さこうの政策①

【安全で快適なまちづくり】

■道路網の整備と交通安全対策
■総合的な市街地形成の推進
■消防・防災・防犯体制の設備強化

政策に込めた思い

●道路網の整備は産業を発展させ、産業の発展は町の買うt力を与える
・道路もう整備は引き続き取り組むべき
・これに対応した交通安全対策が課題

●大規模地震が高確率で発生、報道や犯罪や変質者の多発という現実
・未然防止へ対応できる行政と地域が一体となった
 「安全・安心なまちづくり」が早急な課題

さこうの政策②

【安心して暮らせるまちづくり】

■高齢者・障がい者など福祉政策の充実
■保育環境の整備と子育て支援策の充実
■環境問題への取組み
(再資源化・再利用・減量化)

政策に込めた思い

●高齢者、障がい者に対応した制度・事業や施設の充実。
 少子化対策も同様に、皆さんのやりがい、生きがいを充実したもの
 にするため今後の取組みが課題。

●ゴミ問題・環境問題は今後の重要な政策課題。
・徹底した3Rが定着できる取組みと物を大切にする意識と行動が
 課題

さこうの政策③

【教育と文化の実るまちづくり】

■豊かな人間性・創造性をつくりだす、教育の充実
■生涯学習に対応した政策の設備・充実
■民族・文化を守り継承していくための
 環境整備

政策に込めた思い

●子どもたちの健全育成のための安全確保・居場所づくりなど行政・
地域社会が一体となった取組みが課題。

●高齢化社会の進展などから生きがいや自己実現など人間性豊かな
生活を求める意識とニーズの高まりに対応できる環境づくり・仕組み
づくりが課題。

さこうの政策④

【豊かで活力あるまちづくり】

■広域行政による効率的な町政運営と
 住民サービス向上
■住民参加型の開かれた行政運営の推進
■情報化社会に対応した政策の推進

政策に込めた思い

●現在も幸田町だけでは解決できない問題に関して、広域的な取組み
が必要な「防災・水資源・環境・福祉・情報」などの事業の一層の
推進が課題。

幸田町の将来を考え、私は行動します!