元の杉浦康司さんが「地域に笑いの種をまきたい」と校長となり3年前に開校されました。

校長先生の話、三河万歳、即興劇などを鑑賞しました。
多くの参加者とアットホームな雰囲気で、冷える身体も「ホット」になった午後のひと時でした。

[2014-01-14 (火)]

「凧揚げまつり」「成人式」と町の行事満載

1月11日は「出初め式」。
12日は「凧揚げまつり」がにぎやかにおこなわれました。
すっかり幸田町の冬の大イベントとして定着したようです。
それぞれの大凧が、風を受け大空に舞い上がり、例年より人出も多く大変な賑わいとなりました。 里区の力作「だるま」 観客も最高の人手 たこの乱舞
成人の誓い
1月13日は、幸田町成人式が幸田町民会館 さくらホールで開催されました。
「幸田町成人式」は今年で66回目で、平成5年生まれの新成人です。
20年前は、皇太子のご成婚やサッカーJリーグのスタート、初の外国人横綱・曙関の誕生など「新時代」を思わせる明るいニュースがあり、時代が大きく動いた時です。
そして今は、個人の感じる価値観が大きく変化し、多様化の時代となりました。こんな時こそ、若い力と考え方に大いに期待するものです。

[2014-01-11 (土)]

新年恒例の「消防出初め式」

平成26年度 幸田町消防出初め式 が、防災広場で行なわれました。
冷たい風が吹く中で一斉放水、消防団分列行進などが行われ、堂々とキビキビした訓練の成果は大変 頼もしいものでした。
この皆さんの日ごろの努力が、幸田町の安全、安心の支えになっています。
「火の用心」の懸垂幕 一斉放水 暖かい豚汁
昨年の火災は、前年比10件増の26件、救急は同87件増の1495件、救助は同6件増の35件とい ずれも増加しています。
また、不審火火災も未解決であり、巨大地震の発生も危惧されるところです。
今年も、「安全で安心できる生活」と生命と財産を守ってもうため、ご尽力をお願いしたいと思いま す。

本年の合言葉は、【消すまでは、 心の警報 ONのまま】 です。
最後に、参加者全員で今年の町の安全を誓って「火の用心」の三唱を行いました。

[2014-01-01 (水)]

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別なご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
みなさんには、新しい年が健康、安全で、笑顔いっぱいの年となりますよう心よりお祈り申し上げます。
私も精一杯がんばります。
本年もどうぞよろしくお願いします。

平成26年元旦  幸田町議会議員 酒向弘康

[2013-12-28 (土)]

厳しい寒の中の「年末夜警」を激励

昨夜、20:00より地元消防団の年末夜警の激励に行ってきました。
年末警備寒く冷たい風が吹き付ける中、町内の無火災活動のため頑張っている消防団員の皆さんに、日頃の御 礼と激励に行ってきました。

年末の安心・安全と、明けた新年も、平穏であるためにも、地元消防団員の皆様には、引き続きのお 力をいただけますよう、お願いします。
今夜は、地元の「自警団の年末夜警」の激励に行ってきます。
天気予報では年末年始は、ぐっと冷え込むようです。健康にも注意してください。

[2013-12-24 (火)]

「12月議会閉会」 今年もあとわずか!

平成25年12月定例会は、本日閉会しました。
上程された、幸田町税条例の一部改正など単行議案7件、補正予算関係2件が、いずれも原案通り可決しました。
連休中安全に!そのほか、陳情5件を審議し、1件を採択、4件を不採択としました。
また、議員提出議案として「国の私学助成の増額と拡充に関する意見書」を国に提出することを可決しました。

本日の昼休み、勤め先で連休前の「無事故運転で楽しい連休を」とアピールするセフティーコール運動に参加しました。
年末年始に高速道路でお出かけの方は、
 ○ゆとりある運転計画と渋滞情報の早期把握
 ○渋滞か所での脇見厳禁、速度を落とし車間距離も十分確保し、安全ドライブを!!

[2013-12-19 (木)]

「銀メダル」で町長を訪問

2013年11月22日(金)と24日(日)に千葉県幕張メッセで開催された、第34回全国障害者技能競技大会(通称:アビリンピック)で、競技種目の電子機器組立で銀賞を受賞された、加納絵梨さんとともに町長室を訪ね報告に立ち合わせていただきました。
当日の競技課題と銀メダルをもって笑顔の報告と訪問となりました。
笑顔の「銀メダル」 電子機器組み立て課題 「難しいところは・・・」説明
アビリンピックは、障害のある方々が日頃職場などで培った技能を競う大会です。
障害のある方々の職業能力の向上を図るとともに、企業や社会一般の人々に障害のある方々に対する理解と認識を深めてもらい、その雇用の促進を図ることを目的として開催しています。

[2013-12-14 (土)]

年末恒例のボランティア活動参加

とても冷え込みの厳しい朝となりました。
9:00より町内の「カーブミラー清掃」のボランティア活動に参加しました。
毎年恒例で、活動の主体は「デンソーハートフルクラブ幸田」で、地域社会貢献活動の一環です。
3駅を中心に5グループでそれぞれのブロックにわかれスタートしました。

ごみも拾いながらの作業は、だんだん身体の芯が暖まり、うっすら汗もにじんできました。
年末のこの活動は、地域の方にも、定着・認知されてきたこともあり、途中で多くの住民の方々に「ご苦労様」と声をかけていただきました。

参加された皆さん「お疲れ様でした」。

[2013-12-10 (火)]

年末の交通安全運動

愛知県内では、11月29日から12月8日までの10日間に11人の尊い命が失われました。
このため、12月9日、愛知県知事は本年6回目の交通死亡事故多発警報を発令しました。

年末は、忘年会などで飲酒の機会が増え、飲酒運転による事故が心配されます。
また、この時期は日没時刻が早く、夕暮れ時から夜間にかけて、特に高齢者が犠牲となる、交通事故が多発する時期となります。
車を運転するときは、運転に集中し、交通弱者の安全に心がけましょう。

[2013-12-07 (土)]

里保育園の生活発表会

師走になってからは比較的暖かく、天気のよい朝となりました。
9:30分から、地元の里保育園の生活発表会があり参観させていただきました。
里保育園は町内の8つの園の中で、いちばん園児数の少ない保育園ですが、ここ毎年、園児の数も増え、小さい遊戯場は来場者の園児の熱演に期待する熱気でいっぱいとなりました。

年長・中・少とは別に、たて割り保育のくま組とぞう組のクラスでも演じられていました。
この一年の生活のスライドショーと5つのプログラムを地域の人たちと、最後まで熱心に大きな拍手で応援しました。
とてもホットな雰囲気に、心も温かくなった一日でした。

発表会の様子はこちら

[2013-12-10 (火)]

一般質問にたちました。

12月議会は12月2日に開会され、人事案件1件、単行議案7件、補正予算関係2件が上程され、24日閉会 までの23日間の会期で開催されます。
本日と明日は、一般質問の日程となっており、私は本日の2番目、10時より質問にたちました。
<1項目>「住民の安全・安心な生活を守るため、防犯カメラ設置等に関する現状と今後について問 う」
<2項目>「安心して通学・通勤ができる、安全なまちづくりの現状と、今後のあり方などについて問 う」
の2項目について、質しました。(詳しい質問と答弁内容は、後日このHPでも報告します)
年末の多忙の中、傍聴にきていただいた皆さんの「応援」のおかげで、住民のみなさんの「声」を届 けることが出来ました。
これからも生活者、住民の代弁者として「役目」を果たしてまいります。 本日は、ありがとうございました。

[2013-11-28 (木)]

連合愛知の駅頭活動

ぐっと、冷え込みが厳しくなってきた早朝、連合愛知の役員と組織内議員でJR岡崎駅で駅頭活動を 行いました。
愛知県の最低賃金が10月26日に改訂されたことを受け周知のため、チラシ入りのポケットティシュを配りました。

愛知県の法定地域別最低賃金は10月26日から「758円」から「780円」(1時間あたり)に改定されています。
780円を下回る場合は、法律違反となり使用者に罰金が科せらるというものです。
おかしいと思ったら、労働相談ダイヤル(0120-154052) へ電話を。

資料はこちら

[2013-11-22 (金)]

今月3回目の「ふれあいトーク」をおこないました。

議員の大きな役目のひとつに「住民の皆さんへ議員活動、議会報告」をお知らせし、町政の現状や議会の動きや議員の考えを知ってもらうことも大きな役割だと思います。
そんな目的で開催される「ふれあいトーク」を昨日をふくめ、今月3回目をおこないました。
11月14日 11月20日 11月21日
まさに「現場の声」を直接聞く機会でもあり、皆さんとフェイスtoフェイスで話が出来ることは、大変貴重です。
住民の皆さんが、いま何を感じ、何を望まれているのかを肌で感じられ、今後の活動に生かしていくことができます。

いまもっとも不安を感じておられる不審火火災の質問や要望が多く、さらに交通安全、子育て問題、まちづくりの計画などが多く話題になります。
みなさんが望まれていることは、やはり『安全で安心して、希望をもって暮らせる!』このことが基本だと再認識をしているところです。
参加していただきました皆さん「ありがとうございました」

[2013-11-18 (月)]

各地で秋の行事

この地方も紅葉の見ごろをむかえ、赤や黄色に色づいた木々の山々が町内を囲んでいるようです。
16(土).17(日)は、各地で秋の行事が真っ盛りでした。
私もいろいろなイベント参加に声をかけて頂きました。

土曜日は、地元の「深溝学区の文化祭&学芸会」がありました。
自分の子どもや孫の出番には、前の席の入れ替えがあり、家族のカメラやビデオがビッシリと並びました。
堂々としたせりふと歌、踊り、自ら楽しむような演技・・・正味2週間の練習時間での本番と言うことです。
6年生の「二十四の瞳」では迫真の演技に、目頭が熱くなってしまいました。

別会場では地元の「芸術家さん」たちの日頃の趣味やサークルでの作品の展示があり、これもまた、唸るような「力作」ばかりで文化祭を盛り上げていました。

[2013-11-13 (水)]

秋の全国火災予防運動期間中です。

11月9日から15日までの1週間を「秋の全国火災予防運動期間」が展開中です。
2013年度の標語は、「消すまでは 心の警報 ONのまま」です。
空気が乾燥し、火災が発生しやすい季節を迎えるにあたり、ひとり一人が、火災予防に対する意識を持つことにより火災による悲惨な焼死事故や貴重な財産の損失を防ぎ、放火されにくい、「火災に強い街づくり」をみんなで推し進めたいものです。

一昨日は15:30から海谷地区で雨が降る中「消防出動訓練」が行われ出席しました。
毎年この時期に各分団の地域でおこなわれます。
15:30に訓練火災が発生し各詰め所から出動し、4分後には放水がなされる、キビキビとした頼もしい訓練を目の当たりにしました。

こういった若者たちのが、いまだ解決されていない「放火事件」も最小限に抑えられていると感じました。
仕事を持っての消防団活動に心より敬意を表すとともに、感謝をいたします。

訓練の様子はこちら

[2013-11-07 (木)]

長久手市の「ゴジカラ村」を視察

地元で組織する「深溝学区まちづくり研究会」のメンバーとして、今後のまちづくりの参考と研修のため長久手市にある「ゴジカラ村」をおとずれました。
この「ゴジカラ村」は、長久手市内の市街地に隣接した、約1万坪の林の中に建つ、高齢者施設から幼稚園までおよそ10の施設の総称です。
特別養護老人ホーム、ケアハウス、デイサービスセンター、訪問看護センター、ヘルパーステーション、などの施設が森の地形に合わせて建てられています。
さらに、ひたすら遊ぶだけの「もりのようちえん」、託児所「コロポックル」などのほか、約200人が通う看護福祉専門学校「もりのがくえん」なども共存、木々の間を縫うように建てられています。
幼児から高齢者まで多世代が共存する、「雑木林」のようなコミュニティとなっていて、まさに「まざりあって暮らす」、町の雑踏のすぐ隣でありながら、「別世界」を感じました。
そして、一般の人たちが自由に出入りできるよう、古民家が3軒移築され、カフェや、陶器工房もあり、この空間に入ると、ゆるやかに過ぎる時間、のんびりした人の表情に接することができ、忙しすぎる現代社会から一歩離れた、不思議な空気と場所を体感しました。

「ゴジカラ村」のはじまりは、高度経済成長の波にのって区画整理が進むなか、失われていく雑木林や地域のつながりを残したい、雑木林で子どもたちに思いっきり遊ばせたいと、『愛知たいよう幼稚園』が創設されたのがスタートで、25年前には、社会福祉法人「愛知たいようの杜」が設立され、雑木林に隠れるように建てられた特別養護老人ホームでお年寄りの暮らしが始まったようです。
「深溝学区まちづくり研究会」のメンバーも、目からうろこの現地視察でした。今後のまちづくりに大いに参考となりました。

[2013-11-01 (金)]

今年もあと2ヶ月となりました。

異常高温や多くの台風が接近した10月も終わり、11月に突入しました。
紅葉の季節を迎え、日増しに寒さが加わってきます。 すでにインフルエンザが流行りだしており、健康には注意が必要となってきます。
12月議会への準備に入ります。
一般質問の通告の受付がはじまり、2番目に受付を済ませました。
<1項目>
・「住民の安全・安心な生活を守るため、防犯カメラ設置等に関する現状と今後について問う」
・防犯カメラの現状の設置台数と場所、近隣自治体との比較。
・機能、効果等と今後の設置計画。
・防犯機器等の設置拡大と補助制度の考え。
・環境、ゴミ問題などにも効果のある「監視カメラ」等の設置の考えは。
・「防犯カメラの設置及び運営に関する条例」制定の考えは。
<2項目>
「安心して通学・通勤ができる、安全なまちづくりの現状と、今後のあり方などについて問う」
・通学・通勤路の危険箇所のハード、ソフト面の対応状況。
・通学の安全のための「ゾーン30」などの取り組みは。
・町が要望している信号機、横断歩道などの件数と設置数、今後の対策について。
・通学・通勤時のJR幸田駅ホーム、防犯灯、災害時等の安全対策について。
以上の2項目について、質していきたいと思います。
私の登壇時間は、12月4日(水)の午前10時ころとなります。
しっかりと準備し、皆さんの声を届けたいと思います。
傍聴もよろしくお願いします。

[2013-10-24 (木)]

岩手県、青森県を行政視察

今週、21.22.23日と岩手県の花巻市~釜石市~八戸市~十和田市の行政施策の先進地を、西尾市市議4人と私の5人で視察してきました。
21日は朝5時に出発し、23日の帰宅は夜11時過ぎというややハードなスケジュールとなりました。
・花巻市   「合衆市:イーハトーブ花巻」について
・釜石市   「スマートコミュニティ基本計画」について
・八戸市   「地域密着型教育推進事業」について
・十和田市 「セーフコミュニティ推進事業」について
詳しい内容は、随時 さこう弘康 町政レポート などで報告させていただきます。
私は、3.11の震災後初めて東北を訪れました。 特に被害の大きかった釜石市では震災後をきっかけに、災害時のエネルギー環境の脆弱性を再確認し、エネルギーの地産地消を目指す「スマートコミュニティ構想」を構築、推進中でした。
釜石市のポテンシャルを検証しながら、環境型社会に向けプラン策定など具体的取り組みを力強くすすめられていました。
その後、被災状況や復興の様子、「釜石の奇跡」とも呼ばれている小学生が自ら危険を察し1.5kmを走り、避難した経路や実際の避難場所など現地で説明を受けました。

あちらこちらで震災の傷跡は深く、いたいたしいものでしたが、町の人の話や建設用の重機や車両が行き来しを見て「着実に復旧工事が進んでいる」ことを感じました。

[2013-10-16 (水)]

今年最大級の台風一過

連休が終わった途端、大型で強い台風26号が、この地方にも接近し暴風域を伴い広い範囲で強風と激しい雨が降りました。
台風一過の朝7時ころには、太陽が見え強風は残るものの「晴れ」となりました。
台風はその後、速度を速めて北東へ進み、午後には三陸沖で温帯低気圧に変わりました。
幸田町地内では、大きな被害の報告はありませんが、木や竹が倒れ、道路を塞いでいるところもありました。

連休中は「体育の日」の祭日もあり、多くのスポーツ行事に参加しました。
学区子ども会「ソフトボール新人戦」・「ドッチボール大会」と里保育園の「運動会」に声がかかり、出かけました。

この連休中は、絶好のスポーツ日和となりました。
熱戦と歓声が秋晴れの空の下に響き渡り、すがすがしい連休を過ごしました。

[2013-10-09 (水)]

9月定例会 議会報告

9月定例会の議会内容の報告をさせていただきます。

台風24号一過、昼からは晴れ間が広がりました。
私たちの世代は、明日は「体育の日」・・・(2000年から10月第2月曜日に変更)。
健康について、いまいちど見直しと体力づくりの計画をしようと思っています。

気温もまだ高かったり涼しかったりで、風邪をひいている人も多いようです。
健康管理に十分ご注意をしてください。

[2013-10-04 (金)]

防災関係施設を視察研修

10月に入り、まだ日中は暑さも残りますが、朝夕は秋らしさが感じられるようになりました。
1・2日と富山県と長野県に防災対策特別委員会の行政視察に行ってきました。
<1日目 富山市の富山県広域消防防災センター>
・消防学校の老朽化と高度で専門的な教育訓練の必要性がせまられる中、防災拠点と消防学校の機能を併せ持つ施設整備を計画することで一気に解消する施設が平成24年4月にオープン。49億円の建設 費用や施設内容のくふうや多くの知恵がつまった施設運営などの興味深い話を聞き、また体験施設の詳細な見学と体験もすることが出来ました。

<2日目 長野市の防災市民センター>
・「目で見て体験をして正しい知識を身につけ、防災意識の高揚をはかる」そんなコンセプトで25年常に新しい資料展示やメンテをするなかでセンターの関前にオープンした施設だが、係者のたゆまぬ 工夫と努力が感じられた。
各種防災体験装置は親子で学べるようにもなっており、地震体験装置は台所を再現し関東大地震と同じゆれを体験することで、よりリアルでまさに「怖さ」を身をもって学ぶことが出来きる。
また消火 体験なども新しい設備を取り入れて施設の高稼働率を目指している。

いつ発生してもおかしくない「地震」を人の力でとめることは出来ません。
しかし「防災、減災」は人の力で最小限にすることは可能と再々認識した2日間でした。

[2013-09-30 (月)]

議会閉会

幸田町議会 9月定例会が27日に閉会しました。
任期満了に伴う教育委員会委員の任命をはじめとする人事案件2件、条例の一部改正などの議案8件、補正予算関係8件、平成24年度10会計の決算認定議案を可決。
その他、陳情2件を審議し、1件を採択、1件を不採択としました。
また、議員提出議案として、3件が提案され、原案通り可決し、26日間の会期を閉じました。
くわしい議会報告は後日、このHPで掲載します。
28日は、幸田町最後の「村の鍛冶屋さん」のお別れ会が深溝の竹内さん方で行われ多くの見学者が別れを惜しみました。
「鍛冶屋さん」は、主として鉄製品を扱い、刃物、金槌、鍬などの製造販売、修理を行い、戦国時代には多くの刀鍛冶、鉄砲鍛冶が武器の生産に従事していました。
一方、包丁や農具、漁具、鉈、茶道具などを手がける鍛冶屋は「野鍛冶」と呼ばれ、かつては日本各地に数多く存在していました。
しかし昭和30年以降、農業の機械化や安価な大量生産の刃物の流通によってこうした「野鍛冶」は大打撃を受け、次々に廃業していき、伝統的な野鍛冶は日本各地から消えていきました。 幸田町内でも鍛冶屋さんは、後継者もいなくなり、最後の鍛冶屋さんとになっていました。
この日だけでいままでの感謝する近所の人や別れを惜しむ人たちがおおよそ1000人の人が見学に訪れていました。

この日は朝から、足助の鍛冶屋さんの実演もありマスコミ関係の取材も多く「ものづくり」の原点でもある「鍛冶職人さん」の技に見入っていました。

[2013-09-26 (木)]

秋の交通安全運動展開中

平成25年9月21日(土)から9月30日(月)までの10日間「秋の交通安全運動」が展開されています。
県民総ぐるみで、交通事故の防止を図るため、地域の人や役員さんが各交差点や通りで立ち、交通安全を訴える姿が多く見られます。
私も期間中、運動に参加しています。
気を付けてね 左右確認 交通安全はみんなの願い
秋は、行楽などで外出する機会が増え、人や車の動きが活発になります。
そして日没時刻が日増しに早くなり、運転者にとっては歩行者や自転車の動きが見えにくくなるなど、子どもや高齢者を始めとした交通弱者が交通事故にあう危険性が高まります。
=運動の重点は=
○ 子どもと高齢者を交通事故から守ろう。
○ 夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故をなくそう。
○ 全ての座席でシートベルトとチャイルドシートを正しく着用しよう。
○ 飲酒運転を根絶しよう。  ・・・です。
愛知県内においては、高齢者の交通死亡事故が多発しております。
幸田町内においても、夜間歩行中の高齢者が後ろから来た自動車にひかれる交通死亡事故が発生しました。
高齢者の死亡事故については自宅から1km以内で事故に遭われる方が8割を占めているということです。
夜間外出するときは、自分の存在を早くドライバーに気付いてもらうため、明るい服装にし、反射材を身につけることが有効です。
またドライバーの皆さんも高齢者を見かけたら速度を落とすなどの思いやり運転を心がけましょう。

[2013-09-24 (火)]

小学校で職員室の机など燃える不審火

23日午後8時15分すぎ、深溝小学校で、職員室の机やイスなどが燃える火事がありました。
火事はおよそ1時間後に消しとめられましたが、本館1階の職員室の机やイスなどの一部が焼けました。
けが人はいませんでした。
先日も材木店で大きな不審火と思われる火災が発生しており、一連の不審火火災の犯人がつかまった後も発生しており不安が広がっています。

不審火が発生しだした5月以降、これで12件目の火災です。
さらなる行政、警察、消防や近所で力を合わせた「パトロール強化」や「家の周りに燃えるようなものは置かない」など「自己防衛」も大切なことです。

[2013-09-15 (日)]

学区敬老会に出席

「深溝学区敬老会が小学校の体育館で10:00開催されました。
今まで長年にわたりご尽力いただいた感謝と、これからもずっと健康で長生きしてもらいたい」 そのな気持ちをこめて、学区のコミニュティーの主催で開催され523人中160人の方の出席でした。


昭和の激動の時代を乗り越えられ、自らの手で人生を切り開き、地域を立派な姿に発展させていただきました。
みなさん達が長年築きあげてきた努力の賜物だと思います。
これからも長年の経験、体験などから、町の活性化に知恵をお貸しいただき未来を切り開き、次の世代の育成と伝統を守っていくためにご指導とご尽力をいただきたいと思います。
健康には十二分に気を付けられ、いつまでもご壮健で心豊かな人生を過ごされますようご祈念申し上げます。

[2013-09-07 (土)]

町内全地域で防災訓練

本日は幸田町の総合防災訓練が各学区ごとの地域会場と、その後、主会場である町防災広場でおこなわれました。
この訓練は、地震発生時に早期対応、相互協力体制の確立と防災意識の高揚を図ることを目的としています。
8:00の訓練地震発生をうけ、各自で避難場所の小学校体育館に集まり、愛知県製作のDVDによる防災学習、避難所設置・運営訓練や非常食試食などを体験しました。
その後、総合訓練主会場の防災広場に移動、各行政機関、行政区、民間企業、自主防災会、ボランティア団体、一般住民が総ぐるみで真剣な実践的訓練を目の当たりにし、日々の訓練の大切さ、相互援助、地域コミニティーの大切さを再確認しました。

南海トラフによる被害想定で、幸田町は津波の被害はないものの家屋、家具などの倒壊により40人の死者が予測され、倒壊、焼失家屋は700軒とされています。
こういった訓練や対策により被害を最小限にすることもできます。
日ごろからの災害への備えを十二分にしておかなければならないと考えます。

訓練の様子はこちら

[2013-09-02 (月)]

9月1日『防災の日』

昨日、9月1日は「防災の日」でした。
愛知県が「あいちシェイクアウト訓練」を実施しました。
正午の時報を合図に1分間、地震から身を守る安全行動1-2-3を県内一斉に実施する防災訓練で す。
シェイクアウト訓練とは、身と、命を守る為の安全行動です。
1.「しせいをひくく」
2.「あたまをまもり」
3.「じっとする」

いつでも、どこでも、行動できるように訓練で、求められる行動は複雑ではなく、万一に備えて一人 一人の防災意識を高める意味合いが強い訓練です。
先の6月議会の一般質問でも「幸田町もシェイクアウト訓練導入」を訴えました。
今回は、県内で260,712人の登録者がありました。
私も参加表明し、私も自宅の庭で訓練を実施しました。

本日より、9月議会が開会され25議案が提出されました。
議会の審議状況は、随時報告させて頂きます。

[2013-08-28 (水)]

9月議会議案説明会

「処暑」が過ぎ、先週末からの雨ですこし秋の空気を感じられるようになりました。
本日、9月2日から始まる9月議会に提出予定の議案の説明会がありました。
この議会は「平成24年度の決算認定」の議会です。前年の事業に「血税」がどのように使われたのか?「決算特別委員会」が設置され審議します。
議会の審議状況は、随時報告させて頂きます。
平成25年 第3回 幸田町議会定例会
・9月 2日(月)開会
・9月 4日(水)一般質問
・9月10日(火)議案質疑
・9月11日(水)議案質疑
・9月12日(木)決算特別委員会
・9月13日(金)決算特別委員会
・9月17日(火)文教福祉委員会
・9月18日(水)産業建設委員会
・9月19日(木)総務委員会
・9月24日(火)議会運営委員会
・9月27日(金)最終日、閉会 : (会期26日間)
※ 会議日程は、定例会の開会日に正式決定します。
夏の疲れが出るころです。体調管理には十分注意しましょう。

[2013-08-20 (火)]

猛暑の8月も後半・・・犯罪事件が多発

8月も半ばを過ぎましたが、各地で暑さの記録がぬりかえられる「記録的な猛暑」が続いています。
夏のイベント、行事への参加など、お盆休みはどのように過ごされましたか。
私は、義母の初盆で、妻の実家の新潟へ帰省しました。
到着した次の日の朝、突然訃報が入りました。
元職場で大変お世話になった上司が岡崎市の自宅2階で凶器で殺害された強盗事件です。
岐路の予定を繰上げ、急遽16日の葬儀に参列させていただき、お別れをしました。
人間として上司として尊敬する人で、とても残念でなりませんでした。
心よりご冥福をお祈りするとともに、事件の一刻も早い解決を望みます。

その夜、地元の深溝地内で不審火によると思われる倉庫火災があり、中にあった乗用車1台や農機具などが焼けました。
幸田町内では5月5日以降、不審火が続いており、今回で10件目となります。
また、お盆直前に私の自宅のすぐ近くで駐車していた乗用車が忽然と消える盗難事件もあったばかりです。
ごくごく身近で「犯罪」が頻発しています。
私たちは今一度「安全対策、自己防衛」について考え直さなければならないと考えています。

[2013-08-07 (水)]

今日、暦の上では「立秋」

昨日は、全国的に不安定な天気となり、局地的な豪雨で、浸水や土砂崩れなどの被害が相次ぎました。
気象庁によると、1時間あたりの降水量の統計記録が、観測史上最大値を記録した地点は、7月だけで69地点にのぼるとのことです。
一方、今日は暦の上では「立秋」・・・秋ということですが、本日からは「猛暑」となってくるようです。
全国的にこの暑さは、これから10日前後は続く見込みで、熱中症に対して、厳重な警戒が必要です。
昨日、名古屋市内のアイリス愛知で「愛知県町村議長会主催 議会広報研修会」に参加しました。
県内25の議会から200人を超える参加者が熱心に研修をうけました。

わが幸田町議会が発行する「こうた議会だより」は、ほぼ100点満点の評価をうけました。
先週の東京研修とあわせ研修の成果を、次回以降の「こうた議会だより」に反映し、「わかりやすく、親しみのある広報」を発行して行きたいと思います。

[2013-08-01 (木)]

スケジュール満載の7月が終わり8月に突入!

猛暑の7月も終わり、8月をむかえました。
先月は、議会報告や議員活動報告、懇談会などが続きました。
また27日は、幸田の夏の最大のイベント「彦左まつり」が開催されパレードで練り歩きました。

その間、「さこう弘康 町政レポートNo.25」を発行し、3日間で後援会宅の皆さんの自宅へ手配りも実施しました。


29日からは東京で開催された「全国町村会 議会広報 研修会」に参加しました。
猛暑と多忙の7月でしたが、先日とてもうれしいメールをいただきました。
・・・『昨日(7/24)、酒向さんが各家に訪問されて、おたよりをポストに入れられている姿をタイミングよくお見かけしました。雨の中大変だろうに・・・と感心致しました。』
なんでも一生懸命やっている姿は、必ず誰かが見ていてくれている」ということを再確認することができ、これからも「地道に!愚直に!まじめに!」議員活動をすすめるエネルギーをいただいた気 持ちになりました。

8月も暑い日が続きそうですが健康と交通事故に注意しすごしましょう。

[2013-07-23 (火)]

議会活動報告会in中地協

本日、18:00より連合愛知三河中地協の議会活動報告会(岡崎地区)が岡崎市勤労文化会館で開催されました。
私は、幸田町の新年度予算の概要と安心・安全なまちづくりなどの報告をさせていただきました。

県政は西久保県議、国政は中根代議士が報告されました。
報告後の質疑では、関心の高い「生活道路の安全対策」や「防災対応の状況」から「今後の国政は?」などの質問が出されました。
それに対し、私も含め議員が説明をしながら懇談会形式で進められ、お互い有意義な「報告会」となりました。
参加された皆さんお疲れ様でした。

[2013-07-12 (金)]

夏の交通安全運動を実施中!

7月11日(木)~20日(土)の期間で「夏の交通安全運動」が展開されています。
連日のうだるような猛暑・・・「夏本番」の本格的な到来となってきました。
私も早朝、地元や町内の交差点で「交通安全の呼びかけ」を実施しています。
夏の交通安全運動 夏の交通安全運動 夏の交通安全立哨
この時期は、暑さやレジャーの疲れからドライバーの注意力が散漫となり、屋外で遊ぶ子どもや、日中の暑さを避けて朝夕に外出する高齢者との交通事故の増加が心配されます。
また、夏特有の開放感からスピードの出し過ぎや飲酒運転による重大事故の増加も心配されます。
車を運転するときは、子どもや高齢者の動きに十分注意し、速度を落とし、思いやり運転に心がけましょう。
また「飲酒運転四(し)ない運動」
①運転手は酒を飲まない
②飲んだら運転しない
③運転手には酒をすすめない
④酒を飲んだ人には運転させない・・・を徹底しましょう。

[2013-07-05 (金)]

ふれあいトーク

今年も後半、あっという間に7月になりました。

日々の暮れていく速さは「驚異的」と感じるこのごろです。 雨天が続いていますが、盛夏前の梅雨明けの待たれる気候でもあります。
あつい声援昨日は「デンソー西尾製作所」の幸田町在住者のみなさんと「ふれあいトーク」を開催させていただきました。
仕事の後の開催なので、帰宅が遅くならないよう1時間20分を有効に使わなければなりません。
昨日は12人のみなさんと和気アイアイで進めることができ、みなさんからのご意見を多く聞くことができました。
参加者のみなさんからも「とても有意義でした」とご意見もいただきました。 7月と8月で、4回の開催を予定しています。
久々に「雑想あれこれ」を載せました。
よろしくお願いします。

[2013-06-26 (水)]

「6月議会」閉会しました。

6月5日に召集された今議会は、本日26日までの22日間の会期で開催され閉会しました。
報告議案2件、単行議案6件、補正予算関係1件の計9件が上程され、いずれも原案通り可決しました。
主な単行議案は、
・幸田町新型インフルエンザ等対策本部条例の制定について
  新型インフルエンザ等対策特別措置法および施工期日を定める政令の施工に伴い。
・財産の取得について
小中学校コンピューター購入=2088万円(ノートパソコン:79台・デスクトップパソコン:47台・サーバー:3台)等。
補正予算関係では、
・衛生費<予防接種事業>
=風疹の予防接種 7月から助成=5000円/1人・200人分を予算化(100万円)。
・土木費<親切行政運営事業>=親切ダンプの購入費 ( 450万円)。
・民生費<老人生きがい対策事業> =里ゲートボール場上屋テント張替え工事(1300万円)等。

なお「さこう弘康 町政レポートNO.26」の発行は7月20日ごろの予定です。
私の今議会での一般質問の質問内容と答弁を詳しく掲載します。
よろしくお願いします。

[2013-06-20 (木)]

議会報告と懇談会を開催しました。

幸田町在住のみなさんに議会報告と懇談会形式の「ふれあいトーク」をデンソー高棚で開催させていただきました。
ふれあいトーク活動皆さんから納められた税金が「新年度予算にどのように使われていくのか」また「町づくりの現状や防犯・防災対策や子育て」などについての報告と意見交換をさせていただきました。
出席いただいた皆さんからのご意見や質問は、不審火火災対策や交通安全・防災や防犯などの安全安心施策や自然を大切にした、今後の町づくりなどが多く出されました。

議会の内容や議員としての活動など、住民の皆さんに報告することも議員として大きな「役目」であると思っています。
そして、お仕事を終えられた後の、お疲れの中での貴重な「声」を真摯にうけとめ、今後の議員活動に大いに生かしていきたいと思います。
参加されたみなさん「ありがとうございました」。

[2013-06-12 (水)]

ボーリング大会で・・・「汗」

18:30より、岡崎グランドボールで連合三河中地域協議会のボーリング大会に参加しました。
貸切状態での大会開催で、フロアーは熱気々々・・・早くも「汗」
大塚耕平参議院議員と矢田代表の始球式ではじまりました。

私がボーリングをするのは、毎年この大会だけですので過去6年間で6回目のプレーです。
スコアーは過去最低の2ゲームで198点。
ガーターのあとスペアーだったりし、投球がまったく安定せず・・・ひや「汗」。

明日は、議会再開し、議案質疑で発言を予定しています。
皆さんの代弁者として・・・「汗」をかきます。

[2013-06-08 (土)]

「一般質問登壇」と夜は「ホタルを観る会」

6月議会定例会2日目の昨日は、10:00より一般質問の登壇を果たしました。
蒸し暑い議場で汗をかきかき、持ち時間を使いきり通告の項目をほぼ質問することが出来ました。
ご多忙の中、多くの方に応援に駆けつけ、傍聴をいただきありがとうございました。
議会を終えて、夜の7:30~体育館に400人を超える親子が集合し、深溝学区の「ホタルを観る会」が行われました。
雨上がりでしたが拾石川の河原は、まさに「乱舞!」。
こんなに多くのホタルが観られるところは、近隣ではないということです。
ホタルの出す「光」はとても幻想的で、夏をまぢかに控えた夜の風物詩です。
ホタルは世界で2000種もあり、日本には40種ほどがいるようです。
卵から孵化し、約9ヶ月かけて6回の脱皮を繰り返し成長していきます。
ホタルの幼虫は、きれいな水のある環境でしか生きていくことができないため、環境汚染が、なによりの敵となります。
成虫になってからの寿命はわずか1週間だけです。そのわずかな命を目いっぱい使って命の光を放ちます。
ホタルが安心して暮らしていくための昔ながらの豊かな自然を、いつまでも残しておかなければいけません。
昼間の喧騒から離れ「別世界」のひと時に心が洗われるようでした。

[2013-06-03 (月)]

6月議会が始まります。

6月議会は、6月5日から26日までの22日間の会期で開かれます。
=議会日程=
5日 ・・・定例会 開会
7日 ・・・一般質問
13日・・・議案質疑
14日・・・議案質疑
17日・・・文教福祉委員会
18日・・・産業建設委員会
20日・・・総務委員会
24日・・・議会運営委員会
26日・・・議会最終日 閉会
私の一般質問の登壇は、7日の10:00ごろからになります。
ご聴講をお願いします。
役場の玄関の正面に「思いやり乗降スペース」が設置されました。
あつい声援 地区対抗玉いれ
役場1階のフロアーの「もれなくやさしい」改修に合わせ、私が3月議会で質疑した「役場の駐車場もやさしいを」と提言したことが実現しました。
障害者の方、妊婦さん、乗り降りに不便な方たちも利用できるスペースです。

[2013-05-26 (日)]

町内全学区運動会・・・開催中に不審火!

昨日、絶好の運動会日和の中、町内全学区運動会が開催されました。
私は、地元の深溝小学校区地域コミュニティ大運動会に参加しました。
8:50から開会式があり、全員のラジオ体操のあと、いよいよ競技、演技がスタートし、グランドは熱い声援につつまれました。

保護者や地元の方々など多くの参加者が応援にきておられる中、同じ町内の幸田町小学校で、またしても不審火が発生しました。
25日正午ごろ、幸田町大草の町立幸田小学校敷地の生け垣付近から煙が上がっているのを通りかかった女性が見つけ連絡、すぐに消火用のバケツの水で消し止めることが出来ました。
岡崎署によると、古い木片の一部を焦がしたということです。これで5月12日以降、5件目の発生となっています。
町は二十四日「不審火対策本部」を設置し、町職員によるパトロールや警察との連携を強化しています。
また、各地区でも住民のボランティアパトロールを夜にあらたに計画し実施しています。
私も青パトに同乗しパトロールをします。
とにかく皆さんの注意の「目」が犯罪抑止の大きな力になると思います。

運動会の様子はこちら

[2013-05-21 (火)]

不審火による火災あいつぐ! 注意を!

5月20日から21日にかけて町内で2件の連続不審火が発生しました。
5月12日の20時20分頃発生した車両火災・・・幸田町野場字白石地内とあわせると3件目の不審火となります。
発生日時と場所は、5月20日午後9時55分ごろ、幸田町横落の町立中央小学校の校舎東側コンクリート製の道具入れに入っていた竹ぼうき20本から出火、20分後に消し止められました。
もう一件は、幸田町須美地内の倉庫で、21日午前2時ごろ出火し平屋建ての倉庫25平方メートルと耕運機2台が全焼しました。
ケガ人は出ませんでしたが、いずれも現場には火の気がなく、警察は何者かによる放火の可能性もあると発表しています。
岡崎市においても不審火が続いています。
須磨地区の現場写真火災を発見したら、まず初期消火に努め、同時に119番通報をしてください。
もう一件は、幸田町須美地内の倉庫で、21日午前2時ごろ出火し平屋建ての倉庫25平方メートルと耕運機2台が全焼しました。
ケガ人は出ませんでしたが、いずれも現場には火の気がなく、警察は何者かによる放火の可能性もあると発表しています。

[2013-05-16 (木)]

6月議会の一般質問を通告しました。

6月議会は6月5日から26日までの22日間の会期で開かれます。
一般質問の通告をしました。
受付順に登壇しますので、私は6月7日の2番目(10:00頃)です。
今回の通告内容は2項目です。
①安全・安心のまちづくりのための「防災、減災、防犯対策」の現状と今後を問う。
 1.防災無線デジタル化の整備状況など。
 2.消防テレホンガイドなどの設置を。
 3.防災訓練にシェイクアウトの採用の考えは。
 4.「セーフコミュニティ」の取り組みの考えは。
②「健康の町 こうた」を宣言し、「こうた健康の日」も制定された。
子どもから高齢者まで安心して健康増進のできる、まちづくりのあり方について問う。
 1.「健康の町 こうた」の現状について。
 2.「こうた健康の日」の意義について。
 3.現状の公園、広場の利用状況と遊具について。
 4.42.195Km/100コースの設置を提案する。
議会の日程
5日  ・・・第2回定例会 開会
7日  ・・・一般質問
10日 ・・・一般質問
13日 ・・・議案質疑
14日 ・・・議案質疑
17日 ・・・文教福祉委員会
18日 ・・・産業建設委員会
20日 ・・・総務委員会
24日 ・・・議会運営委員会
26日 ・・・議会最終日

[2013-05-10 (金)]

本日臨時会で議会人事を審議

幸田町議会の役職は、2年・1年・1年任期としており、臨時会で議会の役職人事を審議します。
本日の人事審議の結果は、次のとおりです。(敬称略)

・議長・副議長・監査委員の選任
 【議長】大嶽弘 ・【副議長】浅井武光
 【監査委員】内田 等
・常任委員会委員長の選任
 【総務委員会】 [委員長] 笹野 康男
 【産業建設委員会】 [委員長] 酒向 弘康
 【文教福祉委員会】 [委員長] 丸山千代子
・特別委員会委員長の選任
 【議会運営委員会】 [委員長] 池田 久男
 【総合開発特別委員会】 [委員長] 水野千代子
 【防災対策特別委員会】 [委員長] 伊藤 宗次
 【議会広報特別委員会】 [委員長] 浅井 武光
私の所属は
・常任委員会:産業建設委員会、
・特別委員会:防災対策特別委員会・議会広報特別委員会
・蒲郡市幸田町衛生組合議会議員
となりました。
引き続き、皆さんの声を届け、住民福祉向上の実現をめざし全力でがんばります。よろしくお願いし ます。


5月7日から役場の1階フロアーが明るくリニューアルし、ワンストップサービスの総合窓口が業務をスタートしました。
案内表示も大きくカラフルでわかりやすくなり、窓口対応も一度座れば、その場で用事がすませることができるようになりました。
これからも住民サービス向上を住民目線で、さらに進めていくとのことです。

[2013-05-05 (日)]

こどもの日・はなまつり・孫の誕生

朝から、五月晴れのとても気持ちのよい「こどもの日」となりました。
今日は、幸田町仏教会主催の「はなまつり」が地元の本光寺にて行われました。
お釈迦さまの誕生日(4月8日)を祝うまつりで、私も幼いころ毎年この時期に行われた「甘茶まつり」を覚えています。
まつりの中で、挨拶をさせていただきました。
『この祭りを通して、自分の生命も、ほかの命も、どの生命も、「皆光り輝いている。生かされている」ということに気づき、その「大切な生命」に感謝しながら、「あかるく、たのしく、なかよく」生きることを実践しなければなりません。
今日は、みんなのしあわせを願いながら、手を合わせ、平和な世の中になりますように・・・』と挨拶をさせていただきました。
そして私事ですが、昨日二人目の孫が産まれました。
元気な男の子に育ってほしいと願っています。
誕生の喜びと「命が引き継がれていく」その中で生きていることを強く感じています。

[2013-04-27 (土)]

GWを無事故で、良い連休を!

昨日は、「GWを無事故で」と会社の食堂で「セフティーコール」を実施しました。
5月と8月、12月の連休前に実施される恒例の安全運転の声かけ運動です。

4月の天候は暖かかった次の日は、急に冷え込んだり、台風のような荒天だったりしましたが、ここにきてやっと暖かくなってきました。
大型連休の前半は潮干狩りなどの行楽にはうってつけの好天に恵まれそうです。
交通安全にも十分注意をして「無事故」で楽しい連休をお過ごしください。
私のこの連休は、地域の行事や会合があり、ゆっくりと出来ませんが、有効に、空いた時間をリフレッシュタイムにできればと思います。
連休明けには議会の臨時会が開催され、2年任期の議会人事が行われます。

[2013-04-22 (月)]

組合員のためのイベント 盛大に開催!

4月21日は、午前中開催予定の2013地協メーデーが、2年連続の雨となりました。
「岡崎市勤労文化センター」に場所を変更し、岡崎市副市長や愛知県西三河県民事務所次長さんらをお迎えして式典が実施されました。
そして、全ての働く者の幸せ実現に向け「働くことを軸とする安心社会」を築こうをスローガンに「連合愛知三河中地域協議会 2013地協メーデー宣言」が採択されました。

その後、メーデー会場からデンソー労組主催のユニオンカーニバル会場の高棚製作所へ向かいました。
すっかり天候が回復し、会場はお祭りムードで大変な盛り上がりでした。
にぎやかな屋外の模擬店でお腹を満たしました。
体育館会場では、みんなで参加できる歌や振り付け、タレントのステージが繰り広げられました。

このようなイベントを通し"全ての働く者の幸せ実現に向け「働くことを軸とする安心社会」を目指していきましょう!"

4.22.pdf

[2013-04-18 (木)]

もう端午の節句の空気です。

4月半ばを過ぎ、めっきり春めいてきました。
四季の中でも一番すごしやすい、気持ちのよい時期となりました。
そして、5月はGWと端午の節句。そんな空気も感じられる風景にもなってきました。
ちょうど今、私の地元の幸田町郷土資料館では、5月5日の端午の節句にあわせて、五月人形を展示 しています。

展示期間は、4月2日から~6月2日まで 入場は無料です

武者人形や戦国武将の土人形など勇ましい人形達 が季節展示として飾られています。
大きな展示場ではありませんが、心と工夫のこもった、心静まるところです。
春のうららかな天気のよい日にぜひお出かけください。
地元の里保育園では、園庭に手作りののぼり旗が春の風になびいていました。
それぞれ、お父さんお母さんからのメッセージや自分の「夢」が、ほほえましくカラフルに描いてあ りました。

「さこう弘康 町制レポート」も、ほぼ配り終え次の議会に向け準備を始めようと思います。

[2013-04-12 (金)]

「さこう弘康町政レポートvol.25」を発行します。

ポカポカとすっかり春めいてきました。
「さこう弘康 町政レポートvol.25」が刷り上りましたので発行します。

今回の手配り地域は、大草の東を中心に400程の後援会のみなさん宅にお配りします。
よろしくお願いします。
ちょうどこの4月末で、議員として7年目を迎えようとしています。
皆様の声を聞かせていただきながら、その代弁者として「議会でのチェック・行政運営への提案」を進めてまいりました。
今後も皆様の声を町政に届け、さらに住みよい「安心して暮らせる、安全な幸田のまちづくり」を目指してまいります。
どうぞよろしくお願いします。

[2013-04-09 (火)]

春の全国交通安全運動 展開中!

平成25年4月6日(土)から平成25年4月15日(月)までの10日間、春の全国交通安全運動が展開されています。
私も期間中、地元や企業の交差点などで、交通安全を願い立哨活動を行っています。

新年度を迎え、通学団の中に、真新しいランドセルを背に元気な姿で登校が今日から始まったようです。
そして、同時に、不慣れな交通環境で通学・通勤での、交通事故の発生が心配される時期でもあります。
また、気候もよくなり、高齢者が、朝夕の散歩などで外出する機会が増えることにより、高齢者の交通事故の発生が心配されます。
1.実施期間の運動重点は、
 「子どもと高齢者を交通事故から守ろう」

2.取組の重点は、
 「自転車の安全利用を進めよう」
 「全ての座席でシートベルトとチャイルドシートを正しく着用しよう」
 「飲酒運転を根絶しよう」
以上の3点を心がけ「絶対 無事故!」を達成しましょう。

[2013-04-03 (水)]

強風で桜は大丈夫?

今年は桜の開花が例年より早く、各地では「さくら祭り」が早まったり、期間中に散ってしまうようです。
さらに、今日は前線を伴った低気圧が急速に発達し、上空の寒気の影響により、広い範囲で大気の状態が不安定になり、突風が吹き荒れました。
今週末に花見を計画した方もちょっと難しいかもしれません。
先月、西尾の工藤市議の紹介で西尾市在住の石河さんから「ひょうたん似顔絵」をいただきました。
石河さんは、自宅でひょうたんを栽培し文字を入れたり、いろいろな形にして、人に喜んでもらえることが生きがいのようです。
「寿」の文字と私の似顔絵を器用に入れていただきました。
活動お疲れ様です 活動お疲れ様です
石河さんの元気も一緒にいただき、大事にしながら、これからも議会活動に取り組んでいきます。
ありがとうございました。

[2013-03-31 (日)]

いよいよ「春本番!」

明日から4月に突入!時節が過ぎ行くあまりの速さに「突入」という言葉になってしまいます。
各地で桜が、例年より少し早く満開を迎えているようです。

幸田町の文化公園の350本の枝垂桜(しだれざくら)もピンクの花がとてもきれいです。
芝生の上に弁当を広げ、色づき始めた桜を眺める家族連れの姿もあり、「いよいよ春本番」を迎えました。
第15回幸田しだれ桜まつりは、4月1日~4月15日 幸田文化公園にて開催されます。

[2013-03-26 (火)]

昨日議会閉会・・・卒園式

昨日、3/1~3/25までの25日間の会期で開かれた3月議会が閉会しました。
単行議案12件、補正予算関係7件、当初予算関係9件、計28件の議案が上程され、いずれも原案通り可決しました。
議会内容については、こちらの議会報告をお読みください。

本日は、町内の全保育園8園の卒園式が行われ、私は地元の里保育園に来賓として出席しました。
中学校、小学校と卒業式に出席しましたが、雰囲気はちょっとちがって手作り的なアットホームな卒園式で、終始にこやかに進められ「ほっと」する時間を過ごすことが出来ました。
卒園児は元気で仲の良い13人。
4月からは、新一年生「夢と希望に向かって前進していってください!」

[2013-03-19 (火)]

小学校の卒業式てまた涙・・・

本日は、町内の小学校でいっせいに卒業証書授与式がおこなわれ、私は地元の深溝小学校に出席しました。
昨日の大雨から、一転晴れ渡るすっかり春めいた学校から旅立つ56人の卒業生を在校生、先生、親御さん、地元の人とみんなでアットホーム的な雰囲気で「巣立ち」お祝いしました。
数人の卒業生が「号泣」する姿に、先週の中学校に続き、またしても「もらい泣き」をしてしました。

午後からは、幸田町主催の「ものづくり日本」講演会が催され、幸田町民会館つばきホールにて「第1回幸田プレステージレクチャーズ」が開催され、聴講させていただきました。
『幸田プレステージレクチャーズ』とは・・・「世界を震撼させる技術を開発されたトップ技術者や世界経済に大きな影響を与えておられるトップ経営者を幸田町にお招きし、自らの御経験をもとに、革新的技術、日本や世界の経済情勢、企業の経営哲学、将来の夢などをお話しいただくことで、近隣地域を含め、一般住民の方々や企業従事者の方々など受講者に知的興奮を味わっていただきながら、広い視野をもって地域や日本の将来を考えていただく機会を設ける」ことを目的とした幸田町が主催する講演会です。
講師は、株式会社デンソー 常務役員 伊奈博之氏による「デンソーにおける次世代自動車用エレクトロニクス」-進化する自動車を支える-」と題し、あるべき未来の自動車、交通インフラの実現に向けて、環境、安全、快適、利便の4分野に重点的に取り組む中で、エレクトロニクス製品の果たす役割について大変興味深い話を聞くことが出来ました。

今後の開催は、第2回:平成25年6月28日と第3回:10月22日(火)に予定されています。

[2013-03-15 (金)]

3月定例会審議中

今週は、先週に引き続き、提出議案の審議と新年度当初予算案について予算特別委員会で集中審議がおこなわれました。
今週は、暖かかったり、冷え込んだり、強風が吹いたり安定しない天候が続きましたが確実に「春は到来」しています。
今朝通勤途中で「桜」と「水仙」がきれいに咲いていました。

当初予算会計 一般会計予算 議案質疑での私の発言と答弁を要約しました。
交通安全推進事業・・・交通安全対策施策の強化
Q:交通事故防止のため、町の施設関係から積極的なハード改善を!
 A:役場の身障者駐車場⇒役場側に屋根つきの駐車場を設置します。
   役場駐車場からの横断歩道⇒車道を通らない対策をします。
   町民会館の横断歩道⇒横断歩道を通ってもらう対策をします。

防犯活動推進事業・・・防犯カメラ設置工事内容
Q:設置場所と設置工事完了時期と今後の計画は?
 A:JR3駅に新年度前半に設置。今後も犯罪抑止に設置計画します。

国際交流事業・・・国際化推進事業の推進
Q:直近の外国人の町内在住者の状況と就学状況と今後の進め方?
 A:708人(H20年1094人) 小中学校39人。多文化共生社会の推進をします。
こんなことを質疑をしました。
詳しくは、議会レポートを発行する中で報告します。
来週は常任委員会で付託議案を審議します。

[2013-03-09 (土)]

「活断層を知る」見学会・講演会参加

今朝9時00から、1945年1月13日に発生した三河地震による深溝断層の見学会があり参加しました。
町民会館からバスで出発、最初に西深溝の水田に1.5mの段差が見えるところ、次に現民家の間の道路が断層で出来た段差のところ。
道の幅員が広かったり狭かったりするのは、地震の際、縮まったところもあったからということです。
次に蒲郡市の宗徳寺の地割れのあとと3箇所を見学しました。
参加者は60名余りで、現地説明に興味深く聞き入っていました。
西深溝にて 小学校下 蒲郡宗徳寺
会場にもどり、名古屋大学の活断層の研究者である杉戸信彦氏の講演会を聞きました。

東日本大震災後の今、この地域の活断層から言えることなどを聴講しました。
この深溝断層が、次に動くのは2万年後ぐらいとのことですが、南海トラフなどによる巨大地震は近い将来に発生することは確実です。
「活断層を知る」ことで災害発生と向き合い、減災対策に皆が取り組むことが大切だと考えます。

[2013-03-07 (木)]

中学校卒業式

ここ数日は、春の訪れを感じる気持ちの良い天候が続いています。
本日、幸田町立南部中学校の「卒業証書授与式」に招かれ出席させていただきました。
今年は、第30回目で約3300人の卒業生を数えています。
校長先生から一人ひとり「卒業証書」を受け取り、それを感謝の意味を込め両親の元へ届けます。
ここの場面で、すでに目頭が熱くなってきます。

昨年、秋の学校創立30周年記念の催しも盛大に執り行われ、盛り上げる中心となった3年生です。
式は、在校生の立派な送辞に対し、卒業生代表からの答辞は「合唱コンクールや部活で仲間の絆」を感じたことなどを読み上げると会場からはすすり泣きの声が聞こえ、私も熱いものがこみ上げてきました。
ピィーンと張り詰めた1時間半は、とても清々しい「春の一日」となりました。

[2013-03-04 (月)]

はやくも「お花見」・舌鼓!

3月3日さくらの花は、まだ蕾もかたい時期ですが 「さくらを愛でる会」が開催されました。
私の地元では、毎年この時期にどこよりも早く、さくらのつぼみを前に「お花見」がおこなわれます。
9:00から、桜オーナーによる桜並木の手入れと周辺の草刈で汗を流した後、お汁粉やおでん、やきそばを皆で鍋や鉄板を囲んで、アツアツの「花よりダンゴ」・・・で舌鼓をうちました。

この催しは、私も実行委員として活動する「農地・水保全管理支払交付金事業」で、各地域毎に展開される活動です。
農地を中心とした、過疎化・高齢化等の進行を踏まえ、集落を支える体制の強化や仕組みの簡素化を図り、平成24年度~平成28年度までの対策として継続された事業で、水路等の長寿命化の取組や高度な農地・水の保全活動に対し、追加的に支援をうけ活動をするものです。

[2013-03-01 (金)]

3月議会が開会

平成25年第1回幸田町議会定例会が開会し、本議会の会議日程を正式決定しました。
議会開催予定(会期25日間)

3月1日(金) 開会
3月5日(火) 一般質問
3月6日(水) 一般質問
3月8日(金) 議案質疑
3月11日(月) 議案質疑
3月12日(火) 予算特別委員会
3月13日(水)  予算特別委員会
3月14日(木) 文教福祉委員会
3月15日(金) 産業建設委員会
3月18日(月) 総務委員会
3月21日(木) 議会運営委員会
3月25日(月) 最終日、閉会

本日、単行議案11件、補正予算関係7件、当初予算関係9件の計27件の議案が上程されました。
3月議会は、新年度の当初予算を審議する重要な議会となります。
住民目線、納税者の立場で税金の使われ方や事業のあり方を質していきたいと思います。
議会の審議内容は、随時ご報告をさせていただきます。みなさんのご意見もお聞かせください。

[2013-02-24 (日)]

ユニホッケー大会観戦

花粉情報では東海地方で、すでに花粉の飛散が始まっていて、今月末にかけて雨の日以外は、多くの花粉が飛ぶようです。
愛知県でも3月上旬にはピークを迎える予想ということです。
数年前から花粉症に悩まされている私も今年は覚悟して対策をしなければなりません。
冷え込みの厳しい、今朝8:30分より地元学区の冬の球技大会として定着したユニホッケー大会が開催され開会式に参加しました。
ユニホッケーとは、ユニバーサルホッケーの略で、「Universal(誰でも、どこでも)」と「Hockey」を組み合わせ、「いつでも、どこでも、誰にでもできる」スポーツという意味で名付けられたフロァー球技です。

幸田町では、早くからこの競技を取り入れ、小学校のチームが全国大会で常に上位になるほど普及してきました。
まだ真冬の気候が続きますが、先生のチームも初参加して、今朝の体育館は気合と歓声で寒さを吹き飛ばすような熱気あるプレーを観戦することが出来ました。

[2013-02-15 (金)]

連続「交通死亡事故ゼロ日」の修正

本日、総務委員協議会が開催され、多くの項目の協議を行いました。
-協議事項-
・「総合窓口について」
・「平成23年度岡崎市額田郡模範造林組合一般会計歳入歳出決算について」
・「第6次幸田町総合計画策定スケジュール等について」
・「幸田町防犯活動行動計画の改訂について」
・「平成24年交通安全、防犯について」
・「幸田町企業立地マスタープラン策定委員会について」
・「幸田  プレステージレクチャーズ ー ものづくり日本 講演会 -について」
・「急速充電設備の設置状況について」
・「平成24年消防統計について」
・「幸田町例規等(事務要綱を含む)の改正について」
その中で新聞報道にもあった、愛知県で交通死亡事故や人身事故の計上漏れの報告がありました。
1991~2011年の21年間で実際の死者は600人、負傷者は2584人多かったと訂正し『03~12年の10年連続で全国ワースト1位』となりまりました。
県警本部長は「交通事故対策に反映するのが難しい事故は計上しないという考えに基づく運用が古くからなされていた」とし、意図的な改ざんなどはなかったということです。
これにより、死者数の上乗せは、警察署の交通課に事故資料が残る01年以降は計564人で、平均すると年間51人にのぼるということです。
おはようございます
幸田町については、連続1500日以上「交通死亡事故ゼロ」が続いているとのことでしたが、この計上「交通死亡事故ゼロ」は、453日となりました。
いずれにしましても、交通事故は被害者も加害者も悲劇のどん底に落ちてしまいます。
常に安全運転を心がけ「事故ゼロ」を続けたいものです。

[2013-02-07 (木)]

「連合愛知」朝ビラ活動に参加

東岡崎駅にて早朝、愛知県下52万人の労働者で組織する労働組合:連合三河中地域協議会の役員さんと岡崎市・幸田町の組織内議員で街頭活動に参加しました。
今朝は、比較的暖かい気温で気持ちよく「おはようございます。
いっていらっしゃい!」の声がかけられました。
ビラはポケットテッシュとセットになっており、多くの通勤の方に受け取っていただきました。

ビラは、春の全国一斉労働相談ダイヤル(0120-154-052)の開設(2013年02月07日(木)~09日(土)10:00-18:00)の案内。
勤労者の皆さんが職場で直面されている解雇・雇止めや労働条件の引下げなど、働くことに関する疑問、不安、悩みについて相談に応じてもらえます。

今後も、働く人々と連帯し、「働くことを軸とする安心社会」の実現をめざしていきます。

[2013-02-05 (火)]

「立春」 春近し!

にぎやかな資料館前昨日は、初めて春の気配が現れてくる「立春」を迎えました。
節分が終わり、まだまだ寒さが残る季節ですが確実に春が近づいてきています。
本日は、職場の「安全祈願」のため、岡崎市上地町の「上地八幡宮」へ参拝に訪れました。
とても天気がよく、日差しがポカポカして「春」を予感できるほど暖かい境内での参拝となりました。
本殿は約800年前に建造された「桧皮葺」で国宝に指定され、現在は重要文化財建造物に指定されています。
その境内に、冬桜(「十月桜」じゅうがつざくら)がきれいに咲いていました。
また、昨日は「平成25年度 当初予算説明会」がありました。
3月定例会は、この新年度の当初予算案を審議する重要な議会です。
納税者(タックスペイヤー)の立場、住民目線で税金の使われ方や事業のあり方を質し、発言をしていきたいと思います

[2013-01-30 (水)]

幸田町郷土資料館のおひなさま

深溝の幸田町郷土資料館展示室では、1月26日(土)~3月10日(日)の間、桃の節句にあわせて、ひな人形の展示がされています。
毎年訪れますが、今年もきらびやかな衣装を身にまとったお姫様達が出迎えてくれました。
今日の午前中は、中央小学校の3年生の資料館の見学があり、とてもにぎやかでした。

提示室は、底冷えする外気とは別世界の「春の空気」を感じることができます。
皆さんもぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。入館料は無料で、開館時間:午前10時から午後5時(正午から午後1時は閉館、休館日:毎週月・木曜日)です。
ことしは中央公民館にも、ひな人形が展示されています。

来週から、新年度の予算説明会が始まり、いよいよ平成25年度入りとなってきます。
みなさんの税金がどのように使われ「住民の福祉の増進」という観点から、これを実現をするための予算となっているのか「チェック」するのが議員の役目です。
その役目をしっかりと果たしていきたいと考えています。

[2013-01-25 (金)]

「さこう弘康町政レポート」NO.24発行

インフルエンザが全国で猛威を振るい出しています。
これまでの国内におけるインフルエンザウイルス検出状況をみると、AH3亜型(A香港型)の割合がもっとも多く検出されているということです。
今後も患者数は増えることが予想されています。手洗い、うがい、マスク、防寒を徹底したいと思います。
「さこう弘康町政レポート」NO.24を発行しました。

今回の手配りをする地域は、深溝の南部です。
読まれた感想やご意見もお聞かせください。

[2013-01-23 (水)]

議員研修会開催

昨日午後から、幸田町議会議員全員に対し、資質向上と政策形成能力、立案能力の向上を図る目的で「議員研修会」が開催されました。
講師の牧瀬稔氏財団法人地域開発研究所の牧瀬稔氏を講師に「議会改革の現状とポイント」というテーマで講演が行われました。
基本的な議会の役割から、議会改革を進めている全国の実例など興味のわく内容で約2時間の研修時間は「あっという間」に終了したという感想です。
幸田町議会も議会改革に向けて検討を始めており「住民の福祉の増進」という観点から、これを実現をするために取り組みだしています。
幸田町の地域性に合った議会改革を進めていく、そのこと事が住民福祉(住民の幸福)の増進につながると考えています。

[2013-01-21 (月)]

町内小学校でインフル欠席者増加・・・「インフルエンザ警報発令!」

昨日、1月20日は「大寒」・・・暦上では一年でもっとも寒い時期ということでした。
そして今日は、深溝小学校と坂崎小学校の緊急メールが相次いで配信され、インフルエンザの欠席者が増加し感染の拡大を防ぐために下校をさせる旨の通知がありました。
愛知県は、インフルエンザについて発生動向調査で、インフルエンザ患者の報告数が、国立感染症研究所が定める警報の指標を上回る地域があったことから「インフルエンザ警報」を発令しました。
通常、インフルエンザは、毎年12月上旬から1月に流行が始まり、1月から3月にかけて流行します。
症状としては、インフルエンザウイルスの感染を受けてから1~3日間ほどの潜伏期間の後に、38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などが突然現われ、咳や鼻水などの症状がこれに続き、1週間ほどで軽快するのが典型的な経過で、いわゆる「かぜ」に比べて全身症状が強いのが特徴といわれています。
予防・治療として、次のことに心がけましょう。
・人混みへの外出をできるだけ避け、帰宅時にはうがいと手洗いを。
・十分な睡眠、栄養、保温に心がけ、体調を整えましょう。
・空気が乾燥するとインフルエンザにかかりやすくなりますので、室内では加湿器等で適度な湿度を保ちましょう。
・かかった時は早めに医師の診察を受け、安静に保つことにより、肺炎などの合併症を防ぐよう心がけましょう。
・咳やくしゃみが出る時は、咳エチケットを守りましょう。

[2013-01-15 (火)]

幸田町成人式に出席

昨日 1月14日午前10時より、第65回幸田町成人式が華やかに執り行われました。
成人対象者369人に対し、315人の参加者でした。
オープニングでは中学校単位で思い出のスライドが映し出され、それぞれのシーンでは歓声や笑いをさそっていました。
その後、式典では来賓より「二十歳の門出」を祝うあいさつと、記念品の贈呈がおこなわれました。
それをうけ、新成人の代表から「二十歳の誓い」の力強い宣言がありました。

「成人」とは、人に成ると書き「自立した人間になる」ということです。
ご両親や恩師に感謝の気持ちを忘れることなく、大きく飛躍されることを心からお祈り申し上げます。

[2013-01-13 (日)]

こうた凧揚げまつり

新春恒例の「第16回こうた凧揚げまつり」が、10時30分から菱池地内でおこなわれました。
全国、町内から多数の凧の会が参加、10畳を超える大凧から小凧までの手づくりの凧、約150基が新春の空を彩りました。
凧揚げ競技は、凧の会(行政区、企業、学校など)が凧のデザインや宙に舞う姿を大凧、中凧、小凧、全国の凧の部にわけ、審査、表彰が行われました。

町民同士が、凧揚げを通じお互いの親睦を深め、ふるさとを見直し、和やかなまちづくりの一つのイベントとして、にぎやかに開催されました。

凧揚げの様子はこちら

[2013-01-09 (水)]

2013年新年交礼会

愛知県知事と各首長「議会だより 編集委員会」が7日、昨日の8日と開かれ、12月議会のあらましと議案の質疑内容と採決、一般質問をまとめました。
その後、豊田市のつどいの丘で開催された、新年恒例の全トヨタ労働組合連合会・ユタカクラブ議員協議会の主催の「2013年新年交礼会」に参加しました。
来賓には、大村愛知県知事をはじめ、組織内議員が所属する自治体首長、トヨタ系の各企業の代表者をお迎えし、はなやかに執り行われました。
これまでの自動車関係諸税の取り組みと新たな取り組みなどについて確認をしあう機会ともなりました。

[2013-01-05 (土)]

今年もよろしくお願いします。

皆さんにおかれましては、平成25年の輝かしい新年をお迎えになられたこととお慶び申し上げます。
今年も皆さんの「声」を届け、実現していく努力をしてまいります。どうぞよろしくお願いします。
今朝は、県下のトップをきって「消防出初め式」が開催されました。
寒風の中、消防団の分列行進や一斉放水などキビキビと行われ、その雄姿は頼もしい限りでした。
この皆さんの努力が、幸田町の安全、安心の支えになっています。

最後に、参加者全員で今年の町の安全を誓って「火の用心」の三唱を行いました。
昨年は「不審火」が相次ぎ、不安な夜が続きました。皆で注意をしていきたいと思います。
今年の合言葉は、【消すまでは 出ない行かない 離れない】です。

[2012-12-26 (水)]

12月議会閉会

昨日幸田町議会12月定例会が閉会し、いよいよ年末も差し迫ってまいりました。
大変厳しい寒さが続いています。
風邪やノロウィルスもはやっています。
健康で、安全に年末を過ごしましょう。

[2012-12-08 (土)]

アットホームな里保育園の生活発表会

今朝は、とても冷え込んだ朝となりました。
地元の里保育園で生活発表会が、開催され出席をさせていただきました。
町内で一番園児の少ない園ですが、元気いっぱいの演技を披露してくれました。

演ずる園児も、会場も笑顔いっぱいで、かわいらしい演技に、ついつい微笑んでしまう場面が多くありました。
「アットホーム」な明るい雰囲気の発表会となり、外の寒さも忘れ「ホット」した時間をいただきました。

[2012-12-03 (月)]

12月議会開会

本日より、幸田町議会 12月議会が開会しました。
会期は、12月25日閉会までの23日間です。

議案は、単行議案14件、補正予算関係3件の計17件が上程されました。
5日の一般質問をはじめ、皆さんの「声」を議会に届けてまいります。
議会の報告は随時、このHPでも行っていきます。

12月1日(土)~12月20日(木)までの間「年末の安全なまちづくり運動」を実施中です。
年末は、慌ただしさから、バタバタするそのスキを狙っています。
犯罪に遭わないためには、みなさんの防犯対策が重要となります。
地域での声掛けや、見守りが、犯罪者を寄せ付けない地域づくりともいえます。


何かと気ぜわしい年末では「交通安全」にも気を配ってください。 愛知県及び愛知県交通安全推進協議会は、12月1日(土)から12月10日(月)までの10日間、「年末の交通安全県民運動」を実施しています。
私も、道路や交差点などで、朝の「交通立哨」を実施します。

[2012-11-27 (火)]

「ふれあいトーク」を開催しました。

11/22と昨日、幸田町在住者のみなさんに議会報告と懇談会形式の「ふれあいトーク」を開催させていただきました。
ふれあいトーク2日間で22人の方たちと、町づくりの現状や防犯・防災対策についての報告と意見交換をさせていただきました。

質問やご意見は、やはり、安全安心に関する「交通安全、防災や防犯」、今後の町づくりなどが多く出されました。
お仕事を終えられたお疲れの中、貴重な「声」を真摯にうけとめ、今後の議員活動に大いに生かしていきたいと思います。
参加されたみなさん「ありがとうございました。」

[2012-11-23 (金)]

「防災シンポジウム」が開催されました。

災害時相互応援協定の締結を記念して「幸田町防災シンポジウム」が、町民会館さくらホールにて開催されました。
午前中に同時開催が予定されていた県警音楽隊による第1部「ふれ愛コンサートin幸田」は、豊川市内で発生した立てこもり事件の影響により中止となりました。
豊川の事件により思わぬ影響が出てしまいとても残念です。
午後1時15分から
・第2部 基調講演
演題:「家族や地域の防災対策」~自分を・大切な人を守るために
講師:国崎信江氏

女性として、生活者の視点と危機管理アドバイザーの立場からも、防災・防犯・事故防止対策を提唱されました。

・第3部 協定締結市町の紹介
~長野県 箕輪町・岩手県 平泉町・岩手県住田町 ・東京都 立川市~
「災害時における相互応援に関する協定」を結んだ4市町と、今後一層交流を深める交流をし、これを機に人事交流や民間レベルでの交流なども進めてもらいたいと思います。

・第4部 パネルディスカッション
演題:「大規模災害における対策と支援」~東日本大震災から~
あらゆる想定をしないと大切なもの(命)を失ってしまう、逃げないで迎え撃つ心構え(準備や訓練)が必要。
基調講演 パネルディスカッション隈本先生 パネリストの先生達
午後5時30分まで、じっくり話を聞き、防災・防犯・事故防止など、今一度考えさせられる貴重な一日となりました。

[2012-11-21 (水)]

「ユニゴンのぽっけ」の記事を掲載します。

冷え込みの厳しい朝が続くようになりました。
あすは二十四節気の「小雪」で冷え込みが厳しく、小雪がちらつき始める頃という意味です。
風邪をひいている人も多いようです。健康管理には十分気をつけてください。
私も先週インフルエンザの予防接種を受けてきました。
「ユニゴンのぽっけ」の11月号に活動報告の記事が掲載されました。

行政に「ものづくり」の精神を!
という、インタビーューの記事となっています。

[2012-11-17 (土)]

地区文化祭と小学校学芸会へ

朝から時より強い雨が降る土曜日となりました。
地元深溝学区コミュニティ文化祭と小学校の学芸会に来賓として出席させていただきました。
深溝小学校区では、地域のコミニュティーの文化祭もあわせて行われており、地域の方の多くの作品 \が出展されていました。
どの作品も日ごろ鍛錬された腕と技を発揮された「力作」ばかりでした。

本日は、町内の全小学校で学芸会開催です。
学芸会会場の体育館では、出演する学年の家族が随時入れ替われ、近くでカメラやビデオの撮影がやりやすく、多く撮影ができるようにされていました。
どのクラスも日ごろの成果を十分に発揮するような熱気を感じました。
しかも準備は2週間だけということにも驚きました。
特に、衣装や効果音、舞台装置の工夫や、全員主役のような演出とちっさい身体での熱演はとても、感動しました。

[2012-11-12 (月)]

12月議会日程をお知らせします。

・議会開催予定(会期23日間)は以下のようになっています。

12月 3日:第4回定例会開会
12月 5日:一般質問・・・酒向10:00から「登壇」します。
12月 6日:一般質問
12月11日:議案質疑
12月12日:議案質疑
12月14日:文教福祉委員会
12月17日:産業建設委員会
12月18日:総務委員会
12月20日:議会運営委員会
12月25日:第4回定例会閉会

議会の傍聴本会議は一般に公開されており、簡単な手続きで個人でも団体でも自由に傍聴できます。
町政への知識を深めたり、町議会の活動や町政の方針などを知ることができますので、ぜひ傍聴におこしください。
また本会議のようすは1階ロビーのテレビでもご覧いただけます。


・幸田町特別養護老人ホーム整備・運営事業者選定結果が公表されました

平成24年5月16日から8月10日に公募した幸田町特別養護老人ホーム整備・運営事業者の選定結果に ついて、期間中に4件の申請があり、審査結果、以下の法人に決定されました。


法 人: 名古屋市瑞穂区大喜町一丁目6番5 「社会福祉法人 あいち」
建設予定地: 幸田町大字深溝字皿入1番地1 他
事業所名: 特別養護老人ホーム メリーホーム幸田(仮称)
事業種別: 介護老人福祉施設 100床、短期入所生活介護 20床、通所介護(支援)生活介護 30人
開設予定年度: 平成26年度
となっています。

[2012-11-08 (木)]

「12月議会 一般質問」の受付を済ませました。

幸田町議会の一般質問の登壇の順番は、受付順となっています。
今回の受付は2番目でしたので、12月5日(水)の10:00からの予定となります。
質問内容は、以下の2つの項目について質していきたいと考えています。
ご聴講のほどよろしくお願いします。
①循環型社会の取り組みについて
【持続可能な循環型社会づくりに向けた「循環」・「共生」・「参加」の取組みと考え方を問う。】
・4R「リサイクル(再生利用)・リユース(再使用)・リデュース(ゴミ減量)・リフュース(購入拒否)」の目標と状況は。
・今後の廃棄物減量と低酸素社会づくりへのさらなる取り組みの施策と考え方。
・「バイオマス活用推進計画」策定の取り組みを。

②本町の情報セキュリティ対策について
【本町が保有する情報資産の機密性、完全性及び可用性を維持するための情報セキュリティ対策について問う。】
・本庁及び学校における、個人情報などのセキュリティ対策は。
・庁内のコンピュータのウイルスやサイバー攻撃等に対する対策は。
・職員、先生のパソコン持ち出し、メール規制などの現状は。
・「情報セキュリティ基本方針」を定める考えは。
以上です。しっかり準備を進めていきたいと思います。
11/5 「学区防災訓練」で減災意識新たに

昨日、肌寒さを感じる中、深溝学区防災訓練が行われました。
町職員から興味深い「大震災を教訓にした防災」について1時間の講演をうけました。
その後、4つの地区に別れ「AEDの使い方・救護法・搬送法・簡易トイレ設営法」をローティションをしながら体験しました。
最後に「防災保存食」の試食を行い終了しました。
搬送法 AEDの使い方 簡易トイレの作り方
防災の備えは、どれだけやってもやり過ぎはありません。
家庭の中で、家具転倒防止や保存食の備えなど、今一度見直しましょう。

防災訓練の様子はこちら

[2012-11-03 (土)]

バイオマスタウン構想の取り組みなどを視察

11月1日、2日 愛媛県の3つの自治体の取り組み先進事例について視察研修を行ないました。
松前町の使用済み食用油回収BOX非常にタイトな日程でしたが、現地でそれぞれ取り組みの説明を受け、質疑、そして現場を確認することは、本やHPでの情報とはまた違い、今後の議員活動に大きな成果として現れるものと考えています。

11月1日(木)愛媛県伊予郡松前町(14:00~15:30)
<視察項目> 松前町バイオマスタウン構想の取り組みについて
・取り組みの背景と取り組みによる職員や地域関係者や住民の反応、変化全体のごみ減量の推移、今後の課題について説明をうけた。職員さんの循環型社会づくりへの真剣な取り組みに感銘をした。その後、現地の剪定枝のチップ堆肥化のプラントを見学しました。


伊予市のまちづくり活性化取り組み11月2日(金)愛媛県伊予市(9:30~11:00)
<視察項目> まちづくり計画(地域活性化構想)について
・地域内産業や特産品を資源と考え最大限に活用した食を中心とした町づくりに挑戦し、情報誌やHP、FM放送も有効なツールとして発信をし、知恵と工夫と情熱を感じられる取り組みがされていた。

工夫された松山市総合窓口11月2日(金)愛媛県松山市(13:00~14:30)
<視察項目> 「福祉総合窓口」設置、運用について
・便利でわかりやすい、市民の満足度を高められるよう105の業務を一元化し、今年の7月2日にスタートしました。窓口の具体的な機能としくみ、窓口のレイアウトも自前で実施し、キーワードは「市民目線」で開設されていた。

[2012-10-30 (火)]

「町民大運動会」雨のため前半で終了

日曜日は「第57回幸田町町民大運動会」が開催されましたが、雨天のため昼のプログラムまでで終了しました。
天気予報では朝から傘マークでしたが、なんとか前半持ち堪えてくれました。各区の代表 選手による白熱した競技が繰り広げられ、応援席も盛り上がっていました。練習をつんできた区は、そうでない区とは、明らかな差がでているようでした。
半日でしたが、参加されたみなさんお疲れ様でした。

昨日は、地元の「深溝学区区長OB会研修会」にお呼びいただきました。
地元の大先輩ばかりのため、緊張しつつ参加させていただきました。
見学施設は、壮大なスケールの豊田スタジアムを見学しました。
近くで見ると大っきぃー ボランティアさんから説明 ケネディ選手の16番
国内最大級の球技専用競技場である豊田スタジアムの様々な魅力、スケールを体感できました。
また、普段は見ることのできない選手のロッカールームなどをボランティアのツアーガイドさんに案内していただきました。

写真はこちら

[2012-10-25 (木)]

「秋の屋外クリーン運動」に参加

デンソー幸田製作所の従業員が、お昼休みを利用して年2回、幸田駅・会社周辺道路など町内各所のごみ拾いを実施する「秋の屋外クリーン運動」に参加しました。
環境活動計画「環境行動に関する対外連携と情報発信の充実(エコフレンドリー)」、クリーン幸田に相応しい美化を目指した活動の一環です。
A ~Gのグループに別れ、分別回収(3種類)をしました。

感じたことは、地域からのゴミは、台風などにより、ビニールや紙切れなどが少々でしたが、空き缶・ペットボトルのポイ捨て、たばこの吸殻など、道路沿いは「運転手のモラル」の低下によるゴミばかりでした。
中にはビールの空き缶のポイ捨て・・・理解しにくいですね。

[2012-10-21 (日)]

行事満載の土曜日、日曜日

南部中学校創立30周年記念式典が20、21日と二日間にわたり挙行されました。
土曜日の初日の記念式典、アトラクション、記念植樹に参加させていただき、二日目の日曜日は記念講演として、JAXAの山田哲哉准教授の「小惑星探査機『はやぶさ』の帰還~チームで叶えた宇宙探査の夢~」興味深い講演を聴くことができました。
30周年は、第一回卒業生がPTAの役員さんになる時期で、二代目が在校しているケースが多いということで、大変意義ある節目ともなりました。
記念式典の最後に、生徒全員の「南中ソーラン」が披露され、30周年を契機に勢いと絆を確認する力強い迫力を感じることができました。

本日10:00からは「あいち森と緑づくり事業デコウォーク」が不動ケ池親水公園で開催され、参加しました。

開会式のあと、記念植樹、花植え、公園整備を家族、地域、ボランティアの方々で手分けし、気持ちの良い汗をかきました。

17:00からは、地元の「防犯パトロール」で地域を巡回し、有意義な一日を終えました。

[2012-10-19 (金)]

「さこう弘康の町政レポートNO,23」を発行します。

今朝は、昨日の雨天から一転、さわやかな秋晴れとなりました。
今日10月19日は私の誕生日です。何度も何度も繰り返し、この日を迎えてきました。
今年も健康で迎えられることへの感謝をすべての人達、まわりの環境に感謝したいと思います。
「さこう弘康の町政レポートNO,23」を発行します。
コスモスの園レポートの内容は ここから ご覧ください。
今回の手配りする地域は大草地区の後援会さん宅です、よろしくお願いします。
地元のみなさんと「旧農地・水環境保全向上対策」のグループで真夏の暑い盛りに種蒔きや草取りなど汗した結果の「コスモスの園」できれいなコスモスの花が咲きみだれています。
場所は、深溝グランドの東の誉師池の向いです。

[2012-10-14 (日)]

まさに「スポーツの秋」

昨日は、カラリと晴れわたる、絶好のスポーツ日和となった土曜日の朝を迎えました。
里保育園の運動会が開催され来賓として、お呼びいただきました。
ちょっとヒンヤリ感の秋空の下、小さい子から大きい子から、園児のお父さんお母さん、おじいさん、おばあさんまで大勢のお客様の見守る中、どの子も元気いっぱい喜んで参加もするプログラムも用意された、とてもアットホームなとても楽しい運動会となりました。

その足で、小学校の深溝学区子ども会のソフトボール・ドッチボール大会にも顔を出させていただきました。
また、深溝運動場では、第11回・全日本エルダーマスターソフトボール大会が開催されています。会期は、~15日(月)までです。まさに「スポーツの秋」です。
本日は岡崎市議選の告示日です。
連合三河中地協の仲間の議員候補の事務所を激励に訪問をしました。
市長選、県議補選のトリプル選挙のため岡崎の町は、各候補の「訴え」が展開されていました。

[2012-10-11 (木)]

「労働講座」で活動報告

一昨日、昨日で、滋賀県大津市にある全国市町村国際文化研修所(JIMA)にて、町村議会議員特別セミナーを受けてきました。
短期(1泊2日)の研修期間で、地方議員として、大局的な知見の向上に資するテーマに関して、3人の講師の先生方の集中講義を通じ、地方行政を取り巻く諸課題についての研修をしました。
全国から地方議員が研修に参加されており、お互いに刺激を受けてきたところです。
労働講座本日は、デンソー労働組合の職場役員の研修会が、三河ハイツおこなわれ、私の活動報告の時間をいただきました。
本日の参加の約70人の職場役員さんに対して、今議会の報告をさせていただきました。
また「職場の声を組合活動にとどけ、生産活動のしやすい良い職場にしていく・・・私たち議員の役目と同じです」と話をしました。
私も「皆さんの声を届け、実現し、『住みよいまちづくり』に向けてお互いにがんばりましょう」と締めくくりました。
みなさん参加、お疲れ様でした。

[2012-10-07 (日)]

秋、真っ只中。

すっかり朝夕涼しくなり、さわやかな秋晴れの日が続いています。
秋色いよいよ深く、朝の空に秋祭りを告げる「祝砲煙火」が響き渡る季節です。
昨日、この地域の神社も「秋の大祭」の祭礼が行われ、3神社の総代さんから参拝のご案内を頂き午前中に出席させていただきました。
また、午後からは地元の神社で、チャラボコ太鼓の奉納や持ち投げ、夜の反省会と「お祭り一色」の一日となり「秋を満喫」しました。
この3,4日と防災対策特別委員会の行政研修視察がありました。
災害時相互応援協定を締結した長野県箕輪町と岐阜県下呂町・本巣市を訪れ防災対策の勉強をしてまいりました。

後日、その報告をさせていただきますが、特に箕輪町の住民一丸となった「セーフコミュニ ティー」の取り組みや本巣市の根尾谷断層の保存のあり方など大変参考になり、今後の議員活動に大いに役立てていきたいと考えています。

[2012-10-02 (火)]

台風一過・・・10月入り

台風一過、10月に入りました。町内で大きな被害の報告はなく、ほっと・・・。
季節は「晩秋」この月に日本中の神様が、出雲の国(島根県)に集まり会議を開き、他の国には神様がいなくなってしまうことから「神無月」と呼ばれてきました。
この季節は「スポーツの秋・味覚の秋」さわやかな好季節となり、紅葉や、行楽シーズン・・・いちばん好きな季節です。
彼岸花そんな絶好の季節ですが、今月のスケジュールをみるとビッシリと予定がはいっています。 ゆっくりと季節を楽しむ時間がとれないようですが、有効に時間のやりくりをしたいと思います。
4日、5日と「防災対策特別委員会」の行政視察研修で長野県箕輪町から岐阜県、下呂市・本巣市へ減災対策や断層観察館などを研修におとずれます。
この研修をはじめ、来週は滋賀県大津市で「地方議員研修会」と11月初にも計画をしています。
議員の行政視察研修のあり方が話題になることが多々あります。
現状の行政諸課題の解決、事務事業の比較調査、政策研究のため、先進的な取り組みをしている他市町村の視察し住民のニーズに応えるため、しっかりとした事前調査と貪欲なまでの現地での研修をし、住民全体の福祉を目指し、議会人としての不断の研さんをすべきだと認識をしています。

[2012-09-27 (木)]

町長へ「要望書」を提出

9月定例会は、9月3日招集され26日まで24日間の会期で開催され、単行議案7件、補正予算関係9件、決算認定関係9件と議員提出議案1件が上程され、いずれも原案通り可決し、昨日閉会しました。
議会の内容の報告は、後日「議会報告書・町政レポート」でお知らせします。

本日午後から、連合愛知三河中地域協議会の矢田代表以下4名と私で、幸田町大須賀町長を訪問し「要望書」を提出しました。
三河中地域協議会は、広く勤労者、町民全体の生活向上と地域の発展に向け、「安全・安心で活力ある地域社会づくり」を目指して活動をおこなっています。
諸般の厳しい情勢下にあるものの、町民の信頼に応える町政を推進されるよう、当面の行政施策および平成25年度の行政予算へ反映を要望し、そのあと懇談をおこないました。

大須賀町長に要望書を提出する矢田代表 =要望書の内容=
1.産業・雇用・労働政策
2.福祉・社会保障政策
3.教育政策
4.まちづくり政策
5.仕事と生活の両立支援策
6.行財政改革

[2012-09-21 (金)]

「秋の交通安全運動」が始まりました。

今日から「秋の交通安全運動」<9月21日(金)~30日(日)>がはじまりました。
私も今朝から、地域の人たちと交差点に立ちました。
期間中は、交差点や沿道で「交通安全」を呼びかけたいと思います。
ドライバーさん 安全運転を 地域の人たちで交通安全 元気にいってらっしゃい
これから、日増しに日没時刻が早くなり、運転者にとって歩行者・自転車が見えにくくなります。
車を運転するときは、高齢者や交通弱者に対し、速度を落とすなどの「思いやり運転」に心がけてください。
また、夜間に自転車や歩行など外出するときは、明るい服装にし、反射材を身につけましょう。
愛知県内では、いまだに飲酒がからむ死亡事故が多発しています。
"飲酒運転四(し)ない運動"があります。
①運転手は酒を飲まない。
②飲んだら運転しない。
③運転手には酒をすすめない。
④酒を飲んだ人には運転させない。
を徹底し、「安全に、気持ちの良い秋」を満喫したいものです。

[2012-09-15 (土)]

全トヨタ労連定期大会が開催されました。

9月14日と15日にかけ、全トヨタ労働組合連合会(309組合、32万6000人)の定期大会が名古屋市内で開催されました。
14日は、東正元会長から「自動車関連税の抜本改革に向けた取り組みは道半ばだが、今後も引き続き見直しを求めていく」と方針がしめされました。
私は、公務の決算特別委員会を終えて、急ぎ「全トヨタ労連結成40周年の記念式典」の懇親会に少々遅刻し、出席をしました。
全トヨタ労連定期大会そして本日、午前9時から日本特殊陶業市民会館、フォレストホールでの定期大会には、組織内議員として参加をさせていただきました。

大会の冒頭、大塚参議院議員と大西衆議院議員から国政報告があり、その後、我々地方議員の代表として中村すすむ愛知県議会議員より自動車関係諸税への組み報告と、今後も組合の皆さんと互いに力を合わせやり抜いていく決意が示され、意思統一が図れた大会となりました。
全トヨタ労働組合連合会HP:https://www.fine.or.jp/relative_site/index.html

[2012-09-07 (金)]

9月議会真っ最中

9月3日から開会した「第3回幸田町議会定例会」は、一昨日、昨日一般質問が終わりました。
11、12日からは議案質疑が再開されます。その後13、14日は決算特別委員会と続きます。
簡易トイレの組み立て「皆さんの声を届け、住みよい町を実現する」ためにも発言してまいりたいと思います。
9月に入り、少し秋の気配を感じる場面もありますが、日中の暑さは真夏と変わりません。
今朝早く、借りている畑で「秋茄子」を収穫してきました。
夏場は、日照りや風などでキズが多くつきましたが、今朝のナスはとてもツヤツヤとして、やわらかそうです。
野菜作りも4年目を迎え、ちょっとだけ収穫も安定してきました。
秋のさくづけの時期にもなりました、時間をみつけ農作業に汗を流したいと考えています。

[2012-09-01 (土)]

「防災の日」・・・防災・避難訓練

きょうは「防災の日」です。この防災の日は、「関東大震災の教訓を忘れない」という意味と、この時期に多い台風への心構えの意味も含めて定められたものです。
朝から、各地で防災の行事が行われ、町内でも6ヶ所の地域会場と町の防災広場で総合防災訓練が開催されました。
私の地元でも8:30の「訓練地震発生」の放送を合図に地域ごとに小学校に避難をし、防災倉庫の簡易トイレやテント設営などの訓練がおこなわれました。
簡易トイレの組み立て テントの設営 体育館避難所
その後、会場を主会場の防災広場に移動し、警戒本部設置や炊き出し、防疫、消火、一斉放水訓練が繰り広げられました。

南海トラフ巨大地震の被害想定が内閣府の被害想定での死者数の発表では、愛知県内で2万3000人の予想が発表されました。
災害の発生を未然に防止したり、被害を最小限にするために万全の準備や避難訓練はどれだけやっても、やり過ぎという事は無いと思います。

訓練の様子はこちら

[2012-08-24 (金)]

「処暑」が過ぎましたが・・・『暑い!』

昨日は、二十四節気の「処暑」でした、暦の上では暑さがおさまる頃とされていますが、厳しい暑さが続いています。
気になるこの暑さですが、23日発表された3か月予報によりますと、9月は全国的に平年より高い気温で「厳しい残暑」になりそうだということです。
そんな中、車で移動していると、なんとなく夏の終わりの風景が眼にとまります。
ひまわりの花が種をいっぱいにつけて、朝の強い日差しを避けているように下を向いています。
役場のグリーンカーテン 写真2 大きなユリが群生しているようなところも多くあります。このユリは、元々台湾原産の帰化植物で、タカサゴユリというようです。
日本のテッポウユリと自然交配し、最近はシンテッポウユリという名前で大繁殖しています。
綺麗な花なので抜かれない為、最近余計増えています。


さて、9月定例会の会期も決まり、議会が始まります。日程は次のようです。
・9月3日(月) 開会、議案の説明
・5日(水)・6日(木) 一般質問
・11日(火)・12日(水)議案の質疑
・13日(木)・14日(金)決算特別委員会
・18日(火)文教福祉委員会
・19日(水)産業建設委員会
・20日(木)総務委員会
・24日(月)議会運営委員会
・26日(水)討論、採決、閉会
場 所 役場5階 議場
時 間 午前9時からです。
詳しくは議会事務局へ TEL 63ー5151(直通)

[2012-08-16 (木)]

総務委員協議会開催

話題の多かったオリンピックも終わり、皆さんそれぞれお盆を過ごされたことと思います。
特に厳しかった今年の夏の猛暑も、お盆くらいから朝晩が過ごしやすくなりました。
役場のグリーンカーテン本日は、総務委員協議会が開かれました。
夏の各行事も多く、なかなかゆっくりできませんが、合間を見て帰省しお墓参りをしてきました。
まだまだ昼間の日差しも強く、いまから「残暑」の本番となります。
気象庁によると、17日以降もこの地方は、おおむね好天がつづく見通しで、厳しい残暑が続きそうだということです。
健康管理に注意して、夏バテのないように過ごしましょう。

[2012-08-10 (金)]

8月も中盤に差し掛かりました。

「猛暑」の今夏は「立秋」を過ぎたあたりから、夜の暑さが多少和らいできたような気がします。
オリンピックも終盤になり、日本選手の活躍に夜から朝方にかけて、目が閉じたりまた起きたりの毎日で、不規則な睡眠を繰り返しています。
「なでしこジャパンの銀メダルの確定」直後、近くに住む娘から『「車上ねらい」の被害が!・・・』の連絡。
駆けつけると、後部座席のガラスが割られ駐車場に散乱し車内にあったいろいろなものが盗られたとのことです。
向かいの車も運転席側が割られ被害にあっていました。
身内が被害にあうと「自己防衛」の大切さが身にしみます。
教訓として・・・「車内にはなにも置かない!」これが一番です。
皆さんも、注意をされ「残暑」に負けず、良い連休、お盆を過ごされる事をお願いします。

[2012-08-06 (月)]

福島県の中学生と交流会

3.11の大震災で被災した福島県の中学生を招いた交流会に参加しました。
この交流会は、私も修行していた、少林寺拳法の知人の先生とその道場が企画されたもので、町内の有志の方々も快く参加されました。
6人の中学生は、直接大きな被害を受けていませんが、いまだに校庭で運動が出来ず、海水浴も出来ないそうです。また親戚や友達は避難所生活が続いており、愛知県にきたことで「夏休みのいい思い出ができました。」と話してくれました。
交流会は、カレーライスややきそばを手作りし舌鼓、また大きなスイカに満足な笑顔をみることがで きました。

8/6日は、幸田町内の凧作りの名人に、私からも懇願し「講師」をお願いし「思い出の凧作り作り」を体験します。
これからも少林寺拳法を続け、地域のリーダーに育ってくれることを期待します。
参加された皆さん「お疲れ様でした!」

[2012-08-01 (水)]

集中した行政視察、研修が一段落しました。

今日から8月!日本列島は、連日、太平洋高気圧の影響で全国的に35度以上の猛暑日となり厳しい暑さが続いています。
気象庁は、九州南部と沖縄を除く全国に高温注意情報を出し、熱中症に一層注意するよう呼び掛けています。
全国の議会広報委員会から、連続入賞を続ける幸田町議会の「議会だより編集委員会」への視察があり、広報委員として対応をしました。
7月は、熊本県玉名市、本日の鹿児島県の姶良市の2回の視察と、8/7に福岡県遠賀市が予定されています。
また、総務常任委員会の視察研修として、7/25.26.27と奈良県と和歌山県へ「安全安心町づくり・防災対策」を中心に視察しました。(視察の詳細は後日報告します)
7/30.31は、東京へ第76回町村議会広報研修会に参加しました。
7月は、視察研修・各種研修会や施設見学研修の大変多い月となりました。

行政視察は、現状の行政諸課題の解決又は事務事業の比較調査、政策研究のため、先進的な取り組みを実施している他市町村の視察し住民のニーズに応えるため、しっかりとした事前調査と貪欲なまでの現地での研修をしなければならないと考えています。

[2012-07-28 (土)]

猛暑の中の「彦左まつり」

第24回「こうた彦左まつり」が開催されました。
連日の猛暑が続く中、午後5時00分からオープニング、幸田中央公園を出発し幸田駅前通り周辺までを、天下のご意見番として知られている郷土の英雄「大久保彦左衛門」や時代劇でおなじみの「一心太助」らに扮した各コミュニティーや町内の企業の人たちが、幸田駅前通りを練り歩きました。

幸田は、このあと夏の2大イベントのもうひとつ「幸田夏まつり」が8月18日に開催されます。

お祭りの様子はこちら

[2012-07-22 (日)]

県消防操法大会で優秀賞!

愛知県消防操法大会が半田市で行なわれ、県内の38市町の消防団が日ごろの訓練の成果を競いました。
幸田町は3番目に審査をうけました。
約半年前から、早朝・休日に苦しい訓練を積み重ねてきた成果は、約2分間に凝縮し全力で競技をしてくれました。
素早く、キビキビとした正確な動きは、本番にまったくのミスはなく「完璧」な訓練成果であったと思います。
通学路の交通安全 いってらっしゃい! 「お疲れ様です!」
審査結果は、幸田町は3位「優秀賞」といいうすばらしい結果を得ることができました。
今後も「町の安全安心を守る」頼もしい活動をお願いします。
本当におめでとうございます。「お疲れ様でした」

[2012-07-18 (水)]

暑い日が続きます! 「交通安全」も!

梅雨明けはしたものの連日のうだるような猛暑! 熱中症に注意!・・・
夏ってこんなに暑かったかな?と考えてしまうほどです。
「さこう弘康の町政レポート」が刷り上りました。

暑い中ですが、今回の手配りは、鷲田地区を中心に配ります。
歩いているときでも、庭先でもお声がけをお願いします。
7月11日(水)から7月20日(金)までの10日間、「夏の交通安全県民運動(愛知県・交通安全推進協議会)」を実施中です。
私も、地域役員さんたちと地元の通学路の交差点や企業の交差点に立ち、交通安全を訴えています。

特に、この夏、屋外で遊ぶ子どもや日中の暑さを避けて朝夕に外出する高齢者との交通事故の増加や、夏特有の開放感から、スピードの出し過ぎや飲酒運転による重大事故の増加も心配されます。
一人ひとりが交通安全意識を高めるとともに、安全運転や安全行動の実践を通じて交通事故の防止することが重要です。

[2012-07-15 (日)]

いろいろ「汗をかいた」一日でした。

本日は、早朝から、農地・水保全管理支払交付金(旧農地・水・環境保全向上対策)の活動で始まりました。
昨日の朝、深溝運動公園横の「つばきの小径の菖蒲園」に、菖蒲の新しい株を植えるための下地の準備をしました。
ボランティアと老人クラブの方々と「汗だくの作業」で、すっかりきれいな「菖蒲園」になりました。

多くの参加者作業を終えて、幸田町図書館で開催中の「三河万歳」の企画展をみてきました。
歴史は730年ほど前から始まったとされ、国の無形民族文化財に指定されている幸田の三河万歳。
多くの来場者とともに、提示されている写真や説明パネルを見せていただき「汗が少しひきました」。
昼過ぎから、借りている畑の草取りと畑周りの草刈りをして「汗ぴっしょり」になりました。
多くの参加者夕方は「防犯パトロール隊」の定期巡回に参加し、地元地内を約1時間、ごみ拾いもしながら「いい汗をかきながら」実施しました。
風呂とシャワーを計4回!「たっぷりと汗」をかいた1日でした。

[2012-07-13 (金)]

「2つの発電所」を視察研修

7月12日、連合愛知三河中地協の役員研修会で三重県の可燃ごみ焼却熱発電所と川越火力発電所を視 察しました。

三重県は、資源循環型社会を作るため、家庭から出るごみから作られたRDF(ごみ固形燃料)を燃 やして発電をするRDF焼却・発電事業を進めています。
ダイオキシン対策への対応からRDFという ごみ処理技術を用いています。これは家庭から分別収集した生ゴミ、紙ゴミ、プラスチックなどの可 燃ごみを破砕・乾燥し、接着剤・石炭などを加えて練り上げ圧縮し、直径1?5cm大の円筒状のペレッ トにするもので、ちょうどドックフードのような形です。
RDFはごみに比べて輸送性が向上し、燃料として活用しやすいという利点を持っています。
これまで市町村、一部事務組合で焼却処理していた一般廃棄物をリサイクルの観点から見直し、熱エネルギーとして活用をしています。
RDFはつくられる過程で乾燥・圧縮・成形を行うため、通常のごみに比べて重量が1/2、体積が1/5 になり腐りにくく輸送に優れているといった特徴があります。
この発電所出力は12.050KWで約2万戸分の発電能力があります。

午後から視察した川越火力発電所は、川越町が「活力ある豊かな町づくり」の一環として、海岸部に 170万m2(平方メートル)を埋め立てた臨海工業団地の一角に位置しています。

燃料はLNG(液化天然ガス)を使用しており、産出地で天然ガスを液化するときにガス中のちり、硫黄分などの不純物を取 り除いているため、ばいじんや硫黄酸化物の発生がなく、とてもクリーンな発電所といえます。
発電総出力は480.2万kW で世界最大級の火力発電所です。
また、川越火力発電所にはコミュニティ施設として、川越電力館テラ46、温水プール、川越緑地公園、釣り桟橋を設置し、緑あふれた環境と地域に親しまれ信頼される発電所を目指していました。

視察の様子はこちら

[2012-07-10 (火)]

「政策推進コンベンション2012」に参加

昨日、自動車総連の「政策推進コンベンション2012」が、インターコンチネンタルホテル東京で開催され参加しました。
第1部:政策研修会,第2部:「車と社会を考える政策フォーラム」総会,第3部:懇親会の3部制で進行されました。
多くの国会議員で組織する「フォーラム議員」の出席がありました。
コンベンション開会 渡部恒三衆議院議員のあいさつ フォーラム国会議員のみなさん
自動車産業で働く者並びに自動車ユーザー7000万人の代表として、政権与党に対し、
1.「自動車関係諸税の軽減・簡素化」に向けた抜本的見直しの確実な実施。
2.円高是正など「自動車産業の国内事業基盤強化策」の速やかな実施。
この2点、深い理解と力強い行動を要請しました。

[2012-07-06 (金)]

「ふれあいトーク」開催

議員の大きな役目のひとつに「住民の皆さんへ議員活動、議会報告」があります。
昨日も、議会終了後3回目の「ふれあいトーク」をおこないました。
6月の議会の前後に実施した「議員活動、議会報告会」は、
5/23:「中地協議員活動報告会」岡崎会場
5/28:「ふれあいトーク」西尾会場
5/31:「拡大活動報告会」幸田会場
6/26:「ふれあいトーク」幸田会場
6/29:「ふれあいトーク」幸田会場
7/05:「ふれあいトーク」西尾会場 の6回を実施することが出来ました。

直接、皆さんとフェイスtoフェイスで話が出来ることは、大変貴重な機会です。
住民の皆さんが、いま何を感じ、何を望まれているのかを肌で感じられ、まさに「現場の声」を直接聞くことが出来ます。
やはり、交通安全や防犯対策、災害などの防災対策、子育て問題、まちづくりの計画などが多く話題になります。
みなさんが望まれていることは『安全で安心して、希望をもって暮らせる!』このことが基本だと再認識をしているところです。

活動の様子はこちら

[2012-07-02 (月)]

今年も後半となりました。

はやいもので、今年の後半に突入しました。
7月1日、世界各国の標準時と、地球の自転による時刻のずれを修正するため、一日の長さを1秒長くする「うるう秒」の挿入が、3年半ぶりに行われました。
6月議会も先週、終了しました。
今月は、研修会や行政視察、各議員連の会合等々・・・多くの行事があります。
そのつど経過や内容の報告をさせていただきます。
蒸し暑くなります。体調に十分気をつけてすごしましょう。

[2012-06-27 (水)]

今年も「事業仕分け」が実施されます。

幸田町では、昨年に引き続き、2回目の「幸田町版事業仕分け」が実施されます
私は、過去3回にわたり、一般質問で事業仕分けの導入を訴えてきました。
『血税からなる事業を、住民目線で、住民とともに見直しする"キッカケづくり"を』と提起してきました。
このことで「住民目線」が定着し、見直すべきは見直しすることが目的です。
初日 7月21日(土) 9:00~ 幸田町中央公民館 ホール
1 こども課 住民広場等設置整備事業   住民広場等設置整備事業 9:20-10:00
2 こども課 児童館管理運営事業      児童館管理運営事業 10:10-10:50
3 産業振興課 地域農政総合推進事業  道の駅管理業務 11:05-11:45
昼休み 11:45-12:50
4 産業振興課 雇用対策事業       雇用対策事業 12:50-13:30
5 生涯学習課 町民会館管理運営事業 文化振興事業交付金 13:40-14:20
6 生涯学習課 放課後子ども教室事業  放課後子ども教室事業 14:35-15:15
7 生涯学習課 文化財保護事業      文化財調査事業(本光寺関連) 15:25-16:05
2日目 7月22日(日) 9:00~ 幸田町中央公民館 ホール
1 税務課 町税賦課徴収事業        町税賦課徴収事業 9:05-9:45
2 環境課 環境衛生一般事業        新エネルギーシステム等設置費補助事業 9:55-10:35
3 住民課 保健事業(国保特別会計)    健康指導事業 10:50-11:30
4 福祉課 老人生きがい対策事業     幸田町シルバー人材センター運営事業補助金 11:40-12:20
昼休み 12:20-13:20
5 福祉課 社会福祉総務一般事業 ?幸田町社会福祉協議会運営事業補助金 13:20-14:00
6 健康課 健康の町推進事業 各種講座等の開催 14:10-14:50
7 健康課 健康増進法保健事業 歯周病検診委託料 15:05-15:45
「事業仕分け」はどなたでも傍聴いただけますので、ぜひ会場へご来場ください。

[2012-06-20 (水)]

台風一過、中地協ボーリング大会開催

台風4号接近による町の災害対策本部設置は、20日の0:48に廃止されました。
雨量・風の状況は、総雨量:109.5mm、最大瞬間風速:35.2m/sでした。
大きな被害は無かったようですが、私の借りて育てている畑の作物には被害がありましたが、その程度で済んだでよかったと思います。
台風一過でしたが、カラッとした天候とはなりませんでした。

18:20より、連合愛知三河中地協のボーリング大会が岡崎グランドボールで予定通り開催されました。

約170名の参加者で、貸切のレーンは、練習から熱気に包まれ、各レーンで大きな歓声やため息が聞こえました。
私も日頃の運動不足を感じながら、年一回のボーリングを楽しみました。

[2012-06-16 (土)]

おいしい「みたらし団子」を焼きました。

今日は、JR三ケ根駅を発着点とした、JRさわやかウォーキングが開催されました。
「深溝断層と紫陽花の本光寺を訪ねて」深溝断層→長満寺→深溝神社→つばきの小径→本光寺→幸田町郷土資料館→深溝城跡→三ケ根駅。
昭和20年の三河大地震でできた深溝(ふこうず)断層、当時の痕跡を見て、本光寺で三河のあじさい寺として有名な山道を歩くコースで行なわれました。
朝から小雨が降る天気でしたが健脚の方には天候は関係がないようです。
この日に備え、地元として、先週はコースにあたる「つばきの小径」の草刈りをして、気持ちよく歩いてもらえるようにきれいにしました。
今日は、朝から「みたらし団子」を焼いて販売しました。

参加者で楽しく、1000本を焼き、完売することができました。
すべてボランティアでしたが、やっと団子の材料費だけ回収することができたようです。

[2012-06-09 (土)]

議会開会~ホタルを観る会

6月議会は、6月5日に開会し22日の閉会までの18日間の会期です。
報告議案1件、単行議案4件、補正予算関係1件の計6件の議案です。

私は、7日の一般質問で一番手にたちました。
多くの方たちの傍聴をいただき、とても心強く、時間いっぱいまで質すことが出来ました。
質問と答弁の内容は、このHP、「さこう弘康 町政レポート」で報告してまいります。
忙しい中、ありがとうございました。
さらに議会は続きます、しっかり発言をしてまいります。

気象庁は8日、九州北部から東海地方にかけて梅雨入りしたとみられると発表しました。
昨日は、毎年恒例の「深溝学区のホタルを観る会」が開催されました。
深溝小学校の南にあたる拾石川沿いは、今絶好の観賞スポットです。
特に、今年は町内でも多くのホタルの舞う姿が観られるということです。
しとしととした雨の中でしたが、多くの参加者と一緒に夏の風情を満喫することが出来ました。

[2012-06-04 (月)]

交通安全・防犯関係団体合同定期総会

本日、13:00より役場4階ホールにて、平成24年度幸田町交通安全推進協議会・幸田町防犯委員会・幸田町自衛隊協力会の合同定期総会が開催され出席させていただきました。
住民の安全安心の推進に係わる各団体の平成23年度の事業報告や新年度の事業計画、予算が採択され ました。
昨日、18:00から「里区防犯パトロール隊」(毎週日曜日の夕方実施)の出陣式があり、出席し「挨 拶」をさせていただきました。

日曜日の夕方にもかかわらず参加者は60数人と多くの方が参加されました。
スタートの日に「なくすぞー犯罪!」の掛けあいコールの後、2つのコースに別れ約1時間のパト ロールをおこないました。
初夏の夕方にいい汗をかくことが出来き「自分たちの地域の安全安心は、自分たちで守る!」の気持 ちが伝わってきました。
今後、永く地道な活動となりますが、私も積極的に参加したいと思います。

[2012-06-03 (日)]

春の消防団総合訓練

9:00から幸田町防災広場にて平成24年度幸田町消防団 春の総合訓練がありました。
消防団員の消防機械器具の取り扱いと消防操法の基本を訓練し、技量の向上をはかることを目的としています。
特に、今年の7月21日に半田市で行なわれる「愛知県消防団操法大会」への出場もあり、気合のこもったキビキビした頼もしい団員の顔が印象的でした。

本日の団員の参加者は133人で、日ごろから職業を持ちながら、早朝・夜間に訓練をされています。
住民の安全安心と財産、生命を守るための活動に対し、敬意を表し、心から感謝をしたいと思います。

[2012-05-26 (土)]

絶好の好天気の下、学区運動会

深溝小学校区地域コミュニティ大運動会が小学校で開催されました。
天候は、朝からカラリと晴れ渡る、絶好の運動会日和となりました。
8:50から開会式があり、私は地元町議会議員を代表して挨拶をさせていただきました
その後、全員のラジオ体操、いよいよ競技、演技がスタートし、グランドは熱い声援につつまれました。
準備体操 徒競走 地域対抗玉入れ
運動会を途中で失礼して、名古屋で開催の「ユタカクラブ議員協議会 定期総会」に向かいました。
講演会では、「朝ズバッ」でおなじみの与良正男氏の講演があり「政局の動向と地方主権」と題して、生々しくもユーモアを交えた内容の話を聞くことができました。
その後、議員のOBの皆さんも参加された「40周年記念懇親会」では、先輩議員だった方々と親しくお話をすることができました。

先輩であるOBの皆さんの、元気でハツラツとされている姿を見て、エネルギーをいただいたような気がしました。

[2012-05-24 (木)]

三河中地協 2日連続活動

質疑応答昨日、連合愛知三河中地協の活動の1つである、恒例の「議会活動報告会」が、18:00から岡崎市勤 労文化会館でおこなわれ、組織内議員として出席いたしました。地協の役員さんや各組合の委員さん に向け、国会報告を中根衆議院議員から、岡崎市議会は三宅市議、幸田町議会を私から報告させてい ただきました。
私は、新年度予算の概要と幸田町の新たなまちづくりについて20分間おこないました。
一括質疑では「相見駅の現状と今後の町の姿について」質疑応答をさせていただきました。

一昨日は、JR岡崎駅駅前広場にて連合が提起する「働くことを軸とする安心社会をみんなで実現!」と いう社会像について、みんなで一緒に話し合う機会を広げ国民的な議論を呼び起こしましょう。とよ びかけました。

[2012-05-21 (月)]

129年ぶりの金環日食

2012年5月21日、太陽と月と地球は一直線に並び、太陽の手前に月が重なり、金色のリング状に光っ て見える「金環日食」が起こりました。
国立天文台によると、国内で金環日食が観測されたのは1987年9月23日の沖縄以来、約25年 ぶり。本州で金環日食が見られるのは実に129年ぶりとなりました。今回のように、日本の広い範囲 では平安時代の1050年以来ということです。
惜しくも、この地方では、雲に隠れて金冠時の姿を見ることができませんでしたが、その後欠けた太 陽を少し見ることが出来ました。
みなさんもそれぞれの場所で、この天体ショーを迎えられたことと思います。

昨日は、14:00~深溝学区のグランドゴルフ大会が開催されました。
開会式に出席しましたが、つい誘われるままに「選手出場」をしてしまいました。
数年ぶりのプレーでしたが、結果は18ホールで「49」という無難なスコアーでした。

学校の校庭でしたが、結構な距離を歩き、思わぬ運動とさわやかな汗を流すことが出来ました。

[2012-05-13 (日)]

消防操法大会出場選手結団式に出席

7月21日、半田市で行なわれる第57回愛知県消防操法大会に出場される幸田町消防団出場選手の結団式に出席しました。
すでに第2分団が1月10日から練習を始められており、30年ぶり2度目の優勝を目指しています。

式は団長の挨拶からはじまり、選手紹介、来賓のあいさつのあと、懇談会前の乾杯の音頭を、私が総務委員長として指名され行なわせていただきました。
激励の懇談会が行なわれ、その後、がんばろう三唱し結団式を終了しました。
出場選手は自分の職業と家庭を持つ中で早朝と夜間の限られた時間の中での練習をされており、心からその努力に敬意を表すものです。
大会では、日ごろの成果を遺憾なく発揮し、よい成果が得られることを祈念します。

[2012-05-11 (金)]

6月議会「一般質問」の通告をしました。

GWの連休が明け、行事・公務が始まっています。
昨日は「防災対策特別委員協議会」がありました。
協議事項の「災害時相互応援協定」の締結に向けた進捗現状についての協議がされました。
この「災害時相互応援協定の締結」は、私が一般質問で過去2度にわたって町側に提起したものです。
これが実現する運びとなり、おおいに評価するものです。
「災害時応援協定」は、昨年発生した、東日本大震災のように災害発生時に被災自治体は、著しく機能が低下するため、各種応急復旧活動に関する人的・物的支援について、自治体間で締結される協定のことで、現在全国の多くの自治体同士で締結が急ピッチで進められています。
6月議会の一般質問の通告の受付が始まりました。
私は、一番に通告をしましたので、6月7日(木)の一番9:00からの予定です。
時間の都合がつく方は、ぜひ聴講をお願いします。
通告内容は、先ほどの「災害時相互応援協定」の締結を取り上げ、
①「災害時相互応援協定のよりよい締結に向けた協議、検討の現状について問う」と職員の地域への関わりかたについて、今後、地域でのコミュニティー活動や防災・防犯活動をよりよいものにしていくには
②「更なる町職員のノウハウやパワーも必要な時代、その考えを問う」
の2項目を通告しました。
しっかりと提案、提起できるように、準備をして、6月議会にのぞみたいと思います。

[2012-05-06 (日)]

GWも最終日・・・リフレッシュできましたか。

ゴールデンウィーク最終日、明日から仕事、学校、役所も再開です。
天候はGW半ばに崩れてしまいましたが、いかがでしたか。
私も前半は行事、公務がありましたが、後半はゆっくりすることができました。
借りている畑の草取りと夏野菜を植え、庭のプランターの土作りと野菜を植えました。


さて、明日から幸田町は、例年より早い「クールビズ対応」が始まります。
また、5月は「五月病」と言ってゴールデンウィーク明け頃から起こる「現象」もあるようです。
ゴールデンウィークでリフレッシュしてエネルギーも充電したはずなのに、なぜだか気が重く、身体も重くて会社に行くのがおっくうだ・・・といった症状です。
発症に至る例としては、今春に生活環境が大きく変化した中で、新しい生活や環境に適応できないまま、ゴールデンウィーク中に疲れが一気に噴き出し、長い休みの影響で学校や職場への行く気を削ぐなどの要因から、この頃から理由不明確な体や心の不調に陥るというものです。
適度な気分転換や次の楽しみを計画するなど、目標を見出すことなど、心の健康・からだの健康を心がけたいものですね。
さぁ、初夏の5月を空気をいっぱい吸って「無理せず!」の気持ちでいきましょう!!

[2012-04-26 (木)]

オープン直前!「幸田駅前銀座」視察

4月29日にオープンを控えた「幸田駅前銀座」の視察をしました。
「JR幸田駅前中心市街地活性化プロジェクト」として間近に迫った第1期オープンする4店舗の工 事があわただしく進められていました。


コンセプトは「昭和」「田舎」「豊かな食」がテーマで、今年の2012年は昭和87年にあたり昭和のよ き時代が感じられるような街を目指しています。
4月29日のオープンは10:00からで、13:00からはお菓子投げやライブなども計画されています。
残念ながら6店舗のオープンとはなりませんでしたが「中庭広場を囲んでお散歩気分」で利用者が増え、活気ある駅前になることを期待したいと思います。
駐車場は、駅の北側に29台、前商工会議所跡地に30台分、2時間無料です。

視察の様子はこちら

[2012-04-20 (金)]

「さこう弘康 町政レポート」をお届け中!

「さこう弘康 町政レポート vol..21」を配布中です。
今回の手配りしている地域は、北部中地区と須美地区です。
みなさんのご自宅には明日からお届けできる予定です。

ふれあいトーク西尾昨日は、デンソー西尾で「ふれあいトーク」を開催、14人の皆さんら議会・活動報告をさせていた だきました。
新駅周辺、幸田駅前の今後の開発計画や新たな住宅地開発や交通問題などの話が中心となりました。
報告をしっかりと聞いていただき、疑問な点など意見交換をさせていただきました。
来週は刈谷での開催が計画されています。よろしくお願いします。

[2012-04-17 (火)]

防災対策特別委員会管内視察

議会の特別委員会は、常任委員会のほかに、特定事件を審査するために設置されています。
私の所属する防災対策特別委員会は、地域防災計画の見直しに関する事項、防災対策、施策に関する 事項を付議事項として審査します。
本日は、9:00から町内の管内視察を実施しました。
町と災害支援協定を結んだ、フタバ産業さんの体育館から、ため池の工事状況、避難所となっている 憩いの家、広田川の水位監視カメラなど18ヶ所を1日をかけて視察してきました。

個人では、なかなか1日では回りきれないところを町側の説明を受けながら効率よく見て回ることが 出来ました。
防災対策は平常時にこそ行われるものです。地域で暮らす人々の防災意識の向上を図ることも重要で すが、行政の災害から「命を守る」ハード対策も重要です。

[2012-04-11 (水)]

「春の交通安全運動」実施中!

「春の交通安全運動」が4月6日(金)~15日(日)まで実施されています。
期間中、私も地元の交差点や会社の通勤路で立哨活動をおこなっています。
今朝は雨模様でしたが、朝晩の冷え込みも感じなくなってきました。

特に、新年度を迎え不慣れな交通環境で子どもたちの通学・通勤が始まり、交通事故の発生が心配さ れる時期です。
また、あたたかくなり高齢者が朝夕の散歩などで外出する機会が増えるとともに、歓送迎会や花見の シーズンでもあり、飲酒の機会が増えることなどから、高齢者や飲酒運転による交通事故の発生も心 配されます。
車を運転するときは、通行する子どもや高齢者の動きに十分注意し、速度を落とし、思いやりをもっ た運転に心がけ、悲惨な交通事故をなくしましょう。

[2012-04-05 (木)]

「爆弾低気圧」一過・・・春のよそおい

日本列島を包み込み台風のような猛威を振い爪痕を残した「爆弾低気圧」被害は、これまでに4人が亡くなり、356人が重軽傷を負ったと新聞は伝えています。
そして、今朝はカラリと晴れ渡り気温もグッーとあがってきました。
町内では、4月1日(日)~4月15日(日)まで、幸田文化公園(幸田町大字芦谷字蒲野25-1)で第14回幸田しだれ桜まつりが開催されてています。会場はまだ満開には早いですが、すでに「お祭り」気分満開です。午前中の様子を写真に撮ってきました。
満開近いしだれ桜 芸能発表 だんご屋さん
公園内には、花笠のようにたおやかに垂れ下がる「しだれ桜」350本を始め、約20種500本の 桜が植えられており、優美な風景が望めます。
お祭り期間中は出店、展示が催されます。
毎年、毎年来場者が増え、県内でも有数の花見スポットになってきました。
ぜひ、一度はお出かけください。

[2012-04-01 (日)]

4月に突入!・・・「40年目の同期会」

今年は、2月に厳しい寒さが長引き、3月も暖かい日が少なかったことから、桜の花芽の生長が遅くなっていましたが、ここにきて全国各地で桜の開花だよりも聞けるようになり、桜前線が北上中です。
はやいもので、今日から4月に突入となりました。日本では4月1日が会計年度の初日であるため「新年度」となります。
政府機関、企業などで多くの制度の変更、新設、発足が行われ、役所や学校の人事異動や新入学など大きな変化が起こる月でもあります。

昨日は「寮同期会」があり出席しました。18歳入社と同時に寮へ入り数年間、同じ屋根の下で同じ釜の飯を食べ過ごした「同期入社」の集まりです。
この同期会は、6回目の開催で、今回は私が「幹事」を受けました。
ちょうど、この4月で入社40年目となり、とてつもない時間が過ぎたことに改めてビックリしています。
いままで企業の組織の中枢として働き、時間的・精神的余裕がなかった時にくらべ、少しだけ余裕がてできたかなと思える時期になってきました。
いろいろな昔話の中でお互い気持ちは18歳まで戻り、楽しい時間を過ごすことができました。
これからも、お互い「健康第一」で末永くこの同期会が続けられ、そしてみんな元気に出席したいものです。

[2012-03-27 (火)]

3月議会閉会

昨日、3月議会が閉会しました。
平成24年3月定例会は2月29日に召集され、3月26日までの27日間開催されました。
単行議案12件、補正予算関係7件、当初予算9件と、議員提出議案の町議会委員会条例の一部改正をいずれも原案通り可決、承認しました。
また、陳情1件を審議し不採択としました。
笑顔の卒園児議会の報告は「さこう弘康の町政レポート」で、4月中頃お届けさせていただきます。
「議会報告」は こちらから ご覧ください。
春の日差しがあたたかく感じられる日となりました。
11時から連合愛知三河中地域協議会の矢田代表以下5人と私とで幸田町役場にて、大須賀町長と「政策要望」の予算反映の回答書受け取りと、その後、町政に対する懇談会を開催しました。

[2012-03-23 (金)]

里保育園の卒園式

今日は、町内8つの保育園の卒園式がおこなわれ、私は地元の里保育園に出席させていただきました。
朝から雨模様の中、10人の卒園児が元気に巣立っていきました。
園長先生から一人ひとり卒園証書が渡され、礼儀正しく元気に受け取り、証書を親に渡します。
そして親子でお礼とエールを送る場面があり、とてもほほえましいやりとりに思わず微笑んでしまいました。
「みなさん、卒園おめでとうございました! 」

里保育園は延長・乳児保育のサービスの充実をはじめた2年前から園児が増加傾向になってきました。
一時22人まで減少しましたが新年度は、年少19人、年中11人、年長15人と3歳未満児が8人の53人になり、ますますにぎやかになるようです。

[2012-03-19 (月)]

深溝小学校の卒業式に出席

本日は、町内小学校の卒業証書授与式があり、私は地元の深溝小学校の式に出席させていただきました。
本年度の卒業生は42名です。担任から一人ひとり名前を呼ばれ「はい!」と大きな返事が体育館に響き渡り、会場がピーンとしました。
校長先生から一人ひとり卒業証書を授与され、卒業全員は胸をはって歩き最上級生らしい堂々とした姿を見せてくれました。

校長先生から、オノ・ヨーコさんのことばを引用され祝辞を送られました。
『ひとりで見る夢は夢でしかない。しかし誰かと見る夢は現実だ』・・・「一人で夢を実現させることは難しい、それは、人間は一人で生きているわけではないから。
同じ夢を持つ仲間ができれば、その夢はもはや夢ではなく、目標に変わり、目標は実現できていくものです。だから、同じ夢を共有できる人をたくさん探し仲間を多くつくりましょう。」という意味だと思います。

卒業生のみなさん、保護者のみなさん「ご卒業おめでとうございます。
次のステージにむけて、大きく羽ばたいて下さい。」

[2012-03-16 (金)]

JR相見駅完成式典

東海旅客鉄道(JR東海)東海道本線相見駅(あいみえき)開業の3月17日を明日に控え、本日完成式典がおこなわれました。
主催者の町長の挨拶に始まり、来賓の祝辞のあと、テープカットと玖寿玉開披が、華々しくおこなわれました。

その後、地域、町民、行きかう人々を育む「絆kizuna」をイメージしたモニュメントの披露がありました。
駅前広場は、広々とのびやかな空間で、噴水や池、トイレは、幸田の名産「筆柿、ホタル」をあらわしているようです。

町は、この相見駅と既設の幸田駅、三ヶ根駅とともに駅周辺の市街地、ハッピネスヒル周辺の4極を都市核として位置づけ、集約型都市構造の実現を目指しています。
この駅が新たなまちづくりの起爆剤として、幸田町の更なる発展につながることを心から願うものです。

式典の様子はこちら

[2012-03-13 (火)]

「予算特別委員会」設置される。

昨日は、3.11の東日本大震災から一年が経過し、地震が発生した午後2時46分にあわせ一分間の黙祷をしました。
みなさんもそれぞれの場所で、それぞれの思いをこめてこの一日を過ごされたことと思います。
また、恒例の地元地域の新年度の初集会があり、時間をいただき「議会報告」をさせていただきました。
3月議会は、今日と明日、「予算特別委員会」です。
平成24年3月定例会において、平成24年度当初予算の審査をするため予算特別委員会を設置し、これに付託します。
同特別委は議長以外の全議員15人で構成され、委員長に副議長、副委員長に総務委員長の私が選任されました。
私は、防犯活動推進事業の防犯灯の設置状況やLED化の推進状況、新駅の防犯カメラの新設などについて質疑を行ないました。
『この経済が低迷している中、町の開発は集中する必要があり理解をするものですが、施政方針にある「安全を第一に、安心なくらしを守る」という観点からすれば「防犯に格差があってはならないと思います」このことから三ヶ根駅にも、防犯に即効性のある防犯カメラの設置を急ぐよう求めました』・・・町長から『新年度はまず新駅に15台設置したあと、H25年度以降に設置する』との答弁でした。
急に真冬の気候に逆戻りし「風邪気味」です。皆さんもご注意を!

[2012-03-08 (木)]

南部中学校3年生 84人の巣立ち!

本日、町内3中学校一斉の卒業証書授与式がありました。
私は、地元の南部中学校の式に出席させていただきました。
卒業生は、3クラス84人で、団結力のある学年だったと感じることができました。
校長先生は、「手と手をつないだ絆は今日離れていきます、でも心の絆はずっーとつながっている。
そして新しい出会いの絆をつないでいってください」と祝辞があり、学校の中庭にある「きずな」の像のように、いつまでも絆を大切にしていきましょう」と送られました。
また、高浜虚子の俳句「春風や闘志いだきて丘に立つ」という俳句を引用されました。
『さあ 新しいステージが始まろうとしている「よしっやるぞっ!」と我に誓った闘志を胸に、春風のそよぐ丘に立っている』という、まさに卒業生の旅立ちにふさわしい句だと思います。

卒業生からは「今日で84のピースはバラバラになりますが、ひとつひとつのピースが更に輝きを増していくところを見守っていてください」と答辞を述べました。
この答辞は、内容も抑揚もあり、出席 者の胸を打ち目頭があつくなり、とても心に残る「卒業式」となりました。
卒業生みなさん、保護者のみなさん「卒業おめでとうございます!」

[2012-03-06 (火)]

3月議会真っ最中!

3月議会開催中ですが、明日と明明後日は、「議案質疑」の日程となっています。
議案質疑は通告制をとっていますので、当初予算関係について通告をしました。
予算案に対し、日ごろ皆さんからお聞きしている「声」を予算に反映すべく、質してまいります。
幸田町議会も委員会の傍聴と議会のHPに一般質問と議案質疑の議事録をのせることになりました。
他の議会のように検索システムはついていませんが、定例会ごとにみることができます。

議会改革を進めるため、まだまだ改善は必要ですが、一歩づつ前進していく必要があると考えています。

[2012-03-03 (土)]

春到来!枝垂桜手入れボランティア活動に参加

春陽気の朝、ハートフルクラブ幸田自主企画活動「しだれ桜育成ボランティア」活動で手入れに参加しました。
今年いちばんの気温上昇が予報されたとおり、ぐんぐん気温があがり、屋外で久しぶりの気持ちのいい汗をかきました。
場所は、デンソー幸田製作所周辺と町道付近一帯で、この付近の新幹線沿いは、写真マニア仲間には「有名な絶好の撮影ポイント」となっています。

しだれ桜約100本の桜の木々への施肥とゴミ拾いも行いました。
毎春の4月には、見事な桜の花が楽しめます。
しだれ桜(枝垂桜)は、枝がやわらかく枝垂れる桜で、枝が長くその名の通りにしだれています。
参加者のみなさんお疲れ様でした。

[2012-02-29 (水)]

3月議会開会

本日より、平成24年第1回幸田町議会定例会が開会しました。
会期は、3月26日までの27日間開催されます。
単行議案12件、補正予算関係7件、当初予算関係9件、計28件が上程されました。
3月定例会は、新年度の当初予算案を審議する 重要な議会です。
町長の「施政方針」の当初予算案は、「3.11東日本の大震災、歴史的な円高やユーロ危機など、いまだ先行きが見えない中、当初予算の規模は、一般会計・特別会計・企業会計の総額は、203億7825万円(前年度比-12.3%)、一般会計は総額134億1000万円で、前年度比、14.3%の減としています。
3/17開業の相見駅が1段落することと、依然景気が低迷していることにより「緊縮型」 の予算案とし、「安全を第一に、安心な暮らしを守るための予算」と所信の表明がありました。
このHPでも、議会報告をしていきたいと思います。
「納税者の立場、住民目線で税金の使われ方や事業のあり方」を質してまいります。

[2012-02-26 (日)]

学区ユニバーサルホッケー大会

本日、8:30から深溝学区のユニバーサルホッケー大会が開催され来賓として出席し、挨拶もさせていただきました。
まだまだ寒さが厳しい中でしたが、多くの参加チームにより熱戦が繰り広げられました。

幸田町では、毎年全国大会での優勝チームが出るほど定着した競技です。
ユニバーサルホッケーは、Universal(誰でも)とHockeyを組み合わせた造語(略;ユニホッケー)で、「いつでも、どこでも、誰でもできる」スポーツとして愛好されることを期待して名付けられたようです。6名ずつの2チームがプラスチック製のスティックで1個のボールを取り合い、相手方のゴールに数多くのボールを入れた方が勝ちとなるゲームです。
アイスホッケーやフィールドホッケーなど他のホッケーに比べ、安全で簡易なので、年齢・性別を問わず幅広くプレーできるのが特徴です。
愛知県ユニバーサルホッケー協会HP:http://unihockey-aichi.jpn.org/

[2012-02-22 (水)]

議員AED講習とはしご車試乗体験

本日9:00から、消防署で町議会議員を対象とした救命処置とAED講習を受けました。
約1時間少々でしたが、心肺蘇生にかかわる「救命の連鎖」といって「心停止の予防・早期認識と通報・一次救命処置・二次救命処置」の4つが途切れることなく素早くつながることが救命効果に結びつくことを学びました。
以前会社で講習を受けましたが、繰り返し訓練することが大切だと感じました。

講習終了後、幸田消防が本年度購入したはしご車(1億3600万円)に試乗させていただきました。
最大地上高30.5mで先端屈折式はしご車で、国内で10台、東海3県では初の納入というものです。

今日は風が無かったので、上空でも安定した乗り心地でしたが、さすがに30mは「恐怖感」を感じました。

講習の様子はこちら

[2012-02-18 (土)]

幸田町内の安全状況は?

総務委員協議会が昨日開催されました。
協議項目は新年度の組織機構改革方針として現行の総務部、企画政策課を2つに分け、新産業を中心とした企業・産業の誘致を積極的に進めるため新たに「企業立地課」を設置し、健康福祉部の児童課を、今後幼保一体化への対応をするため「こども課」と名称変更になります。
また、現行の福祉巡回バスをコミュニティバスにし、3ルートから4ルートと各時刻表、バス停を78から89に変更し、7便中、15時からの1便をスクールバスとします。
そのほか町のホームページにバナー広告を掲載し新たな財源を確保する要綱も協議項目として出されました。
その他の項目として、平成23年の防犯、交通安全、消防統計について協議しました。
お帰りなさい犯罪発生状況は、侵入盗は昨年比1.5倍と増加していますが全体では4件の減少となっています。
町内の交通死亡事故は、2/8時点で連続1200日を達成しています。

午前中で協議会を終え、南部中学校の生徒の帰宅する16:00過ぎから、交通安全・防犯パトロールで交差点に立ちました。
地域人たち校区の大勢の方のこうした見守りや呼びかけが事故防止や犯罪の抑止効果につながっています。

[2012-02-14 (火)]

こうた「議会だより」優良賞受賞!

平成23年度の全国町村議会議長会より、議会広報全国コンクール表彰結果がありました。
わが幸田町の「こうた 議会だより」は見事「優秀賞」を受賞しました。
平成18年度から「奨励賞」を2度、「入選」を2度と受賞を果たしてきました。
今回は、過去最高の「優秀賞」です。

この「こうた 議会だより」は議員の手で、すべて作成し、議会が発行する広報紙です。
議会が終わるごとに、数日間、みっちり時間をかけて作り上げていきます。
私も、5年間広報委員会に所属してきましたので、喜びはひとしおです。
今後とも「皆さんに身近で、親しみの持てる、わかりやすい広報紙」づくりを目指してまいります。

[2012-02-11 (土)]

「安全・安心なまちづくり推進大会」に出席

13:30から町民会館で「平成23年度 幸田町 安全・安心なまちづくり推進大会」が開催され参加しました。
大会では、交通安全や防犯・防災面で活躍された個人・団体の表彰が行われました。
岡崎警察署長から、現在この地域の防犯・防災の状況と課題など貴重な話を聞くことができました。
また、荻谷小学校5年生の「自分たちの目で3.11の大震災をどう見て感じて、行動したこと」の活動事例が発表されました。

第2部は、愛知県警察音楽隊の演奏にうっとりしながら「幸田町を住みよいまちへ」の想いをあらたにした午後のひとときでした。

[2012-02-07 (火)]

立春過ぎて、「春は名のみの~♪」

「春は名のみの 風の寒さや・・・」早春賦(そうしゅんふ)の歌詞です。
立春(りっしゅん)を過ぎて暦の上での「春」になったことを指しますが、まさに今年はこの詩のようです。
本日は、議会の全員協議会・・・予算説明会が開催されました。
いよいよ新年度の予算編成も進み3月議会が間近になった感じです。
予算の内容は、随時HPなどで報告させていただきます。
「議会だより」の行政視察が3日連続で続き、3つの議会のみなさんが来町されました。

3日とも「編集委員」として出席しました。どの議会も「わかりやすく、親しみある議会だよりづくり」に取り組んでおられ、視察に来ていただくことは、私たちにとっても大変勉強になり、参考にすることが多くありました。

[2012-02-03 (金)]

荻谷小学校で「エコトークセッション」を見学

昨日、荻谷小学校体育館で、幸田町内での「環境教育」と「青少年育成」支援として、荻谷小学校の4年生を対象に実施された「エコトークセッション(学習成果発表会)」に参加させていただきました。
これは、アイシン精機㈱内にある、さわやかふれあいセンター(企業市民活動支援センター)が企画され、より豊かな社会づくりを目指し、「自然・環境保護」「青少年育成」「まちづくり」の3つを重点分野として、地域に密着した企業市民活動に積極的に働きかけ、取り組みをされています。

生徒から、『地球を守るために自分たちのできる「エコ宣言」や一人ひとりの「エコアクション」などエコライフを実践し、広げます』と学習で学んだ成果の報告がありました。
この発表会は、すべて生徒たちの考えた言葉や演出、やり方で、和やかな雰囲気の中で進められ、外は今年一番の冷え込みと雪が舞う天候でしたが「暖かな気持ち」になる1時間でした。
生徒のみなさん、先生、アイシン精機㈱の関係者のみなさん「お疲れ様でした」そして「ありがとうございました」。

[2012-02-01 (水)]

HPアクセス数が「20,000」カウント!

みなさん、ありがとうございます。
本日、私のHPをリユーアルして以降、2,000件をカウントしました。
岡崎市在住の女性から「2,000件アクセスしました!」とメールがありました。
本当にありがたいことです。
2008年の4月22日からですので、約3年9ヶ月を要したことになります。
今後とも、住民の意見・声を把握し、開かれた議会を目指した活動を進め、議員と議会が、さらに皆さんの身近なものにしていくためにも、地道に続けてまいりたいと思います。
また、このHPからも皆さんの意見をいただけるようになっています。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

[2012-02-01 (水)]

「働くことを軸とする安心社会の実現!」街頭活動

2012年も1ヶ月が経過し、はやくも2月1日を迎えました。
早朝より街頭活動のため車のエンジンをかけましたが、冷え込みのためなかなかフロントガラスの霜がとけませんでした。
7:30から名鉄東岡崎駅駅頭で「働くことを軸とする安心社会の実現」に向けた街頭行動を実施しました。
連合愛知HP:http://www.rengo-aichi.or.jp/

また、本日2/1-2/3まで、2012年全国一斉労働相談ダイヤルが開設されるため、その街頭宣伝行動をも兼ねてハンドタオルを配布しました。
「連合愛知」は、愛知県下52万人の組合員で組織する労働組合で、555の労働組合の組合員がメ ンバーです。
企業内の労働条件の向上だけでなく、すべての働く人の雇用問題や労働法制度の改善をはじめ、子どもから若者、高齢者、障がいのある方々も、すべての人が安心して安全に働き、暮らせる市民生活の向上を目指しています。

[2012-01-31 (火)]

兵庫県播磨町へ

昨日、兵庫県播磨町の「議会基本条例」の取り組みについて、幸田町議会議員有志3人で視察してきました。
日帰りのため、移動時間がかかりましたが、取り組みされている議員さんの「生の声」を聞くことが出来ました。
播磨町は、昨年の4月1日から施行され、制定までの経緯や議会報告会の開催方法など、丁寧な説明を受けました。
播磨町役場 歓迎!「ありがとうございます」 藤田議長、福原議運委員長
「議会基本条例」とは、自治に基づく地方議会運営の基本原則を定めた条例のことで、分権改革によって、自治体の権限が拡大したことに伴い、議会の役割も大きくなり、議会改革を積極的に進めるために、議会改革を継続し発展させることなどを目的として、議会基本条例を制定する自治体が多くなってきました。
議会基本条例の全国的な制定状況は、全国の制定自治体数 103(平成22 年4月6日現在)となっ ています。
この取り組みにより、議員同士で話し合う機会が格段に増えたこと、議員の緊張感がいままで以上に増したことなども変わった点だと言うことです。
議会の活動原則として、議会は、議事機関としての役割・機能を果たすにあたって、情報公開および住民参加を重んじ、言論の府として、その特質を十分に発揮して活動することが求められています。
①開かれた議会としての活動
②町民参加の推進
③討論の広場としての活動があげられます。
そして、私たち議員は、議員相互間の自由な討議の推進、住民の意見の的確な把握、選良にふさわしい活動、住民全体の福祉を目指した活動を進め、不断にその能力の研さんをすべきことと認識をしていますが、これはもともと議員と議会の基本的なものと考えます。

[2012-01-24 (火)]

インフルエンザ続報

強い寒気で23日夜から雪となった首都圏は、雪によるケガ人や鉄道など交通網が乱れたニュース報道がありました。
インフルエンザ続報また、表のように県内でインフルエンザによる学級・学年閉鎖が発生しています。
西尾保健所に聞きましたが、西尾市内の小中学校でも先週末から学級閉鎖が発生しているようです。
町内では、メール配信より、
・幸田中学校・・・先週末、インフルエンザの影響で、1年生を学年閉鎖にし、欠席者の数は減ってきていますが、依然として各クラス1~2割程度の欠席者がいます。
・中央小学校・・・1年1組、5年1組は、24日(火)25日(水)学級閉鎖、6年2組は、本日午後1時30分に早帰りをし、25日・26日は、学級閉鎖とする。
愛知県HPの集団カゼ発生状況:
http://www.pref.aichi.jp/cmsfiles/contents/0000048/48068/29hou.pdf
自分でできる予防を忘れずに!まずはいつもの手洗い、マスク、咳エチケットから。
「咳エチケット」とは?
・咳・くしゃみが出たら、他の人にうつさないためにマスクを着用しましょう。
マスクを持っていない時は、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけて、1m以上離れましょう。
・鼻水・痰などを含んだティッシュはすぐにゴミ箱に捨てましょう。

[2012-01-20 (金)]

幸田中学校で「学年閉鎖」

インフルエンザが「県内で急増!」のニュースが報じられています。
町内でも昨日、幸田中学校の1年生の約3割の生徒が欠席したため「学年閉鎖」となりました。
1月19日(木)は午後の授業を中止し下校させ、1月20日(金)~1月22日(日)の3日間を学年閉鎖とし、土、日の部活動及び新春駅伝大会にも参加しないことがメール配信されました。
県内には、昨年12月21日より「インフルエンザ警報」が発令されています。
愛知県HP:http://www.pref.aichi.jp/0000047521.html
今年のウィルスはA香港型が多いとされ、1日~3日の潜伏期間の後、38℃~39℃の急な発熱と頭痛、全身倦怠、鼻水、せきや嘔吐、下痢の症状を示すそうです。
インフルエンザ ~予防と重症化を防ぐために~
1.過労を避け、十分な睡眠、栄養、保温に心がけ体調を整えましょう。
2.人ごみへの外出をできるだけ避け、帰宅時には、うがい、手洗いをしましょう。
3.かかった時は、早めに医師の診察を受け、安静に保つことにより、肺炎などの合併症を防ぐよう心がけましょう。

[2012-01-18 (水)]

連合愛知三河中地協「新春交礼会」開催

矢田代表のあいさつ昨日、18:30より、岡崎ニューグランドホテルにて連合愛知三河中地域協議会の「新春交礼会」が開催され、組織内議員として参加いたしました。
岡崎・幸田・西尾・から、地協役員・労働福祉団体・関係議員の参加、柴田岡崎市長、西尾市副市長、大須賀幸田町長をはじめ多くの行政関係者にもご臨席をいただき、和やかに進められました。
※連合愛知とは、全国のさまざまな産業の組合員約680万人が加盟している、日本最大の労働組合の全国組織である日本労働組合総連合会(通称:連合)の愛知県における地方組織で、約52万人の組合員が加盟している組織です。
新年のあいさつと「さこう弘康町政レポートNO.20」の配布も今週でほぼ終えることができそうです。
後援会の皆さんへは、本日からご自宅にお届けできる予定です。
皆さんからの、いろいろなご意見をお待ちしています。

[2012-01-13 (金)]

「町政レポート」を配布しています。

さこう弘康の町政レポート」VOL.20が刷り上り、昨日から配布しています。
今号は12月議会の議会報告と私が登壇し「一般質問」で質した内容と答弁、トピックスなどを載せました。
こちらから ご覧ください。
日本列島に寒気が流れ込んだ影響で全国的に厳しい寒さとなった昨日、今日。
県内各地でも氷点下を記録するなど、今季一番の冷え込みに見舞われています。
寒さにめっぽう弱い私にとって、つらい季節が続いていますが、張り切ってレポートを配っています。
今回は、長嶺、久保田地区方面を中心に手配りしています。
みなさんも風邪など引かないようにがんばりましょう。

[2012-01-10 (火)]

幸田町「成人式」に参加

昨日、1月9日「成人式の式典」が行われ参加しました。
町民会館の会場では新成人、323人が参加され、晴れ着姿の女性やスーツ姿の男性の輪がいくつもでき、華やいだ雰囲気に包まれていました。
今年の新成人は1991年生まれで、全国では前年より2万人少ない約122万人。
愛知県は、2万2254人で、昨年より360人少ないと言うことです。

1991年は、雲仙普賢岳で大規模な火砕流が発生し報道関係者なども巻き込まれた災害や、台風19号(俗称:りんご台風)による被害があり、また湾岸戦争の開戦やソ連が崩壊した年です。
平穏な社会を新成人の人たちの力とともに築いていきたいものです。

[2012-01-08 (日)]

「凧揚げまつり」盛大に開催!

朝から、冬の日差しが暖かく感じられる絶好の凧揚げ日和となりました。
すっかり幸田町の冬の大イベントとして定着したようです。
それぞれの大凧が、風を受け大空から下を見ているようでした。

会場には大村県知事もこられ各区、団体を回られました。
天候と会場のコンディションがよいせいか、例年より人出も多く大変な賑わいとなりました。

[2012-01-07 (土)]

寒風の中 「幸田町消防出初式」

強い寒風の吹き荒れる中、新年恒例の消防出初式が行なわれました。
一斉放水、消防団分列行進などが行われ、その雄姿は頼もしい限りでした。


この皆さんの日ごろの努力が、幸田町の安全、安心の支えになっています。
昨年の3.11大震災の教訓を活かし「有事即応」の体制作りが大切です。
最後に、参加者全員で今年の町の安全を誓って「火の用心」の三唱を行いました。

式の様子はこちら

[2012-01-01 (日)]

新しい年が佳い年でありますように

新年謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
旧年中のご厚情に心より御礼申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
昨年は、「数十年ぶり」「史上」と冠がつく歴史に残る、大震災や台風被害や事件が立て続けに起き、世界の政治、経済の節目の年となりました。
反面、「絆」「助け合い」「あきらめない」といった日本人本来の「心」を再確認することにもなりました。
私自身も一年間、突っ走りとおした一年の印象があります。
一年間の疲れか、年末の12/30.31は体調不良により体温が38℃をこえ救急外来で点滴2本をうってもらいました。
おかげで、熱も下がり新年のスタートができそうです。
体調に気をつけ、目標に向かい頑張っていきたいと思います。
みなさんの一年が素敵な年となりますよう、心からお祈りいたします。

[2011-12-27 (火)]

年内の「活動報告会」予定終了

昨日の「組織内議員」活動報告会で、年内の予定を終えることができました。
12/19:豊田市の集いの丘、12/21:ふれあいトーク、12/25:三菱自動車労組と続き、 昨日は、三河ハイツにて「デンソー労組の役員」への活動報告会で20分時間をいただき、先日終えた12月議会の報告と組織内議員の役割についてお話をさせていただきました。

早朝からの降雪で、昼過ぎでも頂上付近は雪が解けてなく大変危険です。
すぐに幸田町役場に、凍結防止のため情報を連絡しました。
報告会を終え、帰るころには融雪剤を撒いていただきました。
それを確認しながら、連合中地域協議会、幹事会に出席しました。
とても、冷え込む寒い一日でした。

[2011-12-22 (木)]

12月議会閉会

本日、平成23年第4回幸田町議会定例会が閉会しました。
12月5日に召集され、22日までの18日間開催され、上程された 単行議案8件 補正予算1件の9件をいずれも原案通り可決しました。
その他陳情1件を審議し、不採択としました。くわしい議会報告は、後日ここでも報告させていただきます。
いよいよ、今年もあとわずかとなってまいりました。
昨日は、デンソー高棚製作所の幸田町在住者との「ふれあいトーク」を開催しました。
多忙の中、予定の12人の全員の参加をいただきありがとうございました。
今年最後の「ふれあいトーク」 私の議会活動報告、その後、皆さんからの質問や要望に対する応答と、あっという間の1時間20分でした。
皆さんの関心ごとは「相見駅・幸田駅前開発関連、道路行政、子育て、税金」が多くありました。
こういった声を「行政に届け、実現していく」このことが、私の役割と思っています。
参加された皆さん、お疲れ様でした

[2011-12-18 (日)]

カーブミラー清掃のボランティアに参加

昨日、この冬一番の冷え込みの厳しい朝、9:00より町内の「カーブミラー清掃」のボランティア活動に参加しました。
毎年恒例で、私も5年連続の参加です。
この活動の主体は「デンソーハートフルクラブ幸田」で、地域社会貢献活動の一環です。

5グループに別れ、それぞれ地域をブロックに分けてスタートしました。
最初はとても寒いと感じましたが、すぐに身体の芯が暖まり、うっすら汗もにじんできました。
街中のゴミも拾いながら行い、途中で多くの住民の方々に「ご苦労様」と声をかけていただきました。
約1時間30分で250枚のカーブミラーの一年間のホコリをきれいに洗い流しました。
参加された皆さん「お疲れ様でした」。

[2011-12-16 (金)]

相見駅開業とダイヤ改正の発表

来春、相見駅開業にともない、3/17のダイヤ改正が本日JR東海から発表がありました。
(相見駅ニュースリリース・・・JR東海ホームページより引用)
記事からは、豊橋方面からの特別快速が幸田駅に朝2本停車が増え、平日1日あたり上下79本の普通列車に加え、岡崎以東の駅(相見駅含む)に区間快速が7本停車し、計86本が停車することになると記されています。
このため、この日が「相見駅開業の日」となります。

詳しくはこちら

[2011-12-13 (火)]

広報委員会「あけぼの幼稚園の餅つき」撮影

来年1月末に発行する「幸田議会だより」(幸田町議会広報特別委員会発行)の表紙の写真を撮りにあけぼの第一幼稚園を訪れました。
10:50到着しましたが、すでに大きな「ヨイショ!」の掛け声が園庭に響いていました。
約270人の園児が、鉢巻すがたで3つの石臼を中心に、大きな杵と子ども用の杵でお餅がつきあがっていきました。

『餅つきの湯気の出るような様子を園児の表情とともに写真にする』・・・とても難しいことです。
帰りがけに園長先生から「つきたてをどうぞ」とおいしく試食をさせていただき年末気分を味わいました。
「ご馳走様でした」。

餅つきの様子はこちら

[2011-12-10 (土)]

里保育園のホットな生活発表会

朝から冷え込みの厳しい朝になりました。
9:30分から、里保育園の生活発表会があり参観させていただきました。

例年より、1.5倍ほどの来場者で園児の熱演に期待する熱気が伝わってきました。
里保育園は町内の8つの園の中で、いちばん園児数の少ない保育園ですが、 2年前から乳児保育などの保育サービスの充実で、年々園児の数が増える傾向となっています。

年長・中・少とは別に、たて割り保育のぞうさんとくまさんのクラスでも演じられていました。
5つのプログラムを地域の人たちと、最後まで熱心に大きな拍手で応援しました。

[2011-12-08 (木)]

議会真っ最中! 昨日「一般質問に登壇」

12月議会が、5日から22日までの18日間の会期でスタートしました。
昨日は、一般質問の一番手で登壇しました。
今回、質問するにあたり特に気をつけたことは、ゆっくりと抑揚をつけて訴えることです。
これを常に頭に入れつつ意識して質問にのぞみ、理事者側にしっかり提言できたと思います。
質問内容と答弁については、議会報告と町政レポートで、後日お伝えいたします。

本日は、追加議案を審議する本会議、明日も一般質問の2日目です。
来週は、議案質疑と常任委員会と続きます。
「いよいよ年末も迫ってきた」・・・そんな気ぜわしさを肌で感じます。

[2011-12-04 (日)]

奉仕作業と"いも煮会"で舌鼓!

今朝は、晴れ渡った天気で風の強い日曜日となりました。
区民のみなさんと深溝運動公園の「つばきの小径」の草刈りと手入れに汗を流しました。
作業後は、無料の「あつあつのいも煮」をおいしくご馳走になりました。
みたらし団子やバルーンアートのお店も人気がありました。
「いも煮会」は今年で5回目の開催で、1時間ほどで400人分が「完売」となりました。
すっかり地元区民のコミニティー行事として定着してきました。

この事業の目的は、農地や農業用水、ため池など、農村地域の資源を大切にし、これらの資源を守り、地域の資源を農家だけの手で守っていくことは、現状難しいことから、地域全体で環境を保全していく「農地・水・環境保全向上対策」として、平成19年度から本格的にスタートし今年は5年目の最終年度となっています。

[2011-12-01 (木)]

「師走」に突入しました。

晩秋の大井池早くも12月になりました。
あまりの時の速さに「突入」という表現になってしまいます。
12月議会も始まります。
12月5日に開会し、私は、7日の9:00から一番手で一般質問に登壇いたします。
=質問内容=
3月11日の東日本大震災以降、全国各地で「防災のまちづくり」が強力に進められており、「人の命に関わる施策」について質問をしてまいります。
①「AED」の更なる設置と普及による救命率の向上について
②「BLS」(一時救命処置)で「命の大切さについて」子供たちに教育の現場でおこなう考えについて
の2項目でおこないます。
時間の許される方は、ぜひ傍聴にお越しください。
今議会は、11人の議員がそれぞれ直面する行政問題に対し質します。
「ユニゴンのぽっけ11月号」が発行されましたので、こちらもご覧ください。
今回「AED」を取り上げたことについても記載してあります。

[2011-11-25 (金)]

中学生の下校時「防犯パトロール」

今日は、議会臨時会が召集されました。
議案は「幸田町職員の給与に関する条例等の一部改正について」。
改正内容は、人事院勧告に準じ民間との差が生じたため減額するものです。
賛成多数で原案通り可決しました。
昨日は、南部中学生の下校時における「防犯パトロール」が3箇所の交差点で実施され参加しました。
「見せる防犯」という地域が一体となり、交通安全立哨もかねて実施します。
自転車の交通安全呼びかけ今、全国で年間約2万件と事故全体の13%近い自転車絡む交通事故が激増しています。
警視庁は、指導・取り締まりに本腰を入れるほか、講習などを通じてマナー向上も図る方針を打ち出しました。
自転車をあらためて「車両」として定義し「自転車は車道を走ること」を求めたこの指針。
とりわけ自転車と歩行者との事故がしていることにあるからですが、自転車が走行するその「車道」自体、自転車が走りやすいとはいえません。
特に狭い道路が多いところでは、車道を走ることで新たな事故が増える可能性すらあります。
私の立った交差点では自転車通学が多く、一日で52人の生徒がいるとのこと。
早急に「自転車の通行環境の整備」を進める必要があります。

[2011-11-20 (日)]

久しぶりの「オフタイム」

前日の荒れた天気から一転、朝からいい天気の日曜日になりました。
10月からいろいろな行事、イベントなどへの参加が続きました。
昨日は、深溝学区コミニュティー文化祭と学芸会に出席しました。
途中で、ご無礼して名古屋へ研修会(「地域主権に向けた先進的取り組み」慶應義塾大学教授 上山教授)に出席。
夕からは、早くも「忘年会」に顔をだしました。

今日は久々の休暇日となりました。
先日、収穫した「サツマイモ」を蒸かして「切干しイモ」づくりに挑戦しました。
小さめのイモでやってみましたが、すでに夕方にはいい状態で乾燥が進んでいました。

[2011-11-17 (木)]

「幸田町社会福祉大会」の開催

高齢者福祉や障害者のやさしいまちづくり、青少年、子どもの健全育成を進めるため町民総参加の福祉のまちづくりが求められる中、平成23年度「幸田町社会福祉大会」が町民会館で開催されました。
地域福祉の第一線で活躍されている功労者の表彰と長寿を祝う行事です。

本格的な少子高齢化社会を迎えている現在、今後もますます社会福祉に対する社会的要請が求められています。
中学生の「音楽活動を通して学んだ心」と東日本の震災後ボランティア活動に参加された社会福祉協議会の女性の「復興への強い思いにふれて」と題しての体験談発表があり、最後に大会宣言が読み上げられ閉会しました。

[2011-11-14 (月)]

町内の晩秋の風景をパチリ!

今日は「小春日和」のとても天気のよい日でした。
先週末からグル~リ!とまわった町内の「晩秋」の風景です。

「小春日和」とは、真冬の暖かい日を言うのかと思いましたが、晩秋や初冬に、春のように温かい日を例えるようです。
「晩秋」とは、秋の終わり頃を言い。11月から12月初め頃に該当し、二十四節気に基づく節切りでは、寒露から立冬の前日までの期間をいうそうです。
気候も冷え込んできました、身体の健康管理にも十分注意が必要です。
先週、インフルエンザの予防接種を済ませました。

[2011-11-11 (金)]

2011年11月11日"トリプルイレブン"の日

今日は、年始から315日目にあたり、年末まであと50日となりました。
そして「11.11.11」 1が6つ並んだ、"トリプルイレブン"の日ということです。
各地で記念乗車券の発売やチョコレートのお菓子が話題になっています。
また、食卓に並んだ箸をイメージすることから、11月11日を「いただきますの日」ともされています。
「いただきます」という言葉にこめられた、5つの感謝(自然/いのち/労働/知恵/周りの人たち)を通じて、心豊かな食卓、幸せな暮らしの時間を社会に広げていきたいと考えて設定されたとのことです。
ほかには、乾電池の+(プラス)と-(マイナス)を組み合わせると十一になりというわけで、乾電池の日と制定されています。
この日を機会に身近な電池や応用機器の点検、災害などのいざという時に必要な常備品の見直しを呼びかけています。
本日、10:00から県立幸田高校の創立40周年記念式典があり、出席させていただきました。

卒業生は1万2000人を超え、地域と密接な関係を保っています。
また、書道・文芸部は俳句甲子園の常連になっており、今年もテレビで紹介されました。
今後、ますますの幸田高校の発展を期待と祈念をいたします。
「おめでとうございました」

[2011-11-07 (月)]

12月議会の「一般質問」を通告

本日より受付の12月議会の一般質問の通告書を提出しました。
朝、提出しました。一番目の受付ですので12月7日の9:00からの登壇予定となります。
今回の質問項目は、みなさんからの「声」を行政に反映させるため取り上げました。
①助けられる命を助ける「AED」の更なる設置普及の考えについて。
 ・「AED設置」の現状と今後の計画について。
 ・「AED貸し出し制度」の導入を。
 ・「AED24時間使用可能」の取り組みを。

②学校の「命を大切にする教育」と「BLS(一次救命処置)」について。
 ・学校での現状と今後の計画について。
 ・「命を大切にする教育」に「BLS(一次救命処置)」教育を。
以上の要旨で質したいと思っています。
まだ1ヶ月ありますが、いろいろな情報を集め組み立てていきたいと考えています。

[2011-11-03 (木)]

文化の日

今日は、文化の日です。
国民の祝日に関する法律によれば、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨としているとあります。
1948年(昭和23年)に公布・施行された祝日法で「文化の日」と定められました。
また、この日は晴天になる確率が高く、「晴れの特異日」として有名ですが、本日の午前中は曇り空。
幸田町の「連続交通死亡事故"0 "」が11月1日で「1100日」達成をしました。
町の交差点の陸橋に横断幕が掲げられていました。
入場ゲート愛知県全体では、10/31の時点で昨年と比較し12人多い174人の方が亡くなっています。
東京都の187人についで2番目に多くなっています。
警視庁によると今年上半期の交通死亡事故の半数以上(50.3%)が高齢者(65才以上)だということで す。
また、自転車による事故も急増しているとのこと、自転車は加害者にも被害者にもなります。
ルールを守って「事故のないまちづくり」を進めていきましょう。

[2011-10-30 (日)]

消防団観閲式が行われました。

本日、平成23年度 幸田町消防団観閲式が防災広場で開かれました。
当初の開催予定は、9月25日でしたが、木金休日が実施され1/3の団員が対応できないため本日になりました。
こんなところにも、自動車関係の輪番休日の影響がありました。
147人の団員さんたちは、日頃の訓練を積み重ね、日夜地域の安全と安心を守っています。
披露された、訓練や操法では、キビキビと威風堂々とした姿は、頼もしさを感じました。

[2011-10-29 (土)]

いもほり・草刈り、慣れない作業でグッタリ!

今日は久しぶりの公務なし、朝から借りている畑で「いも」の収穫をしました。
サツマイモの「紅東(ベニアズマ)」という品種です。
外皮は濃赤紫色で肉色は黄白で長紡錘形、肉質は粉質で繊維少なくとてもおいしいイモです。
少し堀り取り時期が遅れたのか、条溝が出来ていました。
約3時間かけて収穫しましたが、結構な重労働でした。

早速、とれたてを「蒸かしイモ」で試食しました。
まずキッチンペーパーでサツマイモを包み水を含ませ、全体にラップを巻き、お皿にサツマイモをのせて、電子レンジで加熱。
細い物で、5分くらいでホクホクの「蒸かしイモ」の出来上がり、とても美味しくいただけました。


そのままの作業スタイルで「1人ボランティア」・・・草の繁茂で歩道が狭くなっている道路の草刈りをしました。
草刈機での作業ですが、なかなか腰に負担がかかり、汗もビッシリかきました。

[2011-10-25 (火)]

「さこう弘康 町政レポート Vol 19」発行

私の「町政レポート Vol 19」を発行します。
9月議会と発言の内容、町のうごき、活動報告などを掲載しました。
皆さんのお手元には、今月の27, 28日頃にはお届けできると思います。
町政レポートは、こちらからご覧下さい。

昨日は三重県のいなべ市に出張し、デンソー労働組合の職場役員さんの労働講座で時間をいただき「議員活動報告」をさせていただきました。
幸田町の報告では、なじみが薄いため「組織内議員の役目」についてお話をさせていただきました。

本日は昼休みに「秋の屋外クリーン運動」に参加しました。
この活動は、環境活動計画の柱の一つ「エコフレンドリー(対外連携・交流と情報発信)」として、又クリーン幸田に相応しい美化を目指し、今年2回目の幸田駅・会社周辺道路のゴミ拾いの運動で、住民の方にも大変喜ばれています。

[2011-10-23 (日)]

第56回「町民大運動会」開催

天気予報では町民大運動会「開催が難しい」状態でしたが、朝からどんどん天気が回復して予定通り中央公園にて開催されました。
17の嗜好をこらしたプログラムが組まれ、特に区対抗競技は得点が区の総合得点として計上されるため、熱の入ったレースが繰り広げられました。

私も、区対抗の「幸田オリンピック」に選手で参加し、縄跳びで50mを走りました。
結果は、予選落ち・・・足腰に痛みが・・・。

3.11の震災以降、地域のコミュニティーや絆の重要性が言われています。
こういった行事を通して地域が元気に、助け合う気持ちを持つことが重要です。
そういったことからも有意義な運動会だったと思います。

運動会の様子はこちら

[2011-10-19 (水)]

視察研修最終日・誕生日!『感謝と幸せ』

総務委員会の視察研修の3日目となりました。
初日は・・・滋賀県湖南市の「事業仕分け」
2日目・・・兵庫県豊岡市の「防災まちづくり」・養父市の「ユニバーサル社会づくり」
3日目・・・神戸市の阪神・淡路大震災記念「人と未来センター」見学 4箇所の研修内容は、後日報告させていただきます。

特に阪神・淡路大震災記念「人と未来センター」では、大震災の貴重な教訓を後世に継承し被害軽減に貢献すること、生命の尊さ共生の大切さを世界に発信する目的に設立されました。
震災体験者「語り部」による体験談も聞くことができました。
震災で2階建ての自宅が一瞬のうちに一階がつぶれ、40cmの間に7時間挟まれたまま、助け出された女性の話を聞くことができました。
彼女は「私は震災を境に、生かされている喜びを本当に感じ、語り部として恩返しをしている」「朝起きて、一日を過ごし、また寝る、こんな幸せなことはない」と熱く話しを聞かせてもらえました。
今日は、私の「誕生日」です。
数年前は「また1つ年をとってしまった」という感じしかなかったような・・・。
でも最近は「無事に誕生日を迎えられ、健康に生んでくれた親に感謝する日」と思えるようになりました。
特に今日の、震災体験者「語り部」の女性の話を聞いて余計に『感謝と幸せ』を感じられる日となりました。

[2011-10-14 (金)]

9月議会の報告

幸田町議会が発行する「議会だより」の編集委員会が10/3.4と本日、行われました。
編集委員会の会合は、議会後に毎回4日間と原稿事前準備で3日間ほどの時間をかけます。
いかに町民の皆さんに読んでもらえて、わかってもらえるかを主眼に編集します。
議会広報の編集委員は、議員となって携わっており5年目です。
HPは、こちらからご覧ください。
発行は10月27日付け、皆さんの家庭には10月末から11月初に届けられます。
また、私の「幸田町議会議会報告書」は、所属する「ユタカ議員連合会」へ議会が閉会後に提出します。
先月末に閉会した、幸田町9月議会の報告書を発送しました。
詳細は、こちらからご覧ください。
また、「さこう弘康 町政レポート」は、今月半ばに発行します。
今回の手配布は、北部の坂崎地区を予定していますのでよろしくお願いします。

[2011-10-08 (土)]

秋晴れの中 里保育園運動会

9:30から、里保育園の運動会に出席させていただきました。
本格的な秋晴れの空の下、とてもさわやかな運動会となりました。
今年も忍者がテーマで趣向を凝らしたプログラムでした。
かけっこは・・・「忍者走りの術」や玉入れは・・・「玉入れの術」など。

今年の園児数は、38人と乳児保育は8人で、昨年の33人、一昨年の23人より、増えました。
昨年度より延長保育と乳児保育も始まり、保育サービスが充実してきました。
環境抜群の里保育園は、アットホームが特徴です。
会場が一体となったとても楽しい運動会でした。

[2011-10-05 (水)]

町長へ「政策要望書」提出

本日10:00より、連合愛知三河中地域協議会の矢田代表以下5人とともに、幸田町役場で大須賀町長へ「政策要望書」を提出しました。
連合愛知三河中地協は、組合員はもとより広く勤労者、町民全体の生活向上と地域の発展に向け、「安全・安心で活力ある地域社会づくり」を目指して下記の重点要望を取りまとめて、提出した 内容です。

諸般の厳しい情勢下にあるものの、町民の信頼に応える町政の推進と、当面の行政施策および平成24年度の予算へ反映を要望しました。
その後、町側との意見交換がおこなわれ、今後も働く仲間の声にも応えていただける姿勢を確認することができ、有意義な懇談会となりました。

資料はこちら

[2011-10-02 (日)]

秋の行事が続いています。

9月議会は、30日(金曜日)が最終日となりました。
単行議案、一般会計補正予算など14議案を可決。
陳情2件を採択、議員提出議案1件を可決し閉会しました。
議会報告は今週掲載させていただきますのでよろしくお願いします。
昨日は、秋の大祭のため2つの神社の祭礼に出席しました。
午後から地元の素戔嗚神社の大祭に参加、チャラボコ太鼓や手筒花火の奉納と持ち投げなど、秋のお祭りを楽しみました。
今朝は、アイシン機工の労働組合さんの第29回定期大会にお招きを受けて出席、その後デンソー幸田の秋まつり「さわやかホリディー」にも顔を出させていただきました。

多くの家族連れが、模擬店や売店で買い物や食事、運動会など盛りだくさんのイベントを秋の好天のなかで、連休の最終日を楽しんでいました。
10月中は、秋の行事が続きます。
ちょっと気温も下がってきました。体調管理に気をつけてすごしたいものです。

[2011-09-28 (水)]

秋の交通安全運動期間中です

平成23年9月21日(水)から30日(金)まで秋の全国交通安全運動が展開されています。
実施に当たっての積極的に取り組むことは、
・「子どもと高齢者の交通事故防止」を運動の基本とする。
・「夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止。
・「全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底」及び「飲酒運転の根絶」。
地域重点についても、実情に合わせ実施する内容です。
なお、運動実施期間中の9月30日(金)は、交通事故死ゼロを目指す日となっています。

私もこの期間中、地元の交差点や勤務地の周辺の交差点に立って活動に参加しています。
主要道路で目立つのは「携帯電話での会話やスピードオーバー」もちょこちょこ見かけます。
幸田町内での交通事故による死者数 は、最後の死亡事故から 1067 日目 を記録中で、ほぼ3年間、ゼロが続いていることになります。
しかし事故件数自体は減っていません、~高めようモラル 守ろうルール~ を実践して「交通事故撲滅」を目指したいものです。

[2011-09-22 (木)]

台風一過・・・大きな虹!

非常に強い台風15号は、昨日の午後2時頃浜松市付近に上陸し、関東地方を縦断し、夜には太平洋に抜けて行きました。
各地で大きな爪跡を残し、22日までの全国の死者は12人、行方不明者は4人となりました。
この間、この地方も広い範囲で大雨、暴風に見舞われました。
先日の12号の教訓から水と土砂災害への最大級の警戒がありました。
台風一過、大きな虹あらためて「防災の備えと防災情報の共有は、行政と住民がひとつになって進めることが必要だ」と認識をしました。
本日、総務委員会があり、役場に向かう途中西の空に「大きな虹」が出ていました。
なにか久しぶりに「虹」を見たような気がしました、前に見たのはいっだったか・・・。
台風一過、とてもキレイなはっきりとした虹でした。

[2011-09-18 (日)]

学区敬老会に出席

「敬老の日」9月19日を前に深溝学区コミュニティ主催の敬老会が開催され出席しました。
敬老の日は、国民の祝日に関する法律によれば、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」ことを趣旨としています。
そして、敬老の日を第3月曜日とし、9月15日を老人の日、同日より1週間を老人週間としています。

町全体では75歳以上の対象者は、878人(男:246人、女:632人)です。
式典では表彰式が行なわれ、卒寿(90歳をむかえた方)の14人の方は、すべて女性です。
また、偕老同穴(夫婦とも75歳以上)は、あらたに12組の方たちでした。
出席された方々は、背筋もピーンと足取りもハツラツとされ、元気をもらったような気がしました。

[2011-09-14 (水)]

こんな「声」がありました。

「出勤時、幸田駅から西口に向かう通路で人が倒れているのを発見(意識がない模様)通りかかった人達と一緒に、初期対応に加わりAEDを探しに幸田駅に行ったが、設置されていませんでした。
駅員に聞いたがAEDなしとのこと。その後、救急車で搬送されました。
幸田駅に、AED設置要望して頂きたい。」こんな声が数日前に届きました。

AED【自動体外式除細動器】とは、心室細動を起こした人に取り付け、電気ショックを与えて心臓の働きを取り戻すための救命機器のことで、平成17年(2005)から一般人の使用も認められ、機械の音声指示に従って操作することができます。
空港や駅、スポーツ施設などに設置が広まっています。AEDは、心肺停止状態の患者を救うために非常に有効なものです。
<調査しました>
愛知県内のJR駅で新幹線駅3駅含む25駅128機にのみ設置され、東海道本線では、金山・刈谷・豊橋・・・ということです。
列車内にも設置されておらず、さらに駅前交番にもないということです。
人が集まり、行き来する場に『救える命を救うため、さらなる設置』を提言していきたいと思います。

[2011-09-10 (土)]

列島クリーンキャンペーンに参加

本日、8:50から連合愛知三河中地協の年間活動のひとつ「列島クリーンキャンペーン」が実施されました。
岡崎市竜美台のフタバ研修センターに集合し、市内の2箇所に別れ「ごみ・空き缶拾い」に参加しま した。
今朝は、晴天でまだまだ強い夏の日差しの中、1時間30分ほどたっぷりといい汗を流しました。

街中は、台風のあとでもあり、多くのごみが散乱していると予想していましたが、ごみは非常に少なくキレイだなーと感じました。
こうした活動は、継続することに意義があり「見せる」効果も街の美化に役立つものと思います。
参加された皆さん「お疲れさまでした!」。

[2011-09-05 (月)]

台風12号、自然の猛威!

各地に猛威をふるった、台風12号は各地に土砂災害や洪水の被害をもたらしました。
死者31人、不明56人といまだに孤立地域もあり、被害の拡大が心配されます。
死者の中には、和歌山県の那智勝浦町長の娘さんも含まれており4日が結納の日だったそうです。
現在町長は状況把握と復旧に向け公務を続けられているということです。
今回の台風は「台風一過」という言葉がないようです。
今後も、6日明け方にかけて、局地的に雷を伴う激しい雨が降る所もあり注意が必要です。
町内もところどころで、カンバンが倒れたり道路に倒木があったりと台風の爪あとがみらけました。
私の田舎(岐阜県美濃加茂市)も、私が中学2年生の1968年8月17日に集中豪雨(8.17集中豪雨)の被害にあいました。
家のすぐ西側の山が崩れ、山がゴーゴーと不気味な音を立ててすべり、道路はいたるところで寸断されました。
多くの土地家屋被害と死者7名の甚大な被害は壮絶なもので、いまでもその恐怖の災害の記憶がよみがえってきます。
犠牲者の中には、スポーツ万能で元気よく遊んだ、一年先輩や一年後輩の女子生徒も含まれていました。
東日本大震災も今回の台風の被害も、自然の猛威を改めて感じます。 どんなことにも当事者意識を持ち、日ごろの備えや訓練など「減災」を常に意識をしておくこと、これが教訓となっています。

[2011-09-01 (木)]

9月1日、9月議会開会

9月1日は「防災の日」です。全国各地で大規模な防災訓練が行なわれたニュースが報道されています。
「防災の日」は、伊勢湾台風が襲来した翌年の1960年に閣議決定され制定されました。
1923年9月1日午前11時58分、関東大震災が発生したのもこの日です。
ことしは、東日本大震災を受けた後のため、訓練を通じ課題を見つけるためにも重要になります。
幸田町では、9月3日に幸田町防災訓練が開催されます。
本日は、9月議会の開会日でもあります。
財政健全化判断比率等についての報告と教育委員会委員の任命かど2件の人事案件は本日同意され、単行議案6件、補正予算8件、平成22年度決算認定議案の10件が上程されました。
議会日程は、ここから

議会の内容は、随時報告させていただきます。

[2011-08-30 (火)]

暑かった夏も終わりの時期

熱中症や水の事故、豪雨など多くのニュースがあった「猛暑の夏」もそろそろ終りの時期となりました。
夏場の疲れが出てくる時期でもあります。
健康管理をし身体に気をつけて過ごしていきたいものです。
役目を終えたゴーヤのグリーンカーテン 実もたくさんなりました。
本日、首相指名選挙で野田佳彦さんが、第95代62人目の首相に指名され新たな人事で内閣がスタートします。
昨日、民主党の新代表に選出された際、野田新代表は、
・「心を引き締めて重荷を背負っていく決意だ」。
・「ノーサイドにしましょう」と党内融和を目指す考えを強調。
・「東日本大震災の復旧・復興、東京電力福島第1原発事故の収束、円高対策」などが具体的な政策課題。と表明しました。

組織も人脈もないまま、政治家を志し、ほぼ毎日街頭演説をしてきた市民感覚の新首相に期待する声が、新聞やTVニュースで目立ちます。
私たちは、言ったことを実行する「安定した、信頼できる、落ち着いた政治」を一番望んでいます。

[2011-08-22 (月)]

被災地の宮城県の中高生が工場見学

岡崎市の高校生(We can stand up)が、東日本大地震で被災した仙台の中高校生をまねいて交流会を開催し、その一環でデンソーの工場見学の希望がありました。
多忙なスケジュールの中、本日午前11:00より、デンソー幸田で実施されました。
ようこそ! 工場の説明 みんなで集合写真
見学後、質疑応答の時間がもうけられ
「給料はどれくらいですか?」
「働いている人のファションは?」など
高校生らしい、質問もあり、和やかな雰囲気の工場見学となりました。

[2011-08-19 (金)]

8月も半ばを過ぎました。

「立秋」とは名ばかりで、「時候の挨拶」なら「残暑」と言うべきですが、とても「残」ではなく、まさに「盛暑」が続きます。
新聞やテレビのニュースでは、「熱中症」「ゲリラ豪雨」や「川下り船の転覆事故」など、夏ならではのニュースも入ってきます。
8月の14日から17日まで、妻の実家のある新潟県新発田市に「帰省」し、身も心もリフレッシュしました。
とにかく食事がおいしくて、ビールも進み、休み前に3kgダイエットした分、元に戻ってしまいました。
トヨタ系企業の休みも今日で終わり、明日から暑さに負けず「仕事」に励みたいものです。
本日は、9:00から「総務委員協議会」が開かれました。
協議事項は、
・反社会的勢力による被害の防止について
・防犯活動行動計画の推進について
・聞入寺解体工事について
・コミュニティバスの運用計画について
・電動アシスト自転車購入費補助事業について
・幸田町事業仕分けの判定結果について
協議内容については、後日報告させていただきます。

[2011-08-13 (土)]

地元の「夏まつり」盛大に開催!

深溝小学校の校庭で、恒例の「深溝まつり」が開催され、開会のあいさつをさせて頂きました。
「深溝夏まつり・盆おどり」は、過去は自治会が主催で各地域で開催されていましたが、時代の流れとともに、中止になる時期がありました。
しかし、深溝地域では、若者の有志で、「深溝夏まつり」を再開され、今年で12回目となりました。
地元を想う若者の情熱に敬意を表したいと思います。

各区で、模擬店を担当し「カキ氷」「フランクフルト」「五平餅」「みたらし団子」・・・など、会場を大いに盛り上げました。
私は、チャラボコ太鼓保存会として「もつ煮・焼きとうもろこし」を出店し、夏の夜を楽しみました。
今年は、天候も良く、汗だくで運営された実行委員、役員の皆さん、参加者のみなさん「お疲れ様でした。」

[2011-08-10 (水)]

「くらしの相談室」inアイシン機工さん

「くらしの相談」は常時、電話やメール、組合事務所で受け付けていますが、出張開催もしています。
本日は、アイシン機工さんの吉良工場で「くらしの相談室」を開催していただき昼休みに実施しました。
3人の方に足を止めていただき、お話をさせていただきました。

昨日は、「防災対策特別委員会」設置後、初の協議会が開催されました。
協議項目は、
1.防災安全課・・・幸田町地域防災計画の修正について
 修正の根拠⇒今回の東日本大震災は、従来の計画範囲を大きく超えており、現計画を大幅に見直す必要がある。
 作業の流れ⇒各層から意見聴取し、県との協議、町の防災会議等を経て来年の2月頃製本される計画です。
2.予防防災課・・・平成23年度幸田町総合防災訓練について
 訓練開催日時⇒平成23年9月3日(土)8:30~
 訓練場所・概要⇒主会場:防災広場、地区会場:町内6小学校、役場の3会場。
この2項目でした。

震災から、明日で5ヶ月になります。今朝も和歌山県で地震のニュースがありました。
『自分と家族の命を守る』・・・「自助」の部分を今一度見直しをしましょう。

[2011-08-06 (土)]

本光寺で旧伽藍調査の現地説明会がありました。

深溝松平家の菩提寺、本光寺で2月に確認された旧本堂の基壇状遺溝から延長する溝などが新たに見つかり、10:30より町教育文化財担当の方から現地説明会があり参加しました。
幸田町教育委員会では、本光寺寺域の国史跡指定を目指すため「深溝松平家菩提寺瑞雲山本光寺の文化財調査」を実施しています。
今回の説明会では、寛政3年の絵図に描かれた本堂の位置とほぼ一致する南北方向の基壇状遺溝がしっかりと確認でき、また地鎮の可能性がある土師皿が20点以上と寛永通宝一枚が出土し、その展示もされていました。

文化財調査は来年度も続きますが、今年の秋に中間報告や展示会、講演会も予定されているとのことです。

[2011-08-05 (金)]

午後から久々プールへ

木金休みで、今日は午後から公務などの予定がなく、プールに行きました。
私が利用しているプールは蒲郡市の「ユトリーナ」です。高台にあり三河湾も一望できます。
サウナつきの銭湯もあり、あまり混まないのでよく利用しています。
プールは競泳用のコースはなく、水中歩行のコースやジャクジー、ミストシャワーベットなどがあります。
庭に咲いたハイビスカスの花「ユトリーナ蒲郡」公式HP:http://www.city.gamagori.lg.jp/site/yutorina/

今日は、プール2時間と銭湯1時間とゆっくりできました。
夏場にもかかわらず体重が減ることなく、逆に増えているようで「自分管理」を怠っていることがわかります。 ここ一週間、運動と食事を考えて「自分管理」をしようと誓った日となりました・・・。

[2011-07-31 (日)]

行事が詰まった月末でした。

月末を迎え、いよいよ夏も佳境となってまいりました。
公務や行事の多い月末となりました。

昨日は「第23回 幸田 彦左まつり」が開催されました。
私も地元の深溝学区行列の「ちゃらぼこ太鼓」の山車を引き参加をしました。

午後5時半から、中央公園で開会アトラクション、出発セレモニーが行われました。
その後、民謡踊り、マーチング隊やサンバパレード、幸田町にゆかりのある天下の御意見番「大久保彦左衛門」や、時代劇で知られる義理人情に厚い江戸っ子の魚屋さん「一心太助」、「おなかさん」に紛した各コミュニティーや町内企業の皆さんが仮装行列をし、歩行者天国になった幸田駅までの通りをねり歩きました。街中では夜店なども多く出て、幸田の夏が盛りあがりました。

[2011-07-25 (月)]

「幸田町版 事業仕分け」が実施されました。

7月23日・24日と「幸田町版事業仕分け」が実施され、多くの傍聴の方が訪れ真剣に、今回対象となった19の事業の仕分けを見学しました。
私も2日間にわたり、傍聴をさせていただきました。 町が実施している695の事業について「そもそも必要か?」「町が実施するべきなのか?」「実施方法の改善は必要か?」などといった観点で、事業の必要性や仕事のやり方を町民の皆さんや外部の人に聞いてもらい、「事業の見える化」をし、住民と行政が同じ目線で事業を見直すキッカケづくりとなることが、大きな目的だと思います。

今回の「事業仕分け」を傍聴し、事業を公開したことで、多くの事業が「要改善」という判定がされました。
事業に対して、そもそも「なにをやるかではなく、誰のために、何のためにやるのか?」という観点で住民はしっかり見ていることがよくわかりました。
参加された関係者のみなさん、仕分け人・判定人の皆さんお疲れ様でした。

[2011-07-16 (土)]

新駅駅名・・・「相見駅」に決定!

2011.07.14(ニュースリリース)JR東海社長会見の席で東海道本線「幸田~岡崎間新駅の名称」を『相見駅』とすると発表がありました。

相見駅完成予想図 相見駅完成予想図
会見の内容は、以下のとおりです。(ニュースリリースから)
東海道本線の幸田駅と岡崎駅の間に新たに開業します駅の名称が決定いたしましたので、概要とあわせてお知らせします。

1.駅の名称
 「相見」(あいみ)

2.所在地
 愛知県額田郡幸田町大字菱池地内

3.新駅位置
 名古屋駅から44.4km
  ・幸田駅から3.1km
  ・岡崎駅から4.3km

4.設備概要
 ・駅舎:橋上式
 ・ホーム:2面3線
 ・エレベータ:橋上駅舎に2基、自由通路に2基を設置

5.開業時期
 平成24年春(予定)
以上。

[2011-07-12 (火)]

「政策推進コンベンション2011」in東京

7月11日・12日と自動車総連組合員77万人の政策制度実現のための政策推進コンベンションが東京で開催され参加しました。
第1部 車と社会を考える政策フォーラム 総会
第2部 緊急集会
第3部 懇親会 とプログラムが進行しました。
フォーラム議員は、国会議員85名が名を連ね、今の政権を支える衆参議員が出席しました。
役員の代表である、黄門様・・・渡部恒三衆議院議員の元気な挨拶から始まりました。


緊急集会では、「東日本大震災を一つの契機として日本の経済を復興・再生に導くために基幹産業である自動車産業を健全かつ持続的な発展が不可欠であることを認識し、行動を起こしていく」内容のアピールをし、力強くガンバロー三唱で閉会しました。

懇親会では、岡田幹事長、細野原発担当相、海江田経済産業相など、次々と直近のニュースの顔の議員の挨拶で会場は大いに盛り上がりました。

[2011-07-07 (木)]

7月7日は七夕、天候は?

七夕は年に一度、織女星と、牽牛星が天の川をわたって会うことを許された特別な日とされています。
昔の中国で、農民が「仕事、仕事」の毎日を哀れむために作ったのが七夕伝説の最初なのではないかといわれているようです。
短冊に願い事を書いたら、空を見上げて、星をながめることが少ない方にとっては、七夕はよい機会だと思います。
でも、今夜はあいにくの天候のようです。
今日は、休日輪番制本格的施行の日となり、自動車関連企業はお休みです。
議員は公務があり、今日も明日もお休みにはならない環境です。
6月議会の「議会報告」は、こちらからご覧ください。
なお「さこう弘康 町政レポートレポート NO,18」は、7月半ばにお届けさせていただきます。

[2011-07-02 (土)]

朝取れ野菜で「自家製カレー」に挑戦

今日は、久しぶりの公務なしの日です、日ごろできないことに挑戦しました。
今年は、借りている畑では、イモやとうもろこし、アスパラガスを植えています。
夏野菜は、自宅でプランター栽培にチャレンジしています。
プランター栽培は、毎朝毎晩水遣りをしないと、すぐに葉っぱがしおれたようになってしまいます。
それでも今朝は、きゅうり、トマト、ししとう、なすがとれました。
今日は、これを使って、5月に多く取れたタマネギをたっぷりいれ、「自家製カレー」をつくりました。
自分でつくった料理・・・まぁまぁの味、出来栄えでした。
畑に行ってみると、草が生い茂って大変な状況!

熱い中、草と大格闘!大量の汗にぐったり。
農業ってほんとうに・・・たいへんですね。

[2011-07-01 (金)]

今年の後半がスタート!

今日は7月1日、早いもので今年の後半がスタートしました。
政府は、東京電力・東北電力管内にある大口電力需要家に対して昨年比15%の節電を義務付ける電力使用制限令を37年ぶりに発動しました。このため、企業や工場などは、始業や終業時間を早める「サマータイム」や休日シフトといった節電策を本格的にスタートさせました。
この地方でも、電力会社の節電要請を受け、自動車各社が木・金曜を休みにするなど、働き方や暮らしが節電やエコで大きく変わる節目の日となるような気がします。
今朝は、「議会だより」の編集委員として、深溝保育園の移動動物園のようすを表紙に載せるた め、写真撮影のため取材に伺いました。
日差しは、さほどでもなかったのですが、とても蒸し暑いなかでした。
園児たちは動物とのふれあいで暑さなど感じさせないほどの大きな歓声をあげていました。

「議会だより」の編集は、昨日、一昨日の2日間みっちり取り組みました。
発行は7月末になり、みなさんのお手元には8月1日ごろとなる予定です。

[2011-06-24 (金)]

6月議会閉会

昨日6月23日、6月議会が(6月7日から17日間会期)が閉会しました。
職員の育児休業に関する条例の一部改正、町税条例の一部改正など5議案を可決。
また、議員提出議案の防災対策特別委員会、総合開発特別委員会の設置を可決しました。
私は、防災対策特別委員会で、防災対策の見直しなどに取組みます。
今議会での一般質問は、6月9日(木)の11:00から登壇いたしました。
1.防災対策について・・・東北大震災を教訓とした防災対策、減災など今後の対応。
 ・本町の防災体制の見直し状況
 ・危機管理体制・・・各ハザードマップや避難訓練
 ・災害時支援協定の検討状況と考え方
 ・節電、省エネルギー対応について
挑戦中のグリーンカーテン2.事業仕分けについて・・・7月に実施される「事業仕分け」の進め方・考え方。
 ・実施に向けた準備状況
 ・事業選択、仕分け人・判定人の人選方法
 ・予算への反映について
問い質しました。
詳しくは、「さこう弘康 町政レポート」で報告させていただきます。
とてもむし暑い日々が続きます。健康管理に注意しながらお過ごしください。

[2011-06-21 (火)]

本光寺のアジサイが見ごろです。

深溝の本光寺のアジサイが、今まさに見ごろをむかえています。
昼から、久々の晴れ間となり、町内の要望箇所を写真を撮って回る、空いた時間に本光寺を訪れました。
本光寺は、別名『三河のあじさい寺』と呼ばれ、山門までの参道の両脇や境内に、15種類約10,000本のあじさいが植えられ見事な花を咲かせます。
あじさいの紫や白、青色と山門の朱色がとてもマッチして見事です。
参道口 山門 多くのアマチュアカメラマン
場所は、幸田町大字深溝(JR東海道線三ヶ根駅東方300m)にあり、正式名称は「曹洞宗瑞雲山本光寺」と言います。
資料パンプ:ここから

2年前、墓所の地下約3.5mに掘られた石室から、グラスや化粧道具、香道具、煙草道具、印籠、眼鏡や慶長小判計43枚、ほかに享保・正徳などの一分金117枚、日本刀の飾太刀四振り、蒔絵印籠、蒔絵化粧道具箱、銀製の銚子、西洋製とみられるガラス製グラス、香道具、銀製のポットなど多数の副葬品が出土し、全国的にも有名になりました。

[2011-06-17 (金)]

企業の土日操業に伴う「保育園等の休日対応」

東日本大震災および浜岡原発の全面停止により、今年の夏の電力供給不足が懸念されている中、自動車関連企業が土、日曜操業を決めたことを受け、愛知県内では西三河地方の自治体を中心に、7~9月の間、日曜保育や放課後児童クラブなどを拡充する準備が進んでいます。
本町もこの国難を乗り越えるための取り組みに対し、影響を被る子どもの保育を支援します。
期間は、平成23年7月から9月の3ケ月間です。
保育園の休日保育等の実施について
・休日保育・・・土曜日正午以降の延長保育、日曜日の休日保育を実施。
・現に保育園の在園児であり、保護者の勤務先の土日操業等により、保育に欠けることとなる児童。
・菱池・大草保育園にて・・・土曜日は延長保育を希望する園児のみ菱池・大草保育園に朝から集約し、その他の園児については、在籍する保育園にて通常通り保育する。
・各園児の平日の保育時間(早朝・延長の時間を含む)と同じ。
・昼食は、持参(おやつは保育園で用意)
・月額保育料の内とする・・・ただし、日曜日に登園する場合は、金曜日はお休みとする。
放課後児童クラブ、放課後子ども教室の休日開設について
・共同により、日曜日の休日を開設する。
 土曜日は、従来どおり中央小の児童クラブにて集約的に実施。
・現に登録されている児童で保護者の土日操業等により保育に欠ける児童。
・中央児童クラブ、放課後子ども教室で、時間は、8:00-18:00
・弁当持参。おやつはクラブで用意。
・月額手数料の内。
いずれも、この間の土日において、各家庭での保育が可能な日には登園を控えてもらうよう、お願いをしていく。

[2011-06-10 (金)]

「ホタルを見る会」・・・雨模様でした。

「ホタルを見る会」前の校長先生の話19:30から地元の深溝小学校で「ホタルを見る会」が開催され参加しました。
体育館で、校長先生から興味深いゲンジホタルの特徴や生態について話がありました。
拾石川に出発するころには、ちょうど雨となり飛び交う光景は見られず残念でした。
昨年は、まさに「乱舞」といえるほど、見ることができました。
でも草むらにはホタルが放つ幻想的な光を多く見ることができました。
成虫のホタルは、湿度の高い所を好みます。ホタルはオスとメスが光で交信をします。
道路や住宅などが近くにできると、その照明の光を避けてホタルは暗い場所に集まります。
ゲンジボタルのオスは、同時発光を繰り返しながら集団をつくって飛び交います。
場所は、三ヶ根駅から500mほど南西の拾石川沿いです。今からが見ごろだということです。

カメラ撮影の技術がなく、ホタルを映し伝えらず、ゴメンナサイ

[2011-06-05 (日)]

頼もしい消防団の「競錬会」

本日は、朝の8時から防災広場で開催された、平成23年度消防団競錬会に幸田町議会総務委員長としてお招きをいただき参加いたしました。
消防団の訓練における消防機械器具の取り扱い並びに消防操法の基本を競錬し、技術の向上を図ることが目的とされています。

競技は、各分団ごとに「階梯操法」「ポンプ車実戦操法」「小型ポンプ実戦操法」「合同操法」の4種目をそれぞれ「安全・スピード・器具愛」で審査します。
団員さんたちは、この日のために早朝と夜間と全力で練習を重ねられてきました。
日ごろの鍛錬の成果を発揮され、どの団も気合のこもった操法を目の当たりにし感心し、頼もしい限りでした。


結果発表の時は、1位、2位と各分団から歓声があがり充実した笑顔と拍手が広がりました。
東日本大震災は、多くの教訓をもたらしました。

[2011-06-01 (水)]

「衣替え」の日

今日6月1日は、気候に合わせて、衣服を夏服に替える日です。
これは平安時代から、夏服と冬服を着替える習慣で、民間では「衣替え」と言うようになったということです。
江戸時代ごろから、衣替えは6月1日と10月1日に行うようになり、明治以降の官庁・企業等もそれに従ってきました。
しかし、今年は、東日本大震災を受けた節電対策として、多くの官庁・企業が先月の16日から、「クールビズ」をスタートさせました。
今朝は、最低気温が15℃と寒い衣替えとなりました。
午前中、幸田町役場にて「幸田町交通安全推進協議会・防犯委員会・自衛隊協力会」の合同定期総会に出席しました。
岡崎警察 金子交通課長の講演総会の終了後、「効果的な交通安全啓発について」と題して岡崎警察署交通課長 金子幸弘氏の講演がありました。
昨年の愛知県の交通死亡事故数は、5年続いたワースト1を返上しましたが、今年は現在93人で大阪の94人についでワースト2。
そして、岡崎・幸田の岡崎署管内では7人が亡くなっており県内でワースト1だそうです。
そんな中でも「幸田町は死亡事故ゼロが938日続いていることは町民の地道な活動の成果だ」と賞賛されました。
しかし、事故自体は増加傾向です。
スローガンの「ストップ・ザ交通事故~高めようモラル守ろうルール~」を徹底していきましょう。

[2011-05-27 (金)]

一般質問を通告しました

6月議会での一般質問を通告しました。
提出順番は、3番目でしたので、6月9日(木)の11:00くらいから登壇の予定です。
通告の内容です。
1.防災対策について・・・東北大震災を教訓とした防災対策、減災など今後の対応について問う。
 ・本町の防災体制の見直し状況
 ・危機管理体制・・・各ハザードマップや避難訓練
 ・災害時支援協定の検討状況と考え方
 ・節電、省エネルギー対応について
2.事業仕分けについて・・・7月に実施される「事業仕分け」の進め方・考え方を問う。
 ・実施に向けた準備状況
 ・事業選択、仕分け人・判定人の人選方法
 ・予算への反映について
この2項目7点について、町に質していきたいと思います。
傍聴もお越し下さい。

町議会のHP

[2011-05-22 (日)]

東日本大震災における幸田町の支援状況

3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の発生から、70日あまりが過ぎました。
この東日本大震災において、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りし、ご遺族の皆様へ深くお悔やみを申し上げるとともに、被害にあわれたみなさまに心よりお見舞い申し上げ、一日も早い復興をお祈り申し上げます。
幸田町では、この地震に伴い、町民のみなさんに心温まる義援金の募金を募りました。
幸田町 6,168,578円・社会福祉協議会 9,809,600円(ともに4/30 現在)。
この義援金は、幸田町及び社会福祉協議会共に日本赤十字社を通じて、被災地に届けられます。
また、幸田町としても被災地に職員派遣や物資の支援を積極的に行っています。

今後は、節電やエネルギー対策で、皆さんのご協力をよろしくお願いします

資料をこちら

[2011-05-17 (火)]

ひと足はやく、クールビズ導入!

昨日の5月16日から9月30日まで、町職員も議員もクールビズ(夏場の軽装化、ノーネクタイなど)に取り組みます。

中部電力浜岡原子力発電所の全機運転停止をうけ、気温が上昇するこれからの季節、電力需給の逼迫が予想されます。
自宅でもオフィスでも、どこでも室温28度。
勤務時間も夏時間で早めの出勤など、あらゆる節電対策を迫られているこの夏。
環境省が導入を目指すスーパークールビズ・ウエアも注目を集めています。
昨年までのクールビズからさらにバージョンアップし、ノーネクタイ、上着なし、半袖シャツなどなどが打ち出されるようです。

我が家もグリーンカーテン化を試みるため、西側にゴーヤの苗を植えました。
果たして夏場には、この効果が現れるのか?

[2011-05-15 (日)]

五月晴れの中、ユニオンカーニバル大盛況

朝から汗ばむような天候の中、デンソー労働組合が主催する「第35回ユニオンカーニバル」が、デンソー高棚製作所で開催されました。
工作コーナー、体験コーナーや野外ステージでのキャラクターショーなどいろいろなプログラムが組まれ、組合員とそのご家族の方々も大勢参加されていました。

また、地域の方も恒例行事となり、「地域のまつり」となった感があり、大変盛況でした。
役員、運営の方々熱い中、本当にお疲れ様でした。

賑わいの様子はこちら

[2011-05-13 (金)]

町内の交通事故死「0」 929日継続中!

平成23年度の春の交通安全週間が11日(水)から始まりました。
毎朝、私も地元の交差点で「交通安全運動」に参加しています。
愛知県の交通事故死は、5月11日現在、85人で昨年比+9人で「ワースト1」となっています。
愛知県警察HP:http://www.pref.aichi.jp/police/koutsu/jiko/index.html#2
こうした中、幸田町においては、平成20年10月26日を最後に「交通死亡事故」は発生していません。
そして「交通死亡事故ゼロ」の記録を更新しており、今日現在929日目を達成しています。

この記録の達成にあたっては、多くの関係者の交通安全に対するご理解ご尽力と日頃の啓発活動の成果だと思います。
今後とも安全な生活を確保するため、更に交通安全運動に積極的に参加をお願いします。 交通安全運動は、5月20(金)まで展開されます。

[2011-05-10 (火)]

議会人事が決まりました。

本日、町議会選挙 改選後初の臨時会が開催され、議会人事、議会構成が決まりました。
議長    :池田久夫議員
副議長   :大嶽 弘議員
監査委員 :夏目一成議員
が選任されました。
その後、常任委員会・特別委員会などの所属と正副委員長が選出されました。
私は、総務委員会 委員長と議会広報特別委員会委員を仰せつかりました。
責任の大きさを痛感し、身の引き締まる思いです。
誠心誠意努力し、町民の皆様が健康で明るく、安心した生活が送れることが出来るまちづくりを進めてまいりたいと思います。

[2011-05-03 (火)]

GWの真っ只中です。

昨日は、選挙後、初の議員の会議「事務連絡会」が開かました。
今後、5月10日の「臨時会」で議会人事(議長・副議長・監査委員)、議会構成(常任委員会・特別委員会などの所属)がなされ、6月議会にのぞんでいきたいと思います。
GWの真っ只中ですが、会合や行事も多く一日ゆっくりとは行きませんが・・・。
幸田町郷土資料館(深溝里区)では、端午の節句にあわせて、武者人形や土人形を展示中です。
開催期間は、4月16日(土)~7月3日(日)です。

今日は、端午の節句を前に、初孫の初節句のお祝いをしました。
たくましい男子に成長することを願い、親族で祝いました。
日に日に成長する姿は、私にもエネルギーを与えてくれる存在です。

[2011-04-29 (金)]

2回目の当選を果たしました。

4月24日に実施された幸田町議会議員選挙において、2039票の得票を頂き、当選させて頂きました。

これからの4年間、皆様から頂いた票の重みをしっかりと受け止めて、働く仲間の代表として、そして地域の代表として、幸田町の発展に向けてしっかりと取組んでまいります。
変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。

[2011-04-10 (日)]

新一年生を迎える会

東日本大震災の被災地から、明日で1カ月を迎えます。
被災地では仮設住宅の入居が始まるなど復興に向けた動きも進みだしてはいますが、 まだまだ先の見通せないところも多くあります。
被災を受けた子どもたちも新学期を向かえたニュースも報道されました。
本日14:00から、地元の里区朝日子ども会に新一年生を迎える会が開催され出席しました。
「一年生だ」という自覚が体から感じられピカピカ!とても頼もしく見えました。
新一年生小学校は、これから中学生、高校生と大人になって行くための基礎を身につける大事な6年間です。
先生の教えや決まりを守って、しっかり勉強をしてください。
身体を鍛えることも、勉強と同じくらい大事です。
遊ぶこと、学ぶことを通して、多くの友達を作ってください。
大人なら、こんな大きい環境変化は、とても大きいストレスですが、子どもたちには、これを受けいれる、力があるのかも 知れません。
健康管理、交通安全、教育の環境作り、に配慮して、地域みんなで成長を応援します。

[2011-04-01 (金)]

4月1日は「はじまりの日」

今年も、はやいもので4月1日を迎えました。
昼間は暖かくなって、本格的な「春のはじまりの日」一気に桜の花の便りも聞こえてきそうです。
日本では4月1日が新年度の初日「はじまりの日」となります。
このため役所や企業などでは、多くの制度の変更、新設、発足が行われ、人事の異動や新入学など大きな変化が起こる日でもあります。
東北地方太平洋沖震災から3週間が過ぎ、被害を受けた地域でも入社式役所の入所式の報道がされていました。
同時に、今日は統一地方選挙の「はじまりの日」でもあります。
全トヨタの仲間などの議員候補者の出発式があり、6つの事務所へ応援に回りました。
今回の災害は、1000年に一度の大災害といわれています、ならば1000年に1度の大きな転換期です。
今世間では、いろいろな風が吹いていますが、私たちの代表を確かな目で選んで議会の場に送り出してほしいものです。
「はじまりの日」元気いっぱい、がんばりぬいてほしいものです。
この「はじまりの日」、私も気合を入れてがんばります。

[2011-03-25 (金)]

卒園式・町からの回答書受理・献血

本日は、町内の保育園の卒園式です。
地元の里保育園より案内をいただき式に出席させていただきました。
町内で一番小さい園ですが、とてもアットホームな園らしいあたたかい卒園式になりました。

午後からは、中地協(連合愛知中三河地域協議会)の幸田町長への政策要望書(H22.10.12提出)に対する回答書を三役と同席し受理しました。
その後の懇談会では、東北大震災に関しての話も多くだされました。
終了後、役場で「献血車」よる献血があり、400mlを献血しました。
震災以来、献血の協力が多くなったそうです。献血も社会貢献の1つだと思っています。
こちらもご覧ください。

[2011-03-24 (木)]

3月議会閉会

本日、3月2日開会した3月議会が(23日間の会期)閉会しました。
単行議案10件、補正予算5件、当初予算関係9件、計24件が上程され、原案どおり可決しました。
今議会は、新年度予算の当初予算案の審議をする議会です。
平成23年度の一般会計は、来春開業するJR新駅関連の負担金などを計上し総額154億2000万円で、平成22年度と比較し22%増、過去最大となっています。
主な新規事業は、事業仕分け、保育園の完全空調化、子宮頸がんなどのワクチン接種の無料化、在宅介護手当ての増額などが盛り込まれています。
特別、事業会計を含めた総額は、232億3000万円(前年度比28億2000万円増)で13.8%増です。
今議会の「議会報告」を載せます。
ここから お読み下さい。
ご意見もお聞かせ下さい。
また、本日閉会日に被害が甚大となった東日本大震災に対し幸田町議会は、議会として被災地に50万円の義援金を送ることを決めました。
議員として「想定以上」という言葉で片付けることのないよう「災害に強いまちづくり」「生命にかかわる安全対策」の取り組み、行動をしていかねばならないと考えています。

[2011-03-18 (金)]

震災から1週間

東日本大震災は、発生から丸1週間を迎えます。
大津波に見舞われた東北の太平洋沿岸部の被害は甚大で、死者・行方不明者は1万5000人を超えたと報道されています。
震災被害は日を追うごとに増え、全容は依然分かっていません。
救援の物資は送られ続けているにもかかわらず、燃料などの物資不足は解消されず、被災地の市民生活や経済活動に重大な影響が出ています。
また、福島第1原発事故が周辺地域に重大かつさ深刻な影響を与えてます。
外国のメディアは、日本人の秩序、精神力、屈しない心を称え、全面協力の支援とエールを送っています。
これから、日本人が心を一つにして復興支援をしていかなければならないと思っています。
本日は町内小学校の卒業式、私は地元の深溝小学校の卒業証書授与式に出席しました。
まず、式の前に東日本大震災で亡くなられた方たちに黙とうをしました。

校長先生から、卒業生70名に対し「夢をあきらめない」「一人ではない」気持ちを忘れないように!と祝辞がありました。
6年生からのお別れのことば、在校生からお礼とお別れのことばがありました。
最後に校歌を力強く合唱し、皆さんの大きな拍手の中、卒業生が退場しました。
中学生となって、大きく成長されることを期待します。

[2011-03-14 (月)]

東日本大震災の発生から4日目

東日本大震災の発生から4日目をむかえました。
明らかになりつつある被害状況は拡大の一途をたどり、死者が1万人単位に及ぶとの見方も出てきています。
難航する救出作業、あふれる避難所、行き届かない食料や物資。
福島第1原発1号機の爆発事故で、住民が避難を余儀なくされ、想像を絶する巨大地震に襲われた被災地は、大きな不安や疲労に包まれています。

これに対応し、世界80各国以上から、また各企業、自治体も、人、物、お金などの支援を早々にきめています。
73名の卒業生職員と支援物資を乗せて、すでに大型バスや消防車、救急車が現地に向かっていくニュース報道がされています。
幸田町も13日に消防隊員を4名と消防車を緊急消防援助愛知県隊の後方支援隊に派遣をしました。
また、「東日本大震災御見舞い記帳所」を役場庁舎1階、中央公民館、ハッピネスヒル幸田の各施設で開設しました。
早速、私も記帳と義援金活動に参加しました。
1000年に一度といわれる、想定をはるかに超える災害です。
地震、津波で犠牲となった皆さんのご冥福をお祈りすると共に、行方不明者の方の一刻も早い捜索と被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

[2011-03-08 (火)]

卒業式、旅立ちの季節

町内の中学校で卒業式がありました。私は地元の幸田南部中学の卒業証書授与式に出席させていただきました。
恩師や保護者に見守られて73人の生徒が学びやを巣立っていきました 午前10時から始まり、在校生や保護者らの拍手に迎えられて、卒業生が緊張した面持ちで体育館に入場し、校長先生から一人一人に卒業証書が手渡されました。
73名の卒業生 卒業証書授与 「旅立ちの今たしかめあって」
天野校長の祝辞では、「12の贈り物」の本の内容を引用され祝辞がありました。
『人は生まれたとき、かけがえのない命のため、人生のため12の贈り物を授かっていて、1つ目は"力"自分の人生をきりひらく"力"が備わっている。
そして、美しさ・勇気・よろこび・才能・想像力・敬う心・知恵・愛・誠実の12の贈り物と最後に一人ひとりが世界でたった一つの"自分自身"だということです。』と感銘深いお話がありました。

その後、在校生代表が送辞、卒業生答辞と合唱し、最後に全員で校歌を歌い、思い出がいっぱい詰まった校舎に別れを告げました。
卒業生の皆さん、本日は本当におめでとうございます。

[2011-03-03 (木)]

昨日より「3月議会開会」

3月議会が3月2日から24日までの23日間の会期で開会されました。
初日は町長の所信表明があり、その後、24議案が上程されました。
また、今議会は新年度予算の当初予算案を審議する重要な議会です。
平成23年度の一般会計は、来春開業するJR新駅関連の負担金などを計上し総額154億2000万円で平成22年度と比較し22%増で過去最大となっています。
主な新規事業は、私が訴えてきた「事業仕分け」や「保育園の完全空調化」「子宮頸がんなどのワクチン接種の無料化」などが盛り込まれています。
詳しくは、随時お知らせして行きたいと思います。

[2011-02-27 (日)]

本格的な「春の陽気」です。

日に日に春の空気になり、満開の梅の花も見られるようになりました。
8:30から学区ユニホッケー大会が深溝小学校体育館で開催されました。
ユニホッケーはユニバーサルホッケーの略で、手軽なスポーツとして、1986年スウェーデンで開発されました。
スティックはプラスティックで柔らかくできており、安全性が高く、ボールもプラスティック製でスピードが出ないようになっています。
体育館の中でもでき、安全で簡易なので年齢・性別を越えて幅広くプレイできるのが特徴です。

幸田町では、小学校のチームが全国大会で優勝するなど益々さかんになっているスポーツです。
一般のチームも小学生のチームも歓声の中熱い戦いが繰り広げられました。

[2011-02-23 (水)]

最後の「カラオケ交流会」となりました。

本日、午後から幸田町老人福祉センターで「カラオケ交流会」が開催され、出席させていただきました。
町内の各地区の老人クラブに呼びかけて実施され、今回の対象は長嶺、久保田地区でした。
この交流会は、デンソー幸田の従業員が所属するカラオケ部の有志で1994年から定期的に開催されており、ちょうど今回が50回目を迎えたということです。
みなさんが大変楽しみにされてきましたが、諸般の事情により今回が最終回となりました。

来場の老人クラブみなさんも、出演者も一体となって、会場は大きな拍手と笑顔でいっぱいとなりました。
カラオケ部のみなさん、長い間本当にお疲れ様でした。

楽しい様子はこちら

[2011-02-16 (水)]

町内を歩くと「春の訪れ」を感じます。

本日は、産業建設委員協議会が開催されました。
また、今日から確定申告も始まり、この時期、議員は一般利用者が混み合うことのないように役場の駐車場の利用を避け中央グランドの駐車場を利用します。

空いた時間に、後援会に加入いただいたお宅をお礼に伺っています。
元気にグラウンドゴルフ 2日前の雪と椿の花 菜の花満開
町内を歩くと、2月の半ばですが「春の訪れの音」が聞こえてくるようです。

[2011-02-10 (木)]

南部中学校「安全・防犯パト」に参加

部中学校の生徒の安全確保を目的として、今年度3回目の防犯パトロールが実施されました。
下校時間は16時のため、その時間帯に交通安全の立哨もかねて「見せる防犯」として行うものです。
校区の3箇所の主要交差点でボランティアの方たちで、のぼりを立て下校中の生徒に声かけをします。
「お帰りなさい!気をつけてね」・・・「ありがとうございます」と、とても気持ちのよい生徒ばかりです。
「おかえりなさい」 カラー化工事中 整備されたグリーンベルト
今、町内では「スクールゾーンのカラー化」が進められています。
学校の通学路をグリーンベルトにし、通学時の安全を確保するものです。
また、通学路の整備もあわせて改善を推進中です。
不安全箇所があれば、お知らせください。

[2011-02-05 (土)]

しだれ桜育成ボランティアで施肥活動

立春を過ぎ、少し暖かさを感じられるようになりました。
今朝、ハートフルクラブ幸田自主企画活動「しだれ桜育成ボランティア」活動で春の桜満開に思いをはせ、気持ちのいい汗をかきました。
場所は、デンソー幸田製作所周辺と町道付近一帯及び調整池周辺しだれ桜 約100本の桜の木々への施肥とゴミ拾いも行いました。
特にこの付近の新幹線沿いは、写真マニアにとっては「絶好の撮影ポイント」となっています。
2種類の肥料をやります。 どうせやるなら楽しく! お疲れ様!
しだれ桜(枝垂桜)は、枝がやわらかく枝垂れる桜で、枝が長くその名の通りにしだれています。
毎春の4月には、見事な桜の花が楽しめます。
参加者のみなさんお疲れ様でした。

[2011-01-30 (日)]

今日から「おひなさま」展示がはじまりました。

本日から幸田町郷土資料館で、おひなさまの季節展示が始まりました。
期間は、1月29日~3月13日まで入場無料です。
今日明日と寒波の予報ですが、ここは「春の予感」とても心が和む空間となっています。
また、展示場には懐かしい昭和の暮らしぶりを再現した「昭和の家のおひなさま」と瑠璃山浄土寺の十二神将立像のレプリカも展示されています。
会場の提示板 勢揃いおひなさん 「昭和の家」
場所は、深溝のJR三ヶ根駅から500mほど東に行った左にあります。
近くにお越しの際は、一度お出かけください。

[2011-01-23 (日)]

第33回 新春駅伝・ファミリージョギング大会

絶好の好天、第33回となる「幸田町新春駅伝・ファミリージョギング大会」が開催されました。
ジョギングの部は、10:00から549名が元気にスタート、家族づれの参加も目立ちました。
駅伝の部は10:30から、152チームがエントリーし学校や職場、地域などでチームを組み、タスキを全力でつないでいました。

寒風の中「健康の町・幸田」の冬のイベントに、参加者も応援者も元気づけられているようでした。

[2011-01-19 (水)]

子宮頸がんなどワクチン接種 無料化!

本日、臨時会にて3種(子宮頸がん・ヒブ・小児用肺炎球菌)ワクチン接種の全額公費負担が可決されました。
詳しくは、今後出される対象者への通知と広報やホームページをご覧ください。

・接種期間  平成23年2月1日~平成24年3月31日。 ・接種対象者
★子宮頸がん予防ワクチ:中1(13歳相当)~高校1年(16歳相当)の女子
★ヒブワクチン:2ヶ月~4歳
★小児用肺炎球菌ワクチン:2ヶ月~4歳
・接種費用   接種対象の方は、上記の期間無料。
・接種場所   岡崎医師会管内の医療機関。
子宮頸がんは予防可能なガンです。ワクチンは有効ですが、若いころからの定期的な検診も必要です。
昨日1月18日は、幸田町商工会主催の講演会が開催され・名刺交換会に出席しました。
今年は、設立50周年でもあり、中部連合会会長の川口文夫氏の記念講演会がありました。
演題は~持続発展する中部を目指して~「50年を顧みて今後の50年を展望する」と題し、中部の経済界のトップのお話を聞くことができました。
記念講演パンフ 川口会長の記念講演会
講演で心に残ったことは、「わが国は人口減少、高齢化の先進国となった。今から10年でこれから生き残れる地域づくりのしっかりとした設計図が必要だ」と強調されておられたことです。
今から10年でこれから生き残れる地域づくりのしっかりとした設計図が必要だ」と強調されておられたことです。

その後、名刺交換会に移り多くの参加者の方々の懇談が、和やかに繰り広げられました。

[2011-01-15 (土)]

「さこう弘康町政レポート」を載せました。

NO,17 2011年1月号 「さこう弘康 町政レポート」 を配布します。
後援会の皆さんのご自宅には、1月の下旬にお届けする予定です。
ご意見、ご要望も、お聞かせください。
ここから、ご覧ください。

[2011-01-12 (水)]

「地域主権の時代へ!」新年の集い

「2011新年の集い」が、名古屋市のウェステイン・ナゴヤキャッスルで開催されました。
新年恒例のこの集いは、民主党愛知県連のつどい実行委員会の主催です。
里区集合 里区集合
関係者の多くの出席で、会場は熱気があふれ、会場に入りきれないほどのような状況でした。
民主党が政権与党となって2回目の開催ですが、前政権から引き継ぐ閉塞感がなかなか払拭できない状況です。
ことしは、知事選挙、統一地方選挙が行われます。
地域主権、国民の生活を守る!を目指す政党として、なお一そうの取り組みの強化が期待されます。

[2011-01-09 (日)]

町の行事が続きます。

朝は冷え込みましたが、絶好の晴天と風の中で「こうた凧揚げまつり」が開催されました。
全国的からの愛好家や団体も多く参加されました。
町内からは、地区・企業・学校などが、工夫を凝らした絵柄や形、安定した姿勢を競い合いました。

昨日は、「幸田町消防出初め式」が開催されました。
冷たい風が吹く中での、堂々、キビキビした訓練の成果は、頼もしい限りです。

今年も、「安全で安心できる生活」を守ってもらえますようにお願いします。
本年の合言葉は、【「消したかな」あなたを守る合言葉】

[2011-01-07 (金)]

2011年 新年交例会開催

月7日(金)全トヨタ労連・ユタカクラブ議員協議会催の新年交例会が豊田市の「つどいの丘」で開催されました。
来賓として、企業代表の方々、県内各市町の首長も多数出席され盛大に進められました。

国の成長戦略を進めるためには、国だけでなく地方の力が必要です。
そのためには、2月の知事選挙と、その後の地方選挙がポンイトになります。
その知事選挙候補者の御園慎一郎さんと、私を含む統一地方選挙候補予定者が紹介されました。
厳しい経済状況の中、一刻も早い経済の回復を願うとともに、ユタカクラブ議員の国会議員のみなさんや仲間の地方議員の活躍が期待されます。

[2011-01-01 (土)]

新年明けましておめでとうございます。

今年も皆さまにとりまして佳き年でありますよう心よりお祈り申し上げます。
昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。
本年もよろしくお願い申し上げます。
さて、私も皆さまのおかげで、町議会議員として4年を務めさせていただくことができました。
これからも町民の皆さまから信頼される町議会・町政の実現に向けて取り組んでまいます。
そして、一人でも多くの人と出会い、そしてつながっていきたいと願い、さらに「さこう弘康のホームページ」を充実していきたいと思います。
地域のこと、政治・社会・経済・文化など、いろいろなお話をしていきたいと思います。
相変わらず、ホームページへのご訪問と、ご意見をお気軽にお寄せいただきたいと思います。

[2010-12-31 (金)]

いよいよファイナル!大晦日!!

今日は、「大晦日」一年の締めくくりの日です。
私自身の今年を振り返りますと、さまざまな出来事の中で、自分らしくやってこられたと思っています。
来年も力いっぱいがんばりたいと思います。よろしくお願いします。
昨日は、知人宅で毎年恒例の「餅つき」がありました。
つきたての餅をきな粉、大根おろしで、おいしくいただき、あとは丸餅や切り餅にしました。

大晦日の夜は、「除夜の鐘」が響き渡り、私の自宅にも聞こえてきます。
「除夜の鐘」が、一年のいろいろな出来事を、108つの鐘の音が、洗われる様に清らかな空気にしてくれるように感じます。 108とは仏教思想に基づく百八「煩悩」を意味し、「心を惑わし、身を悩ませる」ものを、鐘をつくことで1つ1つ取り除いて、清らかな心で正月を迎えるためで、108回のうち最後の1回は年が明けてから突きます。
これは、今年1年煩悩に惑わされないように、という意味が込められているそうです。
輝かしい新年を、新しい気持ちで迎えたいと思います。
みなさん一年間、お疲れ様でした。

[2010-12-25 (土)]

議会も閉会、今年もいよいよ大詰め!

今日は、クリスマスです。
日本ではキリスト教徒だけではなく、宗教を越えた年末の国民行事となっていま す。
みなさんいかがお過ごしですか?家族でたのしい週末をお過ごしのことと思いま す。

12月2日から開会した議会が21日間の会期を終え、22日に閉会しました。

「議会報告」は、こちらから
さらに詳しくは、「さこう弘康 町政レポート2011年1月号 Vol,17」で報告させて いただきます。
とても冷え込んできました。健康管理をしっかりして年末年始をお過ごし下さい

[2010-12-17 (金)]

「労福協」幸田町へ要請書提出を行いました。

愛知県労働者福祉協議会(労福協)岡崎額田支部の加納支部長以下7名と私とで、幸田町役場を訪れ、自治体要請活動を行いました。
労福協とは、地域に根ざした勤労者の「自主福祉活動」をとおして、福祉の増進や生活の向上をはかるために労働団体や労働者福祉事業団体を中心に1969年(昭和44年)に設立された団体です。
要請書

「労福協」は、労働者の生活向上に資する労働者福祉事業団体(東海労働金庫、全労済愛知県本部、愛知県住宅生協、ハートフルセンター)の育成をはかるための活動を推進しています。
愛知県では、現在の会員団体数、1213団体で会員数は、661,757人となっています

資料はこちら

[2010-12-16 (木)]

春の取り組み研修会で活動報告

デンソー労働組合の職場役員の「春の取り組み研修会」が、三河ハイツにて開催され議会活動報告を行いました。
本日報告させていただいた内容は、
・議員となって思うこと。
・外から見た、デンソーという会社について。
・自動車産業のおかれている状況と、今後政策との関係。
・地方議員として、自覚と役割。
などについて、思うところをお話しさせて頂きました。

激化する世界競争の中で企業が生き残っていくため、今後労使で取り組まなければならない課題を今まで以上に共有していく必要があると思っています。

[2010-12-14 (火)]

年末行事が続きます

先週末から、議会、年末行事や地域の集まりが多く催され、今日やっと自席に着くことができました。
議会の内容をまとめたり、今後の報告会の資料準備など忙しくなります。
そんな中で、11日の土曜日は、年末恒例の「カーブ磨き ボランティア活動」に参加しました。
デンソー幸田製作所の従業員が自主的に町内のカーブミラーの汚れを拭き、ごみも拾いながら3コースに分かれて回りました。
  
通行される方たちから「ご苦労様」と声をかけていただき、磨く腕にも力が入り額に汗が出ました。
すっかり街は、冬の準備に追われているようでした。
参加者の皆さん、お疲れ様でした。

[2010-12-09 (木)]

今年最後の「ふれあいトーク」開催。

本日、17:50 デンソー西尾製作所にて「ふれあいトーク」に参加しました。
懇談の内容は、町民サービス、高齢化社会をむかえて町の福祉の状況や都市開発について、環境問題、道路問題、合併等についての事前質問に答えさせていただきました。

デンソー西尾製作所は、私が31年間を過ごしたふるさとのような場所で、今日も懐かしい顔がありました。
参加されたみなさん、そして職場役員さんや組合役員さん、ありがとうございました。
あたたかい対応に感謝します。

[2010-12-04 (土)]

里保育園の生活発表会であったか気分!

今日は、町内の保育園で生活発表会が開催され、私は地元の里保育園に招かれ出席をしました。
町内で一番ちいさい園ですが、元気いっぱい演技していました。
演ずる園児も、会場も笑顔いっぱいの発表会となりました。
  
里保育園は今年から保育サービスの充実がされ、延長・乳児保育が始まりました。
伝統の「アットホーム」な雰囲気で、他の地区からも入園希望もあるようで、園児の数も増加傾向です。

[2010-12-01 (水)]

「師走」に突入!

今朝の立哨早いもので今日から12月 なんとなく、あわただしい気持ちになります。 そして明日から12月議会の開会です。(私の一般質問の登壇は、12月6日 6番目 15 :00ぐらいの予定 です) 人事案件2件、単行議案19件、補正予算2件で、議案の主なものは、行革の一環と して体育館使用料、グランド・ゴルフ場使用料、駐車場使用料、下水道使用料、児童クラブ・放課後子ども教室の手数料の見直し。
また、学校スポーツ開放(年間)や不動が滝園地(一回あたり)の使用料の有料化が提案されます。「負担の公平」を図り、近隣市町のレベルに合わせるというものです。
今日、平成22年12月1日(水)から12月10日(金)までの10日間、県民総ぐるみの運動となる「年末交通安全県民運動」が始まりました。
私も今日から交通安全立哨を開始、本日はデンソー幸田近くの交差点で立ちました。
町内の事故状況は、最後の死亡事故から 766 日目を記録中ですが、街中では救急車のサイレンが聞こえ、安心できるものではありません。
この時期は1年を通じて日没時刻が最も早く、夕暮れ時から夜間にかけて、高齢者が犠牲となる交 通事故の多発も心配されます。
一人ひとりの交通安全意識を高めるとともに、安全運転や安全行動の実践をお願いしたいと思います。

[2010-11-27 (土)]

「デコウォーク幸田」で爽やかな汗!

町と合同の「デコウォーク幸田」が相見公園と坂崎・幸田小学校で開催され、幸田町議会の産業建設委員長としても参加しました。
この事業は、愛知県が「森と緑」の持つ様々な役目を高めるため、平成21年度から「あいち緑づくり税」を導入し、それを財源にし森林や里山林、都市の緑を整備保全をしていくためにできたものです。
  
植樹を行い、その後、「クリーンウォーク」で道路のゴミを拾いながら各学校に向け歩きました。
道路沿いには、ゴミのほか、たばこの吸殻がとても多く、これからの季節火災の原因にもなります。
「ポイすては、大変危険だ」と参加者のみなさんと話しながら歩きました。
この行事をきっかけに「森と緑」「環境」について、考えてもらうきっかけにしてもらいたいと思います。
半日でしたが大変良い天気の中、植樹とクリーンウォークで爽やかな汗を流しました。
この行事を通じ「森と緑」「環境」について、考えてもらうきっかけにしてもらいたいと思います。

[2010-11-25 (木)]

幸田町社会福祉大会に参加しました。

社会福祉法人幸田町社会福祉協議会主催、平成22年度幸田町社会福祉大会が町民会館つばきホールで開催されました。
大会の趣旨は「心のかよう地域福祉社会をめざし、自助、互助、公助で支える町民総参加の福祉のまちづくり」を新たな決意をもって地域福祉の充実に努めようとするものです。
大会では、社会福祉に貢献された方々へ表彰を行うとともに、白寿、米寿やダイヤモンド婚・金婚を迎えられる方々をお祝をするものです。
大会のようす
そして幸田高校の大岡敬汰さんの「ボランティア活動に参加して」と題した体験発表があり、ボランティア活動を通じた、いきいきとした考えを聞くことができました。
最後に出席者全員で、大会宣言に拍手賛同し、閉会となりました。

[2010-11-20 (土)]

深溝小学校区コミニュティー文化祭・学芸会開催

本日町内の全小学校で学芸会が開催され、私は9:00から深溝小学校区コミニュティー文化祭・学芸会に出席をしました。
学芸会会場の体育館では、出演する学年の家族が随時入れ替われ、近くでカメラやビデオの撮影がやりやすいように工夫がされていました。
どのクラスも日ごろの成果を十分に発揮するような熱気を感じました。
特に、1年生の「龍の子太郎」は、全員主役のような演出の大作であり、ちっさい身体での熱演に、本当に感動しました。
  
深溝小学校区では、地域のコミニュティーの文化祭もあわせて行われており、地域の方の多くの作品が出展されていました。

[2010-11-19 (金)]

12月議会の一般質問と日程

本日は、12月議会の一般質問の締切日です。
私は、今回も通告を提出し連続で登壇をします。
①住民サービスと業務革新について
「住民サービス総合窓口を設置し、利便性の高い住民サービスと業務革新を行う」ことについての検討状況。
②観光資源の活用について
町内の「観光資源」を活用した、地域の活性化と産業振興策について。
この2点を通告しました。
現在のところ12月7日の9:00からの予定です。
-12月議会の日程お知らせ-
12月2日    ・・・定例会 開会
12月6.7日   ・・・一般質問
12月10.13日 ・・・議案質疑
12月14日   ・・・文教福祉委員会
12月15日   ・・・産業建設委員会
12月16日   ・・・総務委員会
12月20日   ・・・議会運営委員会
12月22日   ・・・定例会 閉会
しっかり皆さんの声を代弁していきたいと考えています。

[2010-11-14 (日)]

「こうた産業まつり」大盛況!

10:00から「ハッピネス・ヒル・幸田」で、農林業、商工業に関する出展と、農林産物の品評会、即売が行われる「こうた産業まつり」があり、まつり会場にいってきました。
町内の農家や商工業者が屋台テントを出展し、農林産物、食品など、新鮮、安価、安全食品が人気を呼んでいるようでした。
商工会青年部のテントでは、筆柿グルメ料理の3品が限定販売されており、私は「筆柿ととり肉のクリームソースパスタ」を注文し、とてもおいしくいただきました。

「健康福祉まつり」「消防ひろば」も同時に開催され、町内外から毎年約30,000人の人手となる「見て、食べて、遊べて、学べる」人気のイベントで、抽選会、千人鍋などには、長蛇の列ができていました。

[2010-11-12 (金)]

「カラオケ交流会」で心の癒し

本日 13:00から幸田町老人福祉センターで、「カラオケ交流会」に出席し、ゆったりとした時間を過ごしました。
この交流会は、デンソー幸田の従業員が所属する「カラオケ同好会」と「音楽同好会」の有志で開催されています。
毎年3回定期的に開催されており、18年目を迎えているということです。
町内の各地区の老人クラブに呼びかけ「カラオケでの交流会」をされており、今回の対象は幸田・芦谷地区でした。
来場のみなさんも、お互いの出演者も一体となって、会場は大きな拍手と笑顔でいっぱいとなりました。
出演者のみなさん 衣装も振り付けもバッチリ 抜群の歌唱力
衣装や振り付けにも工夫をされ、「熱唱」されるその歌声に、すっかり癒されてしまいました。
デンソー幸田の従業員の方々は、有給休暇を利用し参加、ボランティア活動というものの、お互いとても楽しんでおられるようでした。

[2010-11-09 (火)]

早朝4:00 新駅の桁掛け工事見学

今朝は朝3時に起き、新駅の橋上駅の床面となる鉄骨ユニットをクレーンで吊り上げ取り付けする工事を見学しました。
貨物列車の最終と始発までの列車運行のない時間となる、この深夜の時間帯に行われました。
120トンの大型クレーンで、予め組み立てられた鉄骨ユニットを吊り上げ、移動、降ろし、取り付け設置までの一連の工事は手際より安全に行われました。

新駅の完成予定は、平成24年3月です。
なお新駅の駅名は、JRが主体で決定される計画です。

[2010-11-07 (日)]

中地協結成 20周年記念レセプション

午前10:00より、岡崎ニューグランドホテルにて中地協(連合愛知中三河地域協議会)総会が開催されました。
2011年度活動方針についての具体的な取り組み、役員選出、活動経過報告の議案が議決されました。
また、来春の愛知県知事選挙、統一地方選挙における特別決議も執り行われました。

続いて午後12:30からは、中地協 結成 20周年記念レセプションが開催されました。
中地協は、平成3年の6月に旧岡崎と西尾でそれぞれ結成総会から、今総会で20年を経過しました。
自治体の関係者や各労働団体からも多くの来賓の方が参加されました。
昨日と本日は、岡崎市の「ジャズストリート2010」が開催されており、アトラクションでもステージでジャズの披露があり華やかな記念レセプションとなりました。

[2010-11-02 (火)]

全トヨタ労連政策推進議連総会

第8回全トヨタ労連政策推進議連総会が名古屋東急ホテルで開催され参加しました。
全ト政推連 国会議員と全ト東会長の挨拶にはじまり、23期後半期の活動報告と円高の長期化、自動車関係諸税、TPPなど今、抱える問題点の共有化と政府に対しての政策の実現活動のポイントなど24期前半期の活動方針などの議事が進められました。

午後からの政策勉強会では、中部経済産業局長の加藤洋一氏より「中部地域における産業構造変化と新成長戦略について」と題し、中部地域の経済状況や次世代自動車、新成長分野への挑戦支援について、タイムリーな内容の講演をお聞きすることができました。
また、来春の統一地方選挙、中間地方選挙で仲間の議員、候補者31人の必勝も誓い合いました。

[2010-10-31 (日)]

台風一過、幸田南部中学校文化祭など開催!

今年度の南中祭は、「Change!南中237 思いは1つ!心輝け!」が合言葉です。
昨日は、校内でオープニング・交流会・模擬店などが催され、本日は会場を町民会館 さくらホールで開催され、午前中の発表会に出席しました。
ステージでは、縄跳び演技、ダンス、各活動の発表と盛りだくさんのプログラムが繰り広げられました。
勉強、部活などで大人よりも多忙な毎日の中で、日々練習を重ね、今日の日のために一生懸命努力したことを力一杯・身体一杯に表現していました。
観ている私たちにも、その成果を十分感じることが出来ました。
日々の練習を仲間とともにがんばれたこと、やり遂げたことが、今後の自信につながることと思います。
「ガンバレ!南中生!」
  
昼から、㈱デンソーの善明製作所の「わくわくホリディー2010」のイベントに参加しました。
あいにくの天候でしたが、家族連れや職場の仲間など多くの参加者で会場は盛り上がっていました。
ステージショーやストラックアウト、大声コンテストなどのギネス大会など人気をあつめていました。
環境バスツアーも所内で行われ、ビオトープや風力発電の見学もありました。
  
中でも、今話題の「デンソーグリーンプロジェクト」の次世代のバイオエネルギーを生成する「藻」のプールを見学できました。
この軽油をつくる藻「シュードコリシスチス」は、CO2を吸収し、燃やしても大気中のCO2は増えないとされ、地球温暖化対策としても期待されています。
紹介された新聞記事:http://www.asahi.com/eco/NGY200807080010.html

[2010-10-28 (木)]

「政策コンベンション2010」に参加

自動車総連「政策コンベンション2010」が東京で開催され、10月27日、本日と参加しました。
自動車総連は、全日本自動車産業労働組合総連合会の略称で、車体・部品、販売、輸送の各業種、及び一般業種で働く77万人(2009年10月現在)の仲間が広く集結した産業別労働組合組織です。1972年に結成され、産業政策活動や、賃金をはじめとする労働諸条件の改善活動、社会福祉活動、さらには労働組合の国内・国際連帯などに積極的に取り組んでいる組織です。
第一回目となる「政策コンベンション2010」では、各労連政策、政治担当者、地協議長、組織内議員が一堂に会し、政策実現に向け意思結集と取り組みの共有化を図る場として開催されました。

フォーラム議員である国会議員や地方議員、総連関係者250名以上が参加しました。
開会、前総務大臣の増田寛也氏による講演、車と社会を考える政策フォーラム総会、懇親会と進められました。
多くの仲間とともに、政策実現に向かって、推進をしているという再確認ができ、有意義な2日間を過ごすことが出来ました。

[2010-10-22 (金)]

保育園園児とコスモス畑でさわやか気分!

深溝里地区の「農地・水・環境保全向上対策」実行委員会で、今年の秋は、「コスモス園」の花畑作り活動を展開しています。
今日は、里保育園の園児と見ごろをむかえた花畑で観賞と花摘みをしました。
コスモスは、桃色・白・赤の花を精一杯咲かせ、秋をアピールしているかのようでした。
園児から「きれいー!」の無邪気な歓声や、保育士さんの「本当に心がやすらぐね~」と話されていた言葉を聞いて、私も心がなごみ、さわやかな秋のひと時を過ごすことができました。
  
  
コスモスは、メキシコの高原地帯が原産地で菊科に属し、18世紀末にスペインマドリードの植物園に送られ、コスモスと名づけられ、日本には明治20年頃に渡来したと言われています。
秋の季語としても用いられ、私も、秋の花では大好きな花の一つです。
日本名の「秋桜」というのも趣のある名前は、歌でも歌われています。
そしてcosmos とは(秩序のある調和のとれた体系と考えられた)宇宙のことで、雄大で悠久なイメージを連想する花でもあります。
皆さんも、この「コスモス園」へ訪れてみてください。

場所はこちら

[2010-10-19 (火)]

さこう弘康「町政レポートNO.16」を配布

10月19日は、私の誕生日です。
元気に生み育ててくれた両親に感謝!。
そして、議員活動を続けさせていただけることを感謝しながら汗を流しています。
今週から「町政レポートNO.16」を配布をはじめました。
今回は、荻谷学区の後援会のお宅に手配りをしています。
労働講座にて「町政レポートNO.16」・・・こちらから、ご覧ください。
午後から、刈谷市産業振興センターにてデンソー労働組合職場委員さんの「労働講座」で、約20分間の議員活動報告をさせていただきました。
今月3回目(20日に4回目を予定)です。
議員4年目をむかえて思うこと、三河地方の財政状況、企業と行政の違いなどを報告させていただきました。

[2010-10-16 (土)]

イノシシ深溝里地区に出没・・・交通事故

今朝、「イノシシが交通事故にあっている」という連絡をうけ、現場に駆けつけました。
行って見て、ビックリ!メスの大きなイノシシでした。
デンソー幸田製作所のすぐ南の三叉路で車と接触して絶命していました。
デンソーの保安さんが、警察・役場にすでに連絡をしていただいていました。
交通事故現場 かなり大物 近くで見ると母親イノシシ
警戒心が強いイノシシは、草むらや藪を好み、草むらや藪が多い地域では、イノシシに遭遇する可能性が高くなると言うことです。
特に手入れが行き届いていない道路の法面や河川は、イノシシにとって格好の移動ルートになるだけでなく、時には食物の供給場所になるようです。
また、道路の緑地帯を移動ルートとして使うこともあるようで、ここに至った可能性があります。

今年はクマやイノシシの出没や目撃、被害が目立っています。
専門家は背景に、餌となる植物や、ドングリを実らせるナラやクヌギなどブナ科の樹木や、がいずれも大凶作の年にあたったことが原因と指摘しています。
今後も、餌を求めイノシシや冬ごもりの準備のためクマが、人里近くに出てくる可能性があると警告しています。
イノシシに遭遇したときは、挑発行動(驚かす、たたく、接近するなど)を行うと、人身事故につながる危険があります。
イノシシが平常を保っている場合には、近付かず、安全な場所に避難しましょう。

写真はこちら

[2010-10-13 (水)]

町長へ政策要望書提出、幡豆町で議員研修会

昨日、今年で3回目となる「町長へ政策要望書提出」を幸田町役場にて、連合愛知三河中地域協議会の直塚政之代表から要望書を大須賀町長へ提出されました。
参加者は、中地協の代表のほか、副代表、事務局長と私(組織内議員の代表として)の4人です。
直塚代表からの挨拶、要望事項の概略説明のあと懇談会が開催されました。
提出した内容は、「安全・安心で活力ある地域社会づくり」をめざして、4つの項目の重点要望です。
要望書の詳細:要望書
幸田町部屋にて 幸田町長へ要望書
午後からは、幡豆町のいきいきセンターにおいて、西三河町村議会議長会連絡協議会の主催による、議員研修会に参加しました。
講師は、地域力創造アドバイザー・地域再生マネージャーの斉藤俊幸氏。
演題は、「カネはなくてもやってみるぜよ!瓢箪から駒の地域再生」でした。

斉藤俊幸氏から肩書きの通り地域力創造・地域再生の事業の実例と考え方について、スライドを中心に盛りだくさんの内容を聞くことが出来ました。
・その地域でしか出来ないものをリードタイムを短く合意形成を早くし行動。
・ものを売るのではなく、オンリーワンの価値を売る。
・補助金に頼らない、資金循環のしくみづくり。
・三河は、ポテンシャルは非常に高い、30年後の種を蒔く。
など、体験の中から発せられる内容は、説得力があり大いに参考になるものでした。

資料はこちら

[2010-10-11 (月)]

「事業仕分け」講演会に聴き入る。

本日、早朝から農地・水・環境の作業で「コスモス畑」の草刈を1時間。
その後、「さくらオーナー」の草刈を1時間、たっぷり汗をかいたあと、名古屋へ向かいました。

名古屋駅前のミッドランドスクェアとなりの愛知産業労働センター「WINCあいち」でユタカクラブ議員協議会の研修会で「事業仕分けについて」の講演会に参加しました。 講師は、横浜市立大学の教授の南 学氏。

私も、今年3月議会の一般質問で「事業仕分け」の導入を提案し、全町長より「前向きに導入を検討する」という答弁を受けました。
その後、全国では、「事業仕分け」を導入する自治体が増え続け、愛知県内でも今年に入り、6月に高浜市、8月に常滑市が実施。
安城市長も導入を表明されています。
そして、9月議会で新町長より「早維い時期に導入する」との答弁を引き出すことが出来ました。
講演を聴き、我々地方議員も外部の視点・住民目線でアウトプット(実績)だけでなく、アウトカム(成果)をしっかり見極めていかなければならないと感じました。
「何をする」のではなく「何のためにやるのか」が重要なのです。

[2010-10-09 (土)]

雨でも大丈夫!里保育園運動会

本日9:30から、町内で最後の開催日となった里保育園運動会が開催され出席させていただきました。
地元議員として、毎年案内をいただいています。
あいにくの雨でしたが、園のとなりの老人福祉センター内の屋根つきのゲートボール場に会場を移して行われました。
町内で一番園児数の少ない保育園ですが、その分園児と来場者とが一体となった和やかな運動会となりました。
屋根付ゲートボール場での開催 うちわのプログラム 声援が響き渡りました
今年の園児数は、33名で昨年の23名より増えました。
今年度から延長保育と乳児保育も始まり、保育サービスが充実してきました。
他の地域からも、通園も増えているということです。
もともとアットホームで環境抜群の里保育園は、今後益々人気が高まるものと思います。

[2010-10-07 (木)]

議会が終わり忙しい日々が続きます。

10月4日に議会が閉会しました。
待っていたように公務、行事が多く忙しく動き回っています。
昨日に引き続き「議会だより」を発行する、議会広報特別委員会が朝から開催され、昨日の1日と本日の半日でレイアウトまで完成させました。
午後からは三河ハイツにて、デンソー労働組合職場委員さんの「労働講座」に招かれ、15分間の議会報告をさせていただきました。
議員4年目をむかえて、議員として思うこと、地方の財政状況、企業と行政の違いなどを報告させていただきました。
労働講座のようす 15分間の活動報告
その後、18:00からの「愛知県 労働福祉協議会岡崎・額田支部」第33回定期総会 出席のため、竜ヶ丘会館へ向かい出席いたしました。
労福協は、地域に根ざした勤労者の「自主福祉活動」をとおして、福祉の増進や生活の向上をはかるために労働団体や労働者福祉事業団体を中心に1969年(昭和44年)に設立された団体です。
現在の愛知県の会員団体数:1213団体、会員数:661,757人です。
メインスローガンは、「働く者の福祉運動を推進し、豊かでゆとりある福祉社会を実現しよう!」です。

[2010-10-03 (日)]

幸田町議会(9月議会)が閉会

平成22年度 第3回 幸田町議会定例会 (9月議会) が9月10日召集され会期25日間の日程で、本日閉会しました。
単行議案9件(内報告4件、承認5件)補正予算関係9件、決算認定関係10件、計28件が上程され原案どおり可決しました。
また陳情1件を審議し採択をしました。
一般質問では、8名の議員が町政を問い質し、私は9月13日の5番めに登壇いたしました。
議会報告は、ここから
「さこう弘康 町政レポート」の発行は、10月半ばの予定です。
手配布は、荻谷学区の後援会の皆様のお宅に伺いしますのでよろしくお願いします。

[2010-09-30 (木)]

秋の全国交通安全運動の最終日

交通安全運動ストップ・ザ 交通事故 ~高めようモラル守ろうルール~のスローガンのもと、9月21日から始まった「秋の全国交通安全運動」が本日が最終日です。
私も、街頭や交差点に出て「立哨」に参加しました。
幸田町では、平成20年10月27日から、町内での交通事故死者数”0”の記録を継続中で、9月26日「連続700日達成」をしました。

しかしこのところ、歩行者、自転車と車による、大きな事故が発生しています。
決して、安心できる状況ではありません。
「交通安全対策」の施策、提言をしっかりと進めて行きます。

[2010-09-26 (日)]

消防団観閲式がありました。

平成22年度幸田町消防団観閲式が、9:30~防災広場で開催されました。
消防団員の規律ある姿勢及び日頃の訓練成果を観閲し、団員の志気高揚を図ることを目的に、毎年行われます。
幸田町の消防団は、4分団体、町全体で147名の団員で組織されています。
日ごろの訓練の成果は、キビキビとした頼もしい限りの行動に現れていました。

今年度の全国統一防火標語は、『 「消したかな」 あなとを守る合言葉』です。
今年の町内の火災は、建物4件、林野1件、その他2件の計7件です。(8月末時点)
幸田町の無災害、無火災に向け、住民と一体となった活動は、いつくるかわからない災害に対して、「安全 安心」は、住民にとって最優先の課題です。
消防団員のみなさん、本当にお疲れ様です。

[2010-09-24 (金)]

「秋の交通キャンペーン」活動に参加

朝夕すっかり、「秋」らしくなってきました。
今朝は、東岡崎駅で7:20から、連合愛知の「秋の交通安全キャンペーン」活動に参加しました。
通勤、通学の人たちに「交通安全」を呼びかけをしました。
スローガンは、~高めようモラル、守ろうルール~ 「ストップ・ザ 交通事故」です。
交通安全 配布した「ペーパーソープ」
県下では、「ワースト1」を返上するため、「安全マナー向上5則」を活動推進中です。
~ 危険な運転を追放し、交通マナーを高めよう ~
1 正しい合図による右左折や車線変更の励行
2 車線変更は適切かつ必要最小限度に
3 黄色信号は原則ストップ
4 横断歩道は横断者優先
5 歩道は歩行者優先、自転車は徐行

[2010-09-19 (日)]

第39回「全ト定期大会」仙台で開かれました。

9月17.18日、「全トヨタ労働組合連合会定期大会」が仙台市のサンプラザホールで開催され出席しました。
大会1日目は、円高による海外への生産拠点移転問題など、雇用のあり方についての運動方針の議決。
大会2日目は、直嶋参議員、古本衆議員、大塚参議員、からの国政報告があり、私たち全国から集まった全トの組織内議員約50人も、ステージ上で紹介していただきました。

来期の運動を進めていく、スローガンは、
「切り拓こう未来、一人ひとりの実行力で」
~大きな変化を大きなチャンスとするために~

[2010-09-15 (水)]

ボランティア交流会に参加

本日、デンソー幸田製作所主催の「幸田ボランティア交流会」が開催されました。
町内外のボランティア団体とデンソーハートフルクラブの交流会で、今年で8回目の開催となりました。
今年は、町内で活躍をされている7団体と蒲郡市から1団体が参加され、活動の紹介がありました。
・幸田町社会福祉協議会
・チャレンジ遊泳会
・朗読ボランティアサークル「椿の会」
・高齢者擬似体験グループ「あじさい」
・幸田町枝垂桜保存会
・防災ボランティア幸田
・民謡 里昇会
・社会福祉法人はばたき「オレンジホーム」
それぞれ地域に根付いて活発に活動されており、イキイキと発表をされていました。
活動報告のようす 活動紹介掲示板 「オレンジホーム」の人たちと
ボランティア活動をすすめる上で大切にしてほしいポイントは、
(1) 自分からすすんで行動する──「自主性・主体性
(2) ともに支え合い、学び合う──「社会性・連帯性」
(3) 見返りを求めない──「無償性・無給性」
(4) よりよい社会をつくる──「創造性・開拓性・先駆性」
以上が、「ボランティア活動の4つの原則」です。

[2010-09-13 (月)]

本日、「一般質問」で登壇

本日、14:00より、一般質問に立ちました。
忙しい中を、多くの方に傍聴に来ていただき、感謝いたします。
本日の質問内容の要旨は、
①どう進める「事業仕分け」
所信表明の”徹底して、無駄を省き、ピンチをチャンスに変える”
・「行財政改革」と「事業仕分け」の進め方を質しました。
②「産業振興策」は緊急課題
公約の”町経済を支える 産業の活性化と 産業基盤の充実”
・「自主財源確保」と「産業振興施策」の取り組みを質しました。
新町長という事もあり、町側の具体的な答弁を引き出せなくて、 更なる質問が出来ず、大変苦慮いたしました。
内容、答弁についての詳細は、後日「さこう弘康の町政レポート」で報告させていただきます。

[2010-09-11 (土)]

朝夕は、確実に「秋の気配」

一日中、あんなに暑かったのに、台風のあと涼しくなってきました。
夜は、虫の音が聞こえ、秋らしくなってきました。
最近は陽が落ちるのも早くなってきて、一番心地のいい季節の「秋」を楽しみたいものです。

今日は、8/28から幸田町に滞在し、研修と交流の15日間のスケジュールをこなしたカンボジア王国の青年が帰国する日です。
昨夜は、幸田町商工会議所で行われ、4名の青年の歓送会が行われました。
日本での研修の感想は 友好の手をつないで KIA豊永会長とパチリ
すっかり日本の生活に慣れ親しみ、いろいろな見学、研修で勉強し、あっという間の15日間だったという感想でした。
私が担当した8月31日、町内企業見学のとき、時間調整で海岸に行ったときの開放的な歓声と笑顔が印象的でした。
カンボジアに帰って、日本の事を思い出し、今後の友好の架け橋となってもらえることを期待します。

[2010-09-10 (金)]

9月議会定例会 開会

本日より、平成22年度第3回幸田町議会定例会が開会されました。
会期日程は、本日召集・10月4日までの25日間です。
第一日目の本会議は、議員補欠選挙で当選された2議員の議席の指定と常任委員会の選任。

私は1番から2番議員となりました

その後、町長の所信表明・副町長の選任・全議案上程説明などの議事が行われ、初日を終えました。

<町長の所信表明の要旨>
『厳しい財政状況の中、徹底して無駄を省き、行財政改革によってピンチをチャンスに変えるため、「8つの誠」の実現を目指します。
①誰もがイキイキ健康に暮らす町
②地震・豪雨など災害に強い町
③広域行政の推進
④子ども達が未来に羽ばたく町
⑤産業が活気づく豊な都市整備
⑥自然と共生する豊な環境づくり
⑦文化の香りただよう町
⑧行政意識の向上・サービスの徹底
町民の皆様と力をあわせ「愛する幸田町を幸せなまちにするために」
一歩先の幸田町を実現するため、がんばっていきたい。』
私なりに、聞き取り、まとめた内容の要約は、以上です。

[2010-09-04 (土)]

「暑い」炎天下の総合防災訓練

平成22年度幸田町総合防災訓練が、8:30から防災広場で実施されました。
「いつ発生するか?」ではなく、「いつ発生してもおかしくない」東海、東南海、南海地震では、甚大な被害が発生することが予測されています。
マグニチュード8-震度6弱の東海地震を想定した「幸田町総合防災訓練」に、41団体、600名を超える機関の参加がありました。
バケツリレー消火 ボランティア支援本部 大火災防ぎょ活動へ出動!
気温37度を超える、猛暑の炎天下の中、真剣な訓練内容でした。
「警戒宣言及び地震予知情報」~「地震発生」~
~「災害対策本部設置」~~「避難訓練」~
~「消火・救助・救出・復旧訓練」~
~「一斉放水訓練」~「災害対策本部解散」までの「28の訓練」が、整然と行われました。
今後、地震災害に対する機関と住民総ぐるみでの相互協力体制の確立、と更なる強化が求められます。

[2010-09-01 (水)]

もう、一年の2/3が過ぎました。

早いもので、9月1日を迎えました。
まだ、猛暑の中ですが、巷ではヒグラシの声が聞けるようです。
9月議会の一般質問の通告が締め切られました。
今回私は、新町長体制となって初の議会でもあるので質問の通告をしました。
提出順のため、登壇は「9月13日(月)の5番目」14:00ぐらいとなります。
・質問の要旨は、
①行財政改革の進め方について・・・公約の「事業仕分け」の進め方。
②「産業振興策」推進について・・・町内産業育成の進め方など。
の2点について、質していきたいと思います。
・定例会の日程は、

 9月10日(金)                開会、議案説明
   13日(月)・14日(火)  一般質問
   16日(木)・17日(金)  議案質疑
   21日(火)・22日(水)  決算特別委員会
   24日(金)~30日(木)  各常任委員会
10月 4日(月)        閉会

昨日は、幸田町とカンボジア王国とのフレンドシップ継承事業で、幸田町に滞在中のカンボジア青年4名を町内の企業活動の見学研修のため同行しました。
活発な質疑 工程の説明を聞く デンソーVリーグの選手とV
午前中は、デンソー西尾製作所さん、午後は幸南工業さんを訪れました。
研修生の4名は、今後カンボジアを背負って立つ優秀な人材らしく、とても熱心に見学し、いろいろな質問が出され、前向きな姿勢が伺われました。
9月11日まで幸田町に滞在し、研修と交流をします。

[2010-08-29 (日)]

「ようこそ、幸田町へ」カンボジア青年ウェルカムパーティー開催

幸田町とカンボジア王国とのフレンドシップ継承事業の一つとして、日本とカンボジアとの友好の推進に意欲的に取り組んでいくカンボジアの青年を本町に招へいして、交流を深める目的の事業です。
正式な事業名は、「CLAIR地域国際化協会等先導的施策支援事業」です。
18:00から商工会議所で、ウェルカムパーティーが開催され、多くの関係者の参加の中で、にぎやかに交流の輪が広がりました
これは、幸田町としても国際交流に貢献することで両国の発展に寄与する目的で計画され、今年で5回目です。
期間は、8/28~9/11まで幸田町に滞在し、研修と交流をします。
カンボジア代表のあいさつ 近藤町長から歓迎の記念品贈呈 「北国の春」の合唱
今回は、KIA(幸田町国際交流協会)が中心になり、4人の青年に行政、産業、国際化、文化、教育の見学をしてもらいます。
私は、8/31に、一昨年に引き続き「自動車産業の見学」のカリキュラムを一日かけて同行、案内役をします。

[2010-08-24 (火)]

幸田町長選挙結果

幸田町長選挙が8月22日投開票され、大須賀一誠氏が当選されました。得票数は、9680票でした。
町議補欠選挙は浅井武光氏と山本隆一氏が当選されました。
投票率は、60.79%で、前回の53.48%を上回ったものの、7月11日の参議院選挙の68.99%を下回る結果となりました。
幸田町HP:幸田町長選挙・町議会議員補欠選挙結果→ここから
町長選挙は、町を2分する激しく、熱い選挙戦となりました。
新町長には、町民との約束を実現し、信頼の輪を広げて、活力ある町づくりを推進されることを期待しています。

[2010-08-19 (木)]

「生物多様性」を考える。

みなさんも最近、大きな白いユリが野山や植えた覚えのない庭に咲いている風景をみかけませんか?
綺麗な花なので抜かれない為、最近余計増えています。
インターネットで調べてみました。この花は、元々は台湾原産の帰化植物で、「タカサゴユリ(高砂百合)」というようです。
このタカサゴユリも多く生えていますが、それがさらに日本のテッポウユリと自然交配し、最近はシンテッポウユリという名前で大繁殖しています。
実が生った後にタネが空中を飛んで増えます。
タネの大きさは炊いたお米くらい、厚さは0.1mmあるかないかくらいですから風に乗ってよく飛びます。
なぜか道路脇、塀際、プランターなどを好んで生えてくるようです。
  
2010年10月、愛知・名古屋で開催されます、「COP10」は、多様な生き物や生息環境を守り、その恵みを将来にわたって利用するために結ばれた生物多様性条約で国際条約を結んだ国が集まる会議のことです。
そして、今地球上では、数え切れないほどの生物種が、それぞれの環境に応じた相互の関係を築きながら多様な生態系を形成し、地球環境と私たちの暮らしを支えています。自然が創り出したこの多様な生物の世界を総称して「生物多様性」と言います。地域固有の歴史が育んだ生物がそれぞれにふさわしい環境で生き続け、健全な生態系が持続するように、人間の活動自体を自然に調和させることが重要だと言えます。

今、幸田町は、「熱い熱い選挙が繰り広げられています」
「COP10」の精神のように、「住民が健全な生活が持続できるように、地域と調和し、将来にわたって発展できる政策が重要」だと思います。

[2010-08-13 (金)]

「深溝夏まつり」盛大に開催!

深溝小学校の校庭で、恒例の「深溝まつり」が開催されました。
「深溝夏まつり」(盆おどり大会)は、過去に学区自治会が主催で開催されていましたが、時代の流れとともに、中止になる時期がありました。
しかしそんな時、地元の若者たちの有志で、「深溝夏まつり」を開催するようになり、今年で11度目となりました。
最近は、夏の風物詩である盆おどりを開催するところが少なくなりましたが、地元を想う若者の情熱に敬意を表したいと思います。
各区で、模擬店を担当し「カキ氷」「フランクフルト」「冷やしうどん」「みたらし団子」・・・など、会場を大いに盛り上げました。
私は、チャラボコ太鼓保存会として「焼きとうもろこし・もつ煮」を出店し、、「調理・味付け・販売」と「夏祭り」を楽しみました。

今年は、天候も良く、「過去最高の人出では」と役員の皆さんからの感想でした。
運営された委員、役員の皆さん、参加者のみなさん「お疲れ様でした。」

お祭りの様子はこちら

[2010-08-10 (火)]

「産業建設委員協議会」開催

本日、9:00より産業建設委員協議会(委員長:酒向弘康)が開催されました。
協議事項は、
環境課
①ISO-14001及び地球温暖化対策実行計画の実施状況について
②平成21年度実績清掃事業概要について
産業振興課
①平成21年度幸田町地域振興施設(道の駅筆柿の里・幸田)指定管理者事業実績について
②平成22年度農業農村整備事業現地指導会について
土木課
①平成22年度土木事業現地調査会について
②広田川改修・菱池遊水地事業について
各課共通
①使用料及び手数料について
②幸田町例規等(事務要綱を含む。)の改定について
以上、多岐にわたる項目のため多くの質疑がなされ審議されました。
みなさんに関係するポイントを少し報告させていただきます。
・ISO-14001は、意識が定着し継続できる体制が出来た。
 役場内で独自の審査に切り替えていき、地球温暖化対策実行計画に重きを置き推進していく。
・ゴミの1日1人当たりの排出量は、県内最少量を維持している。
 リサイクル率は、県内第3位。
・道の駅「筆柿の里・幸田」のH21年度の利用者(レジ通過者)は、約33万人、売り上げ、3億2485万円と好調。
・「農地・水・環境保全工場対策」促進陳情に対し、事業効果を確認、検証し、今後のあり方を検討していく。
・広田川改修・菱池遊水地事業は、計画どおり進行中。
以上、簡単にまとめました。

詳細は、次回発行の「さこう弘康 町政レポート」で報告させていただきます。

[2010-08-06 (金)]

「一般質問」議事録を載せました。

早いもので、私が幸田町議会議員になって3年4ヶ月を迎えています。
そして、多くのみなさまにご指導・ご鞭撻・ご激励をいただき、感謝をしています。
 この間社会的にも、個人的にもいろいろなことがあり、私なりに懸命に議員活動を行って参りました。
本会議における「一般質問」も、その一つです。
議会は、年間4回3月、6月、9月、12月に定例本会議があり、その中の「一 般質問」は、政策に取り組み、政策に生きるべき議員にとって、もっともはなやかで意義のある発言の場であり、また、住民からも重大な関心と期待をもたれる大事な議員活動です。
議事録はしゃべったままを記録したものです。
他の市町では、「一般質問や委員会の議事録」を公開・配布していたり、市町の議会のホームページで議会本会議・委員会記録を検索・閲覧できるシステムを整備し、さらには、議会中継・録画映像を公開している議会もあります。
幸田町では、「公開」が、進んでいるとは言えませんが、本会議のようすは1階ロビーのテレビで見ることができ、会議録は幸田町立図書館で閲覧できるようになっています。

私の「一般質問」をまとめたコーナー: ここから(http://www.hiro-sakou.com/report2/index.html)私の考えや活動の一端を表すものですので、お読みいただき、ご理解いただければ大変うれしく思います。
一般質問は、議員と町長が公の場で、議論をかわすものです。
町の考えをただすと共に、議員の考えを示し、提案する場でもあり、その後の政策に影響を与える事も多々ありますので、今後もしっかり先を見据えた「一般質問」に取り組んでいきたいと考えています。

[2010-08-01 (日)]

「幸田彦左まつり」盛り上がりました。

昨夜、第22回「幸田彦左まつり」が、午後5時から午後9時まで、幸田中央公園から幸田駅前通り周辺で盛大に開催されました。
天下のご意見番として知られている郷土の英雄「大久保彦左衛門」は、家康直臣の旗本として三河国額田に2000石を領有、そのうちの1000石が現在の幸田町坂崎にあり、八百富社が建つ場所は、大久保陣屋があった場所だったことから、幸田町はゆかりの地として『彦左まつり』を開催しています。
「大久保彦左衛門」や時代劇でおなじみの「一心太助」らに扮して、各コミュニティーや町内の企業の人々が、盛り上げる祭りです。
17:00~開会アトラクション、開会式、鼓笛などのパレードで幕を開き、駅前まで多くの人出の中をそれぞれの団体が練り歩きました。
このほか、夜店やアトラクションなど、盛りだくさんの内容でした。

私は、地元の深溝地区の、出し物の「ちゃらぼこ太鼓」で参加しました。
「ちゃらぼこ太鼓保存会」として3年連続の出場です。
真夏の熱気としたたる汗は、「夏の風物詩」となりました。
終了後の反省会のビールは格別でした。
運営された皆さん、盛り上げたみなさん、「お疲れさまでした」。

[2010-07-29 (木)]

交通事故に気をつけましょう!

町内で交通事故が、多く発生しています。
昨夜は、三ヶ根駅前でバイクが停車中の乗用車に追突し、バイクの運転者が救急車で搬送されました。
7月26日(月)には、午前8:15ごろ横落地内で小学校6年の児童が軽乗用車に、はねられるという事故がありました。
地元の方たちが、この事故の目撃情報の提供の協力の呼びかけをされていました。
私も今朝、この事故現場の交差点で「交通安全立哨」を行いました。
危険な交差点 同時刻での呼び掛け
夏休み、猛暑、疲れ・・・そして今朝から一転、大雨と天候も急変しています。
交通事故に巻き込まれないように、ゆとりをもって、「安全運転」につとめ、健康で楽しい夏にしたいものです。

[2010-07-25 (日)]

暑い日は、早朝に活動!

連日、連夜「猛暑」が続きます。「夏って、こんなに暑かったかな?」と思うほどです。
今朝は、早起きし、庭のプランター野菜を収穫しました。
借りている畑とは別の野菜を作っています。
青じそは200gを収穫し、「しそジュース」に、きゅうりとナスは「浅漬け」に、トマトは塩をかけて「サラダ」にして朝食でいただきました。
このトマトは、「サンマルツァーノ・レッドマジック」というイタリアントマトで、かたちはピーマン、味はおいしいトマトです。

朝食後、地域の「農地・水・環境対策」活動に出掛けました。
今年は「コスモスの園」に挑戦します。(昨年は、「ひまわりの園」)
トラクターによる土おこしと肥料やり、種まきを2時間かけて実施しました。
早朝とはいえ、玉のような汗をかきながらの作業は大変でしたが、帰宅後のシャワーで生き返りました。

何事も
『種をまかないと、「芽」は出ない、手入れをしないと「実」は出来ない!』
そう感じた休日の早朝でした。

[2010-07-22 (木)]

「さこう弘康 町政レポート」を配布しています。

本格的な夏の到来で厳しい暑さが続いています。
みなさん健康管理には、十分お気をつけをください。
連日ニュースでは「熱中症」とみられる症状を訴える人が相次ぎ、各地で死者も出ています。
「熱中症は炎天下での激しい運動時だけでなく、屋内でも発症することがあり、こまめに水分補給するなど普段からの予防が必要」と言うことです。
本日より、「さこう弘康 町政レポート7月号№,15 」を発行し、配布を始めました。

[2010-07-18 (日)]

不動ケ池親水公園完成式典に出席

本日10時より、3月末にオープンした「不動ケ池親水公園」の完成式典があり出席させていただきました。
不動ケ滝百周年記念の行事とあわせ、地元関係者や内外の来賓が出席され合同の式典となりました。
「不動ケ池親水公園」は、国の水環境整備事業を活用し、国から補助金50%、県と町で25%づつ負担してH16年から建設が始まったものです。
環境保全を図りながら、遊歩道と親水ゾーン、親水デッキなどの施設の整備がされ「豊かな水と緑を求めて 四季を感じる水辺空間」が基本テーマとされています。
式典の後、アトラクションとして、三ヶ根・朱桜「龍桜流やぐら太鼓」が披露されました。
  
不動ケ滝は、明治43年の幸田駅の開業とあわせ、地元で滝を作られずっと観光資源として守られてきました。
家族連れやグループなど、滝の園地にヒンヤリとした涼をもとめて多くの来園者でいっぱいでした。
三河湾国定公園の遠望峰山から湧き出た水が流れ落ちる滝の下では水遊びや、「そうめん流し」が行われ、子どもたちの歓声が静かな山に響き渡っていました。

[2010-07-16 (金)]

一泊二日の行政視察研修

7月15.16日産業建設委員会の行政視察に行ってまいりました。
常任委員会の行政視察研修は、二泊三日で実施しますが、今回は、日程上の関係で一泊二日となりました。
このため、朝6時20分と少々早い時間の出発で、中央道~東名高速とくるりと回る少々ハードなコースを 計画しました。
産業建設委員会の視察は、環境経済部、建設部、農業委員会の所管に属する事項で先進する自治体を実際に見聞し、その成果を町に反映できるよう議会活動に活かしていくのが目的です。
視察先は、一日目の午前中、長野県伊那市の「はびろ農業公園(みはらしファーム)」を視察・・・ファーム内にある温泉、宿泊施設、農産物直売所、ふれあい農園や体験施設の案内をしていただきました。これらの農業資源を観光資源にも活用し、地域活性の拠点づくりが進められていました。
午後から、山梨県大月市の「大月駅周辺整備事業」を現地も含め視察しました・・・幸田町も「幸田駅、三ヶ根駅、新駅を中心としたまちづくり」を推進中です。財政状況が厳しくなる中、計画を見直しながら駅前の活力注入に知恵をしぼった施策を展開されていました。
二日目の神奈川県二宮町では、「ごみ減量化対策」・・・ごみ処理広域化基本協定に復帰するにあたり、『可燃ごみ50%削減!』を宣言し、町民にしっかりと情報発信をし、協力を得ながら、削減を着実に進められていました。(詳細については、後日報告いたします)
  
今回の視察先は、幸田町が直面する問題点、課題が同じような環境下あるなかでの先行事例であり、いずれも大変参考になる中身の濃い視察となりました。

視察の様子はこちら

[2010-07-12 (月)]

参議院選挙結果と週末

7月11日に行われた第22回参議院選挙は、報道されているように、与野党が衆参で多数派が異なるいわゆる「ねじれ」の状態になりました。
愛知選挙区では、私たちが応援した2人の候補とも、見事当選することが出来、大変うれしく思います。
政治の基本である、国民の声をしっかりと受け止め、国民のための政治を進めていってもらいたいと心から願うとともに、期待をしています。
週末の早朝と、空いた時間に借りている畑の草取りをしました。
土日の朝5時に起床し、所用で出かける7時までと夕方18時からと4回に分けて農作業。
忙しい忙しいと、いままでサボっていた分、草との格闘で大変な重労働でした。
草取り前 手入れ後
常に、手入れをしていればよいのですが、ちょっと手をかけないと、すぐに草に覆われてしまいます。
野菜は、スーパーで買えば、手間無くしかも安く手に入れることが出来ますが、種や苗から育てて、薬品や機械に頼らず、その結果、野菜や実が収穫できることは格別な喜びと味覚を味わうことが出来ます。
政治も生活も、地道に、常に目配り、手配りを怠ることなく努力を続けることが肝心だと、思った週末でした。

[2010-07-09 (金)]

選挙戦もいよいよ大詰め!

昨日は、愛知県選挙区の応援候補者が幸田町入りしました、街宣車をとめて、応援の挨拶をさせていただきました。
愛知県選挙区は、新聞などの報道のように、全国的に見ても大激戦区と言われています。どの候補者も、「最後の最後まで」の必死の訴えをしています。
先日も幸田町の「電動アシスト自転車モニター募集」について紹介しましたが、この電動アシスト自転車に試乗する機会がありました。

外観は、まったくの自転車です。ペダルを踏むごとに自分の力でない、外部の力が働くことが実感できます。
坂道も乗ってみましたが、座ったままでラクに上りました。「快適」の印象でした。
みなさんも是非「電動アシスト自転車モニター」で体験してみては、いかがでしょうか?

[2010-07-07 (水)]

7月7日、きょうは「七夕」

七夕伝説のおこりは中国で、もともとは、中国の織女(しょくじょ)牽牛(けんぎゅう)の伝説と、裁縫の上達を願う乞巧奠(きこうでん)の行事とが混ざりあって伝わったものといわれています。
お互いまじめな織女と牽牛は、天帝という神様の引き合わせにより、めでたく夫婦になったのですが、結婚後は仕事をせずに遊んでばかりいたので、1年に1日のデート以外は仕事、仕事の毎日を強制されるという儒教的思想の色濃いお話。昔の農民が「仕事、仕事」の毎日を哀れむために作ったのが七夕伝説の最初なのではないかといわれています。
日本へは、従来からあった棚機津女(たなばたつめ)の信仰や琉球地方の羽衣伝説などと混ざった形で七夕伝説が伝承されたものといわれています。
いずれにしても、私達日本人には、とてもロマンチックな気持ちになる一日ですが、全国各地で「ゲリラ豪雨」の被害も、大変心配される状況でもあります。

懇談の様子昨夜は、「デンソー西尾製作所の幸田町在住後援会」の方たちと「議会報告と懇談会」を実施しました。さまざまな意見を伺うことが出来ました。 特に、交通安全・防犯活動・道路の計画・新駅関係・幸田駅の再開発・合併問題・・・。
幸田町の現状と、今後のことなどかなり町政に関心が高いことが伺えました。
そして、1つづつ丁寧に答えさせていただきました。
いただいた意見・声を、しっかりと町政に届けていく役目を果たしていきたいと思います。

[2010-07-05 (月)]

「議会だより」の編集会議

本日と明日は、幸田町議会が発行する「議会だより」の編集委員会です。
幸田町の「議会だより」は議会広報編集委員会の議員が全て作ります。
編集委員は、原稿書き、原稿読み合わせ、答弁のチェック、紙面のレイアウト、写真の選定・・・。
準備段階から、完成まで、ほぼ5日間費やします。
このため、完成した「議会だより」を手にしたときの感激はひとしおです。
なによりも「すべてが勉強」できることも大きな喜びです。
今号の発行は7月末で、みなさんの手元へは、8月早々に届きます。

幸田町では環境にやさしい交通体系の実現に向け、皆さんに鉄道、バスのほかに自転車を積極的に利用を呼びかけています。
このため電動アシスト自転車の貸し出しによるモニター事業を実施しています。
電動アシスト自転車 前カゴのプレート
通勤や買い物等の日常移動において、電動アシスト自転車の便利さを体験いただくことにより、環境にやさしい電動アシスト自転車の利用促進を目指します。

[2010-06-30 (水)]

寝不足・日焼け・駆け足・・・

本日は、朝から晴天で気温上昇の気配。
サッカーW杯で日本対パラグアイの熱戦を試合終了まで見入ってしまいました。
PK戦を見守る青きサムライたちとともに、私も膝立ちになって最後のシーンを見届けましたが・・・とても残念でした。
でも、今回の南アフリカ大会で、苦戦必至と見られていた日本が決勝トーナメント進出を果たす快進撃を果たし、本当に楽しませてくれました。
延長戦となったため、就寝は午前2時過ぎでした。

早朝から出社後「参議院選挙愛知選挙区」候補者の街頭活動のため、幸田町内~西尾市内で演説と応援をしました。
カンカン照りの太陽の下で、すっかり日焼けをし、顔は真っ赤になりました。
その後、役場で所用を済ませ、JA幸田支店で開催された「幸田町いちご組合通常総会」に参加。
その足で19:00から「里 区画整理検討準備会」、続いて地元の「ちゃらぼこ太鼓保存会総会」に参加し1日が終わりました。
「寝不足の体調で、すっかり日焼けし、バタバタの駆け足」で一日が過ぎていきました。

[2010-06-25 (金)]

小学校区教育懇談会に出席

16:00より、地元の南部中学校の、交通安全立哨を兼ねた、「防犯パトロール」に参加しました。
自転車通学の中学生たちは、「こんにちは」と元気よく声をかけてくれました。
新一年生の男子の生徒に
「どう? 中学校は? 楽しい? 」
・・・「大変です、今から塾へ行って2時間勉強です、明日も2時間です」
「大人より忙しいね、がんばってね」
・・・「はい、ありがとうございます」
こんなやり取りもありました。

18:30からは、平成22年度深溝小学区の教育懇談会が開催されました。
区長、PTA三役、地区委員、学級委員さん、先生が出席されました。
議題として、学校の教育問題、安全確保、エレベーター棟の改善・運動場の芝生化について協議し、その後懇親会と続きました。
今年の校長先生の教育方針として、「よく遊び、よく学べ」を合言葉で重点努力目標にあげられています。
校長先生の手作りの「深溝小だより」も紹介され、4月の新任から4号目を発刊され、児童と保護者にもコミニュケーションを深める努力をされていました。

[2010-06-24 (木)]

「雑想あれこれ」を載せました。

梅雨に入り、晴れ間が恋しい天候が続きます。
今年も夏至が過ぎ、後半に差し掛かろうとしています。
時間が瞬く間に過ぎていくようです。
「雑想あれこれ」NO,11・・・ここから

我が家のアジサイ
アジサイ アジサイ アジサイ
本日は、昨年9月の政権交代後、初の全国規模の国政選挙となる第22回参院選が24日公示され、7月11日の投開票に向けて、17日間の選挙戦のスタートの日となりました。

[2010-06-19 (土)]

高浜市の「事業仕分け」を見学

高浜市で「事業仕分け」が、本日と明日(6月19日(土)、20日(日)9:00~)が実施され、実施会場の 高浜市中央公民館に見学にいってきました。
会場は、A.Bの2会場で実施され、市民や傍聴者で用意されたイスに座れないほどで、関心の高さをはだで感じることが出来ました。
高浜市では、18歳以上の市民2,000人を無作為抽出して参加を募った約60人の市民が、「市民判定人」として「事業仕分け」に参加しました。
高浜市HP:http://www.city.takahama.lg.jp/grpbetu/zaimu/shigoto/jigyousiwake/H22jigyousiwake.html
  
対象事業は、今年度実施される370事業のうち、40事業。
進め方は、高浜市職員が事業説明し、仕分け人及びコーディネーターと高浜市市民仕分け人、構想日本事業仕分けチームが質問し、市民判定である「高浜市市民判定人」が、事業を具体的に洗い直し、無駄をなくすほか、事業の背後にある制度や国と地方の関係など考慮し、それぞれの事業の必要性や担い手について判断し、その結果を行財政全体の改革に結び付け、予算編成に反映させるやり方です。
予算項目ごとに必要か否か、必要なら、官か民か、国か地方かなど、どこがやるべきか、外部の視点かつ公開の場でチェックする、まさに市民直接参加型の事業仕分けを間近に傍聴し、その威力を体感することが出来ました。
  
私も、3月議会で「幸田町も事業仕分け 導入を」と提言しました。
ここから 
「事業仕分け」の考え方は、現在の制度や考え方はいったん脇に置き、「そもそも・・・」から必要性や実施主体を考えるべきです。
「制度で決まっているから」「長年しているから」「補助金をもらっているから」といった理由を認めると、現状を変えることは出来はません。
「あったらいい」から「なくてもいいのでは」と発想を換えることを原点として、行財政改革を進めなければならないと思っています。

[2010-06-18 (金)]

交通死亡事故ゼロ600日達成!

6月18日、幸田町は交通死亡事故ゼロ600日を達成しました。
町内には、国道248号や23号バイパスなどの主要道路が多く、必然的に交通量も多くなっています。
交通量が多ければ、交通事故が発生する件数も多くなります。
このようななか、警察をはじめ、地域・行政・事業所のみなさんが、交通事故防止に積極的に参加してくれた結果だと思います。
そして、何より、町民のみなさんが交通安全に心がけたことが、今回の達成につながったと思います。

愛知県も5年連続の「ワースト1」でしたが、6月16日時点で「ワースト2」となっています。
今回の交通死亡事故ゼロ600日で満足することなく、記録を更新していきたいものです。
みなさんも、交通事故には十分気をつけてください。

[2010-06-14 (月)]

6月議会開催中

平成22年度第2回幸田町議会定例会(6月議会)が、6月11日召集され、23日までの会期18日間の日程で開催されています。
本日は、一般質問で5名の議員が町政を問い質しました。
私は、6月12日に娘の結婚式があり、今回の一般質問を休ませてもらいました。
9月議会には登壇をしたいと考えています。
今定例会の議案は、単行議案として、報告2件と
・幸田町監査委員の選任について
・幸田町火災予防条例の一部改正について
・財産の取得について(災害対応特殊救急自動車)
・財産の取得について(高度救命処置用資機材)と補正予算関係
・平成22年度幸田町一般会計補正予算の1件が提出されました。陳情については、
・「働くものの権利を守り、住民の安全・安心を確保し、憲法擁護・核兵器のない世界を求める陳情」
・「選択的夫婦別姓法に反対の意見書の提出を求める陳情書」の2件です。
比較的議案の少ない定例会となりました。

[2010-06-10 (木)]

畜産組合総会と林業振興通常総代会に出席

昨日は、10:00からJAにて畜産組合総会と14:00からは役場4Fホールにおいて、林業振興通常総代会が開催され、産業建設委員長として出席しました。
畜産組合では、口蹄疫の話におよび、畜産農家にとっては大変な問題です。
そして昨日、農林水産省と宮崎県は、都城市高崎町の肥育農家で、口蹄疫特有の症状を示している牛3頭を確認し、感染疑いが強いと発表しました。
口蹄疫問題が終息を迎える日が一刻も早く来ることを願うばかりです。
林業振興通常総代会では、今年をもって「解散」の議案が提出され承認されました。
林業振興会の目的であった「林業の生産性向上」の役目がなくなってきたことや振興会への個人加入率が30%に低下してたことなどが「解散」の理由です。
町内の43%にあたる「緑と水と空気の源」の森林の環境保全整備は、引継ぎ継続していかなければなりません。
17:45からは、岡崎市の「中部電力岡崎営業所支部 定時総会」が開催され、挨拶の機会をいただき、日ごろの支援のお礼と町政報告をさせていただきました。

[2010-06-06 (日)]

里区土砂災害避難訓練が行われました。

本日9:00より、里区で、地震やゲリラ豪雨による土砂災害を想定した避難訓練が行われ参加しました。
「土砂災害避難訓練」は、県、町、防災関係機関及び地域住民が一体となって、情報伝達訓練及び避難訓練を実施し、土砂災害に対する警戒避難体制の強化と防災意識の高揚を図るものです。
今回、土砂災害警戒区域の対象の112世帯のうち、70世帯(95人)の住民の方が、真剣な表情で避難訓練をされました。 訓練参加者は、総勢201人でした。

突然襲う土砂災害は、年平均1200件以上発生しています。
犠牲者0(ゼロ)を目指すとき、一番大切なことは「身を守るのは早めの避難」です。
今一度、自分の避難場所、避難方法を再確認するうえで、大変有意義な訓練となりました。

[2010-06-01 (火)]

本日より、幸田町公共敷地内「全面禁煙」!

幸田町では、6月1日より、厚生労働省から出された通知に基づき、役場庁舎内及び敷地内全面禁煙となりました。
(平成22年2月25日付けで厚生労働省健康局長から都道府県知事に対して、今後の受動喫煙防止対策としては原則建物内全面禁煙とすべきとされました。)
これは、屋外であっても多数の人が利用する公共的な空間においては、受動喫煙を防止する目的で、禁煙とすることが望ましいと判断したからです。
今回の実施にあたり、保育園・小学校・中学校も含め、敷地内を全面禁煙としました。
これを機会に、健康について考えましょう。
受動喫煙とおとなの健康に関する事実(日本禁煙学会から抜粋)
 ・一日の受動喫煙で吸い込む有害物質の量は5本~10本の能動喫煙に相当する。
 ・受動喫煙で肺がんのリスクが20~30%増加する。
 ・タバコを吸わない女性の肺腺癌の37%が受動喫煙による。
 ・受動喫煙でも心筋梗塞が起こる(リスクは30~44%増加する)。
 ・バーやレストランを禁煙にするだけで心筋梗塞が平均20%減る。
 ・受動喫煙で脳卒中が42%増える。
 ・受動喫煙で末梢動脈閉塞症は90%増える。
 ・受動喫煙は、アスベストよりも1600倍以上危険である。
 ・排ガス(ディーゼル)より桁違いに受動喫煙が危険である。
 ・完全分煙で受動喫煙は防げない。
愛知県HP:受動喫煙防止対策について
本日、18:00より「デンソー労働組合 評議委員会」にて議員活動報告をさせていただきました。

[2010-05-31 (月)]

「清幸園」を視察

午前中、幸田町大字深溝にある、清幸園衛生処理場を視察に行ってきました。
私一人にもかかわらず、職員さんが、丁寧に案内と施設の説明をしていただきました。
「清幸園」は、昭和38年4月から、生し尿、浄化槽汚泥の処理と、処理場の円滑運営のため、 蒲郡市と幸田町で蒲郡市幸田町衛生組合を設立し、共同で運営する施設です。
清幸園 処理状況を集中管理 管理室のメーターと記録盤
平成20年度のし尿投入量は、幸田町36.4%、蒲郡市63.6%で、幸田町の割合の推移は、年々減少しています。
これは、下水道化が進んでいるということが、いえるということです。
初めて施設を見学させていただきましたが、特に環境への配慮や臭気対策に気を使われていました。

[2010-05-29 (土)]

行事の多い週末となりました。

朝から、さわやかな風が心地よくふく絶好の運動会日和となりました。
地元の「深溝小学校区地域コミュニティ大運動会」が開催されました。
町の運動会は、小学校、地域のコミュニティ、PTAが一緒になって開催し、この時期に行われるようになりました。
家族と地域とこどもとで、ふれあいの輪を拡げる大切な行事となっています。
全力の競技に、応援の歓声や掛け声が会場を大いに盛り上げていました。

昼からは、「ユタカ議連協議会定期総会」が、豊田市のカバハウスで開催されました。
総会の後、古本伸一郎財務大臣政務官から国政報告がありました。
普天間問題と「抑止力」について、今後の福祉問題などについて直近の取り組みの報告を聞くことが出来ました。

夕方は、地元の深溝小学校区の「自警団の新旧交代の集い」が行われ出席しました。
本日も、朝から学区の運動会にも、地域のみなさんの安全面を、うらで支えていただきました。
年間を通して、地域の「安全、安心生活を守って」いただいていますことに対して、心より感謝をしたいと思います。

運動会の様子はこちら

[2010-05-27 (木)]

昼休み「春の屋外クリーン運動」に参加

夏を感じる日差しの昼休みに、㈱デンソー西尾製作所の社員と労働組合のみなさんが、会社周辺道路や幸田町内の各所へ分散して「春の屋外クリーン運動」が実施されました。
私も約30分 ゴミゼロ活動に参加し、とても気持ちの良い空気の中で「いい汗」をかきました。
R248の歩道 小さいゴミも拾います 集めたゴミ
「クリーン幸田」に相応しい美化と、地域社会に奉仕するボランティア活動の一環として、定期的に行われています。
5月24日に開催予定でしたが、雨天のため、本日に延期されていました。
A=鍛冶山交差点から23号「幸田芦谷IC」入口交差点付近まで
B=鍛冶山交差点から芦谷交差点まで
C=JR幸田駅東側道路(旧248号)・・・
そのほかD~Gを含め、町内の7ヶ所で「町をきれいに」しました。
参加された皆さん、お疲れ様でした。

[2010-05-25 (火)]

産業建設委員協議会 開催

本日、産業建設委員長となって、初の協議会があり、少々緊張の中で初の議事進行を執り行わせていただきました。
協議項目として、
・環境課    平成22年度蒲郡市幸田町衛生組合予算の概要について
・産業振興課 平成21年度公共駐車場及び融資制度等の利用状況について
・都市計画課 新駅駐車場の計画概要について
・下水道課   下水道事業の整備概要について
・水道課    第3受水点配水池築造工事について
・各課共通   幸田町例規等の改正について
以上の6項目でした。

特に、新駅の駐車場の計画は興味のあることだと思います。
総面積は23,423㎡、緑地面積4.800㎡(緑化率20.5%)です。
500台の駐車スペースで、24時間無人のゲートにて出入りを計画し、場内は透水性舗装です。
ただ、トイレは西側の駐車場スペース内には無く、駅通路にあるというものです。
皆さんには、報告の機会に逐次お知らせしていきたいと思います。

[2010-05-18 (火)]

連合三河中地協岡崎地区議会報告会

本日18:00から、岡崎市勤労文化センターで「連合三河中地協議会報告会」がありました。
参加メンバーは、連合三河中地協 岡崎地区構成組織の皆さんと政策推進議員の約70名です。
議会報告は政策推進議員として、県政を浜崎県議、岡崎市を竹下市議、幸田町を私、酒向弘康が報告しました。
報告会資料浜崎県議、竹下市議と議会報告のようす
私からは、1月から5月までの議会内容等にふれながら、平成22年度の主要事業について・地域防犯や行財政改革について説明をさせていただきました。
質疑応答、意見交換の時間も多くの意見が出され、地方議会への関心の高さを感じることが出来ました。

[2010-05-14 (金)]

矢作古川改修促進期成同盟会の総会に出席

岡崎市福祉会館において、岡崎市・西尾市・幸田町・一色町・吉良町の2市3町の首長、議長、担当委員会委員長が出席の中、矢作古川の改修促進期成同盟会の総会がありました。
私は、幸田町議会 産業建設委員会委員長として出席をしました。
挨拶される同盟会会長の榊原西尾市長 H22年度事業計画主要事業箇所図
矢作古川水系には、広田川を含め10の河川があります。
「平成20年8月末の集中豪雨」被害の再発を防ぐため、国、県に対し、治水、砂防の工事促進を要望しました。

5.14.2.pdf

[2010-05-12 (水)]

産業建設委員長としての初仕事

本日 10:00より「農業農村整備事業現地指導会」が町民会館会議室で開催され出席をしました。
議題は、
①農業農村整備事業の促進及び新規採択陳情
②西三河農林水産事務所管の事業説明
③意見交換
その後、不動ケ池公園、大井池工事、道の駅の現地をまわりました。
  
幸田町は「人と自然を大切にする緑住文化都市」を目指して、住みよい農村基盤を築くため各種農業農村整備事業を推進しています。
21世紀にふさわしい足腰の強い農業の確立と農村の生活環境をしっかりと整備しなければなりません。

[2010-05-10 (月)]

臨時会で議会構成決まる。

本日、9:00より幸田町議会臨時会が開催され、新委員会構成が決まりました。
議案など最終的に本会議で可否が決められますが、町政は間口が広いためにあらかじめいくつかの委員会を設け、まずそこで専門的に審査します。
委員会には常任委員会と議会運営委員会、並びに特別委員会があります。

私は、常任委員会:「産業建設委員会:委員長」
特別委員会:「議会広報特別委員会委員」
議会選出一部事務組合議会議員:「蒲郡市幸田町衛生組合議会議員」
となりました。誠心誠意がんばって参りますのでよろしくお願いします。
くわしい議会構成 幸田町議会委員会等名簿 をご覧下さい。

[2010-05-05 (水)]

5月5日5時、起床!

今日は5月5日、旧暦では午の月は5月にあたり、この午の月の最初の午の日を節句として祝い、のちに5が重なるこの月の5日が「端午の節句」の日になったとのことです。
今朝は、連休の最終日・・・朝5時に目が覚め起床。
晴天の気持ちのよい早朝、借りている畑の作業に出かけました。
玉ねぎとラディッシュ(二十日大根)が大きくなり収穫しました。今年で「農業3年目」です。
「早起きは三文の得」と言います。 ある調査によると、「早起きする人の方が、『時間の圧迫感』『ストレス感』ともに低く、ゆとり感を持っていることが確認できた。」という報告があります。
お金には換算できない、とても気持ちの良い時間と空気を感じることが出来ました。
そんな得をした気持ちを作業終了後、軍手で「Vサイン」をつくりました。

[2010-05-01 (土)]

議員汚職事件についての報告会

新聞記事本日、役場第2委員会室において9:00から幸田町議会議員受託収賄事件についての議員全員に対し議会報告会がありました。
今朝の新聞報道にもあったように、この事件で、黒柳広治氏は受託収賄罪で起訴されました。
その後、4月30日付で議長に辞職願を提出し、許可されました。
報告の内容は、 ・「黒柳議員 受託収賄罪における経過報告」
・「黒柳議員 議会辞職願い提出における辞職許可報告」の2点でした。
報告の後、報道機関へFAXで報告をするとのことでした。
このような重大な事件は、あってはならないことで、町民の議会に対する期待を大きく裏切るものです。
議会としても厳粛に受け止め、全力を挙げて住民への信頼の回復をしていかなければならないと考えています。
全国町村議会議長会編 「議員必携」 には、次のように示されています。 『議員は、住民から選ばれ、その代表者として議会の構成員となるのであり、人格・識見ともにすぐれた代表者であるべきとされています。
したがって、議員の一言一句は、とりもなおさず住民の意見であり、住民からの声であるというべきであり、議員が行う質問や質疑・討論は、同時に住民の疑問であり意見であり、表決において投ずる一票は、住民の立場に立っての真剣な一票なのです。
また、議員は住民全体の代表者であり、奉仕者であって、これが議員の本質というべきなのです。
このことは、議員が住民の直接の選挙によって選任されることからも当然の自明の理であります。
本来、住民が議員を選挙するに当たっては、自分個人の利害のみの立場に立つのではなく、当然に全体としての利害も考え、町全体の立場に立って、一票を投ずるものであるからなのです。』

[2010-04-29 (木)]

ゴールデンウィークに突入!

連休の週間天気予報は、今朝を除いて、ほぼ晴れ!気温も20℃を超えるようです。
日頃の疲れを発散させようと、家族や友達と旅行へ出かけたり、いろんな計画を立てている方も多いのではないでしょうか?
私は、4月に入り恒例の新年度の各総会や役員会、歓送迎会などスケジュールがいっぱいで、休みがありませんでした。
本日は、学区の防人の碑 御鍬神社の祭礼に出かけます。
その後は、久しぶりに「ゆっくり」しようと思います。

ちょうどいま、幸田町郷土資料館では、端午の節句にあわせて、武者人形やなつかしい土人形が展示されています。
同時に、土人形のモデルになっている戦国武将にあわせて、幸田町の戦国武将をパネルで紹介されています。
また、国指定の伝統的工芸品に指定されている『三河仏壇』を製造する職人のグループ"アートマン・ジャパン"さん作の非常にめずらしい「武壇」が提示されています。

期間は、4月24日(土)~6月27日(日)です。 開館時間:午前10時から午後5時(正午から午後1時は閉館 休館日:毎週月・木曜日 入場料は無料です)

幸田町郷土資料館は、深溝の三ヶ根駅から東へ600mほどのところです、ぜひお出かけください。

[2010-04-24 (土)]

「世界をもっと身近に」国際交流協会総会に出席

2010年度幸田町国際交流協会総会が10:00から町民会館あじさいホールで開催されました。
略称は「KIA」=KOUTA INTERNATIONAL ASSOCIATION= 私も、会員として3年前から活動に参加させていただいています。主な活動は、「世界をもっと身近に」をモットーに、「語学教室」町内行事参加」「講演会・音楽会」などを開催しています。

総会の第1部は、会長・来賓のあいさつなど、5つの議事が進められました。
第2部は、アトラクションとして=「ラテンミュージック」への誘い=と題して、東海地方で活躍中のペルーのバンド演奏が披露されました。
「コンドルは飛んでいく」「コーヒールンバ」など南米の代表的な音楽が、とても心地よく耳と心に響きました。
KIAのホームページは、ここからご覧ください。

[2010-04-21 (水)]

「ふれあいトーク」で多くの声を聞きました。

今日は、デンソー西尾の工場で後援会の会員の皆さんと「ふれあいトーク」を行いました。
昨日は、デンソー幸田で開催し、4/27にもデンソー幸田で開催を予定しています。
仕事を終えた後、急いで駆けつけていただき真剣に議会報告を聞いてもらいました。
その後、要望事項や意見交換と、あっという間に予定の時間が過ぎてしまいました。

今の関心ごとは、特に地域の安全、安心に関する施策・税金の問題・新駅の状況・幸田駅前再開発・今後の幸田の姿・合併はするのか?・・・などなど。本当に多くの意見を聞かせてもらいました。
この「声」をしっかりと受け止め、今後の活動に活かし反映していかねば、と考えています。
参加された皆さん『「お疲れ様でした」そして「ありがとうございました。」』

[2010-04-18 (日)]

「2010地協メーデー」に参加

連合愛知三河中地協2010地協メーデーが、岡崎市乙川緑地公園で盛大に開催されました。
昨日までの冷たさから一転、快晴で暖かい日曜日となり、多くの家族連れなどでにぎわいました。
今年のスローガンは、【実現しよう「労働を中心とする福祉型社会」】です。
 式典では、直塚代表から
『一昨年からの世界的な経済危機により、働く者を取り巻く環境は一層厳しさを増している。安定した雇用システムと安心できる社会保障の仕組みを再構築し次の世代にわたって誰もが希望の持てる社会作りを実現していこう』と呼び掛けがありました。
その後、岡崎副市長や愛知県西三河県民事務所磯貝次長の挨拶と続き、式典の最後に、連合愛知三河中地協2010地協メーデー宣言、それと今後の参議院選挙に向けてのメーデー特別宣言を採択しました。

[2010-04-12 (月)]

「事件報道に関する報告について」

本日13:30より、役場5階の会議室で「4月9日、黒柳町議が受託収賄の疑いで逮捕された事件」について経過報告があり、出席しました。
この事件は、【工業用地にかかる道路敷設に関する議決をめぐって便宜を図る見返りに現金数百万円を受け取ったとして、愛知県警は9日、同県幸田町議の黒柳広治容疑者(72)=同町坂崎=を受託収賄の疑いで逮捕・・・(中略)・・・容疑者の認否について、県警は「今後の捜査に差し障る恐れがあるので説明を控える」としている。
捜査2課の発表によると、黒柳町議は2008年4月ごろ、西尾市室町と幸田町須美地区にまたがる工業用地の開発事業・・・(中略)・・・便宜を図るよう依頼を受け、同年7~12月、数回にわたって現金数百万円を受け取った疑いがある。 】
朝日新聞の記事より抜粋(2010年4月10日)

役場の玄関から会議室まで、報道関係者でごったがえし、事件の重大さを物語っていました。
会議は、非公開のもので、議長からの報告で終わりました。

議員の中から逮捕者を出したという事実に対し、町議会全体としても、猛烈な反省をしなければなりません。
私たち議員一人ひとり、今一度、それぞれが議員に挑戦したときの「初心に帰り、襟を正す」 そして「町民の皆さんの声にしっかりと耳を傾けながら、皆さんのお役に立つ」ことを愚直にしていくことしか信頼回復の道はないと考えます。

[2010-04-09 (金)]

しだれ桜と菜の花を 「楽しみました」

第12回 幸田しだれ桜まつり開催中の幸田文化公園の「しだれ桜」350本は、「満開寸前」また、園内にある約20種500本の桜は「散り始め」です。
まだ肌寒い日が続きますが、まさに今、春まっさかりの優美な風景が楽しめます。
お祭り期間は、平成22年4月1日(木)~4月15日(木)で出店、各種イベントが催されてます。


昨日は、「なばなの園」で里保育園の園児と「菜の花交流会」として、菜摘を楽 しみました。
過去のHP
菜の花 菜の花 菜の花
園児はそれぞれ、「お父さんに上げる!」「お母さんにプレゼントする!」とかわいい小さな手いっぱいに摘み取っていました。

[2010-04-08 (木)]

「さこう弘康の町政レポート」を掲載します。

さこう弘康の町政レポートNo.14を発行します。
議会ごとに年4回の発行を続けて、14号目となりました。
こちらから ご覧下さい。
みなさんに、レポートを通じ、「ありのままを解りやすく」と頭をひねりひねり作っています。
まだまだ、伝え切れていない点もあると思います。
今後とも、みなさんの意見を取り入れながら、議員の大切な役目である『知らせる』 任務を果たしていきたいと思います。
今回のレポートの手配り地区は、幸田駅の西側の住宅地を配らせていただきます。
お声がけ、ご意見・ご要望もお聞きしたいと思います。よろしくお願いします。

[2010-04-03 (土)]

さこう弘康HPへのアクセス数が、1万件をカウント!

2010年4月3日 「さこう弘康のホームページ」の訪問者数が、1万件を超えることができました。
一昨年4月にホームページをリニューアルオープンしてから、約2年かかっての到達です。
多くのリピーターの方やご支援を頂いている皆さんに支えられながら、今日まで地道に書き続けてきました。

これからも、行政や議会、町内、地域での活動やトピックス等をお届けしていきたいと思います。
「ご意見・ご要望」欄からも「みなさんの声」をお寄せ下さい。
今後とも、精一杯がんばります! よろしくお願いします。

[2010-04-01 (木)]

幸田町の人口と世帯数が過去最高に

本日より、平成22年度がスタートしました。
役場も人事移動が実施されました。更なる住民のための行政の展開が期待されます。
役場1F正面の「人口と世帯」ボードに、平成22年4月1日現在の数値が掲載されています。

人口:37,432人 世帯:13,086世帯となっており過去最高の数値となりました。
人口は、昨年比:437人の増加です。 少しづつではありますが、着実に増加をしていることがわかります。
役場となり中央公園のさくらが、満開をむかえています。

[2010-03-31 (水)]

年度最終日 「なばなの園」見ごろです。

今年度も本日が、最終日です。 桜満開のたよりが届く中、まだ朝は冷え込み、うす氷も張っています。
深溝の里地区の「なばなの園」では、今見ごろを迎えています。
これは、「農地・水・環境保全向上対策」事業の一環の活動です。
私の地元の里区では、「美しいさとの四季を創生する会」が結成され、私も実行委員として活動をしています。
  
農村地域の資源は、農地や農業用水、ため池などがあります。
これらの資源は、食料生産や国土保全など様々な役割を担い、私たちの生活を支え続けてきました。
しかし、現状では、農村地域の資源を農家だけの手で守っていくことは、至難の状況と言わざるを得ません。
「農地・水・環境保全向上対策」は、こうした状況を背景に、農林水産省が提唱し、5年間の時限立法の事業として、平成19年度から本格的にスタートしました背景があります。
3つの田んぼ一面が「菜の花」の園です。一度、お出かけください。

[2010-03-26 (金)]

里保育園の卒園式に出席しました。

4月はすぐそこなのに、まだ寒さが残る朝でした。
今日は町内の全保育園で「卒園式」開催されました。
里保育園の卒園児は、10名です。全町では、ちょうど300名の園児が卒園とのことです。
1時間ほどの式でしたが、しっかりと挨拶が出来、返事もハッキリと立派に巣立っていく様子がわかりました。

私の2人の娘たちも、お世話になりました。
本当に環境のよいアットホームの雰囲気は今も変わっていません。
この里保育園は、平成22年4月から、乳児・延長保育実施されます。
乳児・延長保育(7:30~18:00)の実施を実現!
新年度は、13名の入所希望があり、園児減少の歯止めになると思います。

[2010-03-24 (水)]

昨日、3月議会が閉会

平成22年3月1日に開会した3月議会が、3月23日閉会しました。
単行議案5件、補正予算関係8件、当初予算関係10件、追加議案2件の計25件が上程され、原案どおり可決しました。
また、陳情3件を審議し、1件を採択、2件を不採択しました。
議会報告は、こちらからご覧下さい。
議会終了後、今朝の新聞報道にも掲載がされていますように、新年度4月1日付 けの職員人事異動の発表がありました。
全職員の異動は、昨年とほぼ同規模の93人。
また、子育て支援担当の参事を新設して、新政権の目玉政策である「子ども手当て」を含む子育て関連や、教育施設の充実に取り組むとしています。
新規採用は15名、前年比3名の増員となり、職員数:318人体制となります。
また、3月31日付けで退職される、4名の部長職の「退職のあいさつ」がありました。
副町長も、一身上の都合により3月31日付けで退職されるため、挨拶がありました。
「みなさん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。」

[2010-03-19 (金)]

深溝小学校の卒業式に出席しました。

町内の小学校でいっせいに、平成21年度の卒業証書授与式が挙行されました。
私は、地元の深溝小学校の卒業式に出席させていただきました。
本年度の卒業生は,60名です。一人ひとり卒業証書を校長先生から授与されました。
卒業全員は、堂々とした姿で胸をはって歩き、はきはきとした言葉が、体育館に響きました。

PTA会長の祝辞の言葉を紹介します。
「心のスイッチをいれなさい!どんなによい電球でも、スイッチを入れなければ輝かない!」
4月からは中学生として、さらに力を発揮して、自信をもって生活していくことを願っています。
「おめでとうございます!!」

[2010-03-14 (日)]

地域での「議会報告」資料です。

地方議員としての任務のひとつに、行政が住民のために行われているかどうかを監視することにあります。
また、住民が納めた税金がどのように使われ、どのように住民に還元されているかを、しっかりと把握しチェックをする。
そして、『知らせる任務』があると思います。
ちょうど今、新年度を迎えるにあたり、地域では「発集会、新旧役員会・・・」などの行事が行われています。
機会をいただき、地元地域で「議会報告」をさせていただいています。

3月議会の途中ですが、新年度当初予算案の概要は、皆さん興味をもって聞いていただいています。

町政レポートはこちら

[2010-03-08 (月)]

「卒業おめでとうございます!」南中の卒業式に出席。

本日、県内の公立中学校で、ほぼ一斉に卒業証書授与式がありました。
私は、地元の幸田町立南部中学校より、案内をいただき出席をしました。
第27回卒業生は、86名です。毎年参加させていただくようになりましたが、在校生の送辞、卒業生の答辞は、いつ聞いても胸が熱くなります。
南部中学校は、「あいさつ・歌声・福祉」の生徒会活動の三本柱となっています。
生徒とすれ違う時、「おはようございます」とハキハキとした明るい挨拶は、とても気持ちの良いものです。
卒業式での歌は、どの曲もすばらしく、とてもきれいな合唱に「感動」をしました。

校長先生の祝辞の中で、「三感王になる」話がありました。
内容は、『何事にも強い関心を持って「感心」し、「感動」・「感謝」をするということです。
感心することで、新しい世界が開き好奇心も高まります。
感動することで、心がイキイキとし、感謝することで、不満が少なくなり心が豊かになるのです。
三感王になるには、素直でいることです。』・・・そんな、いい話でした。
卒業生の皆さん、おめでとうございます。
先生、家族、地域の皆さんが、心から祝福をしています。がんばれ!!

[2010-03-03 (水)]

一般質問で登壇しました。

本日、2番目の9:50より、一般質問をさせていただきました。
町当局に対し、
・「事業仕分け」導入の提言に対し、
町長:「前向きに検討をしていく」という、答弁を引き出しました。
もう一点は、自転車の交通安全対策について質しました。
詳しい内容は、後日報告させていただきます。
今、役場は「確定申告」のため多くの町民の方が、役場にこられ駐車場がいっぱいになります。
このため期間中、議員は、隣の中央公園の駐車場にとめています。
この駐車場横の「桜」が満開です!

[2010-03-01 (月)]

3月議会開会

本日より召集、3月23日までの会期で3月議会が開会しました。
=議会日程=
3月1日  ・・・開 会 
3月3日  ・・・一般質問・・・酒向弘康登壇(10:00ぐらい~)
3月5,9日 ・・・議案質疑
3月10,11日 ・・・予算特別委員会
3月12日 ・・・文教福祉委員会
3月16日 ・・・産業建設委員会
3月17日 ・・・総務委員会
3月18日 ・・・議会運営委員会
3月23日 ・・・閉 会
開会前に幸田町議会の広報「議会だより」が、「第24回町村議会広報全国コンクール」で入選したので、表彰状の授与がありました。
議会広報特別委員会の委員として、とてもうれしく思います。
今後も、ご愛読よろしくお願いします。
全国で、20町村が入賞し、本町は7番目の成績でした

[2010-02-24 (水)]

3月議会 一般質問で登壇します。

本日、3月議会の議案説明がありました。
議会日程は、3月1日から、23日まで開かれます。
私の一般質問は、3月3日(水)2番目・・・10:00ぐらいです。
=質問の内容=
 1.「事業仕分け」導入について。
 ●厳しい財政状況の中、全国の自治体に広がっている「事業仕分け」は町政の透明化・職員の意識 改革に効果がある。
  「事業仕分け」の導入の考えについて問う。
 2.自転車の交通安全対策について。
 ●「安全、安心なまちづくり」で交通安全対策は、最優先項目である。
  安全な道路整備の長期計画と近隣市町でも急拡大する「3人乗り自転車」の貸し出しサービスの考えを問う。

時間のある方は、傍聴にお越し下さい。

[2010-02-21 (日)]

そろそろ「春の予感」

今朝は、まだまだ冷たい風を感じました。
でも、確実に春がすぐそこまで来ています。

・自宅近くの本光寺の東の山にキレイな花が咲き「春の予感」十分。
  

・2/2から3/7まで郷土資料館で「おひなまつり」が開催されています。一度おでかけください。
   

・深溝小学校で「ユニバーサルホッケー大会」が行われました。
 大人も子どもも、寒さを吹飛ばすファイトで競技が繰り広げられました。
 ユニバーサルホッケーとは、「Universal(誰でも、どこでもできる)スポーツ」という意味で名付けられた、
 新しいタイプのスポーツです。

[2010-02-18 (木)]

久しぶりに「雑想あれこれ」を掲載しました。

9ヶ月ぶりの掲載です。
「春到来に想う」と題して、朝通勤時に感じたことを綴りました。

[2010-02-14 (日)]

つばきの小径の「菖蒲園」の手入れに参加

春をすぐそばに控え、深溝グランドに隣接する、つばきの小径の「菖蒲園」を手入れしました。
9:00から、地元の人たち70人ほど集まっていただき湿地帯に生えた草や、飛んできた木の枝を取り除きました。

1時間程度で、すっかりキレイになり、あと菖蒲が育ち、美しい花を咲くのを待ちたいですね。
公園や公共の施設は、地域が協働で守っていけるといいですね。

[2010-02-11 (木)]

直嶋経済産業大臣来る!

本日は、建国記念日の祭日ですが、ユタカクラブ議員の協議会が豊田市のつどいの丘で開催され参加しました。
祭日は、議員の公的な仕事がなく集まりやすいため開かれます。
「地方議員連絡会」のあと、「トヨタの環境戦略」と題した・・・トヨタ自動車の宮崎常務役員による講演会。
そのあと国会で多忙な中、駆けつけていただいた直嶋経済産業大臣による「国政報告」がありました。

大臣より、成長するアジアの活力を取り込み、地球温暖化対策をチャンスと捉える発想で、国民が豊かな生活を実感できる社会の実現のため、具体的な取り組みを進めて行くことなど、経済対策の話を聞くことが出来ました。

会の様子はこちら

[2010-02-06 (土)]

「事業仕分け」の草津市を視察しました。

とても冷え込んだ、今朝、起きてみると外は、「一面の銀世界」あまり見かけない「粉雪」のようです。
昨日は、滋賀県草津市に行政視察に行ってきました。
今回は、西尾市議会の有志の議員さんの視察に同行させていただきました。
草津市は、『将来にわたって質の高いサービスを提供していくためには、既存事業の見直しを行うことと、そのプロセスを公開の場での議論という形で、市民の皆様にご覧いただき、今よりももっと市政を透明にすることを目的とします。』と説明をうけました。なかなか進まない「行政をスリム化」するために導入に取り組まれたということです。
視察のようす 12月の事業仕分けの写真 2点質問をさせていただきました
事業仕分けは、一般住民が傍聴参加のしやすい、平成21年12月20日の日曜日9:30-17:00に、場所は、草津市役所で、2ケ所に分けて、全面公開性で実施されました。
草津市では、仕分け人の議論を聞いて、「市民の生の声」を反映させるため、公募後、抽選で選ばれた60人の市民判定人が判断をするやり方です。
対象事業となった20の予算事業について、それぞれの事業ごとに仕分けを実施し、市内外から約500名の傍聴者が訪れ、多くの報道関係者、他自治体職員の方々も訪れたということでした。
A,B,C,D(E.F))の4分類され、それぞれ「不要」・「民営化」・「国・県で実施」・「市で実施」に『仕分け』がされたと言うことです。
地方においても、財政状況も厳しくなる中で、1つ1つの事業を根本から見直していくことが必要となってきています。
今回の視察を参考に、3月議会での私の一般質問は、『幸田町も「事業仕分け」の導入を!』を当局に質していきたいと考えています。

[2010-02-04 (木)]

一般質問の議事録を載せました。

平成21年第3回 幸田町議会定例会(9/1~9/30)の「一般質問」の議事録を載せました。
質問の内容は、
1.災害時の避難支援ブランの災害時要援護者対策について
 ・全国の他の自治体や企業間とで「災害時応援協定」を締結する自治体が多くなっている、幸田町としての考えは?
2.児童生徒の携帯電話の対応について
 ・携帯電話の所持や情報モラルの環境整備を早急に進めるべきだ。
について、質しています。

ここから ご覧下さい。
HPの記事は、ここから
「議会だより」は、ここから
この議事録は、幸田町議会が発行するもので、議会後4ヶ月ほど後で公開されます。
過去の会議録は幸田町立図書館でのみ閲覧できます。
私の一般質問については、ホームページに載せていますので、ご覧下さい。

[2010-01-30 (土)]

幸田町安全安心なまちづくり推進大会開催

14:00から幸田町民会館 あじさいホールにおいて「安全安心なまちづくり推進大会」が開催され参加しました。
大会は、愛知県警察本部長より幸田町長へ感謝状が伝達され、続いて交通安全活動・防犯活動・防災活動の団体へも感謝状が贈呈されました。
来賓祝辞の後、活動事例の発表、ビデオ上映と、中身の濃い大会の運営がなされました。

平成22年1月1日から、安全・安心なまちづくりの推進をするため、犯罪を防止し町民の意識を高め、安全に安心して生活することのできる地域社会の実現に資することを目的とする「幸田町安全・安心なまちづくり条例」が制定、施行されました。
現在、町内の交通事故は、460日間「死亡事故0件」を達成中です。
しかし今年に入って県内、岡崎市では、交通事故が増加傾向にあります。
今後も、行政・地域が力あわせて、「安全で住みよいまちづくり」の実現を目指していきましょう。

大会の様子はこちら

[2010-01-26 (火)]

岡崎市で不審者による事件が発生!

新聞やテレビでも報道された「岡崎市で不審者による事件が発生!」をうけて、近隣の事件でもあり、町内の各学校からいっせいに「緊急メール」が発信されました。

事件の内容は、1月25日(月)午後7時15分ごろ、岡崎市正名町字北イユ37番地1の路上(新幹線の高架下)で、自転車で帰宅途中の高校1年の女子生徒が、道路脇から現れた不審者に自転車ごと押し倒され、数回硬いもので殴られ、頭と手に怪我を負った。
加害者は、現在も逃走中で警察が対応しています。
加害者の身柄はまだ確保されいません。
情報として、現場から5キロ以内で、一昨年12月から昨年6月までに、類似した事件が3件発生しているということです。
また、それ以前にも、同地域における2件の不審者情報が寄せられています。
ご家庭におかれましても、十分ご注意いただき、遭遇したら、すぐに警察へ通報をお願いします。
また、子どもだけでの夜間外出をしないよう注意してください。

[2010-01-24 (日)]

新春駅伝・ファミリージョギング大会開催

午前9時30分から幸田中央公園において、第32回幸田町新春駅伝・ファミリージョギング大会が開催されました。
風は少し冷たく感じましたが、晴れ渡った絶好のジョギング日和となりました。
ジョギングの部(2.4Km)は、10:00からスタート、家族づれの参加が目立ちました。
駅伝の部(10.89Km)は10:30から、140チームがエントリーし学校や職場、地域などでチームを組み、タスキを全力でつないでいました。

駅伝・ファミリージョギング大会は、本年度当初は中止の計画でしたが開催され32回目となりました。
「住民の皆さんの熱い気持ちにより行事復活としました。」(町長あいさつより)
「健康の町・幸田」の冬のイベントに、参加者も応援者も元気づけられているようでした。

大会の様子はこちら

[2010-01-22 (金)]

愛媛県松前町議会 来町

今朝は、愛媛県松前町議会の議会広報委員会の8名の議員さんたちが幸田町議会の広報特別委員会に行政視察のためみえました。
松前町は、「まさき」町と読みます。愛媛県の松山空港のすぐとなりに位置し、山のないめずらしい町です。
「広報こうた」の編集委員会の進め方や編集方法に対して、熱のこもった質問があいつぎ、私達と同じように「住民に読みやすい・愛される」広報紙を目指す姿勢が伝わってきた、お互いに意義のある研修会となりました。
議会と広報紙 熱心に進められた研修会 松前町議会のみなさん
今年もすでに本町への視察は、3つの市町からの研修が予定されています。
いろいろな市町の議員さんたちとの「相互研修」は勉強になります。

[2010-01-19 (火)]

三河中地協「新春交礼会」が開かれました。

18:30より、岡崎ニューグランドホテルにて、連合愛知三河中地協新春交礼会が開催され、組織内議員として参加いたしました。
岡崎・幸田・西尾・幡豆から、地協役員・労働福祉団体・関係議員・行政関係者など多くの方が参加され、和やかに進められました。

「交礼会」の開会前に、今年から発足する「連合愛知三河中地協政策推進議員懇談会」のキックオフがありました。
これは、「政権交代が実現し、政治力の更なる結集により、連合愛知・連合三河中地協が掲げる政策・制度の推進、政権を担う新しい政治勢力の結集に向けた地域からの基盤づくり、議員相互の連携を図ること」を目的として、今後定期的に開催されます。

[2010-01-18 (月)]

「さこう弘康町政レポートNo.13」を発行します。

町政レポートNo.13を発行します。
ここから ご覧下さい。

発行を開始して、13号目となります。 早いもので、議員となって、もうすぐ3年が経過しようとしています。
この間、皆様に支えられながら、住民の声を議会の場に届けてきました。
今後も自分の役目を自覚しながら、しっかりと活動をしてまいります。
どうぞよろしくお願いします。

[2010-01-13 (水)]

「2010年 新年のつどい」に出席しました。

18:00から名古屋のウェスティン・ナゴヤキャッスルで民主党愛知県連「2010年のつどい」が開催されました。
先の衆議院総選挙での政権交代の実現後でもあり、多くの参加者で会場は熱気でいっぱいになりました。
『政権交代はあくまで「手段」であり、「目的」は、国民の生活が第一の政治を行っていくこと』など挨拶がありました。
特に小沢幹事長が登場し挨拶の際は、TV局や新聞記者など多くの注目が集まりました。

政治を国民の手に取り戻し、ムダを徹底的になくして、命にかかわる政策を最優先に”舵取り”をしていってもらいたいものです。

[2010-01-10 (日)]

「こうた凧揚げまつり」が盛大に開催されました。

午前10時から菱池地内で「こうた凧揚げまつり」が開催されました。
各地区、町内企業の愛好家や役員さんが作り、優雅に大空に揚がる凧の出来栄えを競い合う、凧揚げ競技(大凧、中凧、小凧、全国の凧の部)が繰り広げられ、色鮮やかな大凧が新春の高き大空へと舞い揚がりました。
デンソー幸田の凧そろそろ揚げるぞーいろ採りどりの凧
菱池地内の約4500㎡の農閑期の広い田んぼの中で30機以上の「大凧」が舞う恒例の「こうた大凧まつり」。
以前はこれといった「祭り」のなかった幸田を見直し、和やかな街づくりにと、昭和47・8年頃に、当時の町長が「町のイベント」を計画したのが始まりだということです。
今では地元だけでなく全国からの参加者も増えて、幸田町では、「彦左まつり」と並ぶ大きなイベントになりました。

昨日(1/9)「幸田町消防出初式」、明日(1/11)は「成人式」と行事が続く3連休となっています。

凧揚げの様子はこちら

[2010-01-08 (金)]

「2010年新年交礼会」に出席しました。

全トヨタ労働組合連合会、ユタカクラブ議員協議会共催の「2010年新年交礼会」が豊田市の「つどいの丘」で開かれ、参加をしました。
来賓として19市町の首長、多くの各企業代表の方々や組合代表、国会議員、県会議員、各市町議など総勢400名を越す盛大な交礼会となりました。
直島経済産業大臣、中村県議の挨拶のあと、浜崎県議の乾杯の発声とつづき、華々しい雰囲気の中で参加者による懇談が穏やかに行なわれました。
首長がずらりと勢揃い 懇談交流会 直島経済産業大臣と
また、夏に実施される参議院選挙については、「政権は安定しなければ良い政治はできない」と、民主党単独過半数確保に向け支援と団結の誓いをしました。

会の様子はこちら

[2010-01-01 (金)]

新年明けましておめでとうございます。

元旦の空謹んで新年のお慶びを申し上げます。
新しい年が皆様にとって佳き年でありますようお祈り申し上げます。
2010年の最初の一日が明けました。
今年の初日の出は、小雪の舞う天候となり太陽の昇る姿は見えませんでした。
元旦の朝は、何度迎えても洗われたような新鮮な風景と特別な「ピィーン」とした清々しい空気を感じます。
人には将来や未来を予想、予測し、その準備のため、目標や計画を立てる能力が与えられています。
まだ見ぬ未来に向かって、何が出来、何をやるべきか、「今年はどう行動し、今月は、今日はこれをやる!」といった具体的な目標を持って実行していく能力です。
新年を迎え、私たちは、この与えられたこの能力を、キッチリと発揮しなければなりません。
「1年の計は元旦にあり・・・」1年の目標と計画を立て、少しでも「夢」が実現出来るように前進していきたいものです。
皆さん、今年もどうぞよろしくお願いします。

[2009-12-30 (水)]

今年もあとわずかです。

2009年も残すところ、あと2日間となりました。
今年は、いろいろな変化のあった年となりました。
第45回衆議院選挙で民主党圧勝による政権交代、オバマ米大統領の就任、長引く世界金融危機の影響、新型インフルエンザ全世界で流行、相次ぐ薬物事件……。
さまざまな出来事、ニュースがありました。
一年間、365日は本当に矢のようなスピードで過ぎていきます。
ついこの前、新年の初日の出を三ヶ根山の山頂で1年の誓いをしたばかりという 思いです。
来年も、よい年であることを心から願います。
恒例の餅つき腰痛は大丈夫?
今日は、朝から知人宅で年末恒例の餅つきがありました。

餅つきの様子はこちら

[2009-12-27 (日)]

「ユニゴンのぽっけ」に活動報告が掲載されました。

デンソー労働組合が発行する「ニゴンのぽっけ」12月号に私の記事が載りました。
今回の「私の活動報告」は、【行政コストの効率化を住民目線で提案】と題して日頃の考え方や思いをどのように議員活動に反映しているかの一部を紹介しています。

内容は、『議会議員の任務のひとつに、行政が住民のために行われているかどうかを監視することにあります。
住民が納めた税金がどのように使われ、どのように住民に還元されているかを、しっかりと把握し、チェックをして、知らせる任務があると思います。
政権交代も実現し、自己決定、自己責任の「地方主権」時代が本格化してくると思います。
これに伴い、地域住民を代表する地方議会の役割は、今まで以上に高まるものと考えています。
議会は、住民と行政をつなぐ場であり、まさに地域の活性化政策、行政コストの提案は、議員の住民目線での発想が反映されるべき時にきていると思います。』と前書きし、住民目線の3つの観点での提案、提起を載せています。

[2009-12-25 (金)]

昨日、12月議会閉会

12月24日幸田町議会12月定例会が閉会しました。
12月3日に召集され、24日までの22日間の日程で開催されました。
単行議案9件、補正予算関係2件の計11件が上程され、原案通り可決されました。
また、陳情3件を処理しました。(主な議案は下記参照)

今後、「議会報告」・「さこう弘康の町政レポート」を順次発行し内容をお知らせしてまいります。

[2009-12-17 (木)]

総務委員会と春取研修会がありました。

本日、午前中は9:00より、所属する常任委員会の総務委員会が開催されました。
委員会に付託された議案は、単行議案4件と補正予算2件を審議しました。
陳情1件は、「改正賃金業法の早期完全施行等を求める陳情書」は全員→採択。
三河ハイツにて午後から、三河ハイツにて労働組合の「春季取り組み研修会」に行ってきました。
約20分間の時間をいただき、活動報告をさせていただきました。
99人の受講者の方々に真剣に聞いていただきました。
内容は、幸田町内の「新型インフルエンザの感染状況」と最近の新聞に載った「高卒就職内定率が55%と下落幅は過去最大」などの世間の経済の状況。「地方議会と議員の役割」、さらに「行財政コストの効率化提言」等々について報告しました。
政権交代も実現し、自己決定、自己責任の「地域主権」の時代が本格化してきます。
地域住民を代表する地方議会、議員の役割は、益々高まるものと考え、「役割をしっかり果たしていきたい」と報告を締めくくりました。

[2009-12-14 (月)]

幸田町へ労福協の要請書を提出しました。

愛知県労働者福祉協議会 岡崎・額田支部(支部長:新山博文さん)は、幸田町長に対し「要請書」の提出をするため役場をたずね、私も同席をしました。
労福協とは地域に根ざした勤労者の「自主福祉活動」をとおして、福祉の増進や生活の向上をはかるために労働団体や労働者福祉事業団体を中心に1969年(昭和44年)に設立された団体です。
現在、会員団体数:1,213 会員数:661,757人で、労働者の生活向上に資する労働者福祉事業団体(東海労働金庫、全労済愛知県本部、愛知県住宅生協、ハートフルセンター)の育成をはかるための活動や県や市町村が主催する会議に出席し、勤労者福祉向上のためのさまざまな提言を行うとともに、真に豊かでゆとりある勤労者生活の実現に向けて勤労者福祉行政に対する各種の要請活動を行っています。

その足で、お昼休みの時間に「くらしの相談」を受けるため、吉良町のアイシン機工さんの本工場におじゃましました。
本日の相談は、1件で「ごみ問題」についてのご相談を受けました。
この工場も少しづつ業績も上向いてきたと言うことで、みなさんの表情も明るく、元気を感じました。

[2009-12-10 (木)]

依然として、交通事故死亡者数全国ワースト1位!

12月1日(火)~12月10日(木)「年末の交通安全県民運動」が展開されました。
私も、期間中、毎朝、地元の交差点で交通安全立哨を実施しました。
「交差点でのスピードの出しすぎ、徐行しないドライバー」、なかでも、ビックリしたのは「たばこを吸いながら携帯電話をしているドライバー」など危険な運転が見受けられました。

をみてみますと、愛知県の交通事故死亡者数は、204人で全国ワースト1は相変わらずです。

都道府県別死者数 12/8まで(参考)幸田町HPより
私のまわりでも今週、若い息子さんを交通事故でなくされた方がおられます。
本当にいたましく、悲しいことで、心が痛みます。
年末、年始の慌ただしさの中にあっても、「とにかく安全運転」をお願いします!!。

[2009-12-06 (日)]

里区の芋煮会で舌鼓!

朝、8:30から里区の芋煮会が中央コミニュティーで開催されました。
役員は、テント設営など会場の準備を、婦人委員の方々は「芋煮」の準備。
10:00から、区民で深溝運動場北の「つばきの小径」の草刈りと整備作業で汗を流しました。
作業後は、いよいよ「あつあつの芋煮」をおいしくご馳走になりました。
お客様に、近藤町長と中根衆議院議員も相次いでお越しいただき、「おいしい!おいしい!」と賞味していただきました。

芋煮会」は今年で3回目の開催で、参加者は380名でした。
すっかり地元区民のコミニティー行事として定着してきました。

[2009-12-05 (土)]

里保育園の生活発表会がありました。

今朝は、少し冷え込んだ朝となりました。9:30から里保育園の生活発表会がありました。
里保育園は全園児で23名と園児数では、町で一番小さいところですが、とてもアットホームな雰囲気のある園です。
里保育園にもインフルエンザが流行しだし、昨日は6名の欠席者があったそうです。
今日は、5名の欠席者があるなかでの発表会でしたが、元気いっぱい!演じてくれました。
かわいらしい演技に、ついつい微笑んでしまう場面が多くありました。

午後からは、連合愛知の「政策推進議員懇談会総会」が名古屋で開催され出席しました。

発表会の様子はこちら

[2009-12-03 (木)]

12月議会が始まりました。

本日より、12月議会が開会しました。単行議案9件・補正予算関係2件の計11件が上程されました。
議会日程
12月3日(木)       開会
12月7日(月)・8日(火)  一般質問
12月9日(水)・11日(金)  質疑
12月15日(火)       文教福祉委員会
12月16日(水)       産業建設委員会
12月17日(木)       総務委員会
12月21日(月)       議会運営委員会
12月24日(木)       最終日、閉会

午後2時からは、幸田町立図書館ギャラリーで松平家東御廟所から出土した副葬品の展示会の内覧会があり見学にいきました。
パンフレット内覧会のようす図書館入口
文化振興展「深溝本光寺は墳墓の地なり」-深溝松平家歴代墓所-は、12月4日から~6日まで、同ギャラリーで開催されます。
大変貴重な出土品や兜、写真が展示されています。ぜひご覧ください。

展示会の様子はこちら

[2009-12-01 (火)]

年末の交通安全県民運動」がはじまりました。

今日から12月に突入しました。年末は、師走特有のあわただしさから交通事故が起きやすくなります。
愛知県では、平成21年12月1日(火)12月10日(木)「年末の交通安全県民運動」が始まりました。
愛知県は、4年連続で交通事故死亡者数全国ワースト1位が続いています。今年も昨日までの死者数199人とワースト1位。
昨年より33人減少しているとはいうものの、5年連続の1位となる恐れがあり、年末はワースト1位返上へまったなし状況といえます。

11/29までの都道府県別死者数12/1の中日新聞

悲惨な交通事故による犠牲者を一人でも減らせるよう、皆で注意をしましょう!!
私も、本日から職場、地元で、交差点での交通安全立哨をします。

[2009-11-30 (月)]

「政策・要望意見交換会」に出席しました。

本日9:00から愛知県岡崎勤労福祉会館の「アイプラザ岡崎」において、平成22年度政府予算に関わる「政策・要望意見交換会」が開催され、出席をしました。
愛知県12区内の2市4町(西尾市は臨時議会開催のため欠席)の首長や関係者が出席されました。
会議の構成は、
1.会議の主旨・経緯説明(浜崎県会議員)
2.主催者(中根代議士)挨拶
3.政府への要望・陳情に関する説明
4.各、市・町長からの要望説明および意見交換という内容でした。
地方と国政のパイプ形成に向けて、政権交代後、最初の第一歩を踏み出しました。
冒頭のあいさつ 浜崎県議 中根代議士 出席された各首長
分権型提言(陳情)への改革の目的として
①政官癒着の排除と利益誘導型政治からの脱却
②分権型陳情で霞ヶ関詣でを一掃
③国の行政刷新と地方行革に寄与
④透明性、公平性を確保する陳情処理
が挙げられています。 特に「公平性」という点
については、混乱のないよう、しっかり精査が出来る体制とシステムの浸透が望まれます。

会の様子はこちら

[2009-11-26 (木)]

幸田町社会福祉大会に参加しました。

13:30より幸田町、幸田町社会福祉協議会、幸田町共同募金委員会主催の社会福祉大会が、つばきホールにて開催されました。
大会の趣旨は「心のかよう地域福祉社会をめざし、自助、互助、公助で支える町民総参加の福祉ののまちづくり」を新たな決意をもって地域福祉の充実に努めようとするものです。
大会は、福祉に功績のあった方々への表彰状、感謝状の伝達、贈呈がありました。
その後、白寿、米寿、ダイヤモンド婚、金婚をむかえられた方々へお祝いの祝品贈呈が、大きな拍手の中で進められました。

幸田中学校の3年の升田香菜子さんが、ボランティア活動で「特養老人ホーム・つつじケ丘」に行った時「ありがとう」と言われたときの重みと喜びについての体験発表は、とても感動をしました。
最後に、大会宣言で大会が閉会となりました。

大会の様子はこちら

[2009-11-23 (月)]

名古屋で国政研修会がありました。

本日、名古屋市の愛知産業労働センター「WINCあいち」 にて国政の代議士よる国政報告と、私たちトヨタグループの議員で構成しているユタカクラブ議員協議会のメンバーとの意見交換会が開催され参加をしました。
国政からは中根代議士(12区)、大西代議士(13区)、森本代議士(16区)、山尾代議士(7区)そして直島経済産業大臣より、それぞれ直近の国政報告がありました。

各代議士からは、政権交代後の新政権での役割やしくみの改善など、それぞれ直近の国政報告があり、地方財政への影響と国と地方との連携システムについて、活発な意見交換がされました。
私たち地方議員も、地方議会の改革や行財政改革を進めていかなければならないと再確認した研修会となりました。

[2009-11-21 (土)]

行事の多い、意義深い一日となりました。

今朝は、深溝小学校の学芸会への参加、続いて桐山地区の御遷宮祭への参列、また小学校へ戻り、地区コミュニティー文化祭へ。
インフルエンザが蔓延し衰えのみえない状況の中(現在町内の児童の18%にあたる660人が感染)での学芸会の開催は、先生をはじめ関係者のかたがたの大変なご苦労があったと思います。
それにもまして、児童の皆さんが、練習の成果を力いっぱい発表をする姿に、感動をしました。(写真の映りがわるくてすみません)

午後は、デンソーOBが、年に一度一堂に会する「2009年度弥栄会総会」が刈谷市の本社で開催されました。
社長、会長、役員と組合三役の招待され、私たち組織内議員7人も参加させていただきました。
デンソーOBで組織される「弥栄会」の現在の会員は、5,794人です。来月にはデンソー創立60年目を迎えることもあり、本日の総会参加者は1,003名でした。
大懇親会のテーブルでは、元気な先輩たちの顔を拝見し歓談させていただきました。
そして来年も、今年と同じように元気で明るい笑顔の再会を約束いたしました。
皆さんから元気をいただいた一日でした。

[2009-11-18 (水)]

中地協第20回総会が開催されました。

連合愛知三河中地域協議会の総会が、岡崎市勤労文化センターで18:30から開催されました。
行政からの来賓として、柴田岡崎市長、近藤幸田町長も出席されました。
直塚代表の挨拶のあと、中根衆議院議員、浜崎県会議員から挨拶がありました。
8月の衆議院選挙で中地協のめざす「政権交代」が実現し、新政権と連携を図りつつ政策実現を目指して、一歩一歩着実な活動を展開し、希望と安心の社会を築いていかなければならないと思います
議案書中根衆議院議員の挨拶
2010年度の活動方針のスローガンは、
「すべての働く者の連帯で、希望と安心の社会を築こう!」です。

[2009-11-15 (日)]

「さこう弘康のHP」のメニューを変えました。

11月に入り、「さこう弘康のホームページ」のアクセスカウンターが8000件を超えました。
「ありがとうございます。」いつも見ていただいている皆さんにお礼申し上げます。
内容を充実するためメニューを少しだけ変更しました。

トップページの一番下の欄に左から、
「一般質問-議会だより」・・・幸田町議会が発行する私の一般質問の議事録を。
「議会報告」・・・ユタカ議員連盟への議会報告を。
「ユニゴンのポッケ」・・・機関紙ユニゴンのポケに掲載された「私の活動報告」のの3つを載せました。

今後とも、ご訪問とご意見をいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

[2009-11-11 (水)]

「核兵器廃絶1000万署名」街頭活動に参加しました。

18:00から、東岡崎駅前で連合中地協の催す「核兵器廃絶1000万署名」の統一行動に参加しました。
世界中にいまだに約2万1,000発もの核兵器が存在しており、人類の脅威となっています。
核兵器廃絶は地球市民の願いであり、核兵器のない平和な世界を築くために国際世論を盛り上げていかなければなりません。
連合は、その最大の活動として核兵器廃絶を求めて、2010年2月末までに1000万署名活動を全国的に展開しています。
署名は4月に日本政府に提出し、5月には核拡散防止条約(NPT)再検討会議開催時に国連に提出します。

帰宅を急ぐ時間にもかかわらず、多くの通勤者や高校生も署名をしていただきありがとうございました。

[2009-11-06 (金)]

町内にもインフルエンザ猛威!

インフルエンザ町内の小中学校の緊急メールで「新型インフルエンザの感染拡大防止のため学級閉鎖」のお知らせの配信が多くなってきました。
現在、町内の小中学校の状況は、学年閉鎖3学年、学級閉鎖3クラスと、今月に入り多くなっています。
幸田町のHP・新型インフルエンザについて:
http://www.town.kota.lg.jp/news/index.cfm/disp.1.10865.-.-.html
全国的にも猛威となっており、休校や学年・学級閉鎖などの措置をとった施設は、1万7822施設と前週の1.3倍に増加しています。(11/06:日経新聞)さらに感染拡大が予想されています。
「今出来ること」を職場、家族で話し合い、みなさん一人ひとりが感染予防と拡 大防止に努め、『新型インフルエンザは、”うつらない、うつさない”!』の実践をお願いします。

[2009-11-01 (日)]

毎年11月1日は「こうた健康の日」!

「こうた健康の日」制定記念行事として、午前9時から幸田中央公園多目的グランドをスタート地点として→とぼねグランド→不動の滝の往復のコースでウォーキング大会が開催されました。
健康ウォーキング大会~みんなで楽しく歩こう~がスローガン。
11月とは思えない、日焼けするような太陽の下、家族連れ、親子、夫婦の方々が笑顔で次々とゴールされました。
  
「こうた健康の日」制定は、私が一般質問で提案し、実現しました。
今後も住民の皆さんがそれぞれ「健康」について考えたり、行動するキッカケになることを願っています。
このようなソフト事業はコストを多くかけることなく、効果も期待できるため、今後も提案をしていきたいと考えます。
皆さんからのご意見もいただきたいと思います。よろしくお願いします。
一般質問提言の内容:ここから
今朝は、「深溝学区防災訓練」にも参加しました。
  
AED操作、地震体験車、搬送法、消火器訓練など4つのブースに別れ、それぞれ体験や訓練をしました。
「備えあれは゛・・・」が拡がっていくことが必要です。

[2009-10-31 (土)]

「DECOウォーク幸田」で、いい汗かきました。

今日は、9時から幸田中央公園にて、デンソー幸田主催、幸田町教育委員会後援の「DECOウォーク幸田」が開催されました。
今年は荻谷小学校と中央小学校の2コースに分かれ、ゴミを拾いながらの「クリーンウォーク」と各小学校の校庭で花の苗を植え、花だんづくりをしました。

昨年は、深溝小学校と豊坂小学校で実施し、今年は「あいち森と緑づくり事業」の一環の行事となりました。
10月の末なのに、汗ばむほどの秋晴れの天気のなか、いい空気を吸いながら、気持ちのよい半日を過ごすことが出来ました。
みなさん、お疲れ様でした。

みなさんの様子はこちら

[2009-10-27 (火)]

特別養護老人ホーム「笑いの家」を訪問しました。

刈谷市の安部市議会議員の紹介で「社会福祉法人 みどりの里」の理事の杉浦ふじ子園長とお会いすることが出来ました。
お話の中で、とてもパワフルで福祉に関して熱いハート、熱い情熱を感じ取ることが出来ました。
「人は人で癒される」をモットーに地域に貢献していきたいと語られていました。
現在、地域に根差した施設をめざし、高齢者福祉施設「豊水園」「笑いの家」を経営され、特別養護老人ホーム・ショートステイ・ 居宅介護支援事業所・ヘルパーステーションなどのサービスを展開されていました。
そして「利用者と職員はみな家族である」・・・基本理念のとおり介護職員の定着率は他に類をみないほどの高さだということです。
その後、豊田市松平地区の滝脇町にある特別養護老人ホーム「笑いの家」の施設を見学させていただきました。 「笑いの家」開設は平成20年6月で鉄筋コンクリート造り4階建。
居室は、ユニット型個室/87室からなっており、施設は、全体にゆったりとした空間の中ですごせるよう各スペースはとても広く、木のぬくもり、家庭的な雰囲気を感じられるつくりになっていました。
さらに子育てしながら働く職員の為に、施設内託児所も設置されていました。

訪問の様子はこちら

[2009-10-26 (月)]

幸田町長へ要望書を提出

ふれあいトーク本日10:30~幸田町役場において連合愛知三河中地域協議会の直塚政之代表から要望書を近藤町長へ提出されました。
私も組織内議員の代表として同席させていただきました。
直塚代表からは、『組合員はもとより広く勤労者、町民全体の生活向上と地域の発展に向け、「こころ豊かで活力ある地域社会づくり」を目指して下記の重点要望を取りまとめをしました。
つきましては、諸般の厳しい情勢下にあるものの、町民の信頼に応える町政を推進されますよう、私どもの趣旨をご賢察のうえ、当面の行政施策および平成22年度の行政予算へ反映くださるよう要望申し上げます。』と挨拶され、要望事項の概略説明のあと懇談会が開催されました。
=要望書の主な内容=
1.雇用・労働・中小企業政策
 (1)雇用の安定と創出
 (2)労働環境基盤整備
2.環境・エネルギー政策
 (1)「低炭素社会」「地球温暖化防止策」の推進
 (2)循環型社会の確立
3.仕事と生活の両立支援策
4.まちづくり政策
 (1)安全で安心して暮らすことのできるまちづくり
 (2)防災機能の強化と災害に強いまちづくり
 (3)安心できる地域医療の充実
 (4)人に安全でやさしい交通体系整備
要望書の内容は、こちらから

[2009-10-22 (木)]

「さこう弘康 町政レポート」N0.12を発行します。

本日、「さこう弘康 町政レポート」N0.12を発行します。
今回の手配の地域は、大草の一部と菱池の北部です。
よろしくお願いします。
レポートの内容は ここから ご覧下さい。
ふれあいトーク昨日は、デンソー西尾製作所勤務の後援会の方々と「ふれあいトーク」を実施しました。
いろいろな話題が出され、活発な意見交換をすることができました。
話題の内容は、
安心して暮らせるまちづくり・・・5件
安全で住みよいまちづくり ・・・2件
今後の都市開発について ・・・5件
税金について・・・2件
その他 ・・・2件
やはり、「安全で安心して暮らせるまちづくり」を望まれていることが解ります。

[2009-10-17 (土)]

南部中学「南中祭」で若いエネルギーを感じてきました。

町民会館さくらホールにて南部中学校南中祭(10/17.18の日程)が開催されました。
初日の本日午前中、さくらホールで開会行事、ダンス、英語スピーチ、弦楽部演奏などが披露され、午後からは合唱コンクールが繰り広げられました。
2日目の明日は南中校内で模擬店やゲームを楽しむ催しが、計画されています。
今年のスローガンは、「"わ"Shin 南中~自分の力を Keep on beliving」です。

会場でステージで、はじけるような若い力の息吹きを感じる事が出来、エネルギーを吸収させていただきました。
部活、塾、受験勉強・・・中学生も日々目いっぱいの中で、これだけの行事をこなしていくパワーに、おおいに感心した一日でした。

南中祭の様子はこちら

[2009-10-16 (金)]

議員研修会に参加しました。

吉良町公民館で西三河町村議会議長会連絡協議会議員研修会が開催されました。
講師に愛知県環境部の技監、山本佳史氏を招いて行なわれました。
演題は、「生物多様性とCOP10に向けた取り組みについて」でした。 ぼんやりとしか解りませんでしたが、少しは「COP10」についての理解が深まりました。
自然を守る環境保全活動に参加したり、自然に親しみながら暮らしていくことが、私たちに出来る事です。
講演中COP10資料
現在の地球上の生物は、約3000万種あるとのことで、種が1つ欠けても生態系全体のバランスが崩れる恐れがあるといわれています。
それがいま、生物多様性の減少は、人間活動の影響で、1年間に約4万種(1日に約100種)がものすごいスピードで絶滅しているとのことです。
これらのことより、生物多様に関する条約を193カ国が「生息環境の保全」「生物資源を持続可能に利用」「遺伝資源利用の利益を配分する」3つの目的で締結しています。
「COP10」とは、この条約締約国が集まって開催(愛知県、名古屋で2010年10月11日~29日まで)する会議のことです。

[2009-10-10 (土)]

里保育園の運動会に参加しました。

ぱぁーっと晴れ渡った秋晴れの今朝は、9:30から里保育園の運動会です。
雨と台風で、練習が思うようにできなかったそうです。
でも、とても楽しみにしていた園児は、大きな声援をうけて元気いっぱい10の種目を競技してくれました。
  
現在、里保育園の園児数は22名です。
町内で一番園児の少ない園ですが、来春から「延長保育・乳児保育」も実施されます。
私の2人の娘もお世話になったアットホームで、とても明るい保育園です。
町内の園と同じサービス体制になることで、園児数の増加が期待されます。

運動会の様子はこちら

[2009-10-08 (木)]

台風18号、愛知県を直撃!

強い台風18号は8日午前5時過ぎに、愛知県の知多半島付近に上陸、伊勢湾台風に匹敵するとされる台風に、この地方も直撃を受けました。
私も3時頃から目が覚め、外の様子やテレビを見ていました。
薄明るくなる頃、突然停電となりました。
少し風が弱くなり近所を巡回し、被害を見て、大きな台風であったことを確認しました。
道をふさいでいたり、危険なものは役場の災害対策本部に電話連絡をしました。

  
今後も気象情報に十分ご注意ください。

早朝の幸田町内南部の状況はこちら

[2009-10-03 (土)]

10月に突入!

今年も、もう10月になりました。
9月議会も9月30日に閉会しました。
議会報告を発行します。
「さこう弘康の町政レポート」の発行は10月半ばとなります。
本日は、9:15より西尾市文化会館でアイシン機工労働組合の定期大会が開催され出席をさせていただきました。
中根衆議院議員もお祝いにこられ、あいさつ後すぐに他の会場へ移動され、ハードスケジュールのようです。
会場の外へ出たら夕べから降り続いていた天気が、カラリと秋晴れの、とても良い天気になっていました。

[2009-09-29 (火)]

「緊急メール」インフルエンザに関するお知らせ

本日の幸田中学校からの「緊急メール」の内容をお知らせします。

原文を引用します。
『本日、新型インフルエンザと診断された生徒が本校で6名出ました。
2年生のクラスの中には、欠席率が10%を超したところもあり、関係機関と連絡を取ったうえで、その学級は学級閉鎖としました。 また、学校では、感染拡大を防止する目的で、部活動を今度の日曜日まで停止するとことにしました。
なお、土曜日に開催予定の新人体育大会は、後日に延期となりました。・・・』との内容です。
現段階では、毒性も弱毒性と判断されており、抗インフルエンザ薬(タミフル等)なども有効であると言われております。
正確な情報に従い、冷静に行動することが大切です。

インフルエンザに感染しないために、次のことに注意しましょう!
1.積極的に「手洗い」や「うがい」をしましょう。
2.外出時には、マスクを着用しましょう。
3.大勢の人が集まる場所には、なるべく行かないようにしましょう。
4.健康維持のため、睡眠を良くとり、体力を維持し、水分を十分とって、栄養バランスのある食事をしましょう。

[2009-09-27 (日)]

幸田町消防団観閲式が行われました。

9:30分から、防災広場で平成21年度幸田町消防団観閲式があり出席をしました。
147名の消防団員が日々訓練した成果を堂々と披露しました。
まさに、幸田町内の安全・安心の実現を身をもって実践している姿に感銘を受けました。
今後も住民の防火、防災活動の最前線で、ご活躍をよろしくお願いします。
  
平成21年度の全国統一防火標語は、
「消えるまで、ゆっくり火の元、にらめっこ」 です。

訓練の成果はこちら

[2009-09-26 (土)]

昨日は県議会傍聴・本日はデンソー労組定期大会でした。

昨日、25日(金)は、デンソー労組選出の住田宗男議員(民主党県議団、幹事長)の代表者質問がありました。
私にとって初の県議会の傍聴でした。
質問の内容は
1.第45回衆議院議員選挙に関して
2.中長期課題に対する県の取り組について
3.県政が直面する喫緊の課題について
この3点を質し、それぞれ神田知事、教育長、県警本部長が答弁をしました。
詳しくは、今朝の中日新聞の県内版に載っていますのでご覧ください。

本日、26日(土)は、午後からデンソー労組定期大会が刈谷市アイリス会館で開催され参加をいたしました。
職場役員1120名の方が参加され、整然と大会が進められました。
会社側から来賓として副社長が挨拶され、お祝いと昨年からの苦境をみんなで乗り切ってきていることへのお礼、今後の変化への対応のお願いをされました。
そして7名の組織内議員を代表して住田県議より日ごろの支援のお礼と政権交代選挙の話がありました。
今後も労使一丸となって、力づよく取り組みをすすめ「しあわせづくりの実現」を進めましょう。

[2009-09-24 (木)]

救助工作者Ⅱ型の披露。

本日、総務委員会が午前中に開催されました。
委員会終了後、新たに購入した救助工作者Ⅱ型のお披露目がありました。
旧車両は15年前のものであり、今回排気ガス規制等(Nox、PM法)のため入れ替えが必要となったためです。
  
購入価格は、6426万円ですが装備品については旧車両からの載せかえで対応します。
火災や事故がなく、この新車両が出動しないように願うものです。

お披露目の様子はこちら

[2009-09-20 (日)]

カンボジア青年と幸田町青年の親善ボーリング大会開催

「21世紀東アジア青少年大交流計画」の行事で、幸田町に18名のカンボジア青年が滞在中です。

今日は、午後から「親善ボーリング大会」を開催しました。
幸田町から、今年の成人式を自分たちで運営した男女13名の青年との交流を図りました。
お互い、ちょうど同じ世代の若者同士なので、すぐに打ち解け合いボーリングでは、あちこちで歓声が沸き起こり大賑わい!。
このボーリングは、私が担当のイベントで、喜んでもらえるか心配していましたが大成功だったと思います。
プレーボール ポーズ! 楽しい一日でした
ボーリング後は、ゲームも行い、またまた大盛り上がりでした。
そしてお互いに、盛んにメールアドレスも交換をしていました。
明日は、幸田町での最終日で、夜は「歓送会」です。
充実した幸田町での5日間となったこと思います。

楽しそうな様子はこちら

[2009-09-17 (木)]

ようこそ!幸田町へ

9月17日、18名のカンボジアの青年が、幸田町にやってきました。
これは「21世紀東アジア青少年大交流計画」の行事で、日本が36名の青年を招きました。
その中で18名は北海道、あとの18名が幸田町に来てくれました。
18:00から町民会館で「ウエルカムパーティー」が開催され出席をしました。
  
日程は、幸田町には9/17~9/22まで滞在し町内の小中学校、幸田高校、トヨタ自動車やソニーも見学します。
9/20は、ボーリング大会で町内の青年と交流を図ります。このボーリング大会の運営を私が担当します。
「日本の幸田町と言うところは、とても良い印象でした。」という感想が聞けるよう運営をしていきたいと考えています。
ボーリング大会は、9/20(日)14:00~町内のボーリング場で開催します。

歓迎の様子はこちら

[2009-09-13 (日)]

学区敬老会に出席しました

本日、幸田町の各地で「敬老会」が開催されました。
私は、地元の深溝学区敬老会に参加しました。
今年は、75歳以上の敬老会会員の方442人の中から190人の方が式典に参加されました。
   
町長をはじめ、多くの来賓の方々の祝辞で始まりました。
また多忙の中、中根やすひろ衆議院議員も来場され、ご祝辞をいただきました。
式典後、この日のために稽古や準備された19プログラムの日舞やカラオケが披露されました。
いつまでも元気で、朗らかに過ごしてもらいたいものです。
そのためにも、私たち地方議員も「高齢者にやさしいまちづくり」を進めなければなりません。

敬老会の様子はこちら

[2009-09-12 (土)]

合掌

本日11時から、9月9日夜、岡崎市の路上で刺殺された、関一道さんの葬儀が行われ参列をしました。
会社関係者や地元の多くの方々が、突然の別れを惜み参列されました。
奥さん、子供さんや両親が、気丈に振る舞われる姿に、おもわず涙があふれて止りませんでした。
早く、事件が解決することと、ご家族の皆さんがこの突然襲った悲しみをのり越えられることを願わずにはいられません。
ご冥福をお祈りいたします。・・・合掌

[2009-09-11 (金)]

議会は、昨日、本日と議案質疑。

幸田町議会定例会は、10日、11日と議案質疑です。
上程された単行議案、補正予算関係、決算認定関係について、予算は、正しく、使われるのか?決算認定では、町の税金や借入金の状況、そして予算化された各事業が予定通りに無駄なく使われたのかどうか?質すものです。
私は、補正予算:「太陽光発電システム設置費補助金・・・600万円」について質疑をしました。
質疑内容
①当初の申し込み状況は、どのようであったか?
②申し込みの周知の方法として、広報誌に掲載するタイミングがないと思われるが、どのように広報するのか?
③また安城市では補正後の受付が多く、すこし混乱があったようにも聞いているが、混乱のないような、スケジュールや申し込み受け付けのやり方についての考えは? など。
この回答が、本日、中日新聞 9/11朝刊の三河版に載っています。

「受付は、先着順で、業者の代理の複数申請は、1件づつ並び直してもらいます。
予定を越えた時点で、受付をストップします。抽選はしません。」といった答弁でした。

[2009-09-10 (木)]

ボランティア交流会が開催されました。

本日17:40から、デンソー幸田主催の「幸田地区ボランティア交流会」が、幸田製作所で開催されました。
幸田町から、朗読ボランティア「椿の会」・高齢者疑似体験グループ「あじさい」・防災ボランティア幸田などのグループ。
蒲郡市からは、はばたき「オレンジホーム」のグループから、それぞれ活動の紹介がありました。

その後、懇談による情報交換会が行われ、いろいろな方とお話しする機会がありました。
皆さんの顔と声は、とてもイキイキとしていました。
お互いに有意義な時間を過ごす事が出来ました。

交流会の様子はこちら

[2009-09-06 (日)]

提案実現!「こうた健康の日」・・・新聞報道

9月5日の中日新聞の西三河版に「11月1日 こうた健康の日」の制定について報道がありました。
一般質問で『本町は「健康の町」宣言をしていますが、具体的にイベントなど全町民に対して、健康についての意識付けの"しかけ"が必要であり、そんな意味も含め「こうた健康の日」の制定を提案する!』と提言したものが実現しました。
質問内容はこちらから


すでに、回覧で各家庭にも「こうた健康の日」の制定記念行事の案内が出されています。
「幸田発見ウォーク」が9/27(日)8:30から町民会館をスタートです。
坂崎方面を歩き町民会館に戻ってくる12.3㎞のコースで開催が予定されています。
みんなで参加し、健康増進と健康について話し合う機会にしましょう。

[2009-09-05 (土)]

一般質問に登壇しました

幸田町議会が、9月1日から開会され、9月30日までの開催です。
4日の3番目、11時から一般質問に登壇しました。


質問と答弁の要旨は、以上の通りです。
1.災害時の避難支援ブランの災害時要援護者対策について
Q:全国の他の自治体や企業間とで「災害時応援協定」を締結する自治体が多くなっている、幸田町としての考えは?
A:町長:「非常に有効な提案である、是非、しかるべき市町の締結を進めたい。企業とも対応をしていく。」
2.児童生徒の携帯電話の対応について
Q:携帯電話の所持や情報モラルの環境整備を早急に進めるべきだ。
A:教育長:「情報全般の環境整備について、しっかりとした指導をしていく。」
 くわしい質問と答弁の内容は、「さこう弘康 町政レポート NO.12」(2009/10月中旬発行予定)で報告させていただきます。
傍聴に、5名の方に来ていただきました。ありがとうございます。
今後も生活者の視点で、町政を質しながら、提言を続けていきます。

[2009-08-31 (月)]

政権交代が実現!

第45回衆院選は30日、投開票が行われ、民主党が歴史的勝利を収めました。
民主党の鳩山代表が、記者会見などで語った主な発言は次の通りです。
【三つの交代】について、
一つは政権交代。長く続いた自民党政権に対し、国民が新たな政権を選択した。
二つ目は、古い政治から新しい政治への交代。市民が中心となる政治を作り出していく。
三つ目は、主権の交代だ。官僚主権の政治から、国民主導の政治になるかどうかが問われる。
三つの交代の意義をしっかりつかみ、国民の期待に応える政治を興していきたい。と語りました。
各国メディアもトップニュースで伝えるなど高い関心を示しました。
米主要紙は、民主党の勝因は同党への期待ではなく、経済政策の失政などで支持を失った自民党への「罰」などと報じています。
ワシントン・ポスト紙は、民主党の勝利は「自民党に罰を与えたかったようだ」と伝え、「有権者は民主党の公約が実現可能か懐疑的にみている」と論評しています。
長崎2区で当選を果たした民主新人の福田衣里子さんも今朝、決意を新たに「選挙戦は終わったけど、これからがスタート」と語っていました。
この選挙、勝つことが目的では無かったはずです。
やっと「スタートラインにつくことが出来た」のです。まさに、これからなのです!
そして、選挙結果におごらず、『未来に希望の持てる政治』を行っていくことにかかっています。
今回の選挙は、「問われた責任、問われる責任!」だと思います。
8/24 新給食センターで試食会がありました。

[2009-08-24 (月)]

新給食センターで試食会がありました。

本日の昼食は、新給食センターで完成後の見学と実際のメニューの試食をしました。

小学生用の給食で、一食、240円で約600Kcalだということです。
写真のように、ご飯、豚汁、コロッケ、ゴマあえ、牛乳(本日は、のむヨーグルト)です。
白飯は、幸田町内産の「あいちのかおり」でとてもおいしかったです。
豚汁も、野菜(キャベツ、モヤシ、エノキ・・・)がたくさん入っていました。
新学期の9月3日から給食が開始されます。おたのしみに。

[2009-08-19 (水)]

真夏の衆議院選挙がスタートしました。

8日公示された第45回衆院選は、同日午後5時に届け出が締め切られ、8月30日の投開票に向けて12日間の政権選択選挙が始まりました。
「継続」か、「新政権に交代」するかを最大の争点にして幕を開きました。
今朝の新聞より「今回の選挙に関する」記事を抜粋しました。
<日経新聞>
・・・政党、政策、それに候補者たちの政治家としての力量が問われるばかりでなく、今回は、いかなる国家、社会をめざすのか主権者としてのわれわれの判断そのものが問われている。
・・・新しい日本へ向けた再建のためのスタートが、この衆議院選だと位置づけなければならない。
<中日新聞>
・・・ブームに踊らされず、過大な期待を抱かず、かといってあきらめずに、「まだ希望と信頼の持てる」政党や候補を選んでみて「より悪い」政権だったら、選びなおす。選挙は、言うまでもなく政党や議員ではなく、国民のためにある。
『しっかりと、あなたの意思を日本のあしたへ示してください。』
愛知県 選挙管理委員会HP
http://www.pref.aichi.jp/senkyo/

[2009-08-13 (木)]

暑い日が続きます!!

ここ数日「猛暑!」という言葉がピッタリの日が続きます。
「ひまわりの園」のひまわりが、いっせいに咲き出しました。

8/8には、ひまわりの園の草刈をし、きれいになりました。 カンカン照りのなか太陽に向かって元気に咲いています。
ひまわりの園 草刈後のひまわり もうすぐ見ごろ
今夜は、「深溝夏祭り」です。
私も「里区の役員」として、「カキ氷」販売。
また「チャラボコ太鼓保存会」として「チョコバナナ・焼きとうもろこし」販売で参加します。
「深溝夏祭り」は、地元の若い人たちがボランティアで「盆踊り」を復活してくれました。
9月議会の日程が決まり、「一般質問」の通達もしてまいりました。
今回は、
1.災害時の避難支援ブランの災害時要援護者対策について
2.児童生徒の携帯電話の対応について
です。休みの間、しっかり質す内容を練りたいと思っています。

[2009-08-06 (木)]

民主党の岡田幹事長が吉良町で街頭演説!!

政権交代」を目指す民主党の岡田幹事長の街頭演説が吉良町でありました。
民主党幹部の幡豆三町での街頭演説活動は、非常にめずらしいことです。
買い物にこられた方たちも演説に聞き入り、終了後も握手を求める人でいっぱいでした。
熱い演説 聞き入る人達 握手攻め岡田幹事長
『「明日の天気は変えられないが、明日の政治は変えられる!」
今回の選挙で日本を変え、「国民の生活が第一」の政治のスタートを切り、 わたしたちの暮らしを守もって行かなければなりません。』
そんな訴えを、聞きとめることが出来ました。
私も、がっちりと握手をしていただきました。
岡田幹事長の手は、大きくて力強いものでした。

演説の様子はこちら

[2009-08-03 (月)]

父親が、88歳の生涯を閉じました。

父親の酒向功が、7月30日夜、88年の生涯を終えました。
父は、戦争、胃がん、脳挫傷・・・多くのアクシデントも克服しがんばりぬきました。
そして与えられた人生を全うし、この世の生涯に幕を閉じ、旅立ちました。
多くの方々に支えられながら、幸せな生涯であったと思います。
残った母に親孝行を忘れず、大事にしていきたいと考えています。
議員活動を応援してくれていた父のためにも、議員の職責を果たしていきます。
皆さま、本当にありがとうございました。

[2009-07-28 (火)]

議会広報研修会に参加しました。

第23回愛知県村議会研修会が名古屋市のアイリス愛知で開催されました。
私も幸田町議会の広報委員として勉強に行ってきました。
議会広報に求められるもの・・・「ありのままに、わかりやすく、住民とともに」が基本だと学んできました。
そして、先回発行132号に対する深沢先生のクリニックのコメントとして「こうた議会だより」は全国トップクラス!という、非常に高い評価をいただきました。

6月議会の「こうた議会だより」は7月28日付けで発行します。
お手元にはもうすぐ届きます。
さらに読みやすい、議会だよりを目指していきます。ご意見をお聞かせ下さい。

[2009-07-24 (金)]

岡崎市図書館交流プラザ「りぶら」を見学しました。

ユタカ議連のメンバーで昨年の年11月1日にオープンした、岡崎市の図書館を核とする生涯学習複合施設「岡崎市図書館交流プラザ りぶら」を視察しました。
「図書館」「活動支援」「文化創造」「交流」の4つの機能で構成され、市民が自ら学び、活躍できる知的活動拠点とした、「楽・習・交流」の場です。
図書館と生涯学習講座に参加したり、文化創造活動に取り組んだりできる、誰もが気軽に訪れることのできる施設です。
  
現在の利用者数は、予想より1.6倍多い約120万人の方が来場されており、大変な人気でした。
9時から21時までの開館時間も人気の要因のひとつだということです。
総費用が11億円/年間かっていることも説明がありました。
夏休み中でもあり幼児から高齢者まで多くの利用者で活況でした。

7_25_L.pdf

[2009-07-20 (月)]

いよいよ「学校給食センター」移転。

幸田町学校給食センターの移転に伴い、施設の位置が、新しく「菱池字桜塚180番地」になります。
場所は、旧菱池保育園跡地(パン屋のダーシェンカさんの東)です。
竣工式は、7月22日です。

新しい学校給食センターの概要をお知らせします。
•施設の供給能力
最大5000食/日 現状は3800食/日提供しています。
•調理方法
ドライシステム方式で熱源は主に都市ガスを使用します。
•環境施設
太陽光発電設備(10.08kw)が設置されます。
生ゴミ処理(粉砕脱水方式)が設置されます。
•その他 飯椀・汁椀・角仕切皿の3種類の食器が強化磁器製になります。
(わかいい、ナス・イチゴ・ふで柿のキャラクターがついています。)
先割れスプーンを改め、スプーンとフォークとプラスティック製のはしが用意されます。
給食開始は2学期、9月3日からです。

[2009-07-13 (月)]

大口町議会を広報委員で視察研修

丹羽郡大口町議会の広報委員会を訪問しました。
研修目的は、「議会だより」のレベルアップをはかるためです。
大口町の「議会だより」の発行は、昭和47年12月からNO.176号をかぞえます。
幸田町は、132号ですので歴史のある「議会だより」と言えます。
また、「全国議会だよりコンクール」では、5年連続の奨励賞以上の表彰を受けている優秀な広報紙と言えます。
相互に勉強会が出来、有意義な視察研修となりました。

なお現在、私達幸田町議会広報委員が作成中の「NO.133号 議会だより」は、7月28日付けで全戸配布となります。
ご覧いただき、読後のご意見をお待ちしています。

訪問の様子はこちら

[2009-07-09 (木)]

「さこう弘康 町政レポートNO.11」を発行します。

NO.11 町政レポートを発行します。
今号は、6月議会の内容を中心に2ページでつくりました。

ご覧になられたご感想やご意見をお聞かせ下さい。
後援会にご加入のお宅には、今月の中旬にお届けします。
今月の手配りの地区は、鷲田地区を予定しています。
暑い中ですが、がんばってまわります。よろしくお願いします。

[2009-07-05 (日)]

「つばきの小径」と「ひまわりの園」の草刈りをしました。

この時期は、町内の各所で路肩の草刈や整備に、多くの住民の方たちが参加され奉仕作業が行われます。
私も地元の深溝公園に隣接する「つばきの小径」と「ひまわりの園」で草刈りに参加しました。
雨が多い日が続く中、朝から天気もよく多くの参加者とともに、汗を流しました。
700mの散策道の両脇に威勢よく伸びた、草を刈り取り、気持ちの良い散策道になりました。
  
そのあと、先日、園児とともに種蒔きをした「ひまわりの園」の発芽状態を見て 回りました。

草刈の様子はこちら

[2009-07-01 (水)]

里区防災倉庫の建設が始まりました。

地元の里区防災倉庫の「建て前」がありました。
手狭になった里区防災倉庫を移転し新築をします。
場所は、里中央コミニティーのとなりです。
  
区長さんをはじめ役員さん、地権者の方々のご協力のおかげで実現しました。
地域の防災・コミニティー関係の中心的役割が期待されます。

様子はこちら

[2009-06-27 (土)]

学区子ども会ソフトボール大会が開催されました。

12:00から深溝小学校のグランドで、深溝学区の子ども会ソフトボール大会が開催されました。
カンカン照りの昼間の開会式でした。じっとしているだけでも、汗が出るほど気温があがりました。
選手たちは、そんな暑さも「ヘッチャラ」で白球を追いかけ、走り、投げ、打ち、元気よく真剣に試合をしていました。
  
私たちの小学生の頃とは、比較にならないほど高いレベルだと思いました。(・・・40年ほど昔のはなし)
深溝学区のチームは4チームです。ガンバレー!!

大会の様子はこちら

[2009-06-24 (水)]

幸田町議会6月定例会が閉会しました。

6月4日に開会した、幸田町議会6月定例会が6月22日に閉会しました。
「議会報告」をご覧ください。ここから

「さこう弘康 町政レポート」は、7月初旬に発行予定です。
皆さんからのご意見をお待ちしています。

[2009-06-18 (木)]

あけぼの幼稚園の園児とひまわりの種蒔きをしました。

昨年、農地・水・環境「美しいさとの四季を創生する会」の活動の一つとして、「なばなの園」で菜の花を植え、地元の人たちと里保育園の園児とで菜花を楽しみました。
種まきはじめ 初めての体験 お礼にもらった手作り貯金箱
今年は、夏の花として「ひまわりの園」に挑戦するため、あけぼの幼稚園の園児69名と種蒔きをしました。
あらかじめ、種を蒔くポイントに小穴をあけておき、そこに種を蒔き土もかぶせてもらいました。
種蒔き体験は初めての園児たちもいたようで、キラキラの笑顔が印象的でした。
今から芽が出て、真夏に大きなひまわりの花の咲くのが楽しみです。
場所は、深溝運動公園の北東200mの休耕田をお借りして取り組んでいます。

種まきの様子はこちら

[2009-06-14 (日)]

JRさわやかウォーキングが開催されました。

6月14日(日) 東海道本線三ケ根駅から「三河のアジサイと蒲郡港を訪ねて」としてJRさわやかウォーキングで大変な人出となりました。
三ケ根駅→幸田町郷土資料館→深溝神社→椿の小径→深溝運動公園→三河のあじさい寺として有名な松平家の菩提寺「本光寺」→三河地震による地割れ・宗徳寺→補陀寺・形原温泉あじさいの里→海鮮市場→亀岩臨海公園→蒲郡市博物館→蒲郡駅です。約13キロで約3時間コースです。
私も9時から参加し、気持ちの良い、汗を流しました。
JR三ヶ根駅前 つばきの小径 本光寺参道
新聞等で報道された埋蔵品 の出土した、本光寺深溝松平家東御廟所の一般公開もあいまって、三ヶ根駅、里地区は大混雑の日となりました。

[2009-06-07 (日)]

桜オーナー」による草刈りと「つばきの小径」の手入れをしました。

朝8:30から、地区の人たちが、草刈り機や鎌をもちより集合し、深溝運動公園の周りの草刈りを実施しました。

道の両脇の桜はオーナー登録制(登録料無料)にしてあります。
自分の名前や家族の名札の桜の周りを常に手入れが行き届いているところは、とてもキレイです。
「つばきの小径」の案内カンバンも、取り付けを完了しました。
散策コースに距離表示板も立てました。是非、散策にお越しください。

[2009-06-03 (水)]

第10回「地域政策推進フォーラム」に参加。

全ト労連研修センター「つどいの丘」で本日の6/3日と4日の2日間、連合愛知の政策活動の充実・強化と地域協議会、政策推進議員との連携を一層強めた地域政策の推進をめざし、開催されました。

神野会長のあいさつに始まり、山中社会政策局長より「政策実現運動の取り組み強化と果たす役割」についての提案がありました。
その後、提案について、4つの分散会で意見交換が活発に行われました。
2日目の明日は基調講演と政策推進議員の活動報告などが行われます。

[2009-05-29 (金)]

深溝運動場は、花がいっぱいです。

深溝運動場は昨年オープンして満1年が過ぎました。

今、この周辺のグランドの法面や、散策道は花が咲き乱れています。
可愛らしいポピーの花や色とりどりの花がいっぱいです。
思わず、息をのむキレイさです。一度お出かけ下さい。

[2009-05-25 (月)]

春の屋外クリーン運動に参加

デンソー幸田製作所は、5月25日(月)昼休み時間を利用し、毎年恒例のクリーン運動を実施しました。
日差しの強い時間帯でしたが、各分会で町内の7つのコースに別れて実施しました。
紙くず、空き缶、空きビン、たばこの吸殻、ビニール類・・・多くのゴミを集めました。
「まだまだ、ポイ捨てが多いなー」と率直な感想です。

クリーン幸田に相応しい美化と、地域社会に奉仕するボランティア活動の一環として、会社周辺道路等のゴミゼロ活動を、今後も実施します。

[2009-05-23 (土)]

深溝小学校区地区コミュニティ大運動会に参加しました。

深溝小学校で恒例の「地区コミュニティ大運動会」が、行われました。
小学校の運動会は学区内の区長会が組織する学区コミュニティとPTAと学校が中心となり開催をします。
朝からスッキリと晴れわたる青空の下、それぞれ元気一杯、力一杯の競技が繰り広げられ、声援にも熱が入りました。
昼休みには、消防団の階梯操法の披露があり、キビキビとした動きに大きな拍手が送られました。

参加された皆さん、運営された関係者の皆さんお疲れさまでした。
その後16:30からは、ホタルを見る会(6/6)の前に、拾石川の川岸の草刈りの奉仕作業、夜は学区自警団の総会参加と多忙な一日となりました。

運動会の様子はこちら

[2009-05-19 (火)]

連合愛知三河中地協議会報告会に参加

5月19日18:00から岡崎勤労文化センターにおいて三河中地協岡崎地区議会報告会が開催されました。
地協岡崎地区組織内議員と地協岡崎地区構成組織の役員さん約50名の参加の中、それぞれ国政・県政・市制・町政の各議会・地方行政の動向について報告し、その後活発な質疑応答が行われました。
私も幸田町の議会報告をさせていただきました。
質疑の内容は、昨年の豪雨対策状況と緊急雇用の対応、道路の安全対策などでした。

会の様子はこちら

[2009-05-16 (土)]

本光寺深溝松平家の墓の副葬品の記者発表

幸田町深溝の本光寺にある江戸時代の大名、深溝(ふこうず)松平家7代忠雄(1673-1736年)の墓から、金の純度が高い慶長小判43枚、ガラスの器など多彩な副葬品が発掘され、新聞やテレピで大々的に発表されました。
私のところにも自宅が近いためか、多くの問い合わせがありました。
昨年の8月末豪雨でお墓が傾き、浸水したため修復のために調査が始まりました。
多彩な副葬品が出土した竪穴内の石室は、深さ約3メートルの六角形で、内側に豪華な金糸の布が張られ、銀製の香道具、欧州製とみられるガラスのコップ、金蒔絵(まきえ)が施された印籠(いんろう)、メノウを使ったベルト(石帯)、日本刀など華やかなものです。
私も、4月5日に発掘調査中に伺いました。ちょうど副葬品のめがね、太刀を取り出し中で、土から出たての小判も一緒に数えました。
小判の出土装飾の太刀慶長小判
現在、廟所や出土物は自治体の文化財指定などを受けておらず、本光寺と調査会は、保存と管理の方法を模索中です。

その時の様子はこちら

[2009-05-10 (日)]

里区民大運動会が開かれました。

ここ一週間雨天が続きましたが、昨日と今日は暑いほどの五月晴れになりました。
今年で26回目を迎える、恒例の里区民大運動会は深溝小学校で8:30から開催されました。
子ども会・コミニテイー・老人会の関係者が力を合わせて盛り上げる意義のある運動会です。
大縄跳び、玉いれ、綱引きなどに大粒の汗をかいての競技が繰り広げられました。
最後は、やはり花形の「区対抗リレー」は、組ごとに大声援の中でゴールし運動会を終了しました。

私も、すっかり日焼けもし、本当に気持ちの良い一日となりました。
裏方のスポーツ委員さん、自警団さん、役員さん本当にお疲れ様でした。

運動会の様子はこちら

[2009-05-09 (土)]

臨時会で役員改選がありました。

5月8日幸田町議会は臨時会が開かれ、議長、副議長、監査委員、常任委員会(2年交替)の所属などの改選と編成替えの議会人事が行われました。
議長に、鈴木三津男氏・副議長に夏目一成氏が選出されました。
私も、文教福祉委員会から、総務委員会 所属となりました。
(総務委員会の所管事項は、議会事務局、総務部、消防本部、会計管理者、監査委員事務部局、選挙管理委員会の所管に属する事項並びに他の常任委員会の所管に属しない事項です。)
特別委員会は広報特別委員会(継続)に所属が決まりました。
引き続き全力で役目の任を果たしていきたいと考えています。
幸田町の幸田町議会のポームページも更新されました。

[2009-05-04 (月)]

昨日、西尾市市議選挙で新議員24人が決まりました。

西尾市市議選挙汚職事件で起訴された西尾市長の中村晃毅被告(71)が市議会を解散するという異常事態の中で5月3日、投開票が行われ、新議員24人が決まりました。
私たちの応援する候補者は、トップ当選し事務所は喜びに沸きかえりました。
私も2日間、街頭で応援演説し、「1日も早く信頼回復を図るため、市と議会を早期に立て直すための大事な選挙です。正しい目で確かな人に投票を!」と訴えました。

新しい市議により今月下旬に臨時議会が開かれますが、中村被告の不信任決議案が再可決されて中村被告の失職による出直し市長選が行われるものと思われます。
失職翌日から50日以内に行われる市長選は、6月下旬から7月上旬が有力視されています。

[2009-05-01 (金)]

「こうた議会だより」132号が発行されました。

年4回発行される「こうた議会だより」が、5月1日付けで発行されました。
この広報紙は、私も所属する「広報特別委員会」の議員がすべて作成します。
今号から、印刷業者も変わり、表紙のロゴもレイアウト等も変えました。
こうた議会だより(こちらからどうぞ)
特集では「真っ最中シリーズ」を取り上げ、今号は「お母さん大いに語る 子育て真っ最中」です。
この4月で、2年間の「広報特別委員」の任期が満了となりました。
今後とも、「こうた議会だより」のご愛読をよろしくお願いします。
(私の一般質問の内容は、11ページに掲載されています。)

[2009-04-26 (日)]

となりの西尾市市議会議員選挙が告示、スタート!

西尾市は、中村市長が受託収賄罪で逮捕・起訴され、議会が不信任を可決した直後に議会の解散を行使したため、4月3日に議会解散、4月26日告示、5月3日市議会議員選挙が施行されることとなりました。
本日は、中地協の仲間2人の候補者の出陣式への出席と選挙事務所激励に行ってきました。

今回の市議選ですが定数24人に対して27人が立候補し、少数激戦です。
しかも準備期間が3週間、投票日がGWの真ん中の5月3日というキビシイ状況です。
しっかりと候補者を見きわめて、必ず投票されることを願わずにはいられません。
昼からは、デンソー高棚製作所で開催された「ユニオンカーニバル」のお祝いにでかけました。

ユニオンカーニバルの様子はこちら

[2009-04-23 (木)]

デコウォークで苗を植えた花壇が、花ざかり!

私の「町政レポート」は、郵送と一部を手配りしています。
今は、とっても天気がよく、途中で川や花壇の花を見たりしてまわっています。
昨年の11月2日のデンソーハートフルデーで地域のみなさんと一緒に、コミュニティに貢献する運動の一環として、 町内2つの小学校区(深溝会場・・・深溝小学校周辺と豊坂会場・・・豊坂小学校周辺)の清掃活動と校庭の内外の花壇にパンジーなどの花の苗を植え、花だんづくりをおこないました。寒い冬を越して立派に咲き出した花達ガンバレ!草とりも必要ですね。

その花壇に、きれいな花が咲き出しました。

[2009-04-19 (日)]

連合愛知三河中地協メーデー盛大に開催!

地協メーデー晴れ渡る最高の天候の中、連合愛知三河中地協メーデーは、4月19日、岡崎市乙川緑地公園で盛大に開催されました。
式典とイベントを盛り込み工夫した取り組みが見られ、家族連れを含む大勢の参加者でにぎわいました。
メーデーは、1886年5月1日にアメリカの労働者が、シカゴを中心に「一日を8時間労働に!」と団結し要求 、1日12時間から14時間労働が当たり前だった当時、「第1の8時間は仕事のために、第2の8時間は休息のために、そして残りの8時間は、おれたちの好きなことのために」と立ち上がったことが起源と言われています。
式典では、岡崎市長をはじめ、多くの来賓や関係議員の見守る中、「メーデー宣言」が採択されました。
その後、交流会・アトラクションが繰り広げられました。
運営された皆さん、参加者の皆さん、お疲れ様でした。

[2009-04-15 (水)]

HPアクセス件数5000件」カウント!

5000件「さこう弘康のホームページ」をリニューアルしてから1年足らずで達成することができました。
これも、多くの読者の皆さま方のお陰様だと思って感謝しております。ありがとうございます。
4月22日にはリニューアル1周年を迎えます。
これからも皆さまのご意見や声を聞きながら、情報の公開、議員活動の見える化を進め、少しでも多くの方に行政と議会に関心を持っていただこうと考えております。
今後とも、よろししくお願いします。

[2009-04-14 (火)]

幸田町の緊急雇用創出事業に係る臨時職員応募状況

急激な経済情勢の変更により、離職や事業の廃止を余儀なくされた方を対象に、緊急的・一時的な雇用の場を提供するため幸田町の臨時職員として期間限定で募集します。

国の「緊急雇用対策事業が予算化され、(4月9日 幸田町議会臨時会 平成21年度一般会計補正予算 可決)幸田町では、公園管理やごみ収集等の作業員や一般事務、窓口等の通訳などの臨時職員を募集します。
また、「ふるさと雇用再生」では、遊休農地の解消と地産地消に取り組むため農業作業員も募集しています。

4/14時点の応募状況は、8名の方が応募されており、内 外国の方は4名です。
応募期間は、4月20日までで、面接が、21日・22日です。詳しくは役場の2F:産業振興課まで。

[2009-04-07 (火)]

「さこう弘康」町政レポート№10を発行します。

春らんまん、4月1から「幸田しだれ桜まつり」が始まりました。
昨日、にぎわっている文化公園の写真をとってきました。
しだれ桜まつりしだれ桜まつりしだれ桜まつり
「さこう弘康」町政レポート№10を発行します。
・3月議会での新年度予算の概要
・当初予算の事業見直し内容
・私の一般質問の質問内容と答弁
・トピックス・・・「道の駅オープン」など

後援会の皆さんのお宅に届くのが4月半ばとなります。
ご意見、ご要望など、お寄せいただきたいと思います。よろしくお願いします。

[2009-04-05 (日)]

道の駅「筆柿の里・幸田」オープン!

本日10:00より、道の駅「筆柿の里・幸田」の開駅式に出席しました。
多くの来賓の出席のもと式典が行われ、その後テープカットがされました。
華々しく三ヶ根太鼓の披露などがおこなわれ、売店、食堂もオーブンしました。
11:15から一般車両の乗り入れがされると一気に、利用される車両が数珠つなぎとなり、満車状態になるほどの盛況振りでした。

道の駅「筆柿の里・幸田」は、国道23号岡崎バイパス沿線(幸田町須美・桐山地内)に建設され、休憩施設(駐車場・トイレ・道路情報提供施設)や農産物直売所(幸田の特産物をはじめ、近隣市町の海産物や加工品を販売)を設け、幸田をPRしていきます。皆さんも是非ご利用をお願いします。

[2009-04-03 (金)]

街頭カンパ活動に参加しました。

「連合 雇用と就労・自立支援のためのカンパ活動」にともない、今朝7:20から三河中地域協議会も東岡崎駅前で行動を実施しました。

まだコートが必要な朝でしたが、「おはようございます。お願いします。」と元気よく協力をお願いしました。
雇用の創出や職業能力開発など就労・自立支援のため広く地域の皆さんに呼びかけ、積極的に支援活動に係わっていきます。ご協力をよろしくお願いします。

[2009-04-03 (金)]

幸田名物『しだれ桜まつり』本日より開催(PR)。

しだれ桜毎年、多くの方にご来場いただいています、幸田しだれ桜まつりが4月1日から15日まで開催されます。
幸田文化公園は、県下有数の枝垂桜の名所となり、期間中は10万人の見物客で賑わいます。
地元保存会が育てた350本の枝垂桜を始めとした500本の桜を背景に野点や、短歌俳句コンクールなどが楽しめます。
ぜひ、ご家族で、ご友人でお越しください。
乗用車の方は案内にしたがって駐車場のご利用をお願いします。
JR幸田駅から徒歩でも便利です。

[2009-03-28 (土)]

里保育園の卒園式に出席しました。

今日は、春らんまん中で幸田町全保育園の卒園式です。
私は地元の里保育園の卒園式に出席をしました。

里保育園は、町内の中では一番園児の少ない園ですが、自然の環境に恵まれた保育園です。
そして、とてもアットホームな雰囲気です。
私の二人の娘たちもお世話になり卒園させていただきました。
今年は12名の年長さんが卒園し、新年度の入園児は8名の予定で23名の園となります。
保護者の皆さん、おめでとうございます。先生方、ありがとうございました。

卒園式の様子はこちら

[2009-03-25 (水)]

本日、3月定例会閉会。

平成21年3月定例会は、3月3日に召集され25日まで23日間の日程で開催されました。
単行12件、補正予算関係10件、当初予算関係10件の計32件が上程され、原案通り可決されました。
陳情2件・請願1件を処理し、閉会しました。
一般質問には、7名の議員が町政をただしました。酒向は、3月5日13:00より登壇いたしました。

議会報告はこちらからご覧下さい。

[2009-03-19 (木)]

深溝小学校の卒業証書授与式に出席しました。

本日は、町内の6つの小学校で卒業証書授与式が執り行われました。
暖かくなった「春本番」の深溝小学校の体育館での式に出席いたしました。
卒業生の58人のみなさん、保護者の皆さん、おめでとうございます。
校長先生からの式辞の中で、「谷川俊太郎」の詩の紹介がありました。

【 生きる 】                          谷川俊太郎

生きているということ
いま生きているということ、それはのどがかわくということ、
木漏れ日がまぶしいということ、ふっと或るメロディを思い出すということ、
くしゃみをすること、あなたと手をつなぐこと

生きているということ
いま生きているということ、それはミニスカート、それはプラネタリウム、
それはヨハン・シュトラウス、それはピカソ、それはアルプス、
すべての美しいものに出会うということ、そしてかくされた悪を注意深くこばむこと

生きているということ、
いま生きているということ、泣けるということ、笑えるということ、
怒れるということ、自由ということ

生きているということ
いま生きているということ、いま遠くで犬が吠えるということ、
いま地球が廻っているということ、いまどこかで産声があがるということ、
いまどこかで兵士が傷つくということ、いまぶらんこがゆれているということ、
いまいまがすぎてゆくこと

生きているということ
いま生きてるということ、鳥ははばたくということ、海はとどろくということ、
かたつむりははうということ、人は愛するということ、あなたの手のぬくみ、
いのちということ

[2009-03-15 (日)]

定額給付金等の申請期間は4月1日からです。

新聞紙上では、幸田町の定額給付金等の詳細が未定となっていました。
今議会、ホームヘージでも準備状況の報告がありました。

幸田町は、口座振込みです。(口座のない人は役場窓口での手続きが必要となります。)
対象者:3万7.363人 総額:5億8.000万円 事務費:2.200万円
○定額給付金・・・1人につき 12,000円
 ただし、2月1日基準日時点において65歳以上の方及び18歳以下の方については、1人につき20,000円
○子育て応援特別手当・・・対象となる子ども1人につき36,000円
 対象となる子とは、生年月日が平成14年4月2日から平成17年4月1日までに該当 する第2子以降のお子さん(世帯内で、18歳以下のお子さんであり、2番目以降のお子さん)
 *定額給付金とは別に支給されます。それぞれの申請書に記入していただくことが必要です。

[2009-03-14 (土)]

(仮称)「子ども権利条約」制定に向けたシンポジュームに参加。

本日、午後1時30分から幸田町民会館つばきホールで、「子どもの生きる、育つ、守られる、参加する権利」シンポジュームが開催され参加しました。
世界中の子どもたちを守る「子どもの権利条約」は、1989年の第44回国連総会において採択され、1990年に発効しました。
この条約は次の4つの子どもの権利を守ることを定めています。日本も1994年にこの条約を批准しました。
「子どもの権利条約」には、4つの柱があります。
「子ども権利条約」制定に向けたシンポジューム 「子ども権利条約」制定に向けたシンポジューム 「子ども権利条約」制定に向けたシンポジューム

○生きる権利
子どもたちは健康に生まれ、安全な水や十分な栄養を得て、健やかに成長する権利を持っています。
○育つ権利
子どもたちは、あらゆる種類の差別や虐待、搾取から守られなければなりません。
紛争下の子ども、障害をもつ子ども、少数民族の子どもなどは特別に守られる権利を持っています。
○守られる権利
子どもたちは教育を受ける権利を持っています。また、休んだり遊んだりすること、様々な情報を得、自分の考えや信じることが守られることも、自分らしく成長するためにとても重要です。
○参加する権利
子どもたちは、自分に関係のある事柄について自由に意見を表したり、集まってグループを作ったり、活動することができます。
そのときには、家族や地域社会の一員としてルールを守って行動する義務があります。
シンポジュームは、早稲田大学の喜多先生の基調講演・アンケート結果報告・パネルディスカッションと非常に参考になりました。
そして、本町は子どもの声を反映した、幸田の地域の色や特徴をいかした(仮称)「子ども権利条約」策定に向けて力を合わせていくことを確認しました。

3_14_2_L.pdf

[2009-03-10 (火)]

過去の一般質問の議事録をのせました。

平成20年第2回幸田町議会臨時会会議録(会期:10月17日)と
平成20年第3回幸田町議会定例会会議録(会期:9月1日~ 9月26日)の議事録を
載せましたので、ご一読をお願いします。 こちらからどうぞ

[2009-03-06 (金)]

南部中学校の卒業証書授与式に出席

幸田町内の全中学校で卒業証書授与式があり、私は地元の南部中学校に出席しました。
今年の南部中学校の卒業生は、85名でした。(第26回目)中学校の3年間は、人生の土台を作るうえで非常に大切な時期です。
そして、次の高校生活も、その土台の上に人生設計を作っていきます。
これからも、いろいろなことが、立ちはだかってきます。
でも、力強く、堂々と輝かしい人生を切り開いて行ってもらいたいものです。
卒業生のみなさん、保護者のみなさん「ご卒業おめでとうございました!」

午後は、幸田小学校の校舎増築竣工式に出席をしました。
昨日の議会にて「一般質問」で登壇しました。
質問と答弁の内容は、4月の№,10「さこう弘康 町政レポート」にて報告させていただきます。

3_6_1_L.pdf

[2009-03-04 (水)]

老人福祉センターで「カラオケ交流会」を見学しました。

幸田町老人福祉センターで恒例の第45回「カラオケ交流会」が、開催されました。
カラオケ交流会カラオケ交流会カラオケ交流会
この交流会は、デンソー幸田の従業員が所属する「カラオケ同好会」と「音楽同好会」の有志で開催されています。
毎年3回定期的に開催されており、今回17年目を迎えています。
町内の各地区の老人クラブに呼びかけ「カラオケでの交流会」をされており、みなさん楽しみにされているようです。
プログラムの出演を交互にして、カラオケで交流し、会場は手拍子と笑顔がいっぱい広がっていました。
(デンソーの社員の方たちは、有給休暇で参加されています。みなさんお疲れ様でした。)

会の様子はこちら

[2009-03-01 (日)]

3月定例会が3日から開会されます。

平成21年3月定例会は、3月3日から25日までの23日間開催されます。
今定例会では、新年度の当初予算案の審議がされます。
示された当初予算は、一般会計:122億8000万円(前年比8.1%減)、特別会計、水道会計をあわせて、総額200億1293万円(前年比4.5%の減)となっている。
町税は、世界的な景気減速をうけ自動車関連産業などの業績悪化により、法人町民税20億円から9割減の2億円の減少を見込んだ内容です。町は、「選択と集中」を図るとしています。

<予算付けされたもの>
 ・新駅(H24年春に開業目指す)・幸田駅前開発
 ・災害対策・防災倉庫整備拡充・備蓄医療品の充足
 ・安全ステーションの増員(2名→3名)による安全安心対応
 ・学校給食センターの移転建設(2学期より配食)
 ・国道23号バイパス「道の駅」 (4月4日OPEN )
 ・放課後子ども教室を幸田小学校に開設(新学期~)
 ・妊産婦検診7回→14回まで無料化、ブックスタート事業
 ・環境整備、太陽光発電システム補助制度推進、等

<休止・縮小等されるもの>
 ・こうた夏祭り・凧揚げ・福祉まつり・新春駅伝ジョギング大会
 ・中学生の海外派遣事業中止、小中学校修学旅行補助金削減
 ・学校給食費の値上げ→各20円⇒小:240円、中:270円
  ・町長・副町長・教育長の給料見直し→5万円・3万円・2万円カットなど
皆さんの納めた税金の使われ方をしっかりとチェックします。

写真はこちら

[2009-02-27 (金)]

中央小緊急メール!「鳥インフルエンザの発生について」

中央小学校から緊急メールが入りました。
内容:鳥インフルエンザの発生について
2月27日、愛知県内で高病原性鳥インフルエンザが発生したとの連絡がありました。
・野鳥に近づかない。近づいたらうがい・手洗いをする。
・死んだ野鳥を見たら保健所へ連絡する。
・飼育している鳥は野鳥に接触しないようにする。以上を注意してください。

Q:高病原性鳥インフルエンザとは
A:鳥インフルエンザは、鳥類がインフルエンザウイルス(A型)に感染して起こる病気で、鶏などを死亡させる強毒な株にはH5型、H7亜型などがあり、その感染による病気を高病原性鳥インフルエンザと呼んでいます。

[2009-02-25 (水)]

3月議会日程と私の一般質問のお知らせ

本日、全員協議会(議案説明会)が開かれました。
提出された議案は、単行議案11件、補正予算関係9件、当初予算関係10件です。
私は、今回も一般質問に登壇します。3月5日(木)の4人目・・・13:00からです。
 【通告した内容】
1.変化に対応できる町政の構築について
社会経済情勢の急激な変化に対して「さらなる行財政改革」を推進すべきと考える。
以下の点について問う。
 ① 「幸田町行財政改善調査委員会」について。
 ② 「事務改善提案制度」の状況について。
 ③ 徹底したムダの排除と新たな歳入について。
2.行政と地域との協働のまちづくりについて
住民とともに地域活動を進める「公助から自助・共助へ協働のまちづくり」のた め に、以下の点について問う。
 ① 「農地・水・環境保全向上対策活動の現状。
 ② 「アダプト制度」導入の考えについて。
以上を質問します。

[2009-02-21 (土)]

「ツバキの小路」の補植と整備をしました。

8時30分から、地元の人たちと深溝運動場(つばきのさと公園)で、「ツバキの小路」に昨年植えて根がつかなかったツバキの補植と小路の整備をしました。
とても冷え込む朝でしたが、作業をしていて、すこし汗ばむような日差しになりました。
地域を地域のみんなで、守り、維持していくことが、今後の地域づくりを進める上で、とても重要なことだと考えます。
公園内のさくらの木のつぼみも、少し色づき、大きくなり始めています。

皆さんも、つばきのさと公園にお出かけください。
JR三ヶ根駅の東の交差点を東に500メートル上がってください。
梅の花梅の花もきれいです。

活動の様子はこちら

[2009-02-16 (月)]

幸田町も「はぐみんカード」を配布します。

2/16、文教福祉委員協議会が開かれました。
協議内容は、はぐみんカードの発行のほか、低所得者対策として国保税の減免、保育所の入所申し込み状況,障害者福祉計画の見直し、男女共同参画プランについて、中央小学校基本構想など、多くの事項がありました。
はぐみんカード子育て家庭優待事業の一環として、子育て家庭に「はぐみんカード」を配布します。
このカードを県内の協賛店舗・施設である「はぐみん優待ショップ」で提示することにより、お店が独自に設定するサービスなど様々な特典が受けられるものです。
2月中旬から保育園・小中学校を通じて全児童、母子健康手帳を受け取る人に配布予定です。
県下では、40/63市町村で実施されており県内の協賛店ならどこでも利用できます。

また、4月から学校給食費が改定されます。
それぞれ20円アップし小学校が240円に、中学校が250円にすることを予定しています。

[2009-02-10 (火)]

町内の小学校で集団風邪発生が拡大!注意を!

豊坂小学校の四年生と二年一組で集団風邪が発生し、2月10日を学年閉鎖と学級閉鎖としました。
中日新聞普通のかぜの多くは、のどの痛み、鼻水、くしゃみや咳などの症状が中心で、全 身症状はあまりみられませんが、インフルエンザはそれらの症状のほかに突然の38度以上の発熱や頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身の症状が現れます。
また、気管支炎や肺炎、小児では中耳炎、熱性けいれんや脳症などを併発して、重症化することもあるため、高齢者や小児では特に注意が必要です。地域の流行の状況に注意し、早めの対策を心がけてください。
インフルエンザ情報 愛知県HP:
http://www.pref.aichi.jp/0000008888.html
2009/02/10 中日新聞より

[2009-02-03 (火)]

”STOP THE 格差社会”キャンペーンに参加

今朝7時30分から、名鉄の東岡崎駅前で連合が全国的に繰り広げている「STOP THE 格差社会」の格差是正キャンペーンに参加して来ました。
STOP THE格差是正キャンペーンチラシとティッシュ
連合愛知三河中地協の役員さんをはじめ関係議員等が参加して、ティッシュとチラシを駅利用者の方に配布して格差是正を呼びかけしました。
受け取られた方は、早速、チラシに目を通されている様子でした。
参加された、みなさん「お疲れ様でした。」

[2009-02-02 (月)]

インフルエンザで幸田小学校6年学年閉鎖になりました。

緊急メールの内容より

本日、6年生の欠席が急に多くなりました。欠席した児童の約半数は、すでにインフルエンザの診断を受けていますし、残りの半数の多くも発熱での欠席となっています。
このような状況をうけて、6年生の学年閉鎖を下記のように決定しましたのでお知らせします。
各ご家庭におかれましても、うがい・手洗い・換気をして予防に努めてください。
また、体調不良である場合は、早めに医者にかかるようお願いします。
1期間
 平成21年2月2日(月)午後~2月3日(火)
2その他
 ・2日(月)は、午後1時40分に6年生は一斉下校します。
 ・3日(火)は、6年生は登校しません。自宅で、過ごすことになります。
 外出等は控え、自宅で休養または学習をしてください。
 ・6年生以外の児童についても、今後インフルエンザが広まることも考えられます。
 予防につとめるとともに、外出等はできる限り控えてください。
<参考>厚生労働省の今冬のインフルエンザ総合対策についてのホームページです。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/index.html
今年度の標語:<あ、その咳、そのくしゃみ~咳エチケットしてますか?~>

[2009-01-31 (土)]

幸田町安全・安心なまちづくり推進大会が開かれました。

幸田町民会館で「平成20年度 幸田町 安全・安心なまちづくり推進大会」が開催され、出席しました。
主催は、幸田町交通安全推進協議会と幸田町防犯協会・幸田町自衛隊協力会です。
各功労者団体に感謝状の贈呈と活動事例発表が行われ、地道に地域へ溶けこんだ活動の紹介がありました。
アトラクションとして、光ヶ丘女子高校ダンス部の皆さんによる、ダンス披露が繰り広げられました。
若々しく華やかなダンスで楽しませていただきました。
生活者にとって、「安全・安心」は、どんな世の中であっても最優先課題です。
「治安は最大の福祉」だと言われています。
さらに住みよい、幸田町を目指していきたいと思っています。

会の様子はこちら

[2009-01-26 (月)]

政策運営および予算編成等に関する要請書を提出。

連合中地協より幸田町長へ「政策運営および予算編成等に関する要請書」を提出しました。
参加者は、三河中地協 直塚代表・矢田副代表 ・梅田事務局長・私の4名です。
<要請書の内容(ポイントのみ)>
世界的な金融危機は、実体経済に影響を及ぼし、深刻な経済状況に陥っている。
以下の内容および予算措置に十分反映するとともに、政府、及び愛知県に対して強く要求されることを要請いたします。
 1..緊急雇用・生活対策の強化
 2..経済・金融対策の強化
 3..国民の安心感を高めるための社会保障の機能強化等
以上を提出しました。

幸田町役場では、年末より相談窓口が設置され、相談は2Fの産業振興課で対応しています。
昨日までの相談件数は、16件で「仕事・住宅問題」が多いということです。

[2009-01-25 (日)]

第31回幸田町新春駅伝・ファミリージョギング大会開催

幸田中央公園をスタート・ゴールとしたファミリージョギングと駅伝大会が、開催されました。
今朝は、冷え込んだ昨日とは違い、日差しの暖かい朝となりました。
今回の第31回大会は、ふるさと幸田誕生100周年記念大会です。
明治41年に村名を「広田」から「幸田」に改めて100年が経ったことを記念し、新コースで競い、さらに駅伝の部門に区対抗の部も新設されました。

参加者は、日ごろの練習の成果を力いっぱい発揮し、次々に笑顔でゴールインしていました。
お疲れ様でした。応援した人たちもエネルギーをもらったようでした。

大会の様子はこちら

[2009-01-23 (金)]

さこう弘康」の町政レポートvol.9を発行します。

町政レポート<2009年1月 vol.9>が、刷り上りました。
新年号としては、少し遅くなりましたが、1/22より、配布を始めました。
今回は、町内の北部中央を手配り配布をいたします。
その際、直接町政に関するご意見やご要望をいただければと思います。
よろしくお願いします。

[2009-01-18 (日)]

深溝学区の防災訓練に参加。

今朝は、非常に冷え込む日曜日になりました。
9時から深溝学区コミュニティー主催の防災訓練に参加しました。
講演にはじまり、4つのブースに分かれ訓練や体験をしました。

昨日は、阪神淡路大震災から14年目を向かえました。
いつ発生してもおかしくない東海・東南海地震に備えて、訓練や準備はいくらやってもムダではありません。
そのことが、とっさの火事や災害の時にも応用ができると思います。
AEDの操作、ケガ人の応急手当、人の搬送、煙体験、なまず号での地震体験等、全てを訓練・体験しました。
この訓練や体験が、役立つ日が来ないことを願いたいものです。

防災訓練の様子はこちら

[2009-09-15 (火)]

久々に「雑想あれこれ」をのせました。

今日は、1月15日 以前の「成人の日」ですが、長いあいだの習慣でつい、「成人の日」・・・そんな想いになります。
2000年から1月の第2月曜日に 「ハッピーマンデー」となりました。
人生の節目は、3つあると思います。
1つ目は、「入学式」・・・はじめて集団の中で自己をつくっていく第一歩。
2つ目は、「成人式」・・・大人として自己責任の世界に入っていく第一歩。
3つ目は、「定年」  ・・・自分の役目を終え、自分自身のための人生の第一歩。
この3つとも、「常に夢と希望」をもって歩みだす、大事な節目だと思います。
今日、1月15日を向かえ「人生は、選択の連続」を思うままに綴りました。

[2009-01-13 (火)]

写真撮影・・・わしだ保育園に行きました。

「議会だより」の表紙の写真を撮るために編集委員で「わしだ保育園」に行きました。
10時から近くの朝岡さんが、生後3ヶ月の仔牛をつれてきていただき園庭で撮影しました。

小雪まじりの風が冷たく吹く天気でしたが、園児たちは寒さなんかどこえやら・・・。
干支の仔牛さんの突然の訪問におおはしゃぎでした。

「議会だより」は、2月1日発行で準備しています。
どんな写真が採用されるのか、たのしみにしていてください。

撮影の様子はこちら

[2009-01-12 (月)]

第61回幸田町成人式に出席しました。

新成人の誓幸田町成人式が、1月12日(成人の日)幸田町民会館 さくらホールで開催されました。
町が、成人を祝う「成人式」は、今年で61回目で、平成生まれの成人は初めてです。
20年前は、バブル経済の真っ只中であり、ベルリンの壁が取り除かれ、時代が大きく動いた時です。
今は、社会での個人の感じる価値観が大きく変化し、昨今の経済・政治の先行きも混沌とした時代となりました。
こんな時こそ、若い力と考え方に大いに期待するものです。
新成人の皆さんおめでとうございます。

[2009-01-10 (土)]

幸田町出初式に出席

新春恒例の幸田町消防出初式が、防災広場で開催されました。
出初式(でぞめしき)は、消防職員・消防団・地域防災会などによる、その年最初の消防訓練です。
出初式の起源は、今から約350年ほど前の江戸時代、1659年(万治2)にさかのぼると言われています。

強い寒風の吹き荒れる中、一斉放水、消防団分列行進が行われ、その雄姿は頼もしい限りでした。
この皆さんの努力が、幸田町の安全、安心の支えになっています。
最後に、参加者全員で今年の町の安全を誓って「火の用心」の三唱を行いました。
皆さんお疲れ様でした。

式の様子はこちら

[2009-01-01 (木)]

新年明けましておめでとうございます。

初日の出今年もよろしくお願いします。
今年は、昨年からの金融危機にはじまった、世界的な沈滞ムードのかなでの年明けとなりました。
ひとつの企業や市町の努力だけではカバーしきれない世界的な不況の流れの中に突入し、あらゆる業種の企業や自治体が非常に厳しい状況に直面 しています。
しかし、ことしも視野を広く保って、積極的に行動していきたいと思います。
また、足元のことにも、しっかり見つめながら、ひとつずつ目の前のできることから取り組んでいきたいと思います。
活動は、随時この「さこう弘康」ホームページでお伝えします。
本年も変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。
皆様のご健勝とご発展、そしてこの新しい年がより佳き年になるよう心よりお祈り申し上げます。

[2008-12-25 (木)]

幸田町議会定例会が、12月24日に閉会。

中日新聞12月4日から始まった12月議会は、平成20年度一般会計補正予算で5900万円を追加や、災害見舞金等支給条例の一部改正の議案など7議案を可決し閉会しました。
議会報告をご覧下さい
今年もあとわずかになりました。
今朝の新聞紙上でも大変厳しい町財政の見通しの発表が報道されており、おもぐるしい空気の中での年越しとなりました。
しかし、交通安全に心がけ無事故で、健康な身体で元気に新年を迎えたいものです

[2008-12-18 (木)]

幸田町で「自動車盗・車上ねらい」が激増!

今年に入って、町内の犯罪が激増しています。特に自動車盗は昨年の4倍を超える増加となっています。
年末年始が近づいた、この時期は、「帰宅が遅くなる」「賞与支給の時期」「何かと物入りな時期」等といったことから犯罪に巻き込まれる可能性が高くなります。
皆さんも是非『自分や家族が被害者にならない』よう自己防衛を心がけて下さい。
【被害防止のポイント】(愛知県警ホームページから)
①車から離れるときは必ずエンジンキーを抜き、ハンドルロックをしましょう。
②ドアは施錠し、窓は完全に閉めましょう。
③スペアキーを車内外に保管するのはやめましょう。
④照明設備が整っている明るい管理された駐車場を利用しましょう。
⑤イモビライザを装着しましょう。
⑥車内に荷物は置かないようにしましょう。(特に車外から見えるところには絶対に置かない。)
⑦複数の盗難防止機器を使用しましょう。

[2008-12-13 (土)]

幸田町内カーブミラー清掃ボランティア活動に参加

ボランティアグループによる、毎年恒例の「カーブミラー清掃活動」に参加しました。
晴れ渡った天気の朝、9:00に幸田中央公園に集合し、5チームに別れて実施しました。
「洗剤洗い→水洗い→水切り」と担当を決め手際よく進めました。 清掃をしたカーブミラー数は、5チーム合計で「476基」です。
カーブミラー清掃ボランティア清掃ボランティア
昼前には、上着がいらないほどの気温となり、汗ばむほどの活動となりました。
ゴミも拾いながら行い、ゴミ袋は、5袋にもなりました。
今回は、若い人たちも多く参加してもらいました。みなさん「お疲れ様でした!」

[2008-12-08 (月)]

一般質問に登壇しました。

12月8日の13:00より一般質問を行いました。
今回は住民の方からの要望や意見の声を中心に質問を組み立て、現状の問題点に対し、提案型の質問にしました。
「一般質問」「質疑」「委員会」「協議会」で皆さんからの「声」を代弁することが、議員としての大きな役目と思っています。
今回は、身近な「防犯・防火・防災対策」についてと「放課後のこどもの居場所づくりの更なる充実」について問いました。
詳しくは、「さこう弘康の町政レポート」NO.9にてお届けします。
(「H21年1月1日」付け発行予定)

明日から、議案に対する質疑、委員会と続くます。議員としての役割を果たしていきたいと思います。

[2008-12-04 (木)]

第4回幸田町議会定例会が開会しました。

20年度第4回定例会が開会、会期は12/4~12/24までの21日間です。
議案は、8月末豪雨関連の見舞金支給条例の一部改正案や一般会計補正予算案など7議案です。
一般質問は、12/8(月)と12/9(火)の二日間です。
私の登壇時間は、12/8の13:00からです。
しっかりと町当局に町政を問いたいと思っています。
議会傍聴にもお越し下さい。

[2008-12-01 (月)]

幸田町もレジ袋の有料化を予定しています。

レジ袋は、日本国内でおよそ300億枚(1人1日約1枚)使用されています。
本町も、このレジ袋削減の取り組みを実効性あるものにするため、周辺の自治体とも歩調をあわせ、参加協力を得られた町内店舗において、平成21年4月1日からレジ袋の有料化を予定しています。
レジ袋は1枚当たり5円程度の有料となる見通しです。
近隣の取り組み状況は、豊田市と安城市がすでに実施しており、岡崎市・西尾市・蒲郡市・刈谷市・幡豆郡3町が、平成21年4月までに実施の準備中とのことです。

[2008-11-27 (木)]

全国障害者技能競技大会銅賞の小桑さん幸田町長へ受賞報告

10月24日~26日千葉県の幕張メッセで技能五輪全国大会と全国障害者技能競技大会が開催されました。
デンソー幸田から愛知県を代表して「電子機器組立」の部に出場し「銅賞」を受賞された小桑舞さんが、幸田役場を訪れ幸田町長に報告しました。

大会は、上位数名が僅差で争う非常にレベルの高い大会でしたが、日ごろの精進がみのり見事受賞されました。
本当に「おめでとうございます!」

[2008-11-21 (金)]

全ト労連政推連総会・政策勉強会に出席。

第6回 全トヨタ労連の政策推進議員連絡会の総会が、名古屋市で開催され出席をしました。
-22期の取り組みテーマ-
1.社会保障制度(医療・介護制度)の取り組み
2.地域主権型システムの構築
を取り上げ、午前中は総会と講演会、午後からはパネルディスカッション形式の勉強会と進められました。
全国から、関係者・代表者が集まり、熱のこもった総会となりました。

[2008-11-19 (水)]

連合愛知三河中地協 第19回総会に出席しました。

連合愛知三河中地域協議会の第19回総会が、岡崎市勤労文化センターで開催されました。
連合愛知は、今年で結成20周年を迎えました。

岡崎市長をはじめ、関係議員など多数の来賓の方々も出席しました。
2009年度活動方針のスローガンは、「格差の是正で、安心・公正な社会の実現を」です。
大会では、今後も引き続き、働く仲間との連携を一層深めながら、社会を形成す る一員として地域雇用の安定と安心の社会づくりのために活動を推進していくことを確認しました。

[2008-11-17 (月)]

幸田町長に中地協の政策要望書を提出しました。

連合愛知三河中地域協議会より、幸田町役場にて近藤町長に政策要望書の提出をしました。
メンバーは、笠原代表・筒井副代表・直塚幹事・梅田事務局長と私の5名です。
近藤町長に要望書を渡す笠原代表 参加メンバー全員
<要望書の内容(項目の6つの要点のみ記載)>
広く勤労者、町民全体の生活向上と地域の発展に向け、 「こころ豊かで活力ある地域社会づくり」を目指して下記の重点要望を取りまとめました。
1.安全で安心して暮らすことのできるまちづくり
2.雇用の安定と創出
3.環境政策の推進
4.福祉・社会保障制度施策
5.行財政改革
6.道路網の整備
以上を提出し、その後懇談会を実施しました。

[2008-11-14 (金)]

12月議会の一般質問の通告をしました。

12月議会は、12/4日~24日までの会期で開催されます。
今回も一般質問に登壇します。本日「通告書」を提出しました。
<一般質問の内容>
一般質問・くらしの中の防犯・防火・防災について
・放課後の子どもの居場所づくりについて
の2点について、町当局に問います。
詳しくは、12月の「さこう弘康の町政レポート」でも報告をします。
登壇の日時の予想は、12月8日の午後1時から。(決定次第報告します)
来週は、質問の組み立てに入ります。
簡単な手続きで議会の傍聴ができます。
幸田町議会のHP
 

[2008-11-05 (水)]

幸田小・中央小緊急メール:「不審者情報」!

11月3日(月)、午後9時30分ごろ、女子生徒が吉良町地内商業施設付近で、男に道を尋ねられた。
地図を書いてほしいと車に案内され、説明用の地図を書いていた。そのとき、背後から男に首を絞められた。
男は、通りがかった車に驚き、逃走した。
不審者の特徴は、年齢30歳後半。中肉中背、ぽっちゃり型。茶髪。黒のスエットにジーパン姿。
黒のワンボックスカーに乗り、後部座席にピンクのミニーのクッションがあった。
ご家庭は、外出時間等にご指導していただきますとともに、遭遇したときには110番通報をしていただけますようお願いいたします。』
以下のリンクをクリックするとメールの内容をご確認いただけます。
http://www.mamail.jp/cgi-bin/mamail/opencheck.cgi?cno=10006043&ulk=11764kbFoHIyPYB&no=7

[2008-11-03 (月)]

「さこう弘康」のホームページへのアクセス、3.000件をカウント!

ホームページをリニューアルしてちょうど6ヶ月、3.000件目にアクセスしましたと連絡が入りました。
1ヶ月で500件近くの方がホームページを訪問して下さっていることになります。
と同時に私、さこう弘康の議員活動に関心を持っていただいていることを肝に銘じると共に、これからも、議員活動にしっかりと取り組んいく励みにしたいと思います。
11月に入り、秋も深まり、寒さも本格的になってきます。
寒さに負けないようにこれからも頑張ります。
今後ともさこう弘康を応援してい ただきますようにお願いいたします。
-幸田町議会議員 酒向弘康-

[2008-11-02 (日)]

DECOウォーク幸田」が開催されました。

秋晴れのさわやかな日曜日の朝、デンソーハートフルデー「DECOウォーク幸田」が開催されました。
デンソーハートフルデーとは、(Turn Compassion into Action) 思いやりを行動に“をスローガンに、世界中のデンソーグループの社員が地域のみなさんと一緒にコミュニティに貢献する運動です。
私もスタッフの一員として毎年参加をしています。

この活動では、町内2つの小学校区(深溝会場・・・深溝小学校周辺と豊坂会場・・・豊坂小学校周辺)の清掃活動と校庭の内外の花壇にパンジーなどの花の苗を植え、花だんづくりをおこないました。
私の参加した、深溝会場では、小学生や地元の参加者、ボランティアの社員をあわせて230名が活動しました。
すがすがしい秋の空気をいっぱい吸いながら、気持ちの良い休日の時間を過ごしました。
みなさんお疲れ様でした。来年もよろしくお願いします。

ハートフルデーの様子はこちら

[2008-11-01 (土)]

注意!幸田町で交通事故が多発しています。

中日新聞幸田町は、10月31日に 交通死亡事故を抑止するため、町民に対し交通死亡事故抑止緊急アピールをしました。
幸田町では交通死亡事故ゼロが、9月30日(火)07:40 深溝地内で事故が発生し、659日間で途切れました。そして10月26日(日)04:20 国道248号で歩行者の死亡事故が発生しました。
さらに10月27日(月)、10月29日(火)と、オートバイが関係する重体事故が2件発生し、多発傾向となっています。
交通事故を防止するため『私たちは、交通ルールとマナーを守り、安全行動に徹します。』 と呼びかけています。
今日から11月に入り、あわただしい年末になります。
事故が起きないように、お互いに交通ルールを守りましょう。

[2008-10-26 (日)]

第53回町民大運動会が開催されました。

すかっと秋晴れの中で・・・とはなりませんでしたが、8:30から幸田町 町民大運動会が中央公園で 開催されました。
各区ごとにわかれ、町民が参加する大運動会は、今年で53回をむかえました。

各区の区旗の中で、代表選手の選手宣誓で運動会がスタート。さまざまな種目を競い合って優勝を目指します。
大人とこどもの混合チームでの真剣勝負に、グランドはたちまち熱気がたち込めました。
私も、地元の里区の選手として、「幸田オリンピック」という種目に出場し、見事予選を通過!
しかし、決勝では私が、チームの足を引っ張った?結果・・・最下位となってしまいました。
でも、参加者みんな全力で競技したさわやかな一日でした。お疲れ様でした。

運動会の様子はこちら

[2008-10-21 (火)]

安全安心環境対策特別委員会行政視察の報告

本日、大垣市の「環境への取り組みについて」・長久手町の「長久手セーフティーステーションについて」の行政視察研修の報告をします。

大垣市は、環境市民会議を設立し、市民協働による環境基本計画を推進する中で ダンボールコンポストによる生ごみ堆肥化を強力に推進し、定期利用説明会・出前講座などの啓発も積極的に実施していました。
幸田町も啓発の仕方など多くの課題があると感じました。
長久手町のセーフティーステーションは、リニモの駅の隣にあり、今年の4月から開所した幸田町とは環境が違っていました。
しかし職員の配置や時間にも工夫をされ、夜の22時まで徹底したパトロールを実施しています。
結果、確実に犯罪件数を減らす効果が出ていました。
これらの視察研修で学んだことを、町政に反映し、「安全安心で環境向上」に結びつけて行きます。

視察での写真はこちら

[2008-10-11 (土)]

子ども会ソフト・ドッヂボールの大会開催されました。

深溝小学校で平成20年度深溝学区子ども会「ソフトボール新人大会・ドッヂボール親睦大会」が開催されました。
朝は、雨天でしたが、開催の昼には、すっかり晴れ渡る「スポーツの秋」・・・ グランドも絶好のコーディションとなりました。

大きな声と試合前の礼儀正しいあいさつ等、スポーツはこどもの成長と教育には必須です。
さわやかな空気の中で、健康的な歓声を聞かせてもらいました。
みなさんお疲れ様でした。

[2008-10-08 (水)]

荻谷小学校の「イモほり」を見に行きました。

「議会だより」の表紙の写真を撮りに「イモほり」の様子を見にでかけました。
荻谷小学校の近くの畑に全校生徒が集まり、大きくなったイモに歓声をあげたり、土まみれになったりして「収穫」をしました。
来週は、採ったイモで「焼き芋大会」だそうです。

「こうた 議会だより」は、議会が、年4回定期発行をします。
作成にあたり、現在、私が所属している「議会広報特別委員会」の議員が、「見出しや内容」についてしっかり議論・検討をして、すべての編集をします。
読者の住民の方に、いかに読んでもらい、伝えれるか?・・・協力して行います。
現在編集中の「議会だより」は、11月1日発行です。

楽しそうな様子はこちら

[2008-10-05 (日)]

幸田町消防団観閲式に出席しました。

消防団員の規律ある姿勢及び日頃の訓練成果を観閲し、団員の志気高揚を図ることを目的に、平成20年度幸田町消防団観閲式が、9:30~防災広場で開催されました。
幸田町の消防団は、4分団体、町全体で147名の団員で組織されています。
日ごろの訓練の成果は、キビキビとした頼もしい限りの行動に現れていました。

「平成20年8月末豪雨」の際も土嚢積み、冠水時の防水・避難誘導活動と活躍されました。
いつくるかわからない災害に対しても、安全安心は住民にとって最優先の課題です。
今後の幸田町の無災害、無火災に向け、住民と一体となった活動が求められます。
消防団員のみなさん、本当にお疲れ様です。

消防団の訓練成果はこちら

[2008-09-27 (土)]

里保育園の運動会に出席しました。

今朝は、秋の空気を感じる、とてもさわやかな「運動会日和」となりました。
里保育園の運動会里保育園の運動会
「さとっこフェスティバル」が、里保育園の園庭で開かれ出席しました。
里保育園は、全園児26名という町内でも一番園児が少ない保育園です。
みなさん本当に元気よく、力いっぱいがんばりました。
私も気持ちよくリフレッシュをすることが出来ました。
先生、お父さんお母さん応援の皆さん、お疲れ様でした。

[2008-09-25 (木)]

「食の安全」幸田町の学校給食は大丈夫か?

事故米全国で汚染米が学校給食にも使用されている事件が発覚し、新聞やニュースで大きな問題になっています。
幸田町教育委員会から「三笠フーズ等の事故米不正流通事件に関する学校給食の使用実態結果について」の報告がありました。
これによると『米飯については、県内産の「あいちのかおり」を使用しており、事故米の混入は考えられない。
また、事故米オムレツについては、使用していない。しかし「厚焼玉子」については、平成15年~18年の間、5回使用していたことが判明しました。
健康等の被害は聞いていません。』という内容です。
ミートホープにはじまり、中国産冷凍ギョウザ事件など、つぎからつぎへと「食の安全」を脅かす事件が、後を絶ちません
健康維持、安全・安心な食の確保のためにいっそうの努力が求められます。

[2008-09-22 (月)]

豊坂小学校のすもう大会に行きました。

9月18日に雨で延期になった「豊坂小学校すもう大会」が、本日実施されました。
広報特別委員会の「議会だより」の写真を撮りに伺いました。 (11月1日号の表紙に載せるための写真撮影)

代表戦は、迫力満点校庭に土俵がある学校、小学校の行事で相撲大会を行うところは、非常にめずらしくなりました。
豊坂小学校は、第26代の木村庄之助を襲名した浅井さんの母校でもあり、昭和58年3月に建てられた屋根付きの土俵が、つくられ、それ以来毎年大会が行われています。

児童たちは、蹲踞(そんきょ)から四股(しこ)・立会い(たちあい)と、すもうの作法をしっかりと行っていました。
多くの家族の応援で、涼しかったはずの気候もこの土俵の周りは熱気ムンムンの状態でした。

[2008-09-20 (土)]

ホームページに一般質問の議事録を載せました。

いつも「さこう弘康のホームページ」をご覧いただきましてありがとうございます。
本日より、メニューボタンを一つ増設し「一般質問の議事録」を掲載します。
「町政だより」では、一般質問の要約を掲載していますが、紙面の都合上、発言のすべてを紹介するのは困難です。
このため、実際の発言内容と町側の答弁を、幸田町議会が発行する議事録をそのまま写したものをこちらから紹介します。
これは、図書館でも閲覧が可能です。

ご意見やご質問がありましたら、遠慮なくおよせください

[2008-09-14 (日)]

クリーン運動と草刈奉仕活動に参加しました。

クリーン運動と草刈奉仕活動本日8時から「クリーン運動」に参加しました。その後その足で「深溝運動場のつばきの小路」の草刈に参加しました。
オープン後と豪雨のあとの整備をかねて、区民の参加で約1時間でキレイに草刈が出来ました。
老人クラブの方たちも参加いただき、とてもいい汗をかくことができました。みなさんお疲れ様でした。

[2008-09-13 (土)]

全トヨタ労連定期大会に出席

全ト労連定期大会第37回 全トヨタ労働組合連合会定期大会が、名古屋国際会議場センチュリーホールで開催されました。
全国からの組合の代表者、役員の参加で、今期の運動方針などの議事が進められました。
私達地方議員団の50名の紹介と県議・国会議員団の代表からもあいさつがありました。
国民の安心につながる持続可能な抜本的な改革に向けて、全員で「ガンバロー」の三唱を行いました。

[2008-09-12 (金)]

カンボジア青年の歓送パーティーが開かれました。

<友情と絆>をテーマとして、幸田町とカンボジア王国とのフレンドシップ継承事業「カンボジア青年招へい」を、町とKIA(幸田町国際交流協会)が中心になり、8/31~9/12の間、5人の青年に行政、産業、国際化、文化、教育の見学をしてもらいました。
2週間の日本での生活(2日間のホームスティー)で、すっかり日本語も身につけていました。
おみやげは、いっぱい詰め込んだ日本で学んだ体験だと思います。
日本とカンボジアとの友好推進に意欲的に取り組んでいくことを上達した日本語でスピーチしてくれました。
ダンス披露友好のシンボルのバッチ
最後は、参加者全員でカンボジアダンスを踊り、楽しい歓送パーティーとなりました。

[2008-09-08 (月)]

「STOP!THE 格差社会」キャンペーン街頭宣伝活動に参加。

連合愛知の「STOP!THE 格差社会」キャンペーン "今こそ政策と政治の転換を!"
の取り組みの"として街頭宣伝行動を、朝7:30より東岡崎駅前で行いました。
早朝より中地協の役員と関係議員が、キャンペーン用チラシとポケットテッシュを通勤のみなさんに配布しました。
安心して働けるために労働者派遣法を労働者保護の視点から見直すことが必要です。
連合愛知のホームページ http://www.rengo-aichi.or.jp/

[2008-09-10 (水)]

刈谷市民ボランティア活動支援センターを訪問しました。

刈谷市内のボランティア・市民団体の情報が集まる刈谷市民ボランティア活動支援センターを訪問させていただきました。
センターは、2003年10月1日にオープンして5周年を迎え、ますます活性化する活動のようすを牧野センター長が、みずから丁寧に説明をしてくださいました。
センターの玄関牧野センター長とセンターは敷居の低さを目指しています
センターは、公設・民営で運営(指定管理団体:NPO法人NPO愛知ネット)されており、市民活動・ボランティア活動など分散する情報の一元化をはかり活動の活性化と市民に愛されるセンターを目指しています。
このことは、訪問中の間だけでも、多くの人の出入りや実際の活動状況から感じとることができました。

今回の訪問は今後、活動を進める上で大変参考になりました。スタッフの皆さん「ありがとうございました。」
刈谷市民ボランティア活動支援センターhttp://www.katch.ne.jp/~kcv109box/
市民ボランティア活動情報サイトhttp://genki365.net/gnkk/customer/kariya/index.php  「さこう弘康」のボランティア報告はこちらから

訪問の様子はこちら

[2008-09-05 (金)]

「8月末豪雨」に対して町の対応を、幸田町のHPで確認できます。(HPの内容より)

・今回の豪雨により各家庭から出た「災害ごみ」の取り扱いについて
家屋の床上浸水及び床下浸水により出たごみについて、一時多量ごみとして町が回収しますので、環境課へ連絡をお願いします。
日程を調整後、回収にうかがいます。

・被災した家庭の消毒を行っています。
今回の豪雨により床上浸水及び床下浸水してしまった方で、屋内外の消毒を希望される方は、環境課へ連絡してください。
ただし、薬剤の臭い(消毒臭)がありますので、事前に協議の上、消毒にうかがいます。
問合せ:環境課 電話 0564-63-5146
尚、9月6日に予定していた防災訓練は、8月末豪雨による災害復旧対策のため中止になり、町の職員がボランテイアで作業を行うことになりました。

・災害による町税等の減免についてなどの対応についても幸田町のHPで確認できます。

私も今日の昼から、災害を受けた地区を巡回しました。(右記のデータはその時の様子です)

町の様子はこちら

[2008-09-04 (木)]

一般質問に立つ。

本日、第3回定例会(9月議会)で、一般質問に立ちました。
午後一番の13:00からの出番でした。
質問内容「シニア世代の生きがいづくり」について、「シニア世代の雇用づくり」についての2つの内容の質問をしました。
いずれも、シニア世代に関する内容一本を全力で質問しました。



質問と答弁の内容については、次回の「さこう弘康の町政レポート-№8」で報告します。

[2008-08-03 (日)]

カンボジア青年の企業見学に同行しました。

カンボジア青年招へい事業の研修・交流の4日目にあたる9/3は、「自動車産業関連企業見学」です。
朝から案内兼、同行をしました。

質疑応答午前は、㈱デンソーの高棚製作所へ伺い、お世話になりました。
「技能研修センター」では、学園生や技能オリンピック選手が、真剣に取り組む授業や教育・訓練を見学。
工場では、ほぼ無人で動く工程や、すごいスピードで働くロボットを見て、一同「ビックリ!」。
午後は、障がい者の方たちだけで、工場を稼動させている「デンソー太陽の家」を見学させていただきました。
その後、町内の企業の㈱コバテックを見学させていただき、タイ人の実習現場で会話をする機会もありました。
途中時間が、10分ほど余裕があり、蒲郡の海岸に寄ったとき「海を初めて見る」青年は、目をキラキラさせていたのが、とても印象的でした。研修は、9/13の帰国まで続きます。

[2008-09-01 (月)]

H20.8/29~8/30集中豪雨の速報(役場発表)

本日から、9月議会が始まりました。
冒頭に町長より、「集中豪雨の速報」の報告がありました。
それによると、2日間の総雨量は、337.5mmあり、時間当たりの最大雨量は、8/29の1:00-2:00の間の116.0mmを記録したとの報告でした。

改修された広田川の堤防・災害対策本部設置 8/29 0:06 ~災害対策本部廃止 8/30 22:00
・自衛隊派遣要請  8/30 16:54 ~自衛隊派遣要請解除 8/30 21:10
・避難人数  3ヶ所で40人(25世帯)
・消防職員出動の延べ人数  45人
・消防団員出動の延べ人数  77人

災害発生状況等の速報値 (8/31 15:00現在)
・床上浸水- 24世帯   ・床下浸水- 23世帯
・田畑冠水- 145㌶   ・文教施設- 5ヶ所
・道路損壊- 35ヶ所   ・道路冠水- 12ヶ所
・河川破堤-  1ヶ所    ・崖崩れ  - 1ヵ所
※速報値であり、今後変更はあります。
被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。

[2015-08-31 (月)]

カンボジア青年のウェルカムパーティーが開かれました。

幸田町とカンボジア王国とのフレンドシップ継承事業の一つとして、日本とカンボジアとの友好の推進に意欲的に取り組んでいくカンボジアの青年を本町に招へいして、8/31~9/13の間、研修と交流をします。
ウェルカムパーティーウェルカムパーティーウェルカムパーティー
これは、町としても国際交流に貢献することで両国の発展に寄与する目的で計画されました。
町とKIA(幸田町国際交流協会)が中心になり、5人の青年に行政、産業、国際化、文化、教育の見学をしてもらいます。
私は、9/3、「自動車産業の見学」のカリキュラムを一日かけて同行、案内役をします。
初日の今日は、18:00から町民会館でウ